あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
BMX

ダートに最適のBMX人気おすすめ10選!かっこ良く決めたいならこれを選べ!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/25

更新日 :2019/04/26

BMXで行う競技には様々なスタイルやジャンルがあります。
大きく分けてレースとフリースタイル。スタイルに関してはフラットランド・パーク・ストリート・トレイル・ヴァートの5つに分けられ、使用するBMXも競技によって特徴が異なります。
そのためBMXの購入を検討している場合は、どの競技に挑戦したいかを決めてから選ぶのがおすすめです。
今回はBMXの競技の中でもダートをピックアップし、使用するBMXの特徴やパーツ選び、ダート用おすすめBMXを紹介します。

目次

スポンサードサーチ

ダートとは

ダートとは、泥や土・ほこりなどを意味し、道路であれば未舗装であることを意味します。スポーツのジャンルで使われる場合は、ダートコースをさすことが多く、競技用に土や砂を細かく敷き詰めた走路、またはそのようなコースを意味します。

BMXで使われるダートとはフリースタイルのジャンルに入ります。トレイル=ダートジャンプとも呼ばれ、地面を掘り起こしてつくった多数の大きなこぶをジャンプし、空中で技を繰り広げる競技です。

ダートジャンプ競技はコース中に大小のジャンプが組み込まれるため、BMXといってもダートに適したBMXを選んで使用する必要があります。

ダート用BMXパーツの選び方

競技で使用されるBMXは、その競技に特化した機能を持たせる必要があります。そのためBMX競技者は完成車を購入するのではなく、パーツごとに購入して組み上げたBMXを使用します。

フレームからの組み上げは、上級者であればスムーズにできる作業ですが、初めてダートに適したBMXを探している人には難しいでしょう。
そこではじめは好きなBMXを購入してダートに適したパーツに組み替える、もしくはダートにも使用できるストリートBMX購入するとよいでしょう。

ここでは、ダート用のBMXに適しているパーツにはどのような特徴があるのか、選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • フレーム
  • ハンドル
  • タイヤ

フレーム

フレームの形状は、一般的な自転車と同じようにダイヤモンド型のオーソドックスな形状をしています。

フレームの素材は、大きなジャンプから着地の際にかかる大きな負荷に耐えられる、金属疲労による破断に強いクロモリ素材を採用したBMXを使用するのが主流となっています。

フレームサイズは、トップチューブが自分の体格や乗り方にあった長さのものを選ぶ必要があります。
トップチューブの長さとは、ハンドルの付け根のチューブ中心からシートの付け根のチューブ中心までの長さのことです。トップチューブは㎝表記ではなく、インチや㎜で表示されています。

トップチューブの長さが変わることで、BMXの操作性や乗り味が変わります。
短めのトップチューブでは細かいクイックな動作が行いやすく、長めのチューブトップでは安定感が得られます。そのためストリートでは短めを、パークでは中間、大きくジャンプするダートでは長めのフレームが好まれます。

身長から選ぶ場合、身長が150~160㎝ならフレームのトップチューブは19.8~20.0、160~170㎝なら20.~20.5、170~180㎝なら20.5~21.0、180㎝以上なら21.0以上を目安に選びましょう。

ほとんどの完成車は20.0~20.8くらいのフレームサイズであるため、細かく選びたい場合はフレーム単品での購入がよいでしょう。

また、チェーンステーは大きなジャンプを目指す場合、長い方が安定します。13.5~13.75を目安に選ぶと良いでしょう。

ハンドル

BMXは車高が低いため、大きくライズした専用のハンドルバーを使用。一般的なハンドルとは異なり、補強が入っています。
ハンドルの高さは、他のスポーツバイクはステムで調節するのが一般的ですが、ダート用のハンドルはハンドルバーのライズ量で調節します。

BMXで使用されるハンドルバーの種類は、2PCと4PCの2種類。
2PCは2つのパイプを組み合わせたタイプで、4PCは4つのパイプを組み合わたタイプのことをさしています。

ベーシックなモデルは2PC。完成車のほとんどか2PCハンドルで組まれています。
乗り心地はしなやかでジャンプからの着地時に衝撃を吸収してくれる特徴をもっています。
4PCはパイプを溶接しているため硬くて頑丈。車体に負担がかかるトリックを行うフラットランドで使用されることが多いハンドルです。
ダートジャンプで使うBMXには、どちらのハンドルモデルも使用されています。

ハンドルのサイズは、主にインチ表記。ストリートやフラットスタイルでは8.5~10.0インチが主流です。
身長を目安に選ぶのであれば、150~170㎝で8.0~9インチ、170~180㎝で9.0~9.5インチがおすすめです。

ハンドルバーの大きさによる性能の違いは、大きくして腕の位置を高くすると、力が伝わりやすいため車体を引き上げる動作は簡単に。逆に小さくして腕の位置を低くすると、筋肉を使ってバネの力を伝えやすくなる点があげられます。

ハンドルバーに使用されている素材はハイテンやクロモリが主流。ハイテンは安価であるためエントリーモデルで採用されています。
クロモリは軽くて丈夫なため高価にはなりますが、ダートに使用するBMXにおすすめな素材です。

タイヤ

BMXに使用するタイヤは、競技によって異なる幅のタイヤを使用します。
一般的にレースでは1.75~2.125、パークやストリート・ダートでは2.0~2.125、フラットランドでは1.75~1.9のゴム幅のタイヤが主流となっています

タイヤは太ければ太いほど地面との接地面が増えるため安定感は増します。逆に細くなるとトリックなどは素早くやりやすくなります。

タイヤの表面は、ツルツルのタイプからパターンという溝の模様が施されているタイプなど様々な種類がありますが、ダートでは溝のあるタイヤを使用します。
フロントには太めのブロックパターンのあるタイヤを、リヤは細めのブロックパターンのあるタイヤを使用するのが主流となっています。

タイヤを選ぶ時は空気圧も重要なポイント。採用するタイヤによって空気圧の上限・下限が決められているため、完成車のタイヤに十分な機能が無い場合は交換をおすすめします。
空気圧は上限に設定するとタイヤの路面抵抗が小さくなるほか、硬くなり変形しにくいことからスピードが出やすくなります。
一方下限に設定すると柔らかくなるため衝撃吸収力がまし、乗り心地は良くなります。

気圧の数値に関しては気にしていないライダーが覆いのですが、ストリートライダーでは3.5気圧あたり、パークライダーは5.5気圧あたりで設定しています。
ちなみに、約2.5気圧ではゴムボールのように柔らかく高い衝撃吸収性能があり、約4.5気圧ではタイヤは少し硬くなり着地の衝撃に膝を使う必要がでてきます。

ダートでは高いジャンプからの着地により強い衝撃がかかります。そのため空気圧は2.5~3.5あたりが目安となりますが、実際に何度も乗りこなしていくうちにベストな空気圧をみつけるのがおすすめです。

スポンサードサーチ

ダート用BMXのおすすめ人気10選

BMXでダート競技に挑みたい場合は、ダートに適したパーツを採用しているBMXを選ぶ必要があります。
そこでおすすめしたいダート用BMXをピックアップし、紹介します。

GT BMX AIR 20 M ブラック 2019年モデル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GT BMX AIR 20の詳細情報

メーカー GT(ジーティ)
フレーム ハイテンスチールチューブ
サイズ トップチューブ20インチ
タイヤ Innova フロント:20×2.3、リア:20×2.2

低コストで高い信頼性を目指したBMX

高張力のスチール銅のパイプを組み上げたタフなフレームとフォークが特徴的なGTのBMXです。
激しいトレーニングやプレイにも問題なく対応してくれます。

耐久性を考慮し、ワンピースタイプではなくスリーピースタイプの本格クランクを採用。頑丈なクロモリ素材を中空加工することで、軽量性と耐久性を高次元のバランスで実現しています。

ハンドルには頑丈なスチール製を採用。2つのパイプを溶接してつなげることで更に耐久性を高め、転倒時の変形も防げる構造となっています。
バイクの破損などを心配せずにライディングに集中できる1台に仕上がっています。

【BMX STREET】 WETHEPEOPLE 2018 / CURSE-FS 20.25 ジャイロ付き / MATT BLACK

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

WETHEPEOPLE CURSE FSの詳細情報

メーカー WETHEPEOPLE(ウィーザピープル)
フレーム 4130crmo、ダウンチューブ:1020ハイテン
サイズ トップチューブ:20.25、チェーンステー:13.2
タイヤ SART Tracer 2.35

WETHEPEOPLEのエントリーモデルのBMX

WETHEPEOPLE(ウィーザピープル)はドイツのBMXブランドです。
1990年代後期、ヨーロッパで活躍する3人のライダーによって設立され、ドイツらしく堅実なモノ作りは世界中から信頼を得ています。

CURSE-FSは、すでに完成系といえるCURSEにSARTのローターキットを組み込むことで、向かうところ敵なしのパークマシーン。
TRACERタイヤやEXグリップなど新しいSARTパーツが加えられたことで、どんなトリックにもチャレンジできる完璧なBMXとなっています。

(BMX ストリート フルクロモリ) COLONY 2018 Premise (Metal Gold/Rainbow)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

COLONY 2018 PREMISEの詳細情報

メーカー COLONY(コロニー)
フレーム クロモリ
サイズ トップチューブ:20.75、チェーンステー:13.25
タイヤ 20×2.25
重量 11.2㎏

安定感抜群のクロモリBMX

PREMISEはトップチューブが20.75となっており、一般的なモデルに比べて若干長め。チェーンステーを13.25と短めにすることでクイックな操作性を持たせたBMXとなっています。

フレーム・フロントフォーク・ハンドルバーは軽くて丈夫なフルクロモリを採用。
パーツにはCOLONYのPCペダルやグリップ、シートポスト、タイヤ、ダブルウォールリムを装備し、隙のないアッセンブルとなっています。

在庫セール FLYBIKES 2018モデル ELECTRON -FLAT AQUAMARINE- ストリートBMX入門モデル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

FLYBIKES ELECTRON-FLAT の詳細情報

メーカー FLYBIKES(フライバイクス)
フレーム 4130クロモリ、1020ハイテン
サイズ トップチューブ:20.5、チェーンステー:13.2
タイヤ 2.35
重量 11.3㎏

コンパクトサイズのBMX

FLYBIKESのコンプリートバイクELECTRONです。
ベーシックシリーズの中でもトップチューブは20.5、チェーンステーは13.2と比較的コンパクトなモデルのBMXです。

Trebolより登場の新作タイヤを、人気のRoeyGrip、Ruben Graphite Pedalを標準装備しています。

小柄な方や女性に、またはよりクイックなライディングをしたい人におすすめなBMXに仕上がっています。

SUBROSA / 2019モデル TIRO -SATIN LUSTER BLUE- ストリート BMX 入門モデル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

SUBROSA 2019 Tiro Complete Bikeの詳細情報

メーカー SUBROSA(サブローサ)
フレーム 1020ハイテン
サイズ トップチューブ:20.5、チェーンステー:13.5
タイヤ RANT2.35
重量 12.45㎏

上位モデルに引けをとらないエントリーモデル

2006年よりスタートしたアメリカの人気BMXブランドSUBROSAからでた最新のコンプリートバイクです。

トップチューブは汎用性の高い20.5で、中間サイズに設定。
フレームにはハイテンを採用してコスト削減。パーツはRANT中心に構成し、インテグラルヘッドセットやシールドMID BB、3PCクランクなど上級モデルに準じたパーツを装備しながらもリーズナブルな価格を実現した1台です。
ハンドルサイズは9.0と高め。
BMX初心者に扱いやすく、購入しやすい1台に仕上がっています。

あくまでも初心者モデルとなるため、トリックやジャンプに慣れてきたらハイスペックモデルにパーツチェンジをするか、8万円以上のコンプリートバイクの購入をおすすめします。

【BMX STREET】【ストリート】【20インチ】WETHEPEOPLE 2019 TRUST FC (MATT BLACK)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

WETHEPEOPLE TRUST FCの詳細情報

メーカー WETHEPEOPLE(ウィーザピープル)
フレーム クロモリ
サイズ トップチューブ:20.75、チェーンステー:13.2
タイヤ Feeln tire 2.35
重量 12.32㎏

グレードアップされた完璧なBMX

WETHEPEOPLE TRUSTは、真に納得のいくストリート仕様としてアップグレードされ、世界中から強い支持を得るほど完成度の高いBMXに仕上がっています。
SALTPLUSのVERTEXフリーコースターハブに計4個のナイロンハブガード、クロモリの4ピースバーを装備。ストリートバイクとして必要なスペックをすべて兼ね備えています。

BMX競技において次なるステップへ進む際にぜひおすすめしたいBMXとなっています。

(BMX ストリート) Academy 2018 Aspire (Gloss Black with Rainbow)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Academy Aspireの詳細情報

メーカー Academy(アカデミー)
フレーム クロモリ
サイズ トップチューブ:20.4、チェーンステー:13.25
タイヤ 20×2.25
重量 10.9㎏

コストパフォーマンス抜群のクロモリBMX

Academy(アカデミー)は、COLONY系列のオーストラリア初のBMXブランドです。
ASPIREモデルはエントリーモデルとは言え、パフォーマンスの高いBMXに仕上がっています。
重要なフレームダウンチューブ、フロントフォーク・ハンドルバーに軽くて強度のあるクロモリを採用。インテグラルヘッドセット、ミッドBB、シートポスト一体型の軽量シートなど最新規格を標準装備しています。

トップチューブは20.4と一般的なサイズで、総重量も非常に軽量なため扱いやすいモデルです。
エントリーで乗りこなせるようになった後、カスタムの幅が広いのも魅力の1台です。

(BMX ストリート フルクロモリ) Division 2018 Fortiz (Battleship Grey/Polished)

Amazonで詳細を見る

Division 2018 Fortizの詳細情報

メーカー Division(ディビジョン)
フレーム クロモリ
サイズ トップチューブ:20.75、チェーンステー:13.1
タイヤ 20×2.4
重量 10.9㎏

クロモリ採用で軽量モデルのBMX

Divisionの新作コンプリートバイクFortiz。
フレーム・フォーク・ハンドルバーには軽くて丈夫なクロモリ製チューブを採用。
前後のハブはシールドベアリング&ハブガード付。リムはダブルウォール、インテグラルヘッドにMid BB、シートポストと一体型の軽量シートなど、魅力満載のBMXに仕上がっています。

チェーンステーが13.1でヘッド角が75.5°と短めの設定。クイックな動作を得意としたモデルです。

リヤハブガードにペグが4本ついているお得な1台となっています。

FitBikeCo。2018 Begin FC Army Green

Amazonで詳細を見る

FitBikeCo 2018 Beginの詳細情報

メーカー FitBikeCo(フィットバイクカンパニー)
フレーム クロモリ
サイズ トップチューブ:20.5、チェーンステー:13.11
タイヤ 20×2.4
重量 12.56㎏

フラッグシップモデルのBMX

2000年代の世界のBMXで最も成長・成功したブランドと言われているフィットバイクカンパニーのBMXです。他のバイクには無いデザインと採用しているクールなアイテムは、若いライダー層に人気となっています。

このFitBikeはハイスペック搭載のフラッグシップモデル=最上級の自転車です。
4ピースバー、プラスチックペグ付属、フリーコースターハブを採用。
フレームやハンドルバーはクロモリを採用し、BBやハブの回転軸にはシールドベアリング、リヤホイールはダブルウォールリム、アルミスプロケットを採用するなどポイントを抑えたカスタムとなっています。

細部にFITのデザインが光り、オリーブカラーがおしゃれなBMXに仕上がっています。

Se Floval Flyer 24 " BMX Bike – 2018 シルバー

Amazonで詳細を見る

SEBIKES Floval Flyer 24の詳細情報

SE SEBIKES(エスイーバイクス)
フレーム 軽量6066アルミ
サイズ トップチューブ:21.2、チェーンステー:15.4
タイヤ フロント24×1.75、リア24×1.6
重量 10.32㎏

大きめサイズのハイスペックBMX

根強い人気を誇るFloval Flyerシリーズ。
BMXでは20インチが一般的ですが、24インチホイールを採用した大きめサイズのBMX。
20インチの車体が体格に合わない方におすすめなモデルとなっています。

トップチューブは21.2と標準モデルより長めの設定。フレームには軽量の6066アルミフレームを採用。
剛性のたかい楕円形のダウンチューブに、内部で一体化されたヘッドチューブ、他のパーツに関しても一流のパーツがラインナップされています。
全てのパーツにおいて最上級の物が使用されており、軽量化が実現。
標準より大きめですが高性能なパーツがそろったモデルに仕上がっています。

小柄な人は扱いにくいかもしれませんが、高身長で安定感を重視したい人におすすめなモデルとなっています。

まとめ

ダートでは大きくジャンプし空中で技を競います。そのため、ダート用BMXを使用しないとベストなパフォーマンスができないだけでなく、BMXの破損やケガの危険性も高くなってしまいます。
ダート用BMXのパーツの選び方やおすすめ完成車のピックアップを参考にベストなダート用BMXを準備し、競技を楽しみましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike