あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

ボールが跳ねるサーブをご紹介!「キックサーブ」の打ち方やコツについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/30

更新日 :2019/04/30

さて、テニスの1ゲームはサーブからスタートしますが、もちろんサーブが決まればその時点で1ポイント獲得となります。

となると、使えるサーブの種類を増やして、短い時間で体力を温存しながら得点を稼ぎたいところですよね。

実はサーブには多彩なテクニックが存在し、プロテニスツアーATPの中でもサーブのうまい選手は好成績を収めています。今回はそんなサーブの技術から回転がかかって大きく跳ね、なおかつ曲がるサーブ、「キックサーブ」について詳しく見ていくことにします。ぜひ覚えて使ってみましょう!

目次

スポンサードサーチ

テニスのキックサーブとは?!


キックサーブとは、ボールが「キックする」サーブ、すなわちボールが跳ねるようなサーブのことを指します。

ボールに縦回転をかけて、バウンド後に大きく跳ねあがり、跳ねるだけではなく、利き手側に曲がっていくのもキックサーブの特徴です。

縦回転とはいうものの、実際にはキックサーブの回転は軸のずれたような回転を持っています。右から左のスクリュー回転がかかり、右利きの選手を相手にしている場合はバックハンド側に曲がっていくようなサーブです。

「キックサーブ」と「ツイストサーブ」の違いは?!


キックサーブとよく比較される言葉として「ツイストサーブ」というものがあります。

実はこのツイストサーブはキックサーブが生まれる前のサーブの名前で、同じようなサーブだと考えられているのですが、厳密には少々意味が異なります。以下簡単にまとめてみました。

キックサーブ・・・ボールがバウンド後に大きく跳ねて利き手側に曲がるサーブで、「キック」という名前の通り跳ねることに重点を置いたサーブのこと。

ツイストサーブ・・・ボールがバウンド後に跳ねて利き手側に曲がるが、体のひねりを重要視したサーブ。

分かりましたか?つまり、キックサーブとツイストサーブの違いはどこかと言うと、サーブ時のどの動作を中心に見るかということなのです。ただ現在ではこの2つを区別しないと考えている傾向もあるようです。

スポンサードサーチ

テニスの「キックサーブ」の打ち方とコツを、動画と一緒にご紹介!


テニスの試合で様々なサーブを使いこなしてバリエーションを豊かにするためにも、キックサーブを覚えておきたいところですよね。

そこで今回はそんなキックサーブの打ち方とコツを動画を交えて教えちゃいます!基礎的なラケットの動きも細かく説明しているので、ぜひ見て反復練習してみましょう。

「キックサーブ」の打ち方、コツの主な3つの種類を解説します。


  • トスは頭上よりも、やや左にあげるように意識しよう!

  • テイクバック時は、グリップの握りを緩めよう!

  • ボールの触り方は左斜め下から右斜め上を意識しよう!

トスは頭上よりも、やや左にあげるように意識しよう!


それではキックサーブのやり方を一つずつ説明していきたいと思います。

まず、キックサーブを使う時のトスはラケットの動きと関係が深いです。動画でもわかるようにラケットのスイングは、右利きの人ならラケットの面を上方向に開いて左斜め下から右斜め上の方向になります。

キックサーブは高さと同時に回転もしっかりとかけなければならないのですが、左下から右上のラケットの動きを大きくするとその動きに応じて回転量も自然と多くなります。

左下から右上へのラケットの動きを大きくするためにも、トスを左前方に上げた方がスムーズにキックサーブが打てるようになります。

よく頭上にトスをするとコーチングしている方も見られますが、頭上へのトスでも確かにキックサーブは不可能ではありません。しかし、効率的に回転の多いサーブを打つにはラケットワークが逆らわずに左斜め下から右斜め上に動くよう、左上へのトスをおすすめします。

テイクバック時は、グリップの握りを緩めよう


ここでも右利きの人を例に説明していきますが、ラケットを左下から動かすためには、その分ラケットヘッドが打つ瞬間に下を向いていなければいけません。

ヘッドが下向きになるためにはそれだけ腕と肘もやわらかく使えなければいけません。そのためにテイクバックの時だけグリップを緩く握って腕と肘がしっかりたためるようにしましょう。強く握っていると腕と肘が硬直してしまい、下から上にラケットを柔軟に動かすことができません。

最初から本番のようなサーブの形でキックサーブの練習をするのではなく、まずはラケットの動きだけを意識しながら確認するように取り組んでみましょう。肘と腕がやわらかく動く握り方の強さを熟知してから、本番のサーブの形にもっていく方が回転もうまくかけられるようになるでしょう。

ボールの触り方は左斜め下から右斜め上を意識しよう!


キックサーブを右利きの人が打つ場合、手首とラケットの動きとしてはバックハンドのショットを打つようなイメージで打つことになります。これは先ほど説明したようにラケットの動きを左下から右上に動かして回転をかけるために行う動作です。

そもそもキックサーブは利き腕側に曲がっていくサーブの意味を持っているので、右利きの人はバウンドした後にボールが右に曲がっていくように仕掛けたいわけです。

そのためにはキックサーブの回転軸を若干ずらして回転をかけることになります。このことから、左斜め下から右斜め上にボールをインパクトして、ボールの回転軸をずらしてスクリュー回転をかけることをより容易にするのです。

回転軸をうまくずらすためにも、トスを左上に上げてラケットも左斜め下から右斜め上に動かせるよう意識して手首を動かしてみましょう!

まとめ


いかがでしたか?

キックサーブはサーブの中でも手首の動きやラケットの動きが難しいため、容易に習得できるサーブではないことは確かです。

しかし、多彩なサーブを織り交ぜることにより、相手の予想を超えるようなサーブが打てるようになることは確かです。サーブの武器を増やすためにもぜひキックサーブの練習にトライしてみましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定