あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Camp

抜群の収納力!「サイバトロン」のバックパックおすすめ5選!

スポシル編集部

公開日 :2021/07/15

更新日 :2021/09/28

機能性や収納力などさまざまな面で非常に優れていることで、今注目されているサイバトロンのバックパック。

機能性はもちろんのこと、シンプルなデザインで男女問わず使用できるところも魅力の1つになっています。

荷物が多くなるアウトドアや旅行などはもちろんのこと、普段使いもできるラインナップの多さも人気の理由です。
今回はそんなサイバトロンのバックパックの魅力について紹介。
これを読めばあなたもサイバトロンのバックパックが欲しくなること間違いなしです!

目次

スポンサードサーチ

サイバトロンとは

サイバトロンとは、キャンプやサバイバルゲーム、登山などいろいろなアウトドアの場面で使用できるアイテムを扱っているメーカーです。

現在日本で発売されているサイバトロンのアイテムとして一番有名なのは、バックパックやバック類になっています。

シンプルなデザインで誰にでも使いやすく、機能性にも優れているところが魅力です。

そして通常のバッグ以外にも、ウエストバッグや携帯電話用のバッグ、ウォレットやボトルバッグなど、用途別に細かいラインナップが揃っているところも
魅力です。

サイバトロンのバックパックの特徴

サイバトロンのバックパックが人気を集めている理由について、ここでは更に詳しく見ていきます。

ユーザーが使いやすいように考えてつくられた、便利な機能のみ搭載させているサイバトロンのバックパック。
それぞれの特徴についてチェックしていきましょう。


  • MOLLEシステム
  • 収納箇所が沢山ついている
  • サブポケットが大きい

MOLLEシステム

MOLLEシステムとは、Pouch Attachment Ladder System(ポーチ・アタッチメント・ラダー・システム)、通称PALS(パルス)と呼ばれています。

これは米軍ネイティック兵士センターによって開発された、装備品を取り付けるためのシステムのこと。
バックパックをはじめとしさまざまアイテムに、ポーチやその他のアクセサリーを簡単にかつしっかり取り付けることができるようになっています。

かなり便利なシステムですね。
さまざま装備をカスタムで取り付けられるところが、このシステムの最大の魅力でもあります。

そのため自分で使いやすいように、好きなようにバックパックをアレンジできるわけですね。

アレンジを行うためには専用のアクセサリーが必要になりますが、どうやって組み合わせようかと考えるのも楽しみの1つになるでしょう。

また使用用途に応じて付け替えができるので、バックパックを使えるシーンも多くなります。

収納箇所が沢山ついている

やはり荷物の量が多くなるアウトドアや旅行などでは、どれだけ収納力があるかも大きな問題になってきますよね。
そんな悩みにも応えてくれるのも、さすがサイバトロンのバックパック。

とにかく収納力に長けており、収納しやすいところがポイントです。
特にメインの収納部分は思いっきり開くことができるため、荷物がしまいやすくなっています。

またポケットの数が多くなっているため、ここにはこれをしまっておこうと事前に決めておけば、荷物が見つからない!とイライラすることもありません。
モデルごとによってポケットの数は変わってくるものの、ポケットの数自体が基本的に多いので、収納力があるバックパックを探している人には特におすすめです。

サブポケットが大きい

収納力に影響してくる部分ではありますが、メインのポケット以外にサブポケットの大きさも十分にとられているところも魅力です。
サブポケットと聞くと小さめの小物をしまうためにしか使えないのでは?と思いがちですが、そんなことはありません。

一人用のテントやそれなりに大きさのあるものでもしっかり収納できるのが、サイバトロンのバックパックのサイドポケットの特徴です。
サブポケットのサイズが大きいとバックパックの使い勝手もその分更に良くなるので、特に荷物が多くなりがちな人にはかなり便利な機能と言えるでしょう。

サブポケットを上手く利用して荷物をしっかり収納できるのはもちろんのこと、どこに何を入れたのかわかりやすくなるという部分も魅力ですね。

スポンサードサーチ

1番人気は「3Pタクティカル」

サイバトロンの数あるバックパックの中でも特に人気が高いのが、3Pタクティカルです。

見てすぐわかるように、3つのパーツによってバックパックが構成されています。

とにかく機能性に優れており、使用されている素材にもこだわっているため、活躍するシーンが非常に広くなっているところも魅力です。

価格もリーズナブルでコストパフォーマンスが非常に高くなっており、満足度も抜群。
見た目のデザインは格好良いですが、男女関係なく使用できるところも嬉しいポイントです。
ユーザのことを考えてさまざまな工夫がされているところも、人気の理由になっています。

大容量なので荷物が多くてもしっかり収納でき、背負う際は負担が軽減できるように肩パッドには人間工学の原理に基づいて設計。
MOLLEシステムと呼ばれる機能も備わっており、自分で好きなようにバックパックをカスタマイズできるところも非常に人気を集めています。

3pタクティカルのパッキングの参考動画

実際にソロキャンプに行った際、3Pタクティカルに収納した荷物内容を紹介しています。

やはりサイバトロンのバックパックの収納力はさすが。

どんなものを、どれだけ収納できるのか見てみましょう。

バッグの中にはもちろんのこと、外側にもランプや水筒などをぶら下げることができます。
ザックの下にはランドリーバックに入れたサーマレスト、ランタン、パスファインダーキャンティーン、パラコード。

サイドポーチの内側についているループには炭バサミを差し込むことができ、反対側のサイドポーチの内側についているループには斧をぶら下げることも可能です。
サイドポーチの中にはハンモック、もう片方のサイドポーチの中にはタープ4つ複数収納もできます。

フロントバッグにはテントシートやスコップ、火口、ナイフやのこぎりなど。

本体の前方ポケットには、シェラカップやランタンの燃料、ウォーターキャリーやLEDランタン、エイドキッド、アルコールストーブやカトラリー、ウェットティッシュ。

スポンサードサーチ

サイバトロンの外付け拡張カスタム3選

サイバトロンの魅力にもなっているカスタマイズ機能を紹介している動画で、バックパックの拡張部分を紹介しています。

夏から秋はそこまで荷物が多くなることもないため、バッグの中に全部物を収納することができますが、冬は寝袋やマットなどでどうしても荷物の量がかさばってしまいます。
そんな時に役立ってくれるのが、外付け機能です。

サイバトロンのバックパックの中でも特に人気の高い3Pタクティカルは、37Lのメインバッグとサイドにサブのバッグがついています。
メインバッグには大きい収納と中ぐらいの収納、細かいものを収納できるポケットがあり、計4つのポケットが搭載。

メインバッグの一番大きい収納部分には、寝袋、シュラフでほぼ容量が取られてしまうため、外付けを行いテントやタープ、マットを持ち運べるようにしています。
防水性があり、収納ポケットの数が多いのはもちろんのこと、カスタマイズによって収納を増やせるのが一番の魅力です。

偽物に気をつけよう!

人気商品や人気ブランドのものになると、残念ながら必ず出てくるのがコピー商品などの偽物商品です。

本物だと信じて買ったのにも関わらず、実際届いてみたものを見たら縫製が雑だった。
どうみても本物の商品と違った、なんてことも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

そんなトラブルを避けるためにも、信頼できるサイトであったり公式のショップで購入するのが安心です。

サイバトロンに関しては公式のオンラインショップがあるため、ぜひそちらを利用することをおすすめします。
なるべく安く購入したいと思ってしまうのが人間の本心ですが、定価の金額よりあまりにも安く販売されている場合も注意が必要です。

しっかり確認をしてから購入すること、公式のショップで買うようにして、間違っても偽物を買ってしまったなんてことがないようにしましょう。

スポンサードサーチ

サイバトロンバッグパック人気おすすめ5選

実際にサイバトロンから発売されているバックパックの中で、いくつかおすすめしたいものを紹介していきます。

形や大きさなどさまざまな種類のものがあるため、購入時にはどれにしようか悩んでしまうこともあるかもしれません。

ですがそんな悩みも楽しみながら、ぜひ自分が気に入って使用できるバックパックを見つけてみてください!

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 37L:外形寸法:19"(H) x 11"(W) x 11"(D)/48cm(H) x 27cm(W) x 27cm(D)、ウエストベルトMAX:45インチ(114cm)、チェストベルトMAX:60インチ(152cm)

サイバトロンのバックパックといえばこれ!王道のモデル

3つに分かれた部分が特徴的なデザインになっている3Pタクティカルは、サイバトロンのバックパックの中でも特に人気の高いモデルです。

シンプルなデザインなので男女問わずに使用することができ、活躍する場面が多いところも魅力。
メインの材質には防水900Dを使用しており水や汗にも強くなっています。

大容量の荷物をしまえる収納力と内側についているメッシュポケットによって、荷物の整理も簡単に行えます。

自分好みにカスタマイズ可能なMOLLEにも対応しているので、MOLLE対応のアイテムを使えば自分だけのバックパックをつくることも可能です。

サイズ 6"(H) x 9"(W) x 3"(D)/15cm(H) x 22.8cm(W) x 7.5cm(D)

真四角のころっとしたデザインで、また違う使い心地を楽しめる

手で持ってもよし、肩掛けや斜め掛けにも対応している、さまざまな使い勝手できるモデルです。

アウトドアなどにも使用できますがボールペンや眼鏡などを差し込むことができるので、普段使いにも使うことができます。

MOLLE対応なのでカスタマイズも可能。
各部分に高品質の素材を使用しているので耐久性も申し分なく、長く愛用することができます。
ちょっと違うサイバトロンのバッグを使ってみたいという人には、ぜひおすすめです。

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル リュックデイパック 37L

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 16.5"(H) x 9"(W) x 11"(D)/41cm(H) x 22cm(W) x 27cm(D), ウエストベルト MAX:39インチ(99cm)

3Pタクティカルをまず試してみたい人におすすめ

サイバトロンのバックパックの魅力をまずは味わってみたい人にぜひ使ってみてほしい、便利な機能が全て搭載されているモデルです。

ペットボトルやその他の小物を吊り下げられるためのDリングや、寝袋やフロアマットを収納するためのボトムストラップなど、アウトドアの際に活躍してくれるものがいろいろとついています。

持ち運びがしやすいバックパックハンドル、長時間背負っても快適さと通気性を維持する背面のメッシュパッドは、人間工学に基づきデザインされていたりと、細かいこだわりを感じさせます。

サイズ 9"(H) x 6"(W) x 3"(D)/ 22cm(H) x 15cm(W) x 7cm(D)

ちょっとした外出や運動の際にも使用できる

小さいながらも細かいところまでこだわって作られており、サイバトロンの魅力を存分に感じられることができます。

コンパクトサイズのモデルなのでアウトドア以外にも、運動やスポーツなどさまざまなシーンで活躍してくれるモデルです。

大きさは小さいですが収納力はしっかり確保されているので、その点でも安心して使うことができます。

バックルや生地の耐久性はもちろんのこと、防水性も兼ね備えているので雨の日でも使用可能です。
他のバックパックと共に使い、よく使うものをメインに収納してもいいでしょう。

サイズ 20"(H) x 12"(W) x8.5"(D)/50cm(H) x 30cm(W) x22cm(D)

程よい大きさのバックパックを探している人におすすめ

大きすぎず小さすぎの適度なサイズ感を持ちながらも、高い機能性をしっかり搭載しているモデルです。

あまり大きいサイズのものは使いたくないけど、でも収納力があるものがほしいと思っている人にはぜひ使ってみてほしいです。

スライド調節可能なので背負う際も背中にぴったりフィット、背面には厚みのある緩衝材を使用しているため装着時の負担も軽減してくれます。
サイバトロンの特徴であるMOLLE対応で、MOLLEシステム対応のアイテムと組み合わせることもできます。

また元々ついているバッグを外せば、別々のバッグに分けて使うことも可能になっている便利なタイプです。
レインカバー付きで雨の日も安心して使用できます。

まとめ

サイバトロンのバックパックの魅力についてお伝えしました。

シンプルで使いやすいデザイン、そして優れた機能性、自分の使いやすいようにカスタマイズできたりなど、さまざまな特徴を持っています。

耐久性にも優れているので使えば使うほど味わいが出て、使うことも楽しくなること間違いなしでしょう。

バックパック選びに悩んでいる人は、ぜひサイバトロンのバックパックを候補に入れてみてください!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定