あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Camp

「バックパック」のおすすめブランドを徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2021/07/20

更新日 :2021/09/28

バックパックはいろいろなものを持ち歩きたい人や、つい荷物が多くなってしまう人などにおすすめです。

もともとはアウトドアやキャンプなどで使われることが多かったアイテムですが、普段使いもできるようになり使用できるシーンがかなり増えてきました。

荷物の容量やデザインやカラー、形なども非常にバリエーション豊かになっており、その種類はかなり多くなっています。
現在いろいろなブランドから発売されているバックパックですが、各ブランドごとに趣向を凝らした特徴あるものも増えてきています。

思わずどのブランドのバックパックを買おうか、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?
そんな悩みを解消するためにも、ぜひ使ってみてほしいバックパックのブランドについて、徹底解説していきます!

目次

スポンサードサーチ

用途で選ぼう!

バックパックはさまざまな用途で使用することができますが、大きく分けると主に3つのシーンで使用するのにおすすめになっています。

・アウトドア
大物から小物までさまざまなものを収納するのに便利なバックパックは、アウトドアやキャンプでもよく使用されています。
最近ではソロキャンプなどでもバックパックがよく使われていることも。

収納できる荷物の容量や、バックパック自体の大きさなども多くの種類があります。
その中から使い勝手の良いものや、自分のスタイルに合うものを選んで使用されています。

・登山
バックパックといえば登山!というイメージも大変強いのではないでしょうか?
登山はいろいろな種類の荷物を、長時間背負ったまま持ち運ばなければなりません。

そのため最大限体に負荷がかからないよう、デザインや素材にこだわったものが多く快適に使えるような工夫があちこちにされているものが多いです。
耐久性や機能性に優れたものや、収納スペースもわざと多く作られているものも多くなっています。

・ビジネス
バックパックは最近ではビジネス用としても使われています。
主に毎日の通勤や通学にも使用している人も多いです。
アウトドアや登山で使用するバックパックと比較すると、荷物の収納量や大きさは格段に小さくなります。

ですがその代わりにデザインや機能性にこだわって作られているものが多くなっています。

パソコンだけ収納できる専用スペースが設けられていたり、本や書類、充電器や筆記用具なども収納しやすいようなスペースが取られていたりもします。
日常的に使うのに便利な機能が多く備わっているのが魅力です。

メンズのおしゃれブランド5選

数あるバックパックを取り扱っているブランドの中でも、特に男性に人気のあるブランドについて紹介していきます。
シンプルでさまざまシーンで使用できるのはもちろんのこと、デザインや機能性にも優れており、実に使い勝手良いものばかりです。
ぜひ購入時の参考にしてみてください!


  • ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)
  • サムソナイト(SAMSONITE)
  • ポーター(PORTER)
  • グレゴリー(GREGORY)
  • コールマン(Coleman)

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

1966年にアメリカで創業されたブランドです。

アウトドアに使用するアイテムから、普段使いにも使用できる多くの種類のアイテムを取り扱っています。
使いやすさや機能性はさることながらデザイン性も高く、多くの人に人気を集めファンも非常に多いです。

新商品や人気がある商品などは予約必須であったり、発売されてもすぐに完売してしまうものもあるほど。

バックパックも取り扱っていますが、扱っている種類が非常に多くなっていることが大きなポイントです。
幅広いバックパックの中から、とことん自分に合うものを選びだすことができます。

アウトドアからビジネスシーンまで、活躍できる場面が多くなっているところもザ・ノース・フェイスのバックパックの特徴です。
ザ・ノース・フェイスのバックパックの中でも定番中の定番であるシングルショットは、特に人気が高くなっています。

サムソナイト(SAMSONITE)

旅行用のキャリーケースなどでの有名なサムソナイトですが、バックパックも人気があります。

1910年にアメリカで創業され、世界中でファンが多いスーツケースブランドとして多くの人に愛されています。

耐久性に優れており外からの強い衝撃もなんのその、選び抜かれた素材と細かい部分まで使いやすさが追及されたアイテムが多いです。
特にメンズ用のバックパックは、シンプルな中にも大人っぽさを兼ね備えたデザインになっています。

機能性はもちろんのこと、見た目も高級感が漂っておりビジネス用としても多く使用されています。
スーツケースで培った素晴らしいノウハウが、バックパックにも多く採用されているところも特徴の1つです。
見た目、軽さ、使いやすさ、どこをとっても素晴らしい作りになっており、長く使えるところもポイントになっています。

ポーター(PORTER)

1935年創業された日本生まれのバッグメーカーで、1962年自社ブランドとしてポーターが誕生しました。

素材から縫製全ての工程において隅々まで徹底的に追及されていることで、商品のクオリティも非常に高くなっています。

MADE IN JAPANを掲げ徹底して日本製であることにこだわり、全工程を日本の職人の手によって丁寧に行っているところもさすがです。
ポーターのバックパックの魅力として、スタイリッシュな見た目と使いやすさをとことん追求しているところがあります。

デザインや機能性はもちろんのこと強度・軽さ・防水性なども兼ね備えており、細かいところまでユーザーの気持ちを考えた仕上がりになっています。
扱っているバックパックの種類も多く、長く愛されているシリーズが多いところもさすがポーターです。
アウトドアからビジネスまで使用できるラインナップの多さで、必ず自分に合ったものを見つけることができるでしょう。

グレゴリー(GREGORY)

グレゴリーはアメリカで創業されたバックパックのメーカーです。
人間工学を基にして作られた製品は、使いやすさはもちろんのこと快適に背負い続けることができ、バックパック界のロールスロイスとも呼ばれています。

全ての面で優れており質の高いバックパックばかりで、多くの人に人気を集めています。
昔から今でも変わることのないスタイルで、その長い歴史を思う存分感じることができるバックパックです。

長い年月が経っても抜群の機能性を維持し続け、今の時代に使っても何のおかしさも感じさせないのはさすがグレゴリー。
使い心地や機能性はしっかりと残しながらも、必要最低限の機能のみ搭載させたシンプルなバックパックが多いです。

そのため、余計なものはいらないシンプルなバックパックがほしい人におすすめです。
数あるラインナップ中でも1977年に作られ、今でも販売されているデイバックの人気は特に高くなっています。

コールマン(Coleman)

アウトドア用品を幅広く取り扱っているコールマンは、100年以上の歴史を持っている世界的にも有名な老舗メーカーです。
非常に知名度が高いため、恐らく知らない人はいないと言っても過言ではないのではないでしょうか。

コールマンのアイテムの特徴は使いやすさ機能性に優れているのにも関わらず、値段がリーズナブルでコストパフォーマンスが高いところです。
アウトドアやキャンプで使用されているブランドとしても、決して揺るがない地位を確立しているところもさすがコールマンと言えるでしょう。

耐久性にも優れているため長く使用することができ、愛着を持って親から子へと受け継いで使用している人も多いです。
コールマンから発売されているバックパックの特徴は、多くの荷物を収納できるように余裕を持った容量設定がされているところ。

デザインや形もさまざまなので、アウトドアや登山はもちろんのこと普段使いから旅行などいろいろな場面で活躍してくれます。
特にウォーカーやオフザグリーンなどが人気の高いモデルです。

スポンサードサーチ

レディース の人気おしゃれブランド5選

女性も最近ではバックパックを使っている人を多く見掛けるようになりました。
使いやすさや機能性はもちろんのこと、見た目の可愛さなどのデザインも追及したいのが女性のバックパックです。
特に女性に人気の高いブランドについて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


  • PICARD(ピカード)
  • ATAO(アタオ)
  • MARC JACOBS
  • cooga(クーガ)
  • PORTER (ポーター)

PICARD(ピカード)

90年の長い歴史を持つドイツ最大のバッグブランドで、ドイツのフランクフルト郊外にある皮革工芸の街として有名なオッフェンバッハで創業されました。
1928年に創業されてからオッフェンバッハの工場で素材の良い部分を最大限に活かしたバッグが作り続けられています。

国のブランドとして世界へと羽ばたかせていくために、ドイツがスタートさせたマイスター制度にもPICARDは認定されています。
マイスターは長い期間と時間を修行し、難関の試験を切り抜けたプロだけに国が与える職人の最高地位です。

そんなあらゆる面で最高品質の称号を持つPICARDで作られたバックパックは、まさに一級品ばかり。

制作工程で革を見て、革の特性を活かしたデザインを考えることでさまざまなデザインが生まれています。
デザインにこだわり、一生使えるバックパックとして長く愛用し続けられるところが魅力です。

ATAO(アタオ)

神戸・芦谷の専門店から始まりファッションでも有名な旧居留地に本店を構え誕生したブランド。
職人が一つ一つ丁寧に作るバッグや財布などが有名で、「トレンチコートの似合うひと」をデザインコンセプトにした大人の女性に人気の高いブランドの一つです。

市松模様や上質なレザーを中心とした、他にはない特徴的なデザインが人気になっています。
ATAOのバックパックはさまざまな雑誌やメディアドラマなどでも取り上げられているため、知っている人も多いのではないでしょうか?

さまざまな種類のバックパックが発売されていますが、その中でもmushroom monogram(マッシュルーム モノグラム)は特に人気の商品になっています。
A4サイズのものを入れることも可能、弱撥水加工が施されていることで雨の日でも使用でき、軽さにもこだわったモデルです。

機能性を追及すると便利な反面、カジュアル感が強くなってしまうという短所が出てきてしまいますが、それをカバーできるのもATAOだからこそ。
使用する素材を工夫したり、デザインなどにもとことんこだわることによって、高級感漂う上質な印象を演出します。
特に普段使いや出掛ける際に使ってほしいバックパックです。

MARC JACOBS

ニューヨーク生まれのファッションブランドで1986年に創業しました。
小物から洋服までおしゃれなさまざまなアイテムを日々作り出しているブランドで、女性にも人気が高くなっています。

マークジェイコブスのバックパックは、ブラックなどのダークトーンのカラーのものが多く、どんなシーンでも使いやすくなっているのが魅力です。
シンプルであり使用する場面が限られないので、幅広い年齢層に人気を得ています。

シンプルなバックパックが多くはなっているものの、個性的なポップなデザインのものも販売されているので、他の人とはちょっと違うデザインのものがほしい人にもおすすめです。
男女兼用で使用でき、家族や恋人同士兼用して使えるモデルも多くなっているため性別問わず多くの人に使われています。

デザインはもちろんのこと価格もそこまで高くないので、購入しやすいところも人気の理由の一つでしょう。
使い勝手がや耐久性にも優れているアルティメットシリーズや、男女どちらでも使えて普段使いにも最適なNYLON BIKERなどが人気です。

cooga(クーガ)

柔らかいさとしなやかさが上手く表現されている曲線と、目を引く美しさを放つニュアンスカラーが用いられた日本製のバッグです。
Made in Japanで一つ一つ細かい部分まで職人の手によって作られているので、その品質や完成度もさすがと言えます。

曲線だけでデザインされているWavesシリーズなどのモデルはもちろんのこと、その他のデザインも人気が高いです。
他のブランドと比較しても珍しいデザインばかりなので、他の人とは違うバックパックを探している人にもぜひ注目してほしいブランドになっています。

見た目のデザインもそうですが、機能性もしっかり備わっているところも人気の理由です。
A4サイズもしっかりと余裕をもって収納でき、エナメル素材を採用したことで雨の日も気にせず使用できたりなど、細かいところまで工夫が見えます。
思わず毎日使いたくなるバックパックです。

PORTER (ポーター)

メンズ同様レディースにも人気が高いポーター。
1935年創業され1962年に自社ブランドとしてポーターが誕生。
日本生まれのブランドです。

素材から縫製の全工程一つ一つ職人の手で行われており、商品自体の質も非常に高くなっていることで長く愛用することができます。
MADE IN JAPANを徹底し日本製であることにこだわった結果、今では日本を代表するブランドにもなっています。

シンプルなデザインとカラーを用いたシリーズが多いので、余計なものは必要ない、だけど機能性に優れたバックパックがほしい人におすすめです。
ポーターのバックパックは見た目と使いやすさをとことん追求しており、使ってみればその質の高さをすぐに実感することができるでしょう。

細かい部分までユーザーの気持ちを考えられた作りになっているので、使い始めたらもうやみつきです。
扱っているラインナップの多さも魅力の一つであり、自分に合うベストなバックパックを探すことができます。

アパレルスタッフのバックパック大量紹介

アパレルスタッフの目線で選ばれた、使いやすいバックパックを紹介しています。

・アークテリックッス
奥行きもありサイズは大きめだが、見た目は意外とすっきりしている。撮影時の大量の靴や服を入れるのに活躍。

容量に対して、サイズ感が大きく見えないのが良いところになっているカジュアルになりすぎないので良い。
両サイドについているサイドポケットも量が入るところも魅力。

背負いながら出し入れもできる。
メインの収納部分は蓋の部分も大きく開き、出し入れがかなりしやすくなっている。

・ザ ブラウン バッファロー
素材やジップにもにもこだわっていたり、別にパソコン収納がついている部分もポイント。ドリンクホルダーなどもついており、シンプルながらも機能性に優れたバックパックになっている。

フロントポケットはマチがあり収納力にも申し分なし。
メイン収納部分は2ヶ所あり。
大きいものを収納できるところと、小物を収納できるよう収納エリアが分けられているところも魅力。

・ザ ノース フェイス
ジミニというモデル。
内側外側問わずさまざまな部分にポケットがついているので、とにかく収納力が高いところも魅力。収納量を意識して大きなものから小さいものまで、しっかり収納できるようになっている。

さまざまなシーンで活用できること間違いなし。
両サイドには2つのドリンクホルダー付きで飲み物や折り畳み傘など持ち運びもできる。

・ウェクスレイ
アーバンバックパックというモデル。ベルギーのブランドで作られたバックパック。近未来感を感じさせるようなデザインが目を引く。見た目はスマートだが、機能性もしっかり備わっている。

少し変わったデザインのサイドポケットは、他のブランドにはないような作りになっている。

パソコンや充電器や文房具など入れられるクッション性に優れた収納スペースもあり。

その他、ブラーシーインダストリーのバックパックやバッハ、ファーデンの多機能バックパックなどが紹介されています。

スポンサードサーチ

メンズ 向けおすすめバックパック5選

実際にぜひ使ってみてほしいおすすめのバックパックを紹介していきます。

さまざまなシーンで使用できるものを集めてみたので、自分がどんな場面でどのように使いたいのかを想像しながら最後までぜひ目を通してみてください!

サイズ M:64.5×30.5×23cm 、L:69.5×30.5×23.5cm
重量 M/約1,490g、L/約1,560g
容量 41-50L

ちょっとした旅行や1泊2日のアウトドアにも対応可能

主にアウトドアや登山などにも使用できるバックパックになっており、1泊程度であれば必要な荷物を十分に持ち運びすることができます。

利便性を追い求めてきた人気のテルスシリーズの最新モデルになっており、細かい部分まで見直され更に進化しました。

耐久性に優れた強い生地を採用したり、軽量化も実現、あらゆる面でパワーアップしています。
雨の際にも心配なく使用できる雨蓋の容量も大きくなり、レインカバーを収納するための専用ポケットもつけられました。

快適に背負い続けることができるよう、バックパックの重さを体にフィットさせるためのスタビライザー連動のヒップハーネスも採用。
初心者から上級者まで誰でも使えるマルチモデルになっています。

サイズ 約W275×H500×D170(mm)
重量 約1055g
容量 約22L

サムソナイトの魅力を十分に感じることができるモデル

落ち着いたブラックのカラーとシンプルなデザインで、普段使いはもちろんのことビジネスの際にも使用できます。
頑丈な1680デニールのバリスティックナイロンを素材に使用していることで耐久性も抜群。

長く愛用することができます。
さまざまな機能が搭載されているので、実に使い勝手も良くなっています。

出し入れがしやすいようにメインの部分が大きく取られており、タブレットなどの大型のものカードなどの小物までしっかり収納することが可能です。
スーツケースにもつけることができるので、旅行や出張の際にも大活躍してくれること間違いなしです。

カラー ブラック
素材 ナイロン

収納力も申し分なし、どんなシーンにも使いやすいバックパック

グレゴリーを代表するモデルにもなっているイージーデイ。

歴史を感じるティアドロップ型で、あらゆるシーンで活躍してくれる使い勝手の良いモデルになっています。

A4サイズの収納も可能なので、荷物が多い人も安心して使用可能。

ジッパーにキークリップが付いたフロントポケットや、内側に搭載されたスリーブポケットなど、多すぎず少なすぎずの収納エリアが丁度良いです。

収納力もありながらシンプルで使いやすいものがほしい人には、ぜひ使ってみてほしいモデルになっています。

カラー ブラック
容量 31-40L

性別問わず子供から大人まで使用できるマルチなバックパック

アウトドアはもちろんのこと通勤や通学にも使用できるモデルです。

軽いのにも関わらず耐久性も抜群、ナイロンツイル生地には撥水加工もされているので雨の日も安心。

ばらけやすい小物をしっかり収納するためのオーガナイザーポケットや、キーフック付きなので鍵の管理も心配なし。
よく出し入れするものは正面ポケットに入れておけば、いつでもどこでも出し入れ簡単です。

雨の侵入を防いでくれるジッパーフラップはかなり便利。
サイドポケットにはペットボトルなどの飲み物も収納することができたりと、非常に機能性に優れた使いやすいバックパックです。

レディース 向けおすすめバックパック5選

サイズ 縦/32.5cm横/23.5cmマチ/15cm

日常使いにぴったり、ちょっとしたお出掛けにも使用できる

必要最低限の機能だけを搭載させた、シンプルなデザインのなかにも高級感を感じることができるバックパックです。
背負うことはもちろんのこと、持ち手付きなので手で持ち歩くことも可能。

A4ファイルの大きさであれば収納可能なので、本や書類なども気にせず収納することができます。
メインの収納部分の蓋が大きめの作りになっているので、物が取り出しやすく中も見やすくなっています。

細かいものを入れるのに便利なポケットもしっかり搭載されており、どこに何をしまったのかわからなくなってしまうことも防げます。
コンパクトサイズなので、あまり大きなサイズじゃないものがほしい人におすすめ。

サイズ 約W27×H37×D10cm
重量 約545g

ILSと共同開発した適度な大きさと収納力を持ち合わせた便利なモデル

ポーターのバックパックにしては珍しい、裏地に赤色を用いた特別感溢れるバックパックです。
大きすぎず小さすぎずのサイズ感で普段使いにぴったり。

A4サイズもジャストで収納可能になっており、収納力も申し分なしです。
外側には合計3つのポケットがついているので、小物の収納にも困ることはありません。

ファスナーの引手が大き目になっているので掴みやすく、開閉もしやすくなっています。
シンプルなデザインで誰でも使用でき、ビジネスの場面でも使えるモデルです。

サイズ 約H41×W30×D12.5cm
重量 約655g

MARC JACOBSを思う存分味わうことができる、おしゃれで目を引くバックパック

日常使いにぴったりなカジュアルスタイルにマッチするバックパックです。

シンプルなデザインでありながらMARC JACOBSのロゴがポイントで入れられており、ラグジュアリーさも感じられます。

汚れや雨にも強くなっているナイロン素材を使用しているので、思いっきり使い続けることが可能です。

長時間しようしても肩に負担がかからないよう、ショルダーストラップにはパッドも入っています。
普段使いはもちろんのこと、ちょっとしたレジャーにも使用できるところも魅力です。

サイズ H48×W29×D21cm
重量 約560g
容量 17L

女性が使いやすいようあらゆる面で研究しつくされたバックパック

女性の体のラインに合うように専用で設計されたイザベラは、まさに女性にぴったりのバックパックです。

バックパック自体ぼてっとした印象を与えがちですが、このイザベラに関してはスマートなフォルムと優しい印象をもたらしてくれるカラーデザインが特徴。

背面には15インチサイズまでのパソコンを収納できるスペースがあり、その他にもセキュリティーポケットやメッシュポケットが付いています。
さまざまな物をしっかり収納できる場所が確保されているので、使い勝手も抜群です。

女性の体にフィットしてくれるショルダーハーネスによって、背負った感じも快適になっています。

サイズ タテ41cmXヨコ:28 cmXマチ:17 cm
容量 11-20L

子供や女性に使いやすいサイズ感と機能性を搭載させたモデル

子供や女性が使いやすい丁度良いサイズ感です。

携帯電話やペンなどの小物を収納するのに便利なオーガナイザーポケット付き。
背面には背負った際のフィット感や快適さを実現してくれるメッシュパネルや、衝撃にも強いフォームが内臓。

夜にも安心して使用できるよう、反射素材を使用した視認性を高めるためのリフレクターも付いています。

ステッキホルダーも付いているので、アウトドアや登山の際に使用するトレッキングポールなどの収納も可能になっています。

スポンサードサーチ

まとめ

アウトドアなどで使用されるイメージが強かったバックパックですが、今はさまざまなシーンで活躍してくれる便利なアイテムになりました。

そのブランドやモデルしか持っていない特徴や魅力があるので、実際に購入しようとなるとどれを買えばいいのか悩んでしまうこともあるかもしれません。

しかしそんな悩みもぜひ楽しみながら、ずっと愛用したくなる自分に合う最高のバックパックをぜひ手に入れてください!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定