あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
bowling

ボウリングボールのオイル抜き!頻度や効果、やり方人気おすすめ商品5選を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/31

更新日 :2020/08/27

今回の記事ではボウリングボールのオイル抜きについて頻度や効果、やり方の、人気おすすめ商品10選の観点から詳しく説明します。

マイボールを持っているボウラーにとってオイル抜きは必須です。
以下ボウリングボールのオイル抜きについて詳しく見ていきましょう。

目次

スポンサードサーチ

ボウリングのオイル抜きについて解説!

ここではボーリングのオイル抜きについて、以下に沿って解説していきます。

初めてボーリングのオイル抜きをする方はぜひ参考にしてみてください

・ボウリングのオイル抜きの頻度とは?
・ボウリングのオイル抜きをする理由と効果を解説!

ボウリングのオイル抜きの頻度とは?

ボウリングボールのオイル抜きの頻度の目安は季節ごとに異なります。通常のプレイヤーの場合、夏場は100〜150ゲームごとに、冬場は60〜100ゲームごとに1回オイル抜きをすると理想的です。プロ選手の場合はもっと頻繁にオイル抜きをします。

ボウリングのオイル抜きをする理由と効果を解説!

ボウリングのレーンはボールが滑りやすいようにオイルが塗られています。ボウリングのボールは投球を続けているとレーンのオイルを吸収してしまいます。

ボールはオイルを吸収するうちにボールの動きが悪くなったり、ピンに当たった際の威力が弱まってしまいピンが倒れにくくなってしまいます。

オイル抜きを行うことでボールの動きを改善したり、ピンに当たる際の威力を強める効果があるため、スコアアップのためにはボウリングボールのオイル抜きは必須なのです。

ボウリングオイル抜きの方法は?

ここではボウリングのオイル抜きの方法について、以下それぞれを解説していきます。

・マシンでオイル抜きを行う
・自宅で行う

マシンでオイル抜きを行う

ボウリングのオイル抜きをする方法としてオイル抜き専用のマシンを使うという方法があります。オイル抜き専用のマシンはボウリング場やボウリング用品を取り扱うスポーツなどに行けば、1回2000円程度で利用することができます。

また、amazonなどのネット通販やスポーツ用品店でもオイル抜きマシーンを購入することができます。購入する場合、3万円程度です。頻繁にボウリングをプレーする方は、ボウリングボールのオイル抜きマシーン購入をおすすめします。

自宅で行う!

ボウリングボールのオイル抜きは、専用のマシーンを持っていない方でも自宅で行うことができます。

そこでここでは自宅で最も簡単にできるオイル抜きの方法を紹介していきます。すぐにできるため、ぜひ参考にしてみてください

用意する道具は、お湯・大きめのバケツ・布・ボールクリーナーです。

これらの道具を使ってオイル抜きをする手順は以下の通りです



  1. バケツの中にボウリングボールを入れる


  2. バケツに70℃程度のお湯を入れる


  3. ボールの表面からオイルが染み出してくるのを待つ


  4. ボールを取り出して表面に滲み出たオイルを布で拭く


  5. これをオイルが出なくなるまで繰り返す


  6. 最後にボールクリーナーで表面を磨く

たったこれだけの作用で自宅で簡単にボーリングのオイル抜きができます。

専用オイル抜きマシーンにお金をかけたくない方はぜひこのやり方を試してみってください!

スポンサードサーチ

自宅で簡単にできるオイル抜きの方法!

準備するもの

・ボウリングのボールが入る大きさのバケツ
・布団乾燥機
・ボールを固定するくぼみのある台(犬等のエサの器でも代用可)
・オイルクリーナー
・ボールスピナー

バケツにボウリングボールを入れ、布団乾燥機で10分程温めます。
温風が逃げないようにタオルなどの布をかけておくと良いです。

オイルが染み出してきたら、ボールをバケツから出し台の上に乗せます。
台に乗せたらボールを回転させながらオイルクリーナーでオイルを拭きとります。
最後にボールスピナーを使ってキレイにします。

ボウリングのオイル抜きのおすすめ商品を紹介!

(レジェンドスター) ウルトラバイオリムーバー ボウリング用品

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ スプレー

ボールに付いたオイルや汚れ落としに

最新のテクノロジーにより、ボール表面から染み込んだオイルや汚れを浮き上がらせ、拭きあがったオイルは、リムーバーに含まれているミクロの泡に閉じ込められ、泡を拭き取ることでオイルを除去できます!

オイルリムーバーをボールに吹きかけ、20~30秒ほど放置するだけでオイルが浮き出てくるので、手軽に短時間でボールをリフレッシュできて、ウルトラバイオクリーンと併用すると、より効果的です!

レジェンドスター ウルトラバイオクリーン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ スプレー

すべてのタイプのボールに使用できるボールクリーナー

すべてのタイプのボールに使用できるスプレータイプのボールクリーナーです。

バイオテクノロジーから生まれ、表面のオイル・ベルトマーク・汚れを手作業で簡単に除去でき、本来のパフォーマンスを維持できて、ウルトラバイオクリーナーと併用するとさらに効果的です!

手にも優しいので、手が荒れやすい人も使えます!

(サンブリッジ) ボールクリーナープロ ボウリング用品

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ

プロも絶賛のクリーナー

発売から入荷が間に合わないほど人気のクリーナーです!

サンブリッジのアドバイザープロも絶賛するクリーナーになっていて、ボールに直接噴射(10~15cm離す)かやわらかい布に噴射して拭き取るだけで作業完了します
ボールに薬剤が浸透し、洗浄するかのような使い心地です!

何回かに1回は、パワーリムーバーSSと併用するとオイル除去効果がさらにアップします!

ABS イオンパワーS ワイピングクロス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 200×200mm(30枚入り)

シートで簡単オイル除去

ふき取るだけで簡単にオイル除去ができるウェットシートタイプのクリーナーです。

強アルカリイオン水と界面活性剤のW成分により、ボール表面のレーンオイルの除去だけでなく、ボールに付いた汚れの洗浄も同時に行えて、

シートで拭きとるだけで簡単にオイル除去ができるだけでなく、水溶性なのでボールの表面を傷つけずキレイにできます!

ボールを拭いて30~60秒ほど待てば、表面が乾いてくるので、乾いたらオイル除去完了。一枚のクロスで4個程度のボールを拭けるので、コスパも抜群。

ハイ・スポーツ シャミー オイル除去パッド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ピンク・ブラック・ブルー・レッド
サイズ 170×190mm
素材 レザー

全米で大人気のオイル除去パッド

究極の「オイル除去パッド」とうたっている全米で大人気のオイル除去パッドです。

両面天然レザー仕様になっていて、両面のレザーが表面のオイルをパッドの中間層に吸収し、本来のパフォーマンスが出せる
水での手洗い後、陰干しすれば何度も繰り返し使えるのでコスパ良し!

クリーナーやリムーバーが使えない競技中の使用がおすすめ

スポンサードサーチ

まとめ

今回の記事ではボウリングボールのオイル抜きの方法や頻度、効果を解説しました。
オイル抜きを行うと良い目安は季節によって異なるので気をつけましょう。

また、オイル抜きを行うことでボールの機能性を保つことができ、スコアアップにも繋がるため定期的なクリーニングを心がけてください。
オイル抜きは専用のマシンを使うと便利ですが、お金をかけずに身近な道具を用いて自宅でオイル抜きをする方法もあります。

オイル抜きをしっかりとして快適なボウリングライフを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定