あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
training

首の痛みに悩んでいる方必見!斜角筋にトリガーポイントができていませんか?

スポシル編集部

公開日 :2021/05/27

更新日 :2021/05/28

ここでは、斜角筋とトリガーポイントについて紹介しており、斜角筋をストレッチすることで得られるメリットについても紹介しています。

また、斜角筋のストレッチ方法やおすすめのストレッチグッズも紹介しているため、斜角筋の緊張やコリを解消したい人は参考にしてください。
斜角筋は首の筋肉であり、肩こりや冷え性などの原因になるとも考えられています。

正しいストレッチ方法で効率よく斜角筋の柔軟性を高めてみてはいかがでしょうか。

目次

スポンサードサーチ

斜角筋とトリガーポイントについて徹底解説!

斜角筋がどこにある筋肉なのかやトリガーポイントについて知らない人も多くいるのではないでしょうか。

次に、斜角筋とトリガーポイントについて詳しく紹介しています。
斜角筋とトリガーポイントについて知りたい人は参考にしてください。


  • 斜角筋とは?

  • トリガーポイントとは?

斜角筋とは?

斜角筋とは、首にある筋肉であり、首を曲げる際や呼吸する際に使用されている筋肉でもあります。
首の関節にある突起物から斜角筋が伸びており、肋骨につながっています。
斜角筋は前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋の3つに筋肉に分けることができます。

斜角筋は肩や首に強い負荷がかかり続けてしまうと筋肉が硬く緊張してしまい、肩こりや胸郭出口症候群などの症状があらわれてしまう可能性が高いです。
デスクワークなど首が長時間前かがみになっていることも斜角筋への負荷が強くなります。

斜角筋は肋骨を持ち上げる役割があり、呼吸するたびに使用されている筋肉でもあり、重要な筋肉の一つでもあります。

斜角筋をストレッチすることで柔軟性を高めることもできますが、痛めやすい部分でもあるため、ストレッチする際には注意しましょう。

トリガーポイントとは?

トリガーポイントとは、痛みが出てしまっている部位のことです。
トリガーは引き金という意味であり、ポイントは部分を示しています。

例えば上記で紹介した胸郭出口症候群は首に痺れや痛みがあらわれる症状であり、斜角筋付近の神経を圧迫していることが原因でトリガーポイントは斜角筋になります。

また、トリガーポイント以外の部位に痛みなどの症状があらわれてしまうことがあり、関連痛と呼ばれています。

関連痛とは、トリガーポイントとは違う部位が痛くなることであり、肩に痛みや痺れの原因があっても指先や腕に痛みや痺れが発生することです。

トリガーポイントができてしまうことを防ぐことができればさまざまな症状を未然に防ぐことが可能になります。

斜角筋をほぐすメリットを紹介!

斜角筋が緊張してしまったり、コリができてしまうとさまざまな症状があらわれてしまいます。
しかし、ストレッチをすることで症状を和らげることができたり、改善することも期待できます。
斜角筋をストレッチすることで得られるメリットを知りたい人は参考にしてください。

斜角筋をほぐすメリットは、以下の3つです。


  • 肩こりの改善

  • 冷え性の改善

  • ストレートネックの改善

肩こりの改善

斜角筋をストレッチすることで肩こりの症状を軽減することが期待できます。
肩こりの原因は肩の筋肉よりも肩甲骨付近や首周りの筋肉がトリガーポイントになっている可能性が高いです。

そのため、首の筋肉でもある斜角筋をストレッチすることで肩こりの症状が和らぐ場合があります。
肩こりの原因は筋肉の緊張状態が維持されていることや血流が悪いことが関係している場合が多いです。

しかし、ストレッチをすることで筋肉の緊張をほぐすことができ、同時に血流を促進させる効果もあります。

肩こりは年齢を重ねたり、重い物を持つ作業を行っている人ほどあらわれやすい症状であり、定期的に斜角筋のストレッチをすることをおすすめします。
肩こりに悩まされている人は斜角筋の緊張をほぐしてみてはいかがでしょうか。

冷え性の改善

斜角筋をストレッチすることで冷え性の症状を改善する効果が期待できます。
上記でも紹介したように斜角筋をストレッチすることで血流促進の効果があります。

特に、首周りには大きな動脈が流れていることもあり、血流促進の効果が高いです。

冷え性の原因は血流の流れが悪いことであるため、血流促進させれば必然的に冷え性の症状が改善される場合があります。

冷え性は足先や指先など体の末端にあらわれる場合が多く、冷え性の症状があらわれている部分を温めようとする場合が多いです。

しかし、大きな動脈の流れを促進させれば全身の血流を改善することが期待でき、冷え性改善の効果も高まる傾向があります。

冷え性は男性よりも女性にあらわれやすい症状であるため、冷え性の悩まされている人は斜角筋のストレッチを行ってみてはいかがでしょうか。

ストレートネックの改善

斜角筋をストレッチすることでストレートネックの改善につながります。

ストレートネックとは首の骨が変形してしまっている症状です。
正しい首の骨はくの字になっていますが、ストレートネックの場合はまっすぐになってしまっています。

ストレートネックになってしまうと首や肩の痛みだけではなく、背中などにも痛みや痺れの症状が広がってしまう可能性があります。
また、ヘルニアを誘発させてしまう原因にもなる可能性が高いです。

ストレートネックはスマホやパソコンを長時間使用することでなりやすく、最近ストレートネックの人が増えている傾向があります。

ストレートネックの確認の仕方は、壁にお尻と背中、踵をつけた状態で後頭部が自然と壁につくかどうかで判断することができます。

無理をしないと後頭部を壁につけることができないのであればストレートネックに可能性が高いです。

スポンサードサーチ

斜角筋のトリガーポイントをほぐす方法を徹底解説!

斜角筋のトリガーポイントをほぐすことができればさまざまな効果が期待できます。
しかし、正しい方法でほぐすことができなければ効果が薄まってしまうだけではなく、逆に痛めてしまう危険性もあります。

正しほぐし方を把握して斜角筋のトリガーポイントをほぐしましょう。

斜角筋のトリガーポイントをほぐす方法を以下の3つから解説します。


  • ストレッチ

  • 器具を使用したストレッチ

  • マッサージ

ストレッチ

トリガーポイントをほぐす方法にストレッチがあり、自身で行うことができるメリットがあります。
ストレッチは誰でも行うことができますが、正しい方法で行わなければ痛めてしまう可能性が高いです。

斜角筋をストレッチする場合は、首を回したり、倒すだけでも効果期待できます。
肩が動かないようにすることで効率よく斜角筋を伸ばすことができ、おすすめです。

ストレッチは効率よく筋肉を伸ばすことができ、柔軟性を高める効果も高いですが、無理のない範囲で伸ばすことが大切です。

また、反動を利用したり、勢いよく伸ばすことも怪我をしてしまうリスクが高いため、注意しながら行いましょう。

コリが酷い場合は軽く斜角筋を動かしたり、温めてから行うことで痛めてしまうリスクを下げることが可能です。

器具を使用したストレッチ

器具を使用したストレッチでも斜角筋をほぐすことができます。
上記で紹介した器具を使用しないストレッチよりも効率よくほぐすことができるため、斜角筋をストレッチしたいのであれば購入することをおすすめします。

ストレッチ器具にはさまざまな物が販売されており、使用できる部位が限定されている場合もあります。

そのため、ストレッチ器具を購入するのであれば使用用途を確認してから購入するようにしましょう。

多くのストレッチ器具は自重を利用して使用する場合が多く、体重のかけ具合を調整しながら使用することで痛めてしまう可能性を下げることができます。

ストレッチ器具の中には凹凸が取り付けられている場合もあり、ストレッチ効果とマッサージ効果を同時に得ることが可能です。

マッサージ

マッサージをすることで斜角筋をほぐすことができ、痛めてしまうリスクも比較的少ないです。
そのため、初めて斜角筋をほぐそうと考えているのであればマッサージをから始めることをおすすめします。

また、上記でも紹介したようにコリが酷い場合にストレッチをすると怪我の原因になるため、マッサージである程度ほぐしてからストレッチをするようにしましょう。

マッサージの仕方は揉む場合と指圧する場合があります。
どちらの方法でも程よい力加減で行うことが大切であり、痛く感じない程度に抑えましょう。

指圧する場合は適したポイントを指圧する必要があり、知識なく指圧してもあまり効果があらわれない場合もあります。
怪我をしにくいメリットはありますが、効果が単発的になりやすいです。

斜角筋をほぐす人気おすすめ商品3選

斜角筋のトリガーポイントをほぐすのであればストレッチ器具を活用することをおすすめします。
自身の手や首を回すなどのストレッチよりも効果が高いため、効率よく斜角筋をほぐすことが可能です。

次に、斜角筋を効率よくほぐすことができるストレッチ器具3選を紹介します。

首の下に入れて頭の体重をかけることでストレッチとマッサージ効果を得ることができます。
そのため、ストレッチとマッサージ効果を同時に得たいと考えている人におすすめです。

硬く作られていることで体重をかけてもカーブが変形してしまうことがなく、首の反らせることができます。

また、リバーシブルで使用することでがき、首を反らせたり、4つのポイントでマッサージ効果を得ることも可能です。
天然鉱石が配合されている特徴もあり、血流促進の効果が期待できます。

全身をストレッチすることができるポールであり、斜角筋や首周りの筋肉をほぐすこともできます。
特に、背中や肩甲骨の柔軟性を高めることに優れており、姿勢を正すことも可能です。

首の骨が変形してしまうと体型まで歪めてしまう場合もあるため、ストレートネックが重症化している人には購入を検討してみてはいかがでしょうか。

芯には耐久性に優れているEPE素材が使用されていることで体重をかけても変形してしまうことがなく、しっかり体を伸ばすことができます。

底面がカーブを描いているデザインに仕上げられていることで首を乗せた後にゆらゆらと動かすことが可能になっています。
そのため、単に首を伸ばすだけではなく、もみほぐすことが期待できます。

前後左右に動かすことができることで広範囲でほぐすことができ、血流促進の効果も得られやすいです。
突起物を適した場所に触れるようにすることが大切であり、指圧効果が高まります。

硬く作られていることで痛く感じてしまう場合もありますが、しっかり首を反らせることが可能です。

スポンサードサーチ

まとめ

斜角筋とトリガーポイントの関係性やストレッチ方法について紹介しましたが、参考にすることができたでしょうか。

斜角筋が緊張してしまうと肩こりや首に痺れなどあらわれてしまうこともあり、首にコリの症状があらわれているのであれば定期的にストレッチするようにしましょう。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定