あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
japanese archery

弓道の級位ごとにはそれぞれ意味があること知っていますか?

スポシル編集部

公開日 :2019/03/29

更新日 :2020/05/11

弓道には段位、級位の審査規定があります。

弓道の段位とはどういった事を指すのか、最高段位は何段でどういった形式で取得できるかについて紹介しています。また、級位をとるための資格試験についてその種類と内容についても解説しています。

弓道を行っている方、これから弓道を始めようという方に向けて段位や級位について紹介する内容となっています。弓道で級位や段位を取りたいと考えている方は、取得に向けて参考にして下さい。

目次

スポンサードサーチ

弓道の段位とは

弓道の段位とは、弓道に対する思考や弓道を通じて人間性や品格を完成させているかどうかを審査し、弓道人としての格を表す称号です。

初段の受講には年齢に伴う要素も加味されるため、県によって多少の違いはあります。
県により、初段の高校生講習審査が設けられている事もあり、この場合は一般審査とは違い「高校生のみ」が受講できます。高校生講習審査は2日間行われる講習会に参加し、2日目の午後に審査会を行います。

一般審査の場合でも、射法八節の実践だけでなく、射品射格が求められます。
初段から弐段までの審査基準では「的中不問」となっており、的へ中てるか否かは不問となっています。

弓道の段位の一覧

弓道の段位について、紹介します。

尚、各段位及び級についての文章は
公益財団法人全日本弓道連盟の審査規定、第三章「段・級位」第8条より引用。

九段と十段、および範士の称号は審議委員の推薦を受け、話し合いを経た後に認許や授与される特別な段位となっています。

十段 明確な定義は無く、推薦と話し合いによって与えられる称号
九段 弓道の真体に透徹した者
八段 技能円熟、射品高雅、射芸の妙を体得した者
七段 射形・射術・体配自から備わり、射品高く、練達の域に達した者
六段 射形・射術・体配共に優秀にして射品高く、精錬の功顕著な者
五段 射形・射術・体配共に法に適って射品現われ、精励の功特に認められる者
四段 射形定まり、体配落ち着き、気息正しく、射術の運用法に適い、 離れ鋭く、的中確実の域に達した者
参段 射形定まり、体配落ち着き、気息整って、射術の運用法に従い、 矢飛び直く、的中やや確実な者
弐段 射型・体配共に整い、射術の運用に気力充実し、矢所の乱れぬ者
初段 射型・体配共に適って、矢所の乱れぬ程度に達した者
一級 射型・体配概ね正しいものと認められる者
二級 修練の程度三級に比して著しく進歩を認められる者
三級 射の基本動作及び弓矢の扱い方がやや整い、 秩序ある指導のものに修練を得たと認められ者
四級 秩序ある指導を受けており、弓矢の扱い方に進歩があると認められる者
五級 弓道修練の初歩的階層にある者

スポンサードサーチ

級位の試験の種類

弓道において級位や段位を得る為には審査会に参加し、合格する必要があります。

審査会は全日本弓道連盟が執り行い、試験に合格すると級位や段位が認許されます。六段までの審査会では行射と学科の2つの試験が行われ、合否の判定をしています。

2種類の試験を解説します。


  • 行射試験

  • 学科試験

行射試験は、審査員の眼前にて審査要綱に従い行われる「実技試験」に相当する試験です。

受審者は甲矢(はや)と乙矢(おとや)と呼ばれる2本の矢を射ることになります。
射法八節、つまり足踏みから始まり残心にて終わる一連の動作が行えているか否か、また射品射格や着装など総合的な観点から審査員は評価します。

弓道における級位は五級から始まり一級までとなっています。
段位の解説でも触れましたが、的を狙い矢を射る行射試験ですが、必ずしも的中させなければならないという性質の試験ではありません。
審査員が観るのは弓道を修練し、努力を重ねた成果として礼に始まり礼に終わる立ち居振る舞いを含めた総合的な「弓道の修練結果」です。

審査会に参加する際は、心を落ち着かせ平常心で臨む様に心がけましょう。

弓道の審査会では学科試験も行われます。しかし、一般的な学科試験と異なり種別ごとに出題される問題が公表されています。

つまり、学科試験については予め試験対策をした上で臨む事が出来るようになっています。全日本弓道連盟発行の弓道教本に学科試験で出題される問題の答えは全て記載されています。

弓道教本は全四巻となっていますが、最低限第一巻は購読した上で学科試験に臨む様にしましょう。弓道教本第一巻は、主に弓道の基礎を中心とした内容となっています。第二巻以降は範士の先生方による射技の解説や、弓道における精神面の在り方などの解説を中心とした内容になっています。

初心者の方や高校生の方であれば、第一巻だけでも十分です。
弓道の基本に関する全ての記述が網羅されており、第一巻だけでも全てを把握する事は難しいレベルの内容となっています。

まとめ

弓道の級位、段位の審査会について解説しました。

弓道は「武道」の一つです。そのため、一般的なスポーツとは異なり礼節を重んじる傾向は審査会の審査基準にも反映されています。審査会では心・技・体全てが審査対象で、日々の修練で学んだ事を平常心で披露する事が肝要です。

試験だからと構えずに、心穏やかに臨みましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定