あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
health_equipment

リストバンド式心拍計を徹底解説!【おすすめのメーカーや種類も紹介】

スポシル編集部

公開日 :2021/03/29

更新日 :2021/03/30

ここでは、リストバンド式の心拍計の特徴や選ぶポイントを紹介しています。

また、おすすめのリストバンド式心拍計も紹介しているため、心拍計を購入しようとしている人は参考にしてください。

心拍数を知ることで健康状態を維持することができたり、運動量を決める判断材料にすることもできます。

自身の心拍数を測定したいと考えているのであればリストバンド式の心拍計を購入して現在や過去の心拍数を確認し、比較などしてみてはいかがでしょうか。

目次

スポンサードサーチ

リストバンド式の心拍計とは

リストバンド式の心拍計とは、手首に装着するタイプの活動量計のことであり、心拍数を測定することができます。
肌に直接触れることで心拍数を測定することができ、その他の機能が備わっている場合もあります。

リストバンド式以外にも足首に装着するアンクレット式も販売されていますが、リストバンド式の方が人気が高く、ラインナップ数も豊富に用意されています。

気軽に装着することができ、測定時間も関わらないため、ストレスを感じてしまうこともありません。

心拍数だけではなく、歩数や消費カロリー、血圧なども測定できる場合もあります。

心拍計の種類を紹介!

心拍計には手首に付けるリストバンド式以外にもさまざまな種類があります。
種類が異なることで装着する部分も異なり、付け心地にも違いが現れます。

そのため、購入する際には種類を選ぶことが求められ、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

心拍計の種類を2つ紹介します。


  • リストバンド(足首・手首に着用)

  • 胸につけるタイプ

リストバンド(足首・手首に着用)

リストバンド式には手首に装着するタイプと足首に装着するタイプに分けれます。
場合によってはどちらにも装着できるように開発されていることもあります。

リストバンド型のメリットは簡単に装着することができることです。
そのため、手間なく装着することができ、心拍数を計測することも可能になります。

また、装着しても服やズボンで隠することができるメリットもあり、目立ちにくいです。
下記に紹介する胸に装着するタイプと比べるとやや正確な数値が測定できない場合もあります。

装着感やフィット感を微調整することができ、運動時や激しく身体を動かしてもズレてしまうことがなく、快適に運動をすることもできます。

運動時の心拍数を測定したい人におすすめの種類です。

胸につけるタイプ

胸に付けるタイプの特徴は、より正確な心拍数を測定できることです。
そのため、詳しい心拍数を測定したい人におすすめであり、健康状態を確認するために心拍数を知りたい人におすすめです。

また、あまり身体を動かさない場合に使用する際におすすめであり、ストレスがかかりません。

胸に近い部分に装着することで正確な心拍数が測定できるようになっています。
しかし、上記で紹介したリストバンド式と比べると装着感に不快感を感じてしまうデメリットがあったり、サイズが大きく仕上げられている場合もあります。

薄く仕上げられている場合も多いですが、蒸れやすい夏場には不快感を感じてしまう原因になるため、あまりおすすめできません。

医療用として開発されている場合もあります。

スポンサードサーチ

リストバンド式心拍計の選び方を紹介!

リストバンドの心拍計を購入するのであれば選び方も把握しておきましょう。
選び方を把握しておくことで求めている心拍計を購入することができ、無駄な買い物をしてしまうリスクを下げることもできます。

心拍計の選び方を知りたい人は参考にしてください。

心拍計の選び方を3つ紹介します。


  • 防水性能

  • bluetooth機能があるか

  • GPS機能がついているか

防水性能

リストバンド式の心拍計を購入するのであれば防水性が備わっていれば便利性が高まります。
防水性が備わっていれば雨や汗に濡れてしまっても故障してしまう心配がなく、安心して使用することができます。

また、手を洗う際にも防水性が備わっている心拍計であれば濡れてしまっても問題ありません。
さらに水泳時の心拍数を測定したいのであれば防水性は必須機能となります。

そのため、水泳時にも心拍計を活用したいのであれば防水機能が備わっている心拍計を購入するようにしましょう。
防水機能にはさまざまなレベルに分かれており、耐えられる水量に違いがあります。

防水性で選ぶ場合はどの程度の水に耐えられるのかを確認することも大切であり、壊してしまうリスクを下げることもできます。

bluetooth機能があるか

Bluetooth機能が備わっていればスマホと連動させることができ、取得したデータを保存することも可能です。
そのため、過去のデータと比較したいのであればBluetooth機能が備わっている心拍計を選ぶようにしましょう。

また、専用のアプリをスマホにダウンロードする場合もあり、より見やすくなるメリットがあります。

心拍計の中には数日間のデータを保存することができる場合も多いですが、1週間程度が限度となっている場合多くなっています。
1か月や1年前の心拍数と比較したいのであれば必須の機能と言えます。

Bluetoothはスマホではないと使用することができない機能であるため、ガラケーを使用している人には必要とならない機能です。

Bluetoothの他にWi-Fiと接続できるタイプも販売されています。

GPS機能がついているか

GPS機能の備わっていれば自身の居場所を確認することができたり、移動距離を測定することも可能です。
より正確な移動距離を知りたい人におすすめの機能であり、同時に歩数を測定できる場合も多くなっています。

GPS機能が備わっている場合は販売価格がやや高く設定されてしまうことや心拍数以外の数値を測定できる機能が備わっている場合もあります。
そのため、心拍数以外にもさまざまな身体の状態を把握したい人におすすめです。

登山用の心拍計にGPS機能が備わっている場合が多く、遭難してしまった際に非常に役立ち心強い機能となっています。
より登山に特化している場合は登山ルートまで表示されることもあります。

GPS機能は使い方によっては必要にならないこともあるため、必要ないのであればGPS機能が備わっていない心拍計を購入しましょう。

リストバンド式心拍計のおすすめメーカーを紹介!

リストバンド式の心拍計はさまざまなメーカーが販売しており、メーカーごとに特徴が異なってきます。

そのため、メーカーごとの特徴を知ることで自身に適している心拍計を購入することも可能になります。

初めて心拍計を購入する人ほどメーカーのことを知らない場合が多いため、参考にしてください。

リストバンド式心拍計のおすすめ人気メーカーは以下の3つです。


  • ガーミン(GARMIN)

  • フィットビット(Fitbit)

  • CASIO (カシオ)

ガーミン(GARMIN)

ガーミンはアウトドア商品を販売しているメーカーであり、時計を販売しているメーカーとしても有名です。
アウトドア用品を販売しているため、ガーミンが扱っている心拍計は耐久性に優れている特徴があります。

アウトドア用品はさまざまなことを想定して開発するため、必然的に耐久性を高める傾向があり、壊れにくい心拍計に仕上がっています。
また、防水性が備わっている場合も多く、雨に濡れても問題ありません。

フィットネス業界にも進出しているメーカーでもあるため、筋肉量や体脂肪率など心拍計以外の機能が備わっている場合も多く、活用幅が広くなっています。

腕時計も販売していることで心拍計のデザインも腕時計に寄せて作られ、デザイン性に優れている特徴もあります。

フィットビット(Fitbit)

フィットビットはアメリカのメーカーであり、家電メーカーとして活動しています。
なかでも活動量計の人気が高く、歩数や心拍数、筋肉量などさまざまな情報を入手することも可能となっています。

また、睡眠に対する知識も豊富であるため、心拍計に睡眠の質を測定できる機能が備わっている場合も多いです。
そのため、心拍数と睡眠の質も知りたい人におすすめのメーカーです。

また、フィットネス関係の商品も販売している特徴もあり、心拍計にもトレーニングのモチベーションが維持できる機能が備わっています。

ゲーム感覚でトレーニングすることが可能になることで途中で挫折してしまうリスクを下げることができ、トレーニングをしたい人やダイエットをしたい人におすすめです。

CASIO (カシオ)

カシオのメーカーといえば腕時計をイメージする人も多いのではないでしょうか。
特にG-SHOCKの人気が高く、現在でも人気が衰えることがありません。

リストバンド式の心拍計は腕時計のような形状に仕上がっているため、カシオの得意分野とも言えます。

そのため、カシオもリストバンド式の心拍計を販売しており、G-SHOCKシリーズの中にも心拍数が測定できる機能が搭載されている場合もあります。

カシオの腕時計はデザイン性に優れている特徴があり、かっこよくコーデすることも可能です。
また、G-SHOCKの場合は高い耐衝撃性能に優れているため、衝撃が加わっても壊れにくいメリットがあり、激しく身体を動かす際におすすめの腕時計でもあります。

心拍計特有のデザインに違和感を感じてしまう人はカシオ販売しているリストバンド式の心拍計を購入しましょう。

スポンサードサーチ

【2021年最新版】リストバンド式心拍計の人気おすすめ10選

リストバンド式の心拍計はさまざまなメーカーが販売していたり、搭載されている機能にも違いがあります。

そのため、購入する際に悩んでしまうことも少なくありません。

次に、おすすめのリストバンド式の心拍計10選を紹介します。

カラー ブラック
サイズ 20 x 15 x 10 cm
重量 17g

リストバンドに抗アレルギーの素材が使用されている

ANT +のリストバンド部分には抗アレルギー素材が採用されている特徴があります。
そのため、装着することでアレルギー反応を起こしてしまうリスクを下げることができ、安心して装着することができます。

光学センサーが取り付けられていることで瞬時に心拍数を測定することが可能です。

心拍数は3色のカラーによって標準の数値なのか高いまたは低いのかを瞬時で把握することができます。

数値でも心拍数を知ることはできますが、直感的に心拍数の状態を知りたい人におすすめです。

カラー ブラック
サイズ
重量

画面が見やすい

画面には1600万色が採用されており、明るさも強くなっていることで画面が見やすくなっています。
そのため、測定したデータが見やすくなるメリットがあります。

また、スマホと連動させることで音楽を聞くこともでき、音楽を聞きながらウォーキングやトレーニングをしたい人にもおすすめの心拍計です。

測定した心拍数のデータを元に活動強度や消費カロリーなども測定することが可能になっています。

充電すれば最大20時間使用することができ、バッテリー切れで使用することができなくなることを防ぎます。

カラー サンライズ ピンク ブラック レッド
サイズ 約12.5mm × 約56mm × 約18.5mm
重量 12g

短時間で充電ができる

簡単に充電できるように開発されている心拍計です
リストバンド式の心拍計の充電方法はUSB端子を活用して行う場合が多く、ケーブルと接続する必要があります。

しかし、ケーブルがなくてもUSBポートさえあれば直接接続することができ、充電を開始します。

また、15分でフル充電することが可能で、6日間使用することもできます。

最大平均心拍数を超えてしまった場合は振動で知らせてくれる機能があり、運動時に活用することで身体への負担を軽減することが可能です。

カラー ピンク グレー ブルー グリーン
サイズ 240 * 11.5 * 19.5 mm
重量 23.5g

14の運動モードが搭載されている

運動時の心拍数を知りたい人におすすめのリストバンド式の心拍計です。
運動といってもウォーキングやランニング、トレーニング、ヨガなどさまざまな種類に分けることができます。

そのため、より正確な心拍数を測定するためにはどのような運動をしているのかを心拍計に伝える必要があります。

14個のモードが登録されており、運動しているモードで心拍数を測定すればより精度を高めることができます。

シンプルなデザインに仕上げられている特徴もあります。

カラー ブラック

女性に嬉しい機能が備わっている

コストパフォーマンスに優れている心拍計であり、安い心拍計を購入したい人におすすめです。
女性に嬉しい生理サイクルを把握する機能も備わっており、排卵日や生理の症状を記録することができます。

そのため、女性で心拍数を知りたい場合におすすめであり、生理のサイクルも把握できます。

大型のバッテリーが搭載されていることで充電時間は2.5時間かかってしまいますが、待機時間は30日間です。

バッテリー切れを防ぎたい人や充電の頻度を少なくしたい人におすすめです。

カラー 6色
重量 23g

電話やメールの通知ができる

現在の心拍数を測定できるだけではなく、過去4時間の最小・最大心拍数を記録することもできます。

また、安静時の心拍数も記録できることでさまざまな状態で心拍数を比較することが可能です。

専用のアプリをスマホにダウンロードすることでさまざまな機能を活用することができるため、アプリをダウンロードして心拍計と同期させることをおすすめします。

同期させることで電話やメールなどの通知をリストバンド式心拍計でも知らせることが可能になります。

【最新Bluetooth 5.0 IP68防水】スマートウオッチ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ピンク ブラック
重量 48g

磁気吸着充電ができる

腕を上げるだけで点灯する仕組みになっているため、手軽に心拍数を測定することができます。
また、座っている時間が長いと振動で注意勧告をしてくれ、デスクワークなどをしている人におすすめの機能です。

文字盤を自由に変更することができるリストバンド式の心拍計であるため、アレンジ性を求めている人におすすめです。

充電方法がケーブルなどを接続するタイプではなく、磁気で吸着することで充電できる構造になっています。

充電が手軽にできるだけではなく、差込口が壊れる心配もありません。

カラー ブラック ホワイト レッド イエロー ブルー
サイズ M L
重量 40g

ランニング時におすすめ

ランニングをする人のおすすめのリストバンド式の心拍計です。
ランニングトレーニングメニューを自動で作成してくれるため、自身に適したトレーニング方法で身体を鍛えることができます。

また、走るスピードなども支持してくれ、適したペースで走ることも可能です。

トレーニング目標を作成することもでき、モチベーションを高める効果が期待できます。

カラフルなカラーも用意されていることでおしゃれにコーデしたり、服装と色合いを合わせることも可能です。

カラー ブラック
サイズ 幅36mm、長さ45mm、厚さ13mm
重量 63g

さまざまなスポーツを行っている人におすすめ

100種類以上のスポーツに対応することができ、正確な心拍数や消費カロリーを計測することができます。
本体に音楽をダウンロードすることもでき、スマホがなくても音楽を聞くことが可能です。

水泳時にも使用できる防水機能が備わっており、水への耐性にも優れています。

バンドの幅が広く作られていることで装着した際に締め付けられる感覚がなく、長時間装着していても手首が痛くなることを軽減できます。

また、バンドは柔らかいシリコン製でもあり、より装着感に優れています。

カラー ブラック

文字盤が見やすい

0.96"カラースクリーンが採用されていることで画面を鮮明に見ることができます。

また、正面からだけではなく、斜めの方向からも文字盤が見えるようになっており、見えにくいと感じてしまうことはほとんどありません。

防水性だけではなく、防塵機能も備わっていることで埃などが本体内部に侵入してしまい、故障してしまうことも防げます。

さまざまな文字盤が用意されていることでトレーニング時だけではなく、ビジネスなど仕事中でも違和感なく装着することが可能です。

まとめ

リストバンド式の心拍計を身につけることで簡単に心拍数を測定することが可能です。

心拍数を知ることでどれだけ身体に負担がかかっているのかが分かり、トレーニング時の運動量や睡眠時の質までもが分かるようになります。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定