あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
bouldering

1級クライマーが伝授!簡単ボルダリングムーブ解説!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/31

更新日 :2019/03/14

ボルダリングにおいて、初心者がまず身につけておくべき登り方や中上級者向けに難しい課題に直面したときにどう対処したらよいのかなどを自分の経験から学んだことをもとに解説していきます!

目次

スポンサードサーチ

登るときに意識すべきこと

まず初心者上級者関係なく、登るときにおいて常に念頭に置いてほしい考え方について解説させていただきます!

この考え方を知っているか知らないかで大きく差が出ますので、頭の片隅にでも残しておいてください!

腕で登らず体で登る!

「腕の力に頼らない」ということはボルダリングにおいて非常に大切な考え方です。

ボルダリング初めてで何も分からない状態で登ってみたら、1時間もせずに腕がパンパンになったというのは、経験者なら誰でも共感できることではないでしょうか?

この現象がなぜ起きるのかというと2つの原因があります。
・足を上手く使えていない
・腕を常に曲げて登っている
この2つを改善すれば、最小限のエネルギーで課題をこなすことができます!
足を主として体全体を上手く使ってあげることで、克服できるのです。

呼吸を止めない

ボルダリングは力を必要とするスポーツなので、どうしても力を入れるとき呼吸を止めてしまいます。
その瞬間だけならよいのですが、しっかり空気をはくことも意識しましょう。
常にはくことだけを意識していてもよいくらいです!

呼吸一つで課題に要するエネルギーが違ってきますので、細かい部分ですが大事にしていきましょう!

まずはダイアゴナルを身につけよう!

体全体で登ることの重要性を上で説明しましたが、具体的にどう登ればいいのか気になるところでしょう。
さっそく、すべての登り方の核となる基本ムーブの説明に移りましょう!

基本中の基本ムーブ「ダイアゴナル」

今回取り上げるムーブの名前は「ダイアゴナル」といいます。
何か難しそうだなと感じている方、安心してください!
とてもシンプルです!

説明しますと、
「次に取りに行く手と同じ側の足を重心に置く」ということです。

例えば、両手両足でつかまっている状態で、次に出す手が右手だとしましょう。
右手を出す瞬間は左手と足で体を支える状態になりますよね。
このときの体の重心は左手と両足の三角形のだいたい真ん中あたりになるのです!
なので、そこに右足を置いてあげて両手両足でつかまっている状態から右手で次のホールドを取りに行ってあげると、少ないエネルギーで登ることができます!

後は左右交互で繰り返していくだけです。

これだけでほとんど登れちゃう!?

文章にするとややこしいかもしれませんが、実際に体を動かしてしまえば、体で覚えることができます!

このムーブを一回身につけてしまえば、簡単なグレードから上級グレードの課題まで応用できますので、初心者の方はこのムーブをマスターすることを第一目標として練習するとよいです!
なにせこのムーブができるとカッコいいですからね!

ダイアゴナルを身につけることがボルダリング上達の近道なのは間違いないです!
ぜひ、このムーブを日々意識してトレーニングしましょう!

トレーニング方法

ダイアゴナルを身につけるための具体的なトレーニング方法としては、簡単なグレードの課題をひたすらダイアゴナルで登ることです!

自分のレベルの課題で練習してもいいですが、腕や指の負担が大きすぎるとダイアゴナルができません。
なので、アップ時やダウン時に簡単な課題で練習してみることをおすすめします!

スポンサードサーチ

中上級者に伝えたいこと

初級者向けダイアゴナルの説明をしてきました!
次に中上級者向けにムーブの解説をします!といいたいところですが、中上級者向けに解説するようなムーブはないといってもいいでしょう!

どういう事かといいますと、よく登場するヒールフックやトゥフック、キョンやフラッキング。これらのムーブはダイアゴナルができる方ならば確実にできてしまうのです!

もしこれらの中に苦手なムーブがあるとするならば、シューズか柔軟性、もしくは課題自体に問題があるのでしょう!

これらのムーブは中上級者がよく口にするので難しいものだと思われがちですが、ダイアゴナルよりも簡単な動きでありますので割愛させていただきます!

デッドのコツ

じゃあこれで終わり??
そんなことはありません!
中上級者の方にも参考にしてもらうためにこの記事はありますからね!

中上級者の挑戦するようなレベルの課題になってくるとパワー系のムーブが多くなってきます!
デッドというムーブは聞いたことあるでしょうか!?

デッドは体の勢いを使って遠くにあるホールドを取りに行くムーブです。
勢いをつける際に力が必要で、加えて取りに行くホールドを確実につかみにいく強さも必要とされます!

デッドを成功させるために意識しておくとよいポイントが一つあります!
「勢いをつけるとき壁にできるだけ近づく」ことです!

遠くにホールドがあるために上へ上へと意識しがちですが、壁に近づく「前に」という意識が非常に大切です!

壁に近づけば、近づいたところから足で蹴ることで最大限の距離出しができます!

まとめ

以上、ボルダリングムーブの解説でした!
ある課題ができないとき、指や腕の強さが足りないと言ったらそこまでですが、一つ一つのムーブにおいて最適化できる部分は必ずあります!
そこを工夫していくことで、一歩課題が進んだり、また違う課題ができたりと成長が生まれるはずです!
ボルダリングは力だけでなく頭も使うスポーツだというのはそこが所以なのではないでしょうか!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike