あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
health_equipment

【徹底解説】心拍計付き腕時計のおすすめ10選|精度や種類の解説あり

スポシル編集部

公開日 :2021/03/29

更新日 :2021/03/31

「心拍計が欲しいけど、種類が多くて選べない」
「心拍計腕時計が欲しいけど、自分の用途にあっているか分からない」と悩んでませんか?

心拍計には指に挟んで測定するタイプや、胸に装着して計測するタイプなど様々な製品があります。この記事では腕時計タイプの心拍計について紹介します。
心拍計付き腕時計の精度や種類など詳しく解説していきます。

おすすめのメーカーや用途に応じたおすすめ商品もあわせて紹介します!

心拍計購入を検討している人は必見です。

目次

スポンサードサーチ

心拍計付き腕時計とは?

心拍計付き腕時計とは、いわゆる心拍数を計測する腕時計のことです。おもに腕時計内部に搭載されているセンサーを用いて心拍数を計測します。

心拍計付き腕時計はランニングやロードバイク、水泳など激しい運動を行うアスリートの方に広く愛用されています。

最近では不整脈の検出に役立つことから、日々の健康管理の一環として高齢の方にも愛用者が増加しています。また、心拍計付き腕時計には時間の把握や心拍数計測に以外の機能が搭載されている製品があります。

自分の位置情報を把握できる「GPS機能」や、スマートフォンに計測データを記録できる「Bluetooth機能」など様々な機能が搭載されている製品があります。

心拍計付き腕時計の精度は?

心拍計付き腕時計の精度は高いです。

心拍計付き腕時計は、常時装着しても身体に影響のないセンサーを用いて、心拍数を読み取り計測します。その計測技術は年々進化しています。

一昔前は運動中の環境変化への対応に難があったようです。しかし、現在は研究が進み、激しい運動にも対応が可能になり、精度の高い計測が容易になりました。
とはいえ心拍精度比較すると心臓の近いところに装着する「心拍ベルト」のほうが精度は高めです。

「多少のズレもなく計測したい」と考えている人には、心拍ベルトをおすすめします。「ある程度の正確性があれば問題ない」と考えている人は、手軽に計測可能な心拍計付き腕時計で充分です。

スポンサードサーチ

心拍計付き腕時計の種類を紹介!

心拍計付き腕時計は、スポーツシーンやビジネスシーンで活用できる便利な機能がたくさんついています。今や心拍計付き腕時計は「心拍計」や「腕時計」としての役割だけではないのです。

自分のライフスタイルにあった心拍計付き腕時計を選び、より快適に暮らしましょう。

心拍計付き腕時計の種類を3つ紹介します。


  • Bluetooth(ブルートゥース)付き

  • 防水

  • GPS付き

Bluetooth(ブルートゥース)付き

Bluetooth機能搭載の心拍計付き腕時計は「記録管理」に特化した機能です。

お持ちのスマートフォンと連携すれば、心拍数の記録はもちろん、自分のタイムなどもスマートフォンに記録することができます。

記録することによって、自分の状態をより正確に知ることがでるため手軽に体調管理ができます。また、より質の高い自分にあったトレーニングに取り組むことも可能です。

Bluetooth機能搭載の心拍計付き腕時計は、科学的側面から自分の体と向き合いたいと考えている人におすすめです。それにランニングや水泳、ロードバイクなどのタイムを競うスポーツをする人にもおすすめ。

また、電話・メール通知機能も搭載されており、急な連絡にも即座に対応可能です。Bluetooth機能搭載の心拍計付き腕時計は、スポーツシーンだけでなく、ビジネスシーンでも重宝します。

防水

防水機能搭載の心拍計付き腕時計は、水泳やサーフィンといったウォータースポーツをする人におすすめです。

防水機能の最大のメリットは、なんとも言ってもその防水性。
防水機能さえ付いていれば、ランニング中の急な大雨でビチョビチョにしても、浸水させてしまっても故障することがありません。

また、食器洗い時や入浴時にも、いちいち腕時計を取り外さなくいいのも防水機能の魅力1つ。

ウォータースポーツのする人はもちろん、時計を取り外すのが面倒臭い人だったり、入浴中も心拍数を計測したい人にも防水機能はおすすめです。

防水の性能にも種類があります。防水機能が付いているからといって不用意に水の中に入れてしまうと、故障の原因になります。

防水機能には、食器洗いや手洗い程度を防水する「生活防水」からトライアスロン時にも使用可能な「完全防水」まで様々なものがあります。

購入の際はそちらも合わせて確認する事をおすすめします。

GPS付き

GPS付機能搭載の心拍計付き腕時計は、登山やバックカントリースキーなど遭難の可能性があるスポーツをする際に役立ちます。なぜなら、GPS機能が付いていると、自分の現在地が把握可能になり遭難する確率が格段に低くなるからです。

GPSとは人工衛星から送られた電波を受信し現在位置を特定するもの。
カーナビなどにも搭載されています。

登山やバックカントリースキーには危険が付き物。急な悪天候で視界不良なんて事はよくあることです。

その際、山の地形やルートが頭に入っていなかった場合、遭難確定です。最悪な場合、重大事件にならないとも言い切れません。そんな時、GPS機能が付いた製品を持っていると遭難を免れます。

GPS機能は危険から身を守る命綱です。また、GPS付きの心拍計付き腕時計は、ルートの記録や距離の測定もしてくれます。
自分がどのコースを通って、どのくらいの距離進んだかを詳細に把握できます。

登山やバックカントリースキーだけでなくランニングする方にも、GPS機能はおすすめです。

心拍計付き腕時計のおすすめメーカーを紹介!

心拍計付き腕時計は膨大な種類があり、どの商品が自分に適しているか迷ってしまうことが多いです。
それにメーカーによっても機能や性能、価格もまるっきり違います。

ここでは心拍計付き腕時計のおすすめメーカーを紹介します。
メーカごとの特色を把握して自分に合った心拍計付き腕時計を購入しましょう。

心拍計付き腕時計のおすすめメーカーを3つ紹介します。


  • ガーミン

  • カシオ

  • フィットビット

ガーミン

ガーミンは、1989年に設立されたアメリカのメーカー。
航空、海洋、自動車など様々な分野に向けてGPS機器を提供し続けている、GPSのパイオニア的存在のメーカーです。

ガーミンの心拍計付き腕時計の特徴はズバリ「正確さ」です。

航空、海洋、自動車の分野で培ったGPS技術を駆使したガーミンの心拍計付き腕時計のGPS精度はピカイチです。ほかにも、加速度を測定するセンサーが搭載されており、ピッチや平均ストライドなどありとあらゆる測定を行うことも可能です。

また、ガーミンの心拍計付き腕時計にはゴルフコースやヤードを事前に把握することができる機能が付いている製品があり、ゴルファーにとってもおすすめ。

ガーミンの心拍計付き腕時計は登山やスキー、トライアスロンさらにゴルフをする人におすすめです。

カシオ

カシオは、1946年に設立された日本のメーカ。カシオの腕時計は、スポーツシーンはもとより、そのファッション性の高いデザインが幅広い年代に支持されています。

日常的に愛用する人が数多くいる汎用性の高いメーカーです。

カシオの心拍計付き腕時計の特徴はズバリ「タフネス」です。ちょっとやそっとのことでは、ビクともしません。

カシオの心拍計付き腕時計は、強い衝撃や水圧に強く他のメーカーの腕時計より故障しにくい頑丈な作り。耐久性がピカイチです。
また、USB充電に加え、ソーラー充電機能を搭載。

充電の残量を気にせず日常使いができる配慮がされています。

カシオの心拍計付き腕時計は、トレイルランニングのような激しいスポーツをする人におすすめです。

フィットビット

フィットビットは、2007年に設立された比較的歴史の浅い、アメリカのメーカ。
おもに健康改善を促すフィットネス製品の販売をしています。

フィットビットの心拍計付き腕時計の特徴はズバリ「手厚いサポート力」です。
フィットビットの心拍計付き腕時計を身に付けているだけで、歩行数や運動の強度、消費カロリー等の記録・分析が可能。
また、睡眠の長さや睡眠の質を記録。さらに、睡眠の質の改善を促す情報も提供してくれます。

フィットビットの心拍計付き腕時計は、運動時だけでなく24時間サポートしてくれます。
常に健康状態の可視化が可能です。
また、質の良い呼吸習得をサポートする「Relax」というフィットビットのアプリを導入すると健康促進がさらに高まります。

フィットビットの心拍計付き腕時計は、生活習慣の見直し・改善をしたいと考えている人におすすめです。

スポンサードサーチ

【2021年最新版】心拍計付き腕時計の人気おすすめ10選を紹介!

ここでは、心拍計付き腕時計の人気おすすめ10選を紹介します。

心拍計付き腕時計はさまざま種類が販売されていることあり、いざ購入となると悩んでしまいがちです。
上記で紹介したメーカーごとのポイントを押さえつつ、自分に合った心拍計付き腕時計を見つけましょう。

Bluetooth
防水
GPS

目まぐるしい天候の変化を耐え抜くアウトドアウォッチ

強い衝撃に耐えうる耐久性とソーラー充電による長時間バッテリー、高精度GPSナビゲーションを兼ね備えた心拍計付き腕時計。

GPS、みちびき等の衛星測位システムに対応しており、電波の届きにくい環境下でも素早く現在地を測位。遭難の危険性を最小限に抑えます。

ディスプレイは明るい日差しの中でも見やすいと評判の、コーニング社製のゴリラガラスDXを採用。

天候が目まぐるしく変化するアウトドアスポーツを思い切り楽しみたい人におすすめの1本です。

Bluetooth
防水
GPS

ランナー向けのエントリーモデル

心拍計付き腕時計の導入を考えているランナーにおすすめの1本。
Foreathlete45の最大の特徴は初心者にも優しいシンプルな操作性です。

距離、ペース、ピッチ、心拍数などランナーが必要とする機能だけをギュッと詰め込んだランナーのための心拍計付き腕時計です。
また、Foreathlete45はGamin coachアダプティブトレーニングプランに対応。

熟練の専門家コーチからアドバイスを受け取ることが可能です。
Foreathlete45はランニング用の心拍計付き腕時計のエントリーモデルとして最高の1本とです。

Bluetooth
防水
GPS

ゴルフシーンで大活躍の1本

Approach S62はゴルフをする人なら押さえておきたい機能をしっかり押さえたゴルフウォッチ。

グリーンのアンジュレーションやヤ―デージの測定、ハザードの位置や距離の把握等さまざまな機能が搭載されています。
もちろん、ラウンド中のショット地点は自動で記録されます。

また、プレイヤーのプレースタイルや天候を把握し、推奨クラブや距離を指示してくれるバーチャルキャディー機能も搭載。

全世界約41.000以上のゴルフコースを収録。日本国外でのプレーも安心です。

Bluetooth
防水
GPS

カシオ初の心拍計・GPS同時搭載モデル

G-SQUAD GBD-H1000はカシオで初めて心拍計とGPS機能を同時に搭載したモデル。
2020年5月に発売。少し意外に感じる人も少なくないのでしょう。

担当者によると、耐衝撃性と心拍計・GPS機能の両立がとても難しかったそうです。
カシオのお家芸とも言われる耐衝撃性をそのままに心拍計とGPS機能を搭載。

G-SQUAD GBD-H1000にはカシオのプライドが感じられます。充電方法はソーラー充電とUSB充電の2種類。

Bluetooth
防水
GPS

健康管理の入門モデル

Versa 2は健康管理を始めたいと考えている人におすすめの1本です。
歩いた距離や時間、速度はもちろん、24時間記録可能な心拍測定だったり、睡眠の質を確認できる睡眠スコアなどを搭載。
日常の健康管理はVersa 2だけで充分です。

また、普段使いしやすいように高級感のあるボディに仕上げており、男女、年齢関係なく愛用できます。
バンドは取り換えが可能。

その日の気分や洋服に合わせたオシャレを楽しめます。
バンド素材はラバー、レザー、ウーブルなど。

Bluetooth
防水
GPS

抜かりのない健康管理を実現できる1本

senseは、より深くより綿密に健康データを取りたい人向けの1本です。

Fitbit senseでは心拍数や運動測定だけでなく、ストレス管理システムを搭載。

ストレス状態を素早く感知し利用者に通知、素早くストレス解消をするためのサポートしてくれます。
また、皮膚温度センサーも新たに搭載。

これにより体調不良の予兆を素早くキャッチ。トラブルを早期解消することができます。
バッテリー駆動時間は6日以上。

残量を気にする煩わしさから解放されます。

Bluetooth
防水
GPS

1万円以下の格安入門ウォッチ

Teamsports 300の最大の魅力は何と言ってもリーズナブルな価格です。心拍計付き腕時計では、あまり見受けられない1万円以下という低価格。

機能面はと言いますと、標準機能はしっかりカバーしています。
心拍測定や消費カロリーの記録、生活防水といった必要最低限の機能があれば充分と考えている人にとって絶好な1本です。

また「心拍計付き腕時計がどんな物なのか試してみたい!」と考えている人にもおすすめです。
Teamsports 300は、心拍測定は手動式となっておりますのでご注意ください。

Bluetooth
防水
GPS

ダイエットに最適

ラドウェザーは2009年に設立された日本のメーカー。
製品はアメリカと共同で開発しています。

ラドウェザーは登山はもちろん、ハイキングや釣りなど多種多様なアウトドアシーンに対応できる幅広い機種を取り揃えているのが特徴です。
アウトドア愛好家からも絶大な支持を得ています。

SENSOR MASTER Vはアウトドアシーンだけでなく、ダイエットにもおすすめなモデルです 。

心拍数や運動強度の測定はもちろん移動距離や時速消費カロリーなどの基本的な機能もしっかり押さえています

注目はスマートラップという機能。この機能は設定した距離ごとに速度や歩数時間などを自動保存してくれます。 スマートラップ機能を使うことで、トレーニングにメリハリが生まれます。

比較的、気持ちがが緩みやすいランニングやウォーキングなどおすすめ。
ダイエットしたいけどモチベーションが続かないという人にぴったりな1本です。

Bluetooth
防水
GPS

ロードバイクにおすすめな1本

スントは1936年に設立したフィンランドのメーカー。

「過酷な冒険にも耐えうる腕時計」をモットーに製造を続けているスント は多くの冒険家に支持され続けています。

スントが持つボディの頑丈さ・高い機能性はそのままに、ロードバイクをする人にうれしい機能がプラスされたSUUNTO 7。

LINEやメール などの通知が受け取れる機能が搭載されていたり、オフライン環境下でも地図が使える機能が搭載されています。
初めての場所でのサイクリングも安心です。

Bluetooth
防水
GPS

健康管理とおしゃれを両立した1本

アップル は1976年に設立したアメリカのメーカー。
iPhone ,iPad など様々な家庭向けデジタル製品を販売しています。
アップルが初めてアップルウォッチを発売したのが2015年。

2015年以降 、アップルウォッチ は様々なモデルが発表されました。

Series 6は 2020年9月に発表。 日々の健康管理や電子決済機能はもちろん、心電図の作成や体に取り込まれた酸素数値がチェックできる機能が搭載されています。また、腕時計のケースやバンド自由にカスタマイズできるのも見逃せません。

健康管理とおしゃれを同時に楽しみたい人におすすめの1本です。

まとめ

ここまで心拍計付き腕時計の精度や種類、おすすめのメーカー、商品などを紹介してきました。

心拍計付き腕時計と一口に言っても、その機能やデザイン、用途は様々です。

自分のライフスタイルに合った、心拍計付き腕時計を選びましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定