あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
health_equipment

胸ベルト型心拍計とは?おすすめ10選!【人気メーカーや用途別選び方も解説】

スポシル編集部

公開日 :2021/03/29

更新日 :2021/03/31

心拍数を測ることで、自分の体調についての理解が深まったり、健康管理に活用できたりと、さまざまなメリットがあります。
そして、現在では、色々なタイプの心拍計が売られています。

そんな心拍計ですが、プールなど水中で使う場合や精度の高さを求める場合は、胸ベルト型の心拍計が最も適しているということをご存知でしょうか。

この記事では、胸ベルト型の心拍計について解説し、おすすめの心拍計の紹介を行っています!

まず、胸ベルト型の特徴や概要について説明し、メーカーごとの特徴や用途別の選び方についても解説します。
その後に、厳選したおすすめの胸ベルト型心拍計を、全部で10台紹介しました!

目次

スポンサードサーチ

胸ベルト型心拍計を徹底解説!

胸ベルト型の心拍計といっても、使ったことのない方からすれば、どのようなもので、使うことでどんなメリットがあるのかイメージがつかないですよね。

そこでこの章では、胸ベルト型のメリットや付け方などについて詳しく解説していきます!

胸ベルト型心拍計を紹介します。


  • 胸ベルト型が一番正確?

  • 胸ベルト型の寿命は?

  • 胸ベルト型の付け方を紹介!

胸ベルト型が一番正確?

胸ベルト型の心拍計は、他の種類に比べて、正確な心拍数が測れるというメリットがあります。

胸ベルト型は、胸部に巻きつけて心拍数を計測します。
その仕組みは、心電図と同じで、心臓の電気的活動を内蔵されたセンサーが読み取ることによって計測していきます。

胸部で測ることにより、心臓の動きを直接計測できるので、正確性が非常に高いのです。

一方、手首や足首に巻きつけて計測するタイプは、光学式というLEDライトと光検出器を使い血管の変化を通して、心拍数を計測します。
心臓の動きを直接読み取るわけではないので、激しいトレーニングの場合、数値に誤差が生じる恐れがあります。

病院で心拍数を測るとき、腕時計型で測らないのは、胸ベルト型の方が正確性が高いからなのです。

胸ベルト型の寿命は?

胸部に巻きつける胸ベルト型の心拍計は、どれぐらい使い続けられるのでしょうか?

製品や使用頻度、使用方法などによって異なるため、正確な数字は言えませんが、おおよそ1年程度です。

胸ベルト型の心拍計は、大きく分けて装着するためのベルト部分と心拍数を測るためのセンサー部分に分けられます。

運動中に使う場合は、摩擦によってベルト部分が非常に傷みやすくなります。
また、センサー部分は体から発せられる汗や蒸気を放っておくと、故障や不具合を起こす原因となってしまうこともあります。

寿命をできる限り伸ばし、長く使い続けるためには、使用後はすぐにベルト部分を外し、センサー部分はタオルで丁寧に拭くなど手入れが必要になります。

胸ベルト型の付け方を紹介!

胸バンド型の心拍計のデメリットの一つとして、「装着に手間がかかる」ことが挙げられます。

たしかに、手首や足首に巻くタイプと比べれば面倒ではありますが、一度巻き方を覚えてしまえば、決して難しくはありません。

そこで次は、胸バンド型心拍計の巻き方について見ていきましょう!

まず、大半の場合、胸ベルトと心拍計測センサーが分かれているので、ベルトにセンサーを取り付けます。
しっかりと押し込んで、完全に装着されたことを確認しましょう。

次に、ベルトの長さを調節します。
体に巻きつけて、胸周りに合わせて調整しましょう。
ベルトを締めすぎるとキツく、緩すぎると計測時にズレてしまうので注意が必要です。

そして、ベルトの端部のフックを、もう片方の先端に引っ掛けるようにして装着します。

心拍計の種類を紹介!

一言に心拍計といっても、さまざまな種類があります。
主に、「胸ベルト型」「腕時計型」「指先型」の3つに分けられ、それぞれにメリットやデメリット、特徴が異なります。

この章では、心拍計の種類について詳しく紹介していきます!

心拍計の種類を3つ紹介します。


  • 胸ベルト型

  • 腕時計型

  • 指先型

胸ベルト型

まず、「胸ベルト型」について解説していきます。

胸部に巻きつけるタイプの心拍計である胸ベルト型のメリットは、前述の通り「精度の高さ」です。
心電図と同じ仕組みを用いて、心臓の動きを直接読み取るので、正確でズレが少なく、信頼できる数値が表示されます。

また、不整脈の方でも使用できる点も、メリットの一つです。
他のタイプの心拍計の場合、実際に計測するのは脈拍であり、心拍ではありません。

不整脈がない方は、脈拍数と心拍数は同じため問題ありません。
しかし、不整脈の方は脈拍数と心拍数が一致しないため、脈拍を測るタイプを使うことはできないのです。

一方、胸ベルト型のデメリットとしては、他のタイプと比べて装着が面倒なこと、ランニングやエアロビクスなどの、全身を動かすエクササイズには向かないことが挙げられます。

腕時計型

次は、「腕時計型」の心拍計について見ていきましょう!

腕時計型のメリットは、手軽に装着できることと運動中につけていても不快感が少ないことです。

まず、胸ベルト型に比べて、装着や使用方法などを確認する必要がないため、誰でも手軽に使い始めることができます。

そして、胸ベルト型の場合は、運動中につけていると、胸の締め付けがキツくなってきたり、ズレてきたりすることもあります。
しかし、腕時計型であれば運動の障害になることはありません。

一方、デメリットとしては、精度の低さが挙げられます。
胸ベルト型と違って、心臓の動きを直接読み取るわけじゃないので、激しい運動をすると誤差が生じることもあります。

ただし、近年の心拍計は非常に精度が上がってきているので、ランニング程度の運動であれば、ほぼ誤差なく計測することができます。

指先型

最後に、「指先型」について解説していきます。

指先型は、その名の通り、機器に指先を挟み込むことだけで心拍数を測れるタイプです。
医療用機器として認証されている機器も多く、喘息の状態確認や病人の体調管理にも使われています。

指先型の心拍計のメリットとしては、心拍数だけでなく、呼吸器系の疾患を持っている方には必須の血中酸素飽和度や脈拍の強さも計測できる心拍計が多いことが挙げられます。

そして、サイズがコンパクトで持ち運びが簡単なので、外出先でも場所と時間を選ばずに、心拍数を測りたいときに測れることも特徴です。

また、価格が低いこともメリットの一つです。
指先型の心拍計は、機能が最も必要なものだけに抑えられているので、リーズナブルな価格で手に入れることができるのです。

スポンサードサーチ

胸ベルト型心拍計の人気おすすめメーカー

胸ベルト型の心拍計には、それぞれの機器にも特徴がありますが、メーカーごとにも特徴やこだわりに違いがあります。
メーカーの特徴をつかむことができれば、自分に合った心拍計を選びやすくなります。

そこでこの章では、胸ベルト型心拍計の人気おすすめメーカーを紹介していきます!

胸ベルト型心拍計の人気おすすめメーカーは以下の3つです。


  • ポラール(POLAR)

  • キャットアイ(CAT EYE)

  • ガーミン(GARMIN)

ポラール(POLAR)

ポラールは、1977年から心拍計の研究を始め、1982年に世界初のワイヤレス心拍計を開発したフィンランドのメーカーです。

ポラール製品の最大の特徴は、品質の高さにあります。
世界的なトップアスリートから、スポーツを趣味として楽しんでいる一般の人まで、広く愛用されており、世界の80以上の国で心拍計を販売しています。

取り扱っている製品の多さ、種類の幅広さ、そしてきめ細かな機能性で、心拍計のメーカーとして世界的な地位を築いています。
アスリートのパフォーマンス向上はもちろん、一般の方の体調・健康管理にも使いやすい心拍計を数多く取り揃えています。

スポーツだけでなく、電子工学や生理学、人体工学などを研究し、質の高い心拍計を作り続けている人気メーカーです!

キャットアイ(CAT EYE)

「キャットアイ」は、自転車を使った運動に適した胸バンド型心拍計を数多く取り揃えています。
バイク系の種目に特化した心拍計であれば、ペダルの回転速度を表すケイデンスを計測することもできます。

エアロバイクやサイクリングなどは、ダイエット効果が非常に高い有酸素運動です。
そして、自転車に乗る際に、心拍数を計測することで、トレーニングの効果を知ることができます。

現在の心拍数が、最大心拍数に対してどれぐらいの比率なのかを知ることによって、トレーニング効率を高めることができるのです。

また、キャットアイは、サイズ調節とフィット感にもこだわっています。
自転車に乗っている際に、締め付けの不快感なく装着し続けられるように、ベルトの調節がしやすい設計となっています。

自転車に乗る人やバイク系の運動種目をよく行う方に、とてもおすすめのメーカーです!

ガーミン(GARMIN)

最後に紹介するのは、「ガーミン」です!
ガーミンは、元はGPS製品のメーカーとしてスタートしました。
その後に、腕時計型や胸ベルト型の心拍計の製造を開始したため、多くの心拍計にGPS機能が備わっています。

そして、そのGPSの精度と品質の高さが、ガーミン製品の大きな特徴です。
日本の真上に打ち上げられている衛星「みちびき」を始めとした多くの衛星と繋がっているので、位置の把握を速く正確に行ってくれます。

また、価格帯が幅広いことも特徴の一つです。
高機能で高価格の心拍計から、機能を最低限にとどめて価格を低く抑えたものまで用意されています。

ですので、心拍計を買ったことがない、初心者の方の初めての一台としてもおすすめのメーカーです!

用途に合わせた心拍計の選び方を紹介!

心拍計を選ぶ際は、用途に合わせて選ぶようにしましょう。
心拍計を使いたい目的は、人それぞれ異なると思います。
それぞれの目的に合わせた心拍計を選ぶことが、自分に合った心拍計選びに繋がります。

この章では、用途に合わせた心拍計の選び方を紹介していきます!

用途に合わせた心拍計の選び方を3つ紹介します。


  • ランニングには腕時計型

  • 水中の運動は胸ベルト型

  • 医療用ならスマートウォッチ以外を選択

ランニングには腕時計型

まず、ランニングの際に使うことを想定している場合は、腕時計型がおすすめです。

胸ベルト型だと、締め付け具合の調節が難しく、特に長時間走る場合は、締めすぎてキツくなってしまったり、緩すぎてズレてしまうことがあります。
キツくなるとパフォーマンスが発揮できなくなり、緩いと正確な心拍数が測れません。

また、近年の腕時計型心拍計は、心拍計測以外にもさまざまな機能が備わっています。
走行距離や速度が分かるGPS機能であったり、トレーニングの効果を最大まで高めるアドバイスを受けられる機能が備わっているものもあります。

スマホやパソコンと繋げば、データの保存や管理も簡単にできるので、ランニングの際に使う場合は、腕時計型が断然おすすめです!

水中の運動は胸ベルト型

プールでの水中運動で使用を想定している人は、胸ベルト型がおすすめです!

心拍計は、防水性能に優れているものが多いです。
胸ベルト型はもちろん、腕時計型もランニングをすれば汗をかくので、大量の発汗にも耐えられる高い防水性を備えている心拍計が多くあります。

しかし、腕時計型よりも胸ベルト型のほうが優れた防水性能を持っているケースが多いです。

ただし、一言に防水性といっても、それぞれで程度が異なります。
水中で使う場合は、しっかりとどの程度の防水性を備えているか確認するようにしましょう。

3m(気圧)防水と記載があれば、日常生活やランニング程度であれば十分ですが、水泳をする場合は10m防水以上の耐水性を備えた心拍計が安心です!

医療用ならスマートウォッチ以外を選択

疾患の治療などの医療用で使うことを考えている方は、スマートウォッチ以外の心拍計がおすすめです。

特に、指先型の心拍計は、持ち運びがしやすく、外出先でも計測できます。
ですので、医療用として心拍計を使っている方の多くは、指先型を使用しています。

そして、指先型は、パルスオキシメーターという血中酸素飽和度を測れる心拍計が多いことも特徴です。

血中酸素飽和度は、体に不調がないかを調べる重要な指標で、特に気管支喘息や肺炎などの呼吸器系疾患を持っている方には重要な情報となります。

胸ベルト型も、正確な心拍数を測れるので、精度の高さを重視したい方には非常におすすめです。
しかし、胸ベルト型は、心拍数のみで血中酸素飽和度を測れないものもあるので、その点は注意しましょう。

スポンサードサーチ

【2021年最新版】胸ベルト型心拍計の人気おすすめ10選

人気メーカーの特徴や用途に合わせた選び方など、心拍計についての理解がだいぶ深まってきたと思います。
そこで次は、おすすめの心拍計を紹介していきます!

それぞれの心拍計の特徴や強み、どのような方におすすめなのかについて詳しく紹介しました。
是非、自分に一番合った心拍計を選ぶ参考にしてみてください!

POLAR(ポラール) 【日本正規品】 H10心拍センサー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
適応サイズ 535±20~665±20mm
カラー ブラック
重量 118g

メモリ内蔵でデータ保存が簡単!

ポラールの「H10心拍センサー」は、メモリが内蔵されているため、センサー単体でのデータ保存も可能な胸ベルト型心拍計です!

ほとんどの心拍計は、データをとったり表示したりすることはできるものの、保存をするには、スマホやパソコンと接続する必要があります。
しかし、このポラールの心拍計は、センサーにメモリが内蔵されているため、別のデジタル機器に接続することなく、データの保存が行えます。

保存する際の手間が大きく省けるので、心拍のデータを保存したり管理しやすい心拍計をお探しの方におすすめです!

キャットアイ(CAT EYE) デジタル心拍センサーキット 2.4GHz HR-10

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 16x16x12cm
カラー ブラック
重量 54g

エアロバイクやサイクリングを行う方におすすめ!

キャットアイのデジタル心拍センサーは、エアロバイクやサイクリングなどの自転車を使った運動を頻繁に行う方におすすめしたい心拍計です!

走行速度や距離、心拍数はもちろん、自転車に特化した計測器であるため、ペダルの回転スピードであるケイデンスの計測も行えます。

心拍数によって、自分の目的に合った強度の運動が行えます。
例えば、ダイエット目的の場合は、最大心拍数の60-70%程度の負荷が最適で、持久力向上目的の場合は、70-80%程度が最適です。

デジタル心拍センサーを使用することで、自転車に乗りながら心拍数を測れることで、最適な負荷を体に与えることができます!

キャットアイ(CAT EYE) 心拍センサー HR-12 160-3980 スピードメーター

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 13.31 x 12.09 x 2.49 cm
カラー ブラック
重量 68g

GPS機能つき心拍センサー!

GPS機能がついていて、心拍数だけでなく走行距離や速度なども簡単に計測できる心拍計です!

そして、Bluetooth機能も搭載されているので、計測したデータをスマホやパソコンに接続することなく送ることもできます。
また、装着ベルトは長さの調節が可能なので、自分の胸囲に合うように簡単に調節することができます。

そのため、運動中であっても不快感なく快適な付け心地で、装着し続けられる胸ベルト型心拍計となっています!

GARMIN(ガーミン) ハートレートセンサー HRM-Dual 010-12883-01

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 6.2 x 3.4 x 1.1 cm
カラー ブラック
重量 54.4g

Bluetooth機能搭載&水洗い可能!

ガーミンの「HRM-Dual」は、Bluetooth機能搭載で、データの移行が簡単に行える心拍計です!
センサー部分とベルト部分が分けられ、ベルト部は丸洗いできる設計になっていることも、大きな特徴です。

筋力トレーニングやバイクなど、運動中の使用を想定しているのであれば、臭いが気になるベルト部分を丸洗いできることは、大きなメリットですよね。

また、Bluetooth機能を使って、専用のアプリと連携すれば、データの保存や管理、分析を行うことができます!

GARMIN(ガーミン) ハートレートセンサーHRM4-Run

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 17.1 x 7.1 x 6 cm
カラー ブラック
重量 140 g

ランニング用に設計された胸ベルト型心拍計!

「HRM4-Run」は、胸ベルト型の中ではとても珍しいランニング用に設計された心拍計です!

ランニングダイナミクスというガーミンのサポート機能を使えば、ストライド幅や足と地面の接地時間、1分間あたりの歩数など、ランニングにおける細かなデータを採ることができます。
ベルトは伸縮性に優れた素材を使っているので、快適なフィット感と付け心地を感じられます。

精度の高い胸ベルト型をつけてランニングをしたい方におすすめの心拍計です!

GARMIN(ガーミン) HRM-Tri & HRM-Swim ハートレートモニター

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 144.8 x 3.8 x 1.3 cm
カラー ブルー
重量 72g

水中で使うなら!

ガーミン「HRM-Swim」は、水中での使用のために設計された、防水性に優れている胸ベルト型の心拍計です!

完全防水設計で、トライアスロンでも使用できるようになっているので、プールだけでなく、海での使用も可能となっています。
そして、幅が38mmという細めのデザインを採用しているので、水の抵抗も少なく、パフォーマンスを妨げません。

水中運動は、全身の筋肉を使うため、ダイエット効率も非常に高い運動です。
心拍数を測ることによって、効率を最大限高められるので、ダイエット目的の方にもおすすめです!

ガーミン HRM-Pro イエロー F 010-12955-01

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 14 x 7 x 5.7 cm
カラー ブラック/イエロー
重量 90 g

コスパ良好で初心者にもおすすめ!

ガーミン「HRM-Pro」は、充実した機能性とリーズナブルな価格で、初心者でも買いやすいコスパ抜群の心拍計です!

スイムやトライアスロンはもちろん、サイクリングやヨガにも対応しているため、さまざまなスポーツをする人におすすめできます。
そして、正確な心拍データを採ることができ、Bluetooth接続も可能です。

このように、機能性が充実していながら、15,000円程度というリーズナブルな価格設定なので、心拍計を購入したことがない初心者の方にもおすすめの一台です!

心拍数モニターセンサーiGPSPORT HR40フィットネストラッカー、サポートブルートゥース&ANT +

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 14.1 x 5.6 x 3.5 cm
カラー ホワイト
重量 47g

つけていることを忘れてしまうほど軽量感抜群の心拍計!

iGPSPORTの心拍モニターセンサーは、抜群の軽量感を誇る重さにこだわった心拍計です。

その重さはなんと47gで、他の胸ベルト型と比較しても、群を抜く軽量感を実現しています。
もはや装着していることを忘れてしまうほどの軽さで、トレーニングやエクササイズ中に不快感を与えません。

また、バンドの長さは65〜95cmと広範囲で調節できるため、フィット感にも優れています。

軽さやフィット感を重視する方に、自信を持っておすすめできる心拍計です!

サイズ 11.2x3.9x10.5 cm
カラー ブラック、ホワイト
重量 114g

機能性・操作性に優れたコスパ良好心拍計!

CooSpoの心拍センサーは、機能性・操作性・コスパの三拍子揃った胸ベルト型心拍計です!

まず、BluetoothとANT+に接続可能なため、お手持ちのスマートフォンと連動させて使うことができます。
そして、ストラップの長さ調整も、端部のフックを合わせるだけという装着方法も、非常に手軽で簡単です。

さらに、ランプの色で起動しているかどうかが分かる仕様になっているので、操作も簡単に行えます。
また、価格も5,000円程度と非常にリーズナブルな点も、嬉しいポイントです。

優れた機能と操作性を持ちながら価格が抑えられた、まさにコスパ抜群の心拍計です!

サイズ 18 x 7.6 x 2.6 cm
カラー ブラック
重量 55g

機能性の高い防塵・防水心拍計!

NEWOKEの心拍センサーは、さまざまな機能性に優れた心拍計です!

まず、IP67級の防塵・防水性能を誇ります。
IPとは、国際電気標準会議(IEC)が定めた保護等級で、防塵性は6段階、防水性は8段階で表されます。

この心拍計はIP67なので、防塵性は粉塵が内部に侵入しない6等級、防水性は水に浸かっても有害な影響を受けない7等級を持っています。

そして、Bluetooth接続可能なため、スマホや専用アプリと接続して使うこともできます。
さらに、ベルトの生地は、伸縮性と通気性に優れたものを使っているので、つけ心地も快適です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

さまざまな魅力を持った胸ベルト型の心拍計がたくさんある、ということが分かって頂けたのではないでしょうか?

口コミや評判に目を通すことも大切ですが、何より重要なのは、自分の価値観で自分に合うかどうかを判断することです。

買った後で後悔することのないよう、自分に最も合った心拍計を選んでいきましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定