あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
bouldering

はじめての方のボルダリング解説

スポシル編集部

公開日 :2018/11/23

更新日 :2019/03/14

今回はボルダリングに初めて挑戦しようとしている方向けに、持ち物やジムでの登り方など役立つ情報をお届けします。
ぜひこの記事を参考にボルダリングにチャレンジしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

ボルダリングとは??

ボルダリングはクライミングの一種で、インドアのホールドを綱なしで登るスポーツです。
また7メートル以内ほどの外岩を登ることも一応ボルダリングといいますが、一般的には「外岩」と呼びます。

最近では各地にボルダリングジムが増えており、ブームが巻き起こっています!
2020年の東京オリンピックではスポーツクライミングが種目に選ばれ、その中の一つとしてボルダリングがあります。

日本人のプロクライマーは世界でもトップレベルで、各地で開催されるワールドカップなどの大会では常に最低一人は表彰台に立っています!

それでは前置きはこれくらいにしてジムの説明をしていきましょう!

ジムに行こう

まずどこのジムに行けばいいのか迷われているかもしれませんが、自分の地元だったり、会社の近くだったりと通いやすいジムに行きましょう!

通いやすいジムで色んなお客さんと出会いつながることで、次回に行くきっかけを作ることができます。

登るのに必要なものは??

初めての方であれば「動きやすい格好」だけで十分です。
本当に手ぶらで行っても大丈夫なくらい手軽に始められるのがボルダリングの良いところでもあります!

レンタルシューズ

登る際は専用のボルダリングシューズが必要なのですが、どこのジムでもレンタルを行っておりますので心配無用です!
100円か200円くらいでレンタル可能です。
初回の場合、レンタル無料のジムも多くあります!

レンタルチョーク

次にチョークについてです。
チョークは何のためにあるのか説明しますと、登る際の滑り止めです。
これが無いと登ってはいけないというわけでもないのですが、一応レンタルしておくのが無難でしょう。

ほかの経験者のクライマーはみな自分のチョークバッグを持っており、登る前にかならずチョークアップして課題にトライします。

スポンサードサーチ

どうやって登るの??

初めてジムに行った際は、ほとんどのジムで無料で15分ほどのレクチャーをしてもらえます。
15分と短いと感じるかもしれませんが、ルールは簡単なので安心してください!

分からないことがあれば、スタッフさんやお客さんが丁寧に教えてくれるので、遠慮せずに質問しましょう。

まずは試しに登ってみよう!

ルールが分かったらまず簡単な課題からトライしてみましょう!
運動神経に自信のある方ならば、簡単な課題は難なくこなせてしまうと思うので、少し上のグレードに挑戦してみてもよいでしょう!

1時間ほど登っていると疲れが来ると思います。
これは初心者にありがちで、結構早く腕に疲れがきます。

疲れない登り方で登るのがボルダリングのコツなので、周りのお客さんの登り方を参考に頭で考えながら登ってみましょう!

スタッフさんや周りのお客さんの登りを参考にしよう!

グレードを上げていくとどう登ったらよいか分からない課題に出会います。
頭で考えるのがボルダリングの醍醐味なので、頭をフル回転させたり、実際にホールドをさわってみたりして解決法を探りましょう。

いくら考えても分からない場合はスタッフさんやお客さんにアドバイスをもらいましょう!
中上級者でもこのようなことはよくあるので、遠慮せずに質問しましょう。

継続してジムに通おう!

ボルダリングが楽しい!と感じた方はまた2回目行きたくなることでしょう!
これからボルダリングを続けてみようかなと思った方向けに、継続するためのアドバイスを教えます。

宿題を作ろう!

まずは宿題を作る、ということなんですが、宿題とは何かというと頑張っても出来なかった課題のことです。
次回来たときはフルパワーの状態で登れるので、最初にその課題にトライすればクリアできる可能性が高いです!

次回もジムにいく目的を作っておくことで、モチベーションを維持できます!
やっぱり頑張ってトライしたものは何が何でもクリアしたいですからね!

マイチョークを買おう!

ボルダリングの用具を買うこともモチベーションアップにつながります!
シューズは少し高いので、買いやすさで言うとチョークが一番最初に買う際におすすめです。
チョークを一度買ってしまえば、ジムでのレンタル代がうきますし一石二鳥です!

初めて買うチョークとしておすすめなのが、液体チョークです。
コンパクトサイズで持ち運びが楽なので、初めての方にはおすすめです!

スポンサードサーチ

まとめ

初めてボルダリングに挑戦したい方はぜひまずどこでもいいのでジムに足を運んでみてください!
楽しみながら筋トレやダイエットになる素晴らしいスポーツなので、はまること間違いなしです!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike