あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
health_equipment

体幹を鍛えるのに最適!人気のおすすめバランスディスク10選!

スポシル編集部

公開日 :2021/03/24

更新日 :2021/03/31

体幹を効率的に強化するための方法を探している人には、バランスディスクと呼ばれるトレーニンググッズの使用を推奨します。あえて不安定な環境に身を置くことで、バランス感覚と体幹を強化できる点がバランスディスクの特徴です。

こちらの記事では、バランスディスクを使うことでどのような効果が得られるかについて詳しく解説します。

バランスディスクを用いたトレーニングの具体例や、実際に販売されている商品についても取り上げるので、バランスディスクを選ぶときの参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

バランスディスクの効果とは?!

バランスディスクの効果は、体幹を中心とした幅広い筋肉を効率的に鍛えられる点にあります。なぜ筋肉を強化するのに効率的なのかというと、不安定な形状をしているからです。

円盤や半球といったバランスを欠いた形状がバランスディスクの特徴として知られています。不安定な形状のディスクに乗り続けるには、体幹などの筋肉に力を入れ続けなくてはいけません。

バランスを取ろうとする行為は、普段使っていない筋肉にも刺激を加えられるため、トレーニングの効果を引き上げることが可能になるというわけです。また、バランスディスクを用いたトレーニングを行うことで、バランス感覚の向上や姿勢の改善といった効果も期待できます。

バランスディスクの中には、バランスボードやバランスクッションという名称で呼ばれているものもありますが、こちらの記事ではそれらも含めて「バランスディスク」として取り上げていくことをご了承ください。

【体幹・下半身】震えに耐える!バランスディスクトレーニング

バランスディスクを初めて扱う人は、体幹や下半身を強化するトレーニングから始めてみましょう。

バランスを取ることが難しい環境でトレーニングをこなすには、体幹に力を入れるのがコツです。以下で紹介するのは基本的な種目ですが、正しいやり方を押さえたうえで取り組みましょう。

子供が行う際には、バランスを崩してディスクから落ちてしまうと怪我に繋がることもあるので、大人が注意を払ってあげてください。

プランク

体幹を鍛える際に行われる種目の中でも、プランクは非常にポピュラーです。バランスディスクを床に置いたら、左右の前腕をバランスディスクの上に載せてください。この状態から爪先で身体を支え、背中が真っすぐになるように伸ばします。

背中を伸ばしたまま、爪先と肘の4点で身体を支え続けるのがプランクの基本的な動作です。バランスディスクの上に前腕を置くことでバランスを取りにくくなっており、普段よりも強い刺激が体幹に加わります。

プランクはフォームが崩れるとトレーニングとしての効果が薄れてしまう点に注意してください。お尻の位置が極端に上下していると、ターゲットである体幹への負荷が弱まります。肩から爪先のラインを真っすぐにした状態で、40秒キープするのが目標です。

ダイアゴナル

身体の斜めのラインを意識しながら、手と脚を曲げ伸ばしする動作で体幹や背中の筋肉を刺激するのがダイアゴナルという種目の目的です。四つん這いの状態が基本姿勢になります。

そこからどちらかの膝の下にバランスディスクを置いてください。右膝の下にバランスディスクを置いた場合、左膝と右手を床から浮かせます。右膝と左手でバランスを取りながら、浮いている側の手と脚が床と平行になるまで伸ばしていきましょう。

視線は床に向けて、体幹に力を入れることがバランスを取る秘訣です。手と足を真っすぐに伸ばした後、ギリギリまで床に近づける動作を40秒間続けてください。終了したら反対側の膝の下にバランスディスクを置き、左右の手足を入れ替えて同じ動作を繰り返します。

ニートゥチェスト

体幹を構成する筋肉の中でも、シックスパックを形成する腹直筋を効率的に刺激できる点が、ニートゥチェストの特徴です。まずは床に置いたバランスディスクの上に腰を下ろし、身体の後ろ側に位置する床に両手を着いてください。

その状態で床から足を浮かせた姿勢がニートゥチェストの基本です。両手でバランスを取りながら、膝を胸に近づけます。膝と胸がぶつかる直前に、脚を真っすぐ伸ばす動きを15回繰り返してください。

胸と膝が近づいたとき、腹筋を限界まで収縮させることがトレーニングの効果を高める秘訣です。視線は斜め下を向き、顎を軽く引くと腹筋を収縮させやすいので試してみてください。慣れてきた人は両手に込める力を少しずつ弱めて、体幹だけでバランスを取る意識で挑戦してみましょう。

サイドランジ

横方向への動作や太腿の内側を強化したいときに役立つのがサイドランジと呼ばれるトレーニングの特徴です。取り組んだことがない人はまず、バランスディスクがない状態で挑戦しましょう。

バランスディスクを使う場合、床に置いたバランスディスクに片足を乗せることからスタートします。右足を乗せた場合、左足を大きく真横に踏み出しましょう。右足はバランスディスクに乗せた状態をキープします。

左足が最も遠い位置まで来たら膝を曲げてください。このとき、爪先は横ではなく斜め前を向いています。膝が最も深くなった状態から左足を踏み切り、右脚だけで体重を支えます。

右脚とバランスディスクが垂直になるまで身体を持ち上げたら、再び左足を真横に踏み出していきましょう。左右それぞれ15回ずつ行うのが目安です。

ヒップリフト

ヒップリフトはお尻を中心とした身体の背面にある筋肉に効かせるための種目です。床に腰を下ろしたら、両膝を立てて足を揃えてください。両足の真下にバランスディスクを置き、背中を床に着けます。

このとき、膝の角度を直角にするのがポイントです。両手を床に置いてバランスを取りながら、お尻や太腿に力を込めて床から背中を浮かせてください。膝から肩までのラインが真っすぐになったら数秒キープします。

ゆっくりと背中を下ろしつつ、お尻が床に就く直前に再び持ち上げる運動を繰り返しましょう。15回前後行うのが目標です。バランスディスクに足を乗せている分、床で行うヒップリフトよりもバランスを取りにくくなっています。

お尻や太腿だけでなく、体幹に力を込めながら行うことを意識しましょう。

スポンサードサーチ

(サッカーで使える)バランスディスク体幹トレーニング!

バランスディスクを用いたトレーニングの中には、特定の競技にターゲットを絞った種目も存在します。サッカーをやっている人に試して欲しいのが、バランスディスクの上でシュートフォームの素振りを行うトレーニングです。

軸足をバランスディスクに乗せたまま、反対の足を10回程度振り切ります。筋肉ではなく骨で身体を支えるイメージを持つと、バランスを取りやすいので試してみてください。

体幹を下半身を同時に鍛えたいなら、バランスディスクの上で爪先立ちになったまま軽くスクワットをやってみましょう。フロンロランジを行う際、前の足をバランスディスクの上に踏み出す種目も、体幹を下半身に対する負荷を高めてくれます。

サッカーは空中で競り合うことが多い競技です。バランスディスクを用いた体幹トレーニングが、空中戦を制する身体の強さを身に着けることに繋がります。

(ゴルファー必見!)スイングが安定するバランスディスクトレーニング!

ゴルフをしている人は、バランスディスクを用いたスイングの練習で体幹を鍛えると、傾斜のある場面でも上手く打てるようになります。こちらのトレーニングでは、バランスディスクを2枚用意してください。

左右それぞれの足の下にバランスディスクを置いたら、体幹を感じながらスイングを行いましょう。両足をバランスディスクに乗せた状態は、体幹を意識しないと上手くスイングできないため、体幹を鍛えたいときにピッタリです。

また、片足のみをバランスディスクに乗せたままスイングする練習も、傾斜のある場所で行うショットを安定させるのに役立ちます。

バランスボールの前側に体重をかけた状態や、後ろ体重になった状態など、バランスを取りにくい姿勢でのスイングを繰り返しておくことが、スイングを安定させるコツです。

スポンサードサーチ

バランスディスクの人気おすすめ10選

バランスディスクの効果や具体的なトレーニング方法を理解したら、今度は実際に販売されている商品をチェックしていきましょう。

バランスディスクの大きさや高さ、形状といったポイントを比較したうえで、体幹を鍛えるのに役立つアイテムを選択してください。

サイズ 19.05 x 83.82 x 83.82 cm
重量 979.76 g
カラー ピンク、ターコイズ、ブラック、バイオレット、スカイブルー、ブルー、グレー、ライムグリーン、オレンジ、ラベンダー

座面の凹凸がスリップを防止!クッションにもなるバランスディスク

Tumaz バランスディスクは日常生活でクッションとしても使用できるタイプのバランスディスクです。

日常の中にトレーニングを取り入れていきたい人は、Tumaz バランスディスクをお尻の下に敷いた状態で椅子に座りましょう。

バランスを取りにくい場合は付属のポンプで空気を量を調節してください。座面に施された凹凸の指圧効果が血行を促進するだけでなく、滑り止めの役割も果たしています。直径33cmと子供にも使いやすいサイズなので、家族で共有したいときにも有用です。

AnyField バランスディスク ポンプ付き

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 35cm×35cm
重量 900g
カラー シルバー、マリンブルー、ライムグリーン、ローズピンク

重量級の人も安心!耐荷重300㎏のバランスディスク

バランスディスクを用いたトレーニングは、ディスクに全体重を預けなくてはいけない種目が数多く存在します。

AnyField バランスディスク ポンプ付きは耐荷重が300㎏となっていることから、ウェイトが平均よりも大きな人でも不安を抱くことなく利用できる点が魅力です。

PVCと呼ばれるゴム素材で作られているため、床に直接置いてトレーニングをしてもフローリングが傷つきにくい傾向にあります。表面と裏面は凹凸のサイズが異なっていることから、指圧効果が好みの側を選んで使用してみてください。

TETOP バランスボード バランスディスク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 42×42×7cm
重量 1.5kg
カラー オレンジ、グレー、ライトブルー

足裏や床との摩擦を高める突起で安全性に配慮

TETOP バランスボード バランスディスクはクッションのような形状ではなく、平らな板に傾斜をつけたボードタイプのバランスディスクです。

床と接する側に傾斜が付いていることから、クッション型よりもバランスを取りにくい仕様となっています。

床や足裏と接する面に大きめの突起が備わっているおかげで滑りにくく、安全性に配慮されている点がTETOP バランスボード バランスディスクの特徴です。持ち運びの利便性を向上する取っ手が備わっています。

サイズ 40×10cm
耐重 100kg
カラー グリーン、グレー、ブルー、レッド、イエロー

場所を選ばずトレーニングしたい人にピッタリ

EVERYMILE バランスボードもまた、ボードに傾斜を付けたタイプのバランスディスクです。15度の傾斜角度と10㎝の高低差がバランスを取りにくい環境を形成し、トレーニングの効果を引き上げます。

高品質のプラスチックで構成されているため、耐久性と軽さの2点を両立している点もEVERYMILE バランスボードの特徴です。取っ手のおかげで持ち運びしやすく、アウトドアでのトレーニングでも活用できます。

滑り止め加工が施されているので、初めてバランスディスクを使い人にもおすすめです。

eSPORTS バランスディスク 2個セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約33cm×約9cm
重量 約1kg×2個
カラー ライムグリーン、グレー、マカロンピンク、マリンブルー

チューブとポンプが付いたお得なセット

eSPORTS バランスディスク 2個セットはバランスディスクとチューブ、エアーポンプがセットになった商品です。バランスディスクは1個でも効果的に身体を鍛えることができますが、2個あるとトレーニングの幅が広がります。

ゴルフのスイングを安定させる種目のように、左右の足の下に敷きたいときは2個セットの方が便利です。直径33cmなので持ち運びやすく、子どもでも扱いやすい点も特徴といえます。

付属のトレーニングチューブも組み合わせて、体幹をはじめとした多種多様なトレーニングに取り組んでみてください。

サイズ 直径30cm 厚み2~12cm
耐荷重 100㎏
重量 700g×2

空気の量で厚みを調節!トレーニングに変化をつけたい人におすすめ

本体重量が700gに抑えられたLa-VIE バランスディスクは、バランスディスクを携帯したい人におすすめです。2個セットの商品なので、プッシュアップのときに両手の下に置くといった使い方で体幹以外の筋肉も効果的に鍛えることができます。

また、空気の入れ方によって厚みが大きく変化する点もLa-VIE バランスディスクの魅力です。慣れていないトレーニングを行うときは空気の量を少なめに調節しましょう。

ある程度経験を積んだトレーニングの場合は空気を多くして高低差を設け、バランスを取りにくい環境で体幹を強化してみてください。

サイズ 幅33×奥行33×高さ6cm
重量 1kg
カラー ホワイト、パープル、ミントグリーン、ピンク、ブルー

姿勢改善に効果的!日常生活でも使えるクッションタイプ

姿勢の悪化に伴う腰痛や肩こりを改善したいときは、RGGD&RGGL バランスディスクをはじめとしたクッションタイプのバランスディスクが役立ちます。

椅子や床の上に置いて座ることで、自然と背筋を伸ばした姿勢を維持できる点が特徴です。

背筋を伸ばした姿勢は体幹に力が入るため、座っているだけでトレーニング効果を実感できます。椅子の背もたれと背中の間に挟んで緩衝材として用いるなど、トレーニング以外の場面でも活躍するバランスディスクです。

サイズ 33cm×約6cm
重量 約950g
カラー ブラック、ピンク、シルバー

手軽に空気を入れられる利便性と座り心地の良さに注目

GronG バランスディスクはメンテナンスのしやすさが多くのユーザーの支持を集めています。空気を入れるための穴がディスクの側面に備わっているため、床に置いたまま簡単に空気を入れることが可能です。

耐荷重が200㎏なので、平均より重量がある人でも気兼ねなく利用できるバランスディスクです。表面に突起が設けられていないことから、長時間腰を下ろしていても痛みを感じにくく、クッションとしても役立ちます。

空気の入れ具合によっては最大6cm前後まで膨らむので、好みの高さに調節しましょう。

サイズ 13.2×1.5cm
素材 Nylon+Fiber+EVA
カラー グリーン、ブルー

ターンを習得したい子供や競技初心者におすすめ

Payevxo バランスターンボードはバレエやフィギュアスケートといった回転動作を含む競技のパフォーマンス向上に寄与するバランスディスクです。

身体の軸を意識しながら回転する動作は、慣れないうちは上手く行うことができないケースも多々見受けられます。

Payevxo バランスターンボードは回転を補助する機能を備えていることから、バレエなどを始めたばかりの子供にもピッタリなアイテムです。直径が約13cmとなっているため、場所を選ばずトレーニングができる点も特徴といえます。

サイズ 40cm
素材 木製
カラー ピンク

高級感溢れる見た目と耐久力の高さが自慢

バランスディスクはプラスチックやゴムを素材にするのが一般的ですが、Sportneer バランスディスクは木材で作られています。

木製のSportneer バランスディスクは耐久力が高く、長期間使い続けたい人にピッタリです。

表面をデッキテープで加工することで、トレーニングの最中に滑ってしまうといったトラブルの予防に努めています。木の手触りが心地良く、高級感のある見た目も人気の理由です。体幹トレーニングだけでなく、スクワットやプッシュアップなどの種目でも利用してみてください。

まとめ

バランスディスクは不安定な環境で筋トレを行うことで、体幹などの筋肉に強い負荷をかけられるトレーニンググッズです。

バランス感覚を養成したいときにも重宝します。大きさや素材、形状などを比べながら、自分にピッタリなバランスディスクを探し出しましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定