あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
ballet

バレエトウシューズを徹底解説!人気おすすめ10選も紹介

スポシル編集部

公開日 :2018/10/31

更新日 :2020/08/19

この記事では、バレエトウシューズの歴史や自分の足に合ったトウシューズの選び方、トウシューズの履き方、動画を用いたトウシューズの正しい立ち方を説明します。

また、人気トウシューズ10選を、それぞれのトウシューズの特徴を解説しながら紹介します。

バレエを習う人なら、誰もが一度はトウシューズで可憐に踊りたいと思ったことがあるのではないでしょうか。
しかし、いざ購入しようとすると、その種類の豊富さから選ぶのに苦労することもあると思います。

この記事の内容を参考に、ぜひご自身の足にピッタリのトウシューズを見つけてください!

目次

スポンサードサーチ

バレエトウシューズの歴史

トウシューズが登場したのは、18世紀前半だと言われています。
もともと、バレエはヨーロッパの「宮廷舞踊」で、女性の衣装はふんわりとした長いスカートが主でした。なので、バレエの動きは上半身の表現が中心でした。

しかし、18世紀に入ると、バレエは貴族の娯楽的要素よりも専門的要素が強くなっていきます。パリでオペラ座が建設されたり、オペラ座バレエ学校が開校したりします。
 
その中で足の動きが重視されるようになり、衣装も足先を見せるものが多くなっていきます。
そして生まれたのが「つま先立ち」という技術で、ここからトウシューズが生まれ、ヨーロッパから世界中に広まっていきました。

バレエトウシューズの選び方

ここからは、どのようにトウシューズを選べばよいかを3つの項目に分けて紹介します。

たくさんの種類があるトウシューズで選び方も様々です。

自分の足の形によってトウシューズを選ぶ方法、トウシューズの種類で選ぶ方法、そしてどのようにトウシューズのフィッティングをすればよいのかまで解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!


  • 自分の足の形によって選ぶ

  • トウシューズの種類で選ぶ

  • フィッティングをしてみる

自分の足の形によって選ぶ

トウシューズを選ぶ上で、自分の足の形をきちんと知ることはとても大切です。

足に合っていないトウシューズを履き続けると、踊っているときに足に大きな負担がかかります。
ねん挫などのけがをしたり、足の指で体重を支えることができず十分なパフォーマンスを発揮できないといった問題が起こります。

足先の形には、大きく3つの型があります。

ギリシャ型:人指し指が一番長い足
エジプト型:親指が一番長い足
スクエア型:指の長さがほとんどそろっている足

ギリシャ型、エジプト型の人は、「普通幅~細幅」のトウシューズ、スクエア型の人は、「幅広」のトウシューズがおすすめです。

トウシューズの種類で選ぶ

トウシューズにはさまざまな種類があり、ものによって特徴が異なります。
 
つま先立ちをする部分の広さ、足裏の硬さ、足の幅など、同じトウシューズと言っても履き心地は全く違うのです。

購入するときは、自身の足の形にあったものを選ぶため、できるだけお店に出向いて試し履きをするようにしましょう。

フィッティングをしてみる

トウシューズを扱うバレエショップには、フィッテイングを補助してくれるスタッフの方がいます。また、専用のフィッティングスペースを用意している場合がほとんどです。
 
フィッティングをする際は、まず足のサイズと幅を測ります。

次に、トウパッドなしでトウシューズを履き、自分のかかととトウシューズのかかとを合わせます。この時、つま先にわずかに隙間があるくらいが理想です。そして、トウパッドを入れて履き、きつすぎないかを確かめます。

以上のことを確認した後は、フィット感をみます。トウシューズの履き口と足の甲の間に指を入れ、緩すぎないかをチェックしましょう。履き口にもトウシューズのサイドにも隙間がない状態が理想です。

フィッテイングスタッフの方の意見を聞きながら、自分の足に合った一足を見つけてください!

スポンサードサーチ

バレエシューズの履き方

【トウシューズを履き方】

①まずトウパッドを付けます。
②全ての足の指に均等に体重がかかるようにするため、ずれないように気を付けましょう。
③かかとに付けたゴムにつま先を通し、両手でトウシューズを抑えながらつま先を奥まで入れます。
④ゴムのねじれがないように注意しながら、足のかかとをトウシューズに入れます。
⑤リボンは、履く足の内側のものから足首に巻きます。一周目はリボンのついている箇所から斜め方向に、二周目は真横に巻きつけます。
⑥反対のリボンを手に取って、前に巻いたリボンとクロスさせるように足首に巻きつけます。二周目は、最初に巻いたリボンの上に重ねて、内くるぶし側で結びます。
⑦結ぶときは、まずかた結びを2回します。足首をまげるなど少し動かしてみて、動きにくくないか、足首が痛くないかを確認します。
⑧結んだリボンは、足首に巻きつけたリボンの内側に入れ込むようにしましょう。

バレエトウシューズの立ち方を動画で紹介!

トウシューズで立つときは、足の甲からすねまでがまっすぐになるようにします。
足の筋力が足りていない人は、トウシューズで一本足で立ったときにかかとが落ちてきてしまいます。

かかとが落ちてくると、つま先の平たい部分が床から離れてしまい、安定性が失われてしまいます。

かかとが落ちてきてしまう人は、トウシューズを履いていない時にもかかとを高く保つように意識して練習する必要があります。どんな動きをするときでも、足の甲とすねを一直線に保ち続けることが大切です。

スポンサードサーチ

バレエトウシューズ人気おすすめ10選

ここからは、人気トウシューズ10選を紹介します。
たくさんの種類があるトウシューズ。いざ選ぼうと思っても、悩んでしまうことがあると思います。

多くの人に選ばれているトウシューズをそれぞれの特徴とともに紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

サイズ 21~26cm
カラー サテン/ピンク
材質 サテン/キャンバス

全てのダンサーの足に合う人気モデルといえば「SK」

「SK」は、子供から大人まで、そして初心者から上級者まで、幅広い人に使われているトウシューズです。

つま先の平らな部分(プラットフォーム)が広く、つま先で立った時の安定感が抜群です。足裏についているソールは、他の製品だと固いものがほとんどですが、SKはしなりが良いので土踏まずにもフィットしやすいです。

足の力が弱くても比較的足の甲が出やすいです。トウシューズ初心者の方でも、つま先で立った時に甲からすねまでがまっすぐになるので、重心を上に保ちながら踊ることができます。

【グリシコ】トゥシューズ MAYA I Pro

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 22.5~26.5cm
カラー ユーロピンク

軽さと柔軟性を同時に求めるなら「グリシコ MAYA I Pro」

1988年に創立されたトウシューズの老舗ブランド「グリシコ」。
世界中のバレエダンサーに愛されているメーカーです。

 
グリシコの他のモデル「フェッテ」をベースに製造されています。「フェッテ」よりも軽量化され、柔軟さがプラスされているのが特徴です。

浅めのVカットデザインなので足の甲が出しやすく、初心者から上級者まで幅広い人の足に合うトウシューズです。

「グリシコ MAYA I Pro」は「グリシコ MAYA I」と比べると、つま先で立った時の消音機能がプラスされています。

サイズ 21~25.5cm
表地 シルクサテン

プラットフォームが広く、初心者の方におすすめなトウシューズ

子供から大人まで、多くの人の足にフィットするトウシューズです。
 
表地に光沢のあるシルクサテンを使用しており、舞台で照明を浴びると足元が美しく光ります。

つま先の平らな部分(プラットフォーム)が広めに設計されているので、トウシューズで立った時の安定性が抜群です。足の筋肉が少し弱い人でも比較的簡単に足の甲を出すことができるので、特にトウシューズ初心者の方におすすめです。

[Daydance] バレエポワントシューズ

Amazonで詳細を見る
サイズ 19.5~25.5cm
カラー ピンク、レッド、ブラック

トウシューズのカラーを楽しみたいなら「Daydance」!

まずそのカラーの豊富さ。トウシューズといえばピンクが定番ですが、「Daydance」ではレッドやブラックも選べます。練習に使うことはもちろん、衣装や配役に合わせた本番用のトウシューズとしてもおすすめです。

そして、トウシューズ全体の縫い目が細かく、耐久性が抜群です。

また、中敷き(インソール)がとても柔らかく、通気性も良いです。長時間の練習や本番でも、トウシューズの中を快適に保つことができます。

バレエ トウシューズ【グリシコ】 「2007」

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 22~26.5cm
ソール スェードレザー

世界中のバレエダンサーに愛されている

1988年に創立されたトウシューズの老舗ブランド「グリシコ」。
世界中のバレエダンサーに愛されているメーカーです。

【グリシコ「2007」 Pro FLEX】は、【グリシコ「2007」】の改良版です。
つま先に消音剤が入っていて、踊っているときに音が鳴りにくいように工夫されています。

自分の足の幅に合ったグリシコのトウシューズを見つけられるよう、細幅~広幅まで、あらゆる幅の製品が用意されています。

足裏のソールも柔らかいので、足に馴染みやすいです。

トウシューズ DAJIXINAN

Amazonで詳細を見る
サイズ 20~25cm
カラー エレガントピンク

足の甲が出すぎる方には「DAJIXINAN」がおすすめ!

子供から大人、初心者から上級者まで、幅広い人の足に合うように作られています。
つま先の平らな部分(プラットフォーム)が広く、トウシューズで立った時の安定感が抜群です。

アテールからポワントまでのロールアップもやりやすいので、トウシューズ初心者の方でも足さばきがしやすいです。

トウシューズの甲の部分(ヴァンプ)も他の製品と比べると長めの作りになっているので、足の力が強く甲が出すぎる方にもおすすめです。

サイズ 23.5~25.5cm
カラー -

軽量化によって踊りやすさを追求したモデル

「MAYA シャンクM」は、グリシコの人気モデル「フェッテ」を35g軽量化することに成功したモデル。
トウシューズの重さが軽くなったことで、ジャンプや足を上げる振り付けなどがとてもやりやすくなっています。

自分の足の幅に合ったグリシコのトウシューズを見つけられるよう、細幅~広幅まで、あらゆる幅の製品が用意されています。

足裏のソールも柔らかいので、足に馴染みやすいです。

【グリシコ】トウシューズ トライアンフ Pro(シャンクM)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 22.5~26cm
素材 ライトサーモンサテン
ソール レザー

グリシコモデルの中でもピカイチの安定性を誇るトウシューズ「トライアンフPro」!

これまでに紹介した「MAYA I」「MAYA I Pro 」と同様、グリシコの人気モデル「フェッテ」がベースとなっています。

「トライアンフPro」は、トウシューズの甲の部分(ヴァンプ)がUカットで深めの作りになっているのが特徴。Vカットの他のモデルと比べて足の甲が前に出すぎないので、つま先で立った時の安定性が向上しています。

【グリシコ】トゥシューズ 2007 Pro(シャンクM)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 22.5~26.5cm
カラー -

足の甲が低く平べったい人におすすめ!

つま先部分(トウ)の角度が、前に体重をかけやすい角度になっているのが特徴。消音剤も入っているので、踊っているときの音も気になりにくいです。

ボックスが平たい作りになっているので、足の甲が低く、平べったい人におすすめ。

自分の足の幅に合ったグリシコのトウシューズを見つけられるよう、細幅~広幅まで、あらゆる幅の製品が用意されています。

バレエ wendetaimei

Amazonで詳細を見る
サイズ 21~24cm
素材 シルク

初心者から上級者までフィットするトウシューズ

子供から大人まで、初心者から上級者まで、さまざまな人の足にフィットするトウシューズです。

靴底が広いので、普通に立っているときや踊っているときの安定感が抜群です。生地にはスエードレザーを使用しており、床で足を滑らせにくいところも嬉しいポイント。

また、つま先にパッドが入っているので、つま先で立ったときの足の指の痛みが軽減されます。通気性も良く、長時間の練習や本番でも足を快適に保つことができます。

バレエ用品の売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バレエトウシューズの紹介をしました。

選び方を理解できても何から選べば良いのかわからない方もいるかと思います。
そんな方に人気おすすめ10選も紹介したので、紹介した商品の特徴も参考にぜひ自分にあったバレエトウシューズを探してみてください!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定