あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
BMX

12インチのBMX人気おすすめ10選!人気最強メーカーも紹介!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/26

更新日 :2019/04/26

子ども用12インチのBMXを8選紹介します。用途にもよりますが、12インチは3歳前後の子ども用サイズで、ファーストバイクとして購入を検討される方も多いです。

目次

スポンサードサーチ

BMXとは

BMXとは「Bicycle Motocross」の略で、自転車を使った競技とそれに用いる自転車のことをさします。1970年代にアメリカ・カリフォルニア州で、子どもたちがオートバイのモトクロスをまねて遊んだのが始まりと言われています。

ジャンプ台やコーナーのある専用コースで着順を競うレースと、車体を自由に操りジャンプやアクションに特化したフリースタイルがあります。BMXは2020年の東京オリンピックで正式種目として採用されたことで注目を集めています。

12インチの大きさと適正身長

子ども用のBMXのサイズは12インチ、14インチ、16インチがありますが、12インチは最も小型であるため、ファーストバイクとして購入を検討される方もいるでしょう。用途やメーカーによって適正身長は変わりますが、12インチのBMXであれば街乗りをする場合は身長85~95cm、おおよそ3歳前後のお子さまが対象です。

トリックなどをするのであれば身長100~110cmが目安となります。また、ストリートBMXではトップチューブの長さも1つの基準になります。トップチューブはヘッドとシートをつなぐ上部のチューブで、インチ(1インチ = 2.54 cm)で表されます。

身長が同じでも、手足の長さや関節の柔らかさなどは個人差があるため、トップチューブの長さで選ぶのもよいでしょう。成長したら12インチはすぐ乗れなくなってしまうのではないかと思うと、購入を迷ってしまう方もいるとは思いますが、サイズの合っていないBMXは乗りこなすまでに時間がかかります。

また、ファーストバイクであれば特に安全が第一ですので、試乗のうえ、お子さまに合ったサイズを選んでください。

スポンサードサーチ

12インチBMXのおすすめ人気メーカー

ここからは、12インチBMXのおすすめ人気メーカーを3つ紹介します。BMXはさまざまな種類があるので、お子さまに初めてBMXを購入するときはどれにしようか迷ってしまいますよね。そんなときまずは人気メーカーからチェックしていくとよいでしょう。

12インチBMXのおすすめ人気メーカーは以下の3つです。

  • cult
  • haro
  • we the people

cult

CULT(カルト)は、BMXをやっている人なら一度は耳にしたことがあるでしょう。Robo(ロボ)の愛称で親しまれ、プロライダーとして活躍したロビー・モラレスが、ブランドオーナーとして初めて立ち上げたメーカーです。

ロボは数々のメーカーでマネージャーとして活躍しており、その手腕はお墨付き。ニュースクール系のBMXを取り扱い、機能性に優れかつスタイリッシュなデザインが目を惹きます。現在のストリートBMX界を牽引する優秀なライダーを数多く有し、世界中のライダーから評価され、愛されているブランドです。

BMXへのこだわりは徹底しており、子ども用バイクでも高品質で本格的です。フリースタイルにチャレンジしていきたいお子さまにおすすめなBMXを数多く取りそろえています。

haro

HARO(ハロー)は1978年にBob Haro(ボブ・ハロー)が立ち上げた老舗ブランド。当時から革新的なデザインで全米の注目を集めてきました。ボブは公園やストリートで独自のトリックを生み出し周囲を圧倒したBMX界の第一人者。

ボブは自身のライディングに合わせたオリジナルフレームを開発し、それを「Freestyler」(フリースタイラー)と名付けました。これこそがフリースタイルBMXの始まりだったのです。フリースタイルBMXを作ってきたボブらしく、いつの時代も形式にとらわれることなく、革新的なアイデアでライダーのためのBMXを作ってきました。フリースタイルのためのしっかりした作りが売りであるため、街乗りはもちろんのこと、フリースタイルを楽しみたいお子さまは必見です。

手頃な価格のモデルも多いので、ファーストバイクとしていかがでしょうか。

we the people

WE THE PEOPLE(ウィーザピープル)は、1996年にドイツのケルンで生まれたBMXメーカーです。ヨーロッパを中心に活躍していた3人のライダーが共同で創設しました。ドイツといえば、日本と同じくものづくりの産業が根付いていますね。

ウィーザピープルもドイツらしい堅実なものづくり精神を受け継ぎ、その品質の高さが世界中のライダーから信頼されています。常に最新技術を取り入れ、緻密で機能性を重視したBMXを数多く輩出してきました。

パーツから完成車まで幅広いラインナップがあり、自分に合ったBMXにカスタマイズできるのが魅力。ストリートやフラットランドで人気を集めるブランドですが、街乗りにも使えて幅広く活躍するBMXです。

12インチのおすすめBMX8選

続いて12インチのおすすめBMXを8選を紹介します。各メーカーごとに特色のあるモデルをピックアップし、解説を加えました。ぜひBMX選びの参考にして、お子さまに合ったバイクを見つけてくださいね。

【湘南鵠沼海岸発信】12インチBMX《RAINBOW Wynn12 12inch COLOR/BLACK×BLACK》

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

RAINBOW Wynn12 の詳細情報

全長 90 cm
全幅 48 cm
適正身長 95 cm~
重量 7.5 kg

おしゃれなポスト・キックバイク

Wynnは子ども用のBMXを多く手掛けています。Wynnの子ども用自転車は「ポスト・キックバイク」というコンセプトのもと開発され、キックバイクを卒業した子どもがすぐに乗れる自転車です。

自転車に乗り慣れていない初心者も安心して乗ることができます。2~4歳の子どもが自然な乗車姿勢を得ることができるこだわりのデザインで、カラーはマットブラック・ピンク・ターコイズブルー・レッドの4種類。どれもおしゃれであるため、つい友達に自慢したくなってしまいます。

フレームやハンドルバーもアルミ製で軽量化されているため、力のない子どもでも扱える設計です。

アイデス (ides) D-Bikemaster12インチ シアン ブルー ペダル 簡単着脱 バランスバイク 自転車 シアン

Amazonで詳細を見る

アイデス (ides) D-Bikemaster (ディーバイクマスター)の詳細情報

全長 88 cm
全幅 40 cm
適正身長 85 cm~
重量 8 kg

キックバイクからストリートへのチャレンジまで!長く使えるデザイン

自転車に乗るための練習は、まずはチェーンのないキックバイクから初めて、平衡感覚を身につけてから自転車にチャレンジするのが効率的です。最近はチェーンを取ればキックバイクとして使える自転車をよく見かけますが、実はチェーンユニットの着脱はけっこう難しく、工具も知識も必要です。

その点、D-BIKE(ディーバイク)はキックバイクから自転車への変換はがたったの5秒でできる優れもの!ディーバイクはマウンテンバイクの公認インストラクターのライセンスを持つデザイナーを中心とした開発チームがプロデュースするキッズバイクブランドで、細部までこだわった設計で品質も高く安心です。

タイヤは少し太めのBMXタイヤを使用しており、乗りやすさと安定感も抜群です。サドルの地上高は30cmとトップクラスで、2歳過ぎの子どもでも余裕を持って足が着く設計になっています。

LVZAIXI ROYAL BABY BUTTONSフリースタイルのBMXキッズバイク

Amazonで詳細を見る

ROYAL BABY BUTTONSの詳細情報

全長 92 cm
全幅 46 cm
適正身長 90 ~ 110 cm
重量 9.2 kg

ファッショナブルなBMXを探しているならこれで決まり!

ROYAL BABY(ロイヤルベビー)は「最高のキッズバイク」というコンセプトで生まれた子ども用自転車のブランドで、デザイン性と機能性を両立させた高品質なバイクを手掛けています。やはり目を惹くのはそのデザイン性!クールでスタイリッシュなバイクからキュートなバイクまで豊富に展開しています。

男の子でも女の子でも、お気に入りの1台を見つけられるはず。中でもROYAL BABY BUTTONSは男の子向けのかっこいいデザインで、大人顔負けの本格バイクに仕上がっています。これを乗りこなせば人気者間違いなし!

【一部地域送料無料】BMX 2018 SUBROSA サブローザ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

SUBROSA(サブローザ)ALTUS 12の詳細情報

トップチューブサイズ 12.5 インチ
重量 4.3 kg

スタイリッシュで本格派の子ども用BMX

SUBROSA(サブローザ)はアメリカンテイストたっぷりの遊び心溢れるバイクを展開しています。サブローザに所属する人気ライダーたちの徹底的なテストにも耐えたこだわりのパーツと、それで作られた完成車は品質が高く、多くのライダーから信頼されています。

そんなサブローザが手掛ける子ども用BMXは、無駄のないスタイリッシュで本格的なデザイン。ラバータイヤ、2PCバー、フロントロードステムなどを搭載しており見た目もクールです。とても軽量で扱いやすく、ファーストバイクとしてもぴったりな1台です。

12インチBMX【MOTEL works PAL Blackカラー】

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

MOTEL works PALの詳細情報

トップチューブサイズ 11.8 インチ
重量 7.5 kg

日本人がプロデュースするハイセンスバイク

MOTEL works(モーテルワークス)は日本を代表するBMXライダー・田中光太郎がプロデュースするブランドです。「PAL」は英語で仲間・相棒を意味し、その名のごとく、PALを手にした子どもにとってはじめての相棒になってほしい、という願いを込めて名付けられました。

トップライダーとしての力量をいかし、BMX の持ち味がしっかり活かされた設計です。前後ブレーキとアルミペグを標準装備し、BMX ならではの使い方ができます。爽快な漕ぎ味で、乗るのがきっと楽しくなりますよ。キックバイクの後継車としておすすめです。カラーバリエーションは黒、青、緑、赤、黄の5色展開。

BMX 自転車 STOLEN AGENT 12インチ HB NeonBlu

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

STOLEN AGENT 12の詳細情報

トップチューブサイズ 13.25 インチ
重量 7.5 kg

アメリカ発、高品質な最強BMX

STOLEN(ストーレン)は2003年に設立されたBMXメーカーで、いまや業界のリーディングカンパニーの1つになりました。ストーレンは台湾に生産ラインを持ち、徹底した品質管理のもとで機能性に優れたBMXを世に送り出しています。

高品質だからこそ、お子さまへのファーストバイクにも安心してお使いいただけます。抜群の強度があるのでストリート用BMXとしてはもちろんのこと、前後ブレーキが標準装備で自転車の練習や街乗りとしても楽しめます。

【送料無料】 DURCUS ONE KIDS - RECTUS KIDS BMX 12インチ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

DURCUS ONE KIDS の詳細情報

トップチューブサイズ 12 インチ
重量 7 kg

軽くて丈夫な安心の国内ブランドBMX

DURCUS ONE(ダーカスワン)はオリジナルBMXやピストバイクなどで評価の高い国内ブランドです。そんなダーカスワンから12インチの子ども用BMXが登場!キックバイクや三輪車からの乗り換えにぴったりで、「うちの子にはまだ早いかな…」という場合でも、補助輪が付属しているのでこちらを取り付ければ安心して使えます。

まだ筋力の少ない子どもでも楽に扱えるようアルミフレームを採用しており、12インチBMXの中では最軽量クラスの7kgを実現したキッズBMXです。太めのタイヤなので安定感も抜群。ヘッド等、大人用と同じ規格を採用しているパーツもあるため、後でのカスタムも十分対応できる仕様になっています。

カラーはマットブラック、レッド、ブルー、ミントの4色展開です。

【 the PARK - ザ・パーク 】 キッズ BMX 12インチ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

the PARK ML12KB228の詳細情報

適正身長 80 ~ 110 cm
重量 9.6 kg

BMX流行当時の熱を現代に伝える洗練されたモデル

1980年代に世界中を熱狂させたBMXに敬意を込めて、当時のモデルを細部まで忠実に再現したthe PARK(ザパーク)。そんなザパークのBMXを子ども用にそのままサイズダウンさせた12インチBMXが開発されました。

フレームにクロモリという薄くて丈夫な素材を使用し、スキルが上がってもそのハードなライディングに耐えうる丈夫な仕上がりです。カラーも1980年代当時の雰囲気を感じさせるカクテルレッド、カクテルブルーの2色。

美しいカラーとスタイリッシュなデザインで非常に洗練されたモデルです。ザパークのキッズBMXに乗っていれば、間違いなく目を惹くでしょう。手押し棒と補助輪が付属であるため、まだ自転車に慣れていない小さなお子さまから使えます。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
12インチのBMX人気おすすめ8選の他に適正身長やおすすめメーカーも紹介しました。商品の詳細も紹介しているため、初めてBMXを購入する方はぜひこの記事を参考にしてください!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike