あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Camp

【メンズ向け】おしゃれなバックパック5選を徹底解説!人気のレザータイプや小さめのバッグもご紹介

スポシル編集部

公開日 :2021/07/20

更新日 :2021/07/20

大容量で収納力抜群なバックパックは、近年若い世代を中心に人気が広がってきています。

本来バックパックは、アウトドアの荷物を運びやすくするために使われていたバックですが、その使い勝手の良さからデイユースとして使用する方が増えてきています。

テクノロジーの発達により、パソコンやタブレット、カメラを持ち運ぶ人が増えバックパックの需要も年々増えてきています。

今回はそんな人々を魅了するバックパックについて解説していきます。
バックパックの選び方や、人気のメーカー、メンズバックなどを紹介しているため、自分に合うバックパックがわからない方やバックパックを探している方は必見です。

目次

スポンサードサーチ

メンズのバックパックの選び方

バックパックをどのように選んで良いかわからない方に向けて、バックパックの選び方を紹介します。

いくつもの商品の中から自分に合ったバックパックを見つけ出すのは至難の業です。

自分の用途や目的、価値観と照らし合わせながら参考にしてみてください。


  • 収納力
  • ブランド
  • 容量

収納力

収納力は、バックパックを選ぶうえで重要な判断要素になります。

収納力とは、ポケットの数や、バックの空間を無駄なく使いきれる設計が施されているかが基準になってきます。

バックパックという限られた空間をいかに効率よく収納できるか、また使いやすく設計されているかがそのバックパック良し悪し決めます。

収納力が優れているバックパックは、ペンを入れるポケットやパソコンを入れる場所が決まっているケースが多く、その場所に収納することで、空間を無駄にすることなく使いこなすことが可能になります。

また、ものの場所を決めることで探す手間が省ける、バックを開けることなく物の出し入れができるなどの工夫もされているため、スマートな生活を送ることができます。

ブランド

バックパックを選ぶ際にブランドで選ぶ方も多いと思います。

ブランドのバックパックは、あらゆる条件や環境に対応できるよう研究やテストを繰り返したのち、商品化している物が多く、安全性や信頼性に長けております。

デイユースの場合やアウトドアでの使用の場合は、特に丈夫で壊れにくいバックパックが必要になるため、ブランドのバックパックや、アウトドアメーカーのバックパックを選ぶことをおすすめします。

近年では、アウトドアメーカーとファッションメーカーがタッグを組んで商品を開発販売するなど、バックパック業界も活発になってきています。
アウトドアメーカーとのコラボ商品や、期間限定商品といった希少性もブランドで選ぶ楽しさの1つです。

容量

バックパックは、収納可能な荷物の容量を主にリットルの単位で表しています。

そのバックパックのモデルにもよりますが、大体が10~90リットルの間で設定されているものが多いです。

自分が使うシーンや目的、荷物の量は平均してどれくらい入れることが多いのかを考えて、容量を選択すると良いでしょう。
アウトドアで使用することを前提とした選ぶ目安を紹介するので参考にしてみて下さい。

バックパックを使うのが初めての人、あまり体力に自信がない人であれば30リットル前後のものを選んでみましょう。30リットルあれば一泊程度の荷物量を収納することが可能です。

30リットルは丁度良いサイズ感なので、いろいろな用途に使用しやすいという点も魅力になっています。

また、キャンプなどのテント泊や荷物が比較的多い人であれば、60リットル前後のものがおすすめです。

「小さめ」のバッグが流行り!

最近では、荷物が少ない方や女性でも扱いやすい小さめのバックが流行っています。

小さめのバックは、特に女性に人気でバックメーカーだけにとどまらず、アパレルブランドやスポーツメーカーからも商品が発売されています。

小さめのバックの特徴としては、バック自体が軽めに作られており、中の収納もシンプルなものが多いため、物の出し入れがスムーズなことです。
持ち物が多いイメージの女性ですが、近年ではコスメのコンパクト化やミニマムに生活するの方が増えたためバックが小さくても快適に過ごすことができています。

また、小さいバックの流行りを後押ししている背景には、パソコンとタブレットの一体化やスマートフォンの普及など、テクノロジーの発達も影響しています。

スポンサードサーチ

メンズに人気のレザーバッグ3選

メンズに人気のレザーバックを紹介します。

レザーバックは年齢問わず、幅広い年代から長年愛され続けています。

レザーは使い続けることでだんだん馴染んでくる性質があるため、長年使い続けたい方は是非検討していただきたいジャンルです。


  • ポーター(PORTER) 革リュック
  • アニアリ(aniary) 革リュック
  • ゴールドメン(GOLDMEN) 革リュック

ポーター(PORTER) 革リュック

ポーターは、日本人なら1度は聞いたことのある、日本生まれのカバンメーカー「吉田カバン」が作る自社ブランドの名前です。

吉田カバンの創業者、吉田吉蔵は12歳の時にカバン作りの世界に入り、88歳まで鞄作りを極めつづけました。

吉田吉蔵は「使うほどに馴染み、永く愛されるカバン」をモットーに、革カバン作りに励みました。
日本にはなかった発想やデザインが人々を驚かせ、楽しませることで今日まで愛され続けられてきました。

ポーターの革リュックは上品さの中にも、どこかカジュアルさを感じるデザインが、老若男女問わず合わせることができます。
その飾らないフォルムと控え目な佇まいが多くの方から愛され、使い続けられる理由になっています。

アニアリ(aniary) 革リュック

アニアリは、An ideal and reality(理想と現実)から生まれた日本のレザーブランドです。

しなやかで軽く色鮮やかな革を開発し続け、1つ1つの細かいディテールにこだわった金具を使用するほど、自社製作に力を入れています。

アニアリのカバンは無駄な装飾品を排除することで、大人な洗練されたデザインを追及しています。
上品なデザインでありながえらも、しっかりとした収納力や使い勝手の良さが、本物の良さを知る目の肥えた方に愛されています。

品の良さを感じさせるフォルムからは想像のできないほど、カジュアルなスタイルにも上手に馴染むことができる奥ゆかしさがあります。
アニアリの革リュックは、本物思考の方や人とかぶりたくない方におすすめのバックです。

ゴールドメン(GOLDMEN) 革リュック

ゴールドメンは「時代が変わっても、洗練された一人の大人でありたい欲望は変わらない」というアーバンスタンダードをコンセプトにカバンをはじめとした革製品の小物をつくるブランドです。

近年は個性の良さを認められる時代になってきたこともあり、自分の個性を取り入れたり、自分磨きに力を入れている方が増えています。

ゴールドメンはそんな、仕事でもプライベートでも自分を磨きワンランク上の個性を表現したい方をサポートできるようなカバンを提案しています。

ゴールドメンの革リュックは、洗練されたデザインの中にも遊び心をプラスした、他では真似できない作りが特徴です。
ゴールドメンのリュック1つで、人とは違う個性を表現したい、センスの良い小物で自分を表現したい欲望を叶えてくれます。

人気おすすめメーカー

バックパックの人気おすすめメーカーを紹介します。

バックのメーカーにもやはり人気メーカーは存在します。

デザインや耐久性、素材などメーカーによってこだわるポイントが変わってくるため、自分に合ったバックを見つけるためにも参考にしてみてください。


  • 『アークテリクス』
  • 『グレゴリー』
  • 『ミステリーランチ』

『アークテリクス』

自然に溢れているカナダ発祥のアウトドアウェアブランドで、バックパックで一気に有名になりました。

アークテリクスのブランドロゴは始祖鳥を用いてデザインされた、魅力溢れるブランドの1つです。

全ての製品に共通して言えることは、どれをとっても機能性と実用性に優れ、ユーザーが使いやすいように工夫されて作られているところがポイント。
どんな場面においても気兼ねなく、思いっきり使うことができます。

アウトドアや出掛ける際には、常に持ち歩きたいアイテムにもなること間違いありません。快適に着用でき、デザインや収納性にもこだわったマンティス26。

防水加工が施された素材や防水ジッパーを使用し、雨風や悪天候の日でも安心して使えるグランヴィルなどが人気です。

『グレゴリー』

グレゴリーはアメリカ生まれのバックパックメーカーです。

人間工学に基づいて製品をつくり、使い心地や背負い心地の良さからバックパック界のロールスロイスとまで呼ばれています。
あらゆる面で質の高いバックパックになっており、ファンも多いメーカーです。

特に1977年に初めてつくられ40年以上の長い歴史を持つデイパックは、非常に人気が高くなっています。

長い年月が経ってもそのままのスタイルを維持し続け、良い意味で歴史を感じさせるモデルですがその機能性は抜群。

今の時代にもしっかりとマッチできるバッグになっています。

使いやすさや実用性があるもの、シンプルで余計なものがないものがほしい人には特におすすめです。
デイアンドハーフパックやファインデイなどのモデルも人気になっています。

『ミステリーランチ』

ミステリーランチはアメリカのモンタナ州ボーズマンを拠点としてグローバルに展開しているバックパックメーカーです。

ミステリーランチのバックパック最大の特徴は、機能性、背負い心地、品質、そして耐久性を極めた技術力にあります。

ミリタリー、ハンター、森林消防隊、登山家など過酷な現場で本当に使えるバッグを作るため、妥協を許さない職人達の手によって作られる世界最高のバックパックです。

ミリタリーや特殊部隊員など、過酷な現場で働いている人々と直接の販売取引を行うことで、カスタマーの生の声を生かした商品作りに力を入れています。
ミステリーランチは、40年の伝統と技術を守りつつに新たなデザイン、使い勝手の良いバックパックを生み出し成長し続けるメーカーです。

スポンサードサーチ

【神リュック3選】現バイヤーが選ぶメンズバック

バイヤーがおすすめするメンズにおすすめのバックを紹介します。
紹介するバックは、聞き馴染みの低いメーカーののため、人と被りたくない方やデザインで選びたい方におすすめです。

・ブラックエンバー フォージ
ブラックエンバーは、ノースフェースの元デザイナーが作ったバックで、一目見た瞬間に引き込まれるデザインが特徴です。

男性の心をくすぐる仕掛けも随所に施されており、スタイリッシュで洗練されたバックは、背負っているだけでテンション上がります。

・エアー デイバック2
エアーはマスターピースのメーカーが作っているバックです。
小ぶりでシンプルなデザインは、小柄な男性や荷物の少ない男性に人気があります。

しっかりとした生地と、用途に応じた収納は、ガジェットをくまなく収納することができるためクリエイター向けのデザインとなっています。

・ベルーフ GO OUT16
ベルーフのGO OUT16は特殊な素材を使用して作られているため、防水機能はもちろんカッターナイフ切っても切れないバックです。

シンプルなデザインと作りは自由に物を入れるよう作られており、飾らない自分を演出できるバックです。

ビジネスマンは「evoon」のバッグがおすすめ!

evoonのバックパックは、大容量の収納と優れた撥水加工が特徴のバックパックで、普段から多くの仕事用品を持ち歩くビジネスマンにおすすめです。

クラウドファンディングで有名になり満を持して発売されたevoonのバックパックは、、人々の期待を裏切らない高パフォーマンスを発揮した商品です。
evoonのバックパックは、なんと言っても収納力に優れ2泊3日程度の出張であればスーツケースを別で用意する必要はありません。

リュックタイプと手提げタイプどちらのタイプにも対応できるため、シーンに合わせて使い分けることが可能です。
また、ファスナー1つでバックの容量を増やすことでき、ファスナーに南京錠タイプの鍵をかけることも可能のため、大切な資料や贈り物などの荷物が増えても対応できます。

スポンサードサーチ

メンズバックパックの人気おすすめ5選

バックパックの人気おすすめ5選を紹介します。

これまで紹介したバックパックを選ぶもよし、新たな発見のために試してみるのもあなた次第です。

新しいバックパックを手に入れて、日常生活や趣味のお供として新しい刺激をプラスしましょう。

容量 35L
重量 1.3kg

ビジネスマンにおすすめ

evoonのビジネスバックは、大容量で収納力に優れ、防水加工もしっかりしているため、持ち物の多いビジネスマンにおすすめです。

2泊3日程度の出張であれば、このバッグ1つで十分入るため、別でスーツケースを準備する必要がありません。

evoonのビジネスバックを1度使うと、他のバックに代える理由が見つからないほど機能性にも優れており、多くのビジネスマンを虜にしてきた逸品です。
evoonのビジネスバックは、ビジネスマンの他にも、バッグ1つで旅行を楽しみたい方や、キャンプのバックパックにもおすすめです。

容量 16L
重量 500g

スタイリッシュで洗練された唯一無二の存在

ベルーフのGOOUT16のバックパックは、一目見たその時から忘れられないほどの圧倒的存在感があります。

スタイリッシュで洗練されたデザインは、男性だけではなく、女性をも引きつける魅力であふれており、女性でも違和感なく使用することが可能です。

ベルーフのGOOUT16はデザインだけではなく、特殊な素材を使用することでカッターナイフを使っても切ることができません。
ベルーフのGOOUT16は小ぶりなバックのため、男性だけではなく、リュックで外出したい女性にもおすすめです。

容量 11L
重量 810g

洗練されたデザインの革リュック

ポーターのクラークデイパックは洗練されたデザインの中にもカジュアルさを感じる革リュックです。

ビジネスでの利用はもちろん、プライベートでのカジュアルなスタイルにも違和感なく溶け込むことができるため、幅広い世代の方に愛されています。

ポーターのクラークデイパックは、小ぶりな作りから男性だけではなく、老若男女問わず永く使うことが可能です。
新生活や新しい自分への挑戦に、ポーターのクラークデイパックはあなた見守りつつきちんと役割をはたしてくれる存在です。

容量 27L
重量 1.4kg

丈夫さを選ぶならこの1択

ミステリーランチの2WAYアサルトは、ミリタリーや特殊部隊にも商品を提供しているミリタリーランチがデイユースに向けて開発したバックパックです。

デイユース仕様ではあるものの、4種類の生地を使うことで耐摩耗性と防水性を高い基準に保つことができます。

ミステリーランチの2WAYアサルトは、ポケットや収納の数も多いため、2拍3日程度の旅行であればこのバック1つでこと足ります。
ミステリーランチの2WAYアサルトは、普段の持ち物が多い方や、外での活動が多い方、長く使いたい方におすすめです。

容量 42L
重量 1.62kg

おしゃれかつ大容量

Inateckのトラベルリュックは大容量なのにおしゃれなデザインが特徴です。

大容量のバックパックになると、どうしてもごつごつとしたフォルムになりがちですが、ポケットや収納をケーズ状に分けることでスマートなデザインを実現しました。

42Lという大容量の収納が可能のため、ちょっとした旅行や出張にもこのバック1つでまかなえます。

また、機内持ち込みも可能な大きさなので、手荷物の預ける手間や受け取る時間を省くことができスメートな旅行が可能です。

まとめ

近年はアウトドアだけではなく、デイユースでの使用も増えておりバックパックが幅広い世代から人気があります。

バックパックメーカーによって、デザインや素材、耐久性などこだわるポイントが違うため自分の使う用途や目的、価値観で選ぶものが変わってきます。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定