あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
volleyball

バレーボールのレシーブのコツとは?練習方法や適切な姿勢を徹底分析!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/09

更新日 :2019/04/09

レシーブは、バレーボールにおけるすべての攻撃、守りの起点です。
チームの守りのプロ、リベロの武器でもあり、試合では大切な技術です。

実際にレシーブを上げるとレシーブのむずかしさ、奥深さがわかります。
思うようにボールが上がらず、コントロールも取れない…
と、悩んだことはありませんか?

この記事では、基本的なコツや正しい姿勢のとりかた、ステップの重要性など、試合に生きる練習方法をまじえながら初心者のかたにもわかりやすくお伝えします。

目次

スポンサードサーチ

バレーボールのレシーブとは?


レシーブとは相手のスパイクを受けること、サーブを受けることです。

バレーボールは、どんなに強いスパイクを打てる人がいても、守りがないと点を取れません。
そもそも、バレーボールは点を取るというより「ボールを落とさない」ゲームです。
つまりボールが地面につかない限りは永遠に試合が続きます。

なので、レシーブはバレーボールで最も重要な技術だといるでしょう。

リベロという守りのプロがいることも、レシーブの重要さを物語っています。

レシーブのコツや手の組み方を紹介


レシーブの手の組み方を誤ると、強いスパイクを受けたときケガをする恐れがあります。
なので正しい組み方をおぼえましょう。手の組み方は


  1. 両手のひらを上に向け、親指をのぞく4本の指を重ねる

  2. そのまま両手の親指の内側をくっつけ、手のひら全体を包みこむ


これが手の組み方のコツです。簡単ですね。

また、体に力が入ると思うようにコントロールできず、仲間にボールをつなげることができません。
ヒザをやわらかく使い、相手がスパイクを打つまで力まずにリラックスした姿勢を保ちましょう。

速いボールを的確に返球するのはむずかしいので、無理に返そうとせず、常にコートの真ん中にボールを上げるイメージを心がけてください。

加えて、目線がブレるとボールを狙ったところに上げれません。なので一定の姿勢を保ちましょう。

何より大切なのは「絶対に上げてやる!」という強い気持ちです。

スポンサードサーチ

レシーブの練習メニュー


誰もがはじめから上手くレシーブができたわけではありません。
どんな球にも食らいつくプロのリベロのレシーブも、日々の練習によるたまものです。
あせらず、1歩ずつ、1歩ずつ小さな努力を積み重ねてください。

練習はウソをつきません。頑張りましょう。

レシーブの上達のための練習メニューを5つ紹介します。


  • 1人でもできる!壁当て

  • 2人揃ったら対人トレーニング

  • 3メンでセッターも意識しよう

  • 攻撃につなぐサーブカット

  • ランニングレシーブでボールに食らいつく意識を

1人でもできる!壁当て

壁当てとは、体育館の壁などを利用した練習方法です。
1人でもできる自主練習なのでぜひ取り入れてください。

相手が人ではなく壁なので、きちんとしたボールが返ってくるとは限りません。
そのため、自分がレシーブした強さ、コントロール通りの素直なボールが返ってきます。

上手くレシーブができないと、思った方向にボールは返ってきません。
仲間はどうレシーブをすれば取りやすいのか、どのくらいの強さだとしっかりボールが上がるなど、自分の弱点が明確になり、基本を振り返ることができます。

動画はスパイク・トス・レシーブを1人でおこっています。
むずかしいようでしたら最初は壁に向かってボールを投げて、返ってきた球をレシーブする。を繰り返してください。上手くできるようになったら徐々にステップアップしましょう。

2人揃ったら対人トレーニング

対人トレーニングとは、2人でスパイクとレシーブを交互にする練習方法です。
場所を選ばずにでき、レシーブの基本を確認できます。

キャッチボールの要領でスパイク、レシーブ、スパイク、レシーブ…と交互にするイメージです。

壁とちがい、今度は相手がいます。
壁当てでつかんだコツを意識して、相手が打ちやすいボールを上げてください。

また、試合中はどうしても緊張感で体が硬くなってしまいます。
その反面、練習中はいい意味でリラックスした状態で取り組めるので、普段のメンタル通りに試合でプレーができるよう、練習もしっかりおこないましょう。

大切なのは、相手を意識して練習することなのでそれだけは忘れないでください。

慣れてきたらボールを左右に振ってもらい、ボールの真下に入れるようにしましょう。

3メンでセッターも意識しよう

3メンとは、レシーブ3人+セッター1人の、計4人でおこなう練習方法です。
セッターが打ったボールをレシーブでセッターに返す…を繰り返します。

レシーブを上手く返せると、セッターのトスがより輝き、強いスパイクを打て点につながります。
試合で大切な1点を取るために、相手がトスしやすいレシーブを心がけてください。

対人トレーニングと違い、レシーブがしやすいところにボールはきません。
フェイクやスパイクといったさまざまな攻撃を想定し、ボールの真下に入る。ボールを上げようとレシーブする腕をむやみに振らない。目をはなさない。など、基本を忠実に守ってください。

4人での練習なので、周りとのコミュニケーションも大切です。

攻撃につなぐサーブカット

サーブカットとは、サーブを正確にセッターに返す練習方法です。
1人がサーブを打ち、そのボールをレシーブしてセッターに返す…といった練習です。

バレーボールは、すべての攻撃がサーブからはじまります。
そのため、サーブをしっかりレシーブしてセッターへつなぐ練習をする必要があります。

サーブカットをするときは、まずいつでも動けるよう前傾姿勢をとります。
ヒザをやわらかく使い、体の重心を前に置き、肩がヒザよりも前にくる姿勢をとりましょう。
このときも、サーブがくるまでは力まず、リラックスして姿勢を保ってください。

サーブカットは、1.2.3とリズムをはかるとタイミングをとりやすくなります。
セッターは右肩辺りにボールがくるとトスをあげやすいので、右肩辺りにボールを上げることを意識してください。

練習に慣れてきたら、人数を増やして仲間と連携をとれるようにしましょう。

ランニングレシーブでボールに食らいつく意識を

ランニングレシーブとは、ボールの真下にすばやく入るための練習方法です。

なぜ、ボールの真下にすばやく入る必要があるのでしょう。

試合では、常に同じ位置でレシーブをすることはまずありません。
そのため、普段からボールが落ちるギリギリを想定しないと、試合で対応できません。

ランニングレシーブは最低でもボールを出す人、セッター、レシーブをする人の3人が必要です。
3人だけだと効率が悪いので、レシーブをする人は大勢いた方が効率が上がります。

ボールを出す人はレシーバーが取れるか取れないかギリギリを目がけて投げてきます。
レシーバーは、すばやく走り、レシーブしてセッターにボールを返してください。
このときも、基本に忠実に、ボールの真下に入るよう心がけてください。

ステップの重要性

レシーブをするとき、とても重要なのがステップです。
なぜなら、ボールにすばやく対応するには、体が身軽でなければならないからです。
相手のスパイクにまったく反応できず、レシーブできないどころか、体すら動かない…
なんて経験はありませんか?

そのときに生きるのがステップです。

じっとその場で待っていたら、足から根っこが生えてるかのように体はまったく動きません。
ボールにすばやく反応するためには、フットワークを軽くする必要があります。
ボールを待つときは足踏みするなど、常に反応できる準備をしておきましょう。

また、同じリズムでレシーブをするのにもステップが生きます。
ボールの真下に入りやすいリズム(1,2,3などでOK)をおぼえてステップすると、試合でもタイミングよくレシーブができます。

スポンサードサーチ

初心者はレシーブ板を使って練習しよう!


バレーボールをはじめたばかりだと、

  1. レシーブが狙った方向にいかない…

  2. ボールがこわい…


と悩むことがありませんか?

そんなときはレシーブ板を使いましょう。
レシーブ板を使って練習すると、腕のどの部分でレシーブをすればいいのかコツをつかむことができ、地道な練習も楽しくなります。

ミカサ レシーブ練習板 V200Wモデル AC-RT200W

ミカサ レシーブ練習板 V200Wモデル AC-RT200W

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

AC-RT200W レシーブ練習器の詳細情報

カラー イエロー
寸法 30.5×29.5㎝
重量 620g
材質 ポリプロピレン
生産国 中国

レシーブ板でレシーブの感覚をつかもう!


試合の公式球としても採用している、バレーボールの大手メーカーMIKASAの商品です。
2019年に発売したばかりの最新モデルです。

昔はレシーブ練習のときただの木の板を使っていましたが、今は技術開発が進み、体に負担のかからない重さのレシーブ板がメーカから発売されています。

余計な力などいらず、板をもつだけでレシーブの構えが身につきます。
また、板にはボールのイラストが描かれていて、イラストの位置でボールをとらえることにより、レシーブの正しい感覚を自然に身につけ、より効率的に練習ができます。

まだバレーボールをはじめたばかりの初心者の方はもちろん、上級者の方もレシーブのフォームを再確認できますので、レシーブ板はおすすめの商品です。

まとめ


バレーボールのレシーブについてお伝えしました。

仲間がいないとできない練習だけでなく、壁当てなど1人でできる練習もあります。
最初から思うようにはできません。繰り返し練習をする必要があります。

しかし、一番大切なのは「上手くなりたい!」という強い気持ちです。
レシーブが上手くなると、点を取られないことはもちろん、攻撃のチャンスもレシーブをした分だけやってきます。

「つながるバレー」ができる強いチームは、レシーブが上手いチームです。

たくさん練習して、思う存分試合で活躍してください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定