あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
bouldering

ボルダリングの筋トレ方法を解説!上達には不可欠??

スポシル編集部

公開日 :2018/11/03

更新日 :2019/02/08

今回はボルダリングは果たして筋トレになるのか、筋トレとしてどのような効果があるのかについて解説していきたいと思います!
筋トレのために何かトレーニングをしたいと考えている方は一見の価値がアリです!

目次

スポンサードサーチ

ボルダリングは筋トレになるのか??

結論から申しますと、ボルダリングは筋トレになります!
なにか筋トレをしたいと考えている方にはうってつけのスポーツです。

経験者の方は分かると思いますが、かなり負荷の高いトレーニングを行うことができます。
初心者の方は1時間から2時間ボルダリングをしただけで、次の日は筋肉痛に見舞われることがほとんどです。

週に何日か定期的の通うだけで、ダイエットにもなりますし、理想的な体型や筋肉を手に入れることが可能です!

では、実際にどの部分の筋肉はどのように鍛えられるのかについて解説していきます!

どこの筋肉が鍛えられるのか??

上腕二頭筋

上腕二頭筋を鍛えたいなら当にボルダリングを始めるべきです!
説明不要かとは思いますが、ボルダリングはつかんで、引いて登るスポーツです。
「引く」ということは当然ながら腕を曲げ、腕を曲げるときは上腕二頭筋を使います。

ボルダリングの中で一番使うのが上腕二頭筋ではないでしょうか。
ジムに行って周りを見渡してみても上腕が発達しているお客さんがたくさんいます!

背筋

ボルダリングを継続的に続けていると肩幅が広くなります!
これは両手を伸ばしてホールドを持ちながら、体を引き上げるときに背筋が鍛えられます。

また中上級者の課題では、腕を内側に返して保持する「ガストン」という持ち方が頻繁に出てくるのですが、この持ち方でホールドを保持しているときはまさに背筋が刺激されます!

腹筋

一見腹筋は鍛えられなそうにに見えるボルダリングですが、かなり鍛えられます!
強傾斜の課題をやるとき、体が壁から剥がれないように足で踏ん張るのですが、その際に腹筋を使います!

腹筋を鍛えたいと考える方はたくさんいると思いますので、ぜひ強傾斜の課題にも挑戦してみてください!

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ボルダリングに必要な筋肉について簡単に紹介しました。ボルダリングの良い点として「楽しみながら」筋トレができることが挙げられます。
ぜひこの記事を参考にボルダンリグに必要な筋肉の強化をはかってみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定