あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
american football

これを見れば、アメフトのルールが分かる!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/13

更新日 :2019/04/13

みなさんアメフトのルールはご存知ですか?おそらくラグビーとごちゃごちゃになってたり、ゴツいプロテクターつけてタックルし合うスポーツぐらいの認識だったり。。。

そんな知っているようで知らないアメフトのルールを分かりやすく解説します。

アメフトの基本的なルールから、押さえておくことをオススメするルールまでを詳しくご紹介します!

アメフトはルールを知るだけで楽しさが何倍にもなるスポーツです。
これであなたも明日からアメフト通の仲間入りできますよ!

目次

スポンサードサーチ

アメフトとは

アメフトとは、簡単にいうと「陣取り合戦」です。

オフェンス(攻撃)側は、綿密に立てられた作戦に従い相手陣営に攻め込み得点を目指します。

逆にデフェンス(守備)側は必死に相手の侵入を阻止します。

楕円形のボールを用い、ヘルメットや防具を着用した選手たちが激しくボディコンタクトするのが特徴的なスポーツです。

アメリカでは非常に人気の高いスポーツで、世界最高峰のプロリーグであるアメリカのNFLは興行収入的にも世界最高峰のスポーツリーグです。

主なルールの6つのポイント

アメフトの主な6つの種類を解説します。

  • 基本ルール
  • 試合の流れ
  • 攻撃の種類
  • 得点
  • 反則

基本ルール

アメフトは15分×4Q(クオーター)で試合が行われ(日本では12分/1Qで行われることが多い)、攻撃(オフェンス)と守備(ディフェンス)に分かれてゲームが展開します。

1Q/2Qを前半、3Q/4Qを後半と呼び、前半と後半の間ではハーフタイムショーなどの催しが行われることもあります。

ゲームクロックは各Q15分のカウントダウン方式ですが、しばしばゲームクロックが止まるため、1試合あたり2時間半~3時間かかることもあります。

フィールドに出ている選手は各チーム11人ずつ出場可能です。登録できる選手数(ベンチも含めた選手数)は、アメリカのNFLでは53人、Xリーグ(日本の社会人リーグ)では65人、日本の学生リーグはこの上限はありません。

試合の流れ

アメフトのルールの特徴として、攻守交代がはっきりとしています。

そのため攻撃の専門チーム、守備の専門チーム、またキックの専門チームなど各部門の専門チームが存在し、攻守交代ごとにフィールドに出ている選手全員が交代して行われるのが普通です。

1回1回の攻撃を「ダウン」と呼び、ファーストダウン・セカンドダウン・サードダウン・フォースダウンと攻撃は進みます。

このフォースダウンまでの間を「シリーズ」と呼び、1つのシリーズの間に10ヤード(約9m)敵陣に進めないと攻守交代となります。

逆に10ヤード以上進むことができると、新たなシリーズ(攻撃権)が与えられます。

1回のダウンが終了することを「ボールデッド」と呼びます。

「得点が成立した場合」

「ボールを持った選手が倒された場合」

「ボールを持った選手が相手に止められ、それ以上前進不可と審判が判断した場合」

「ボール又はボールを持った選手がサイドラインから外へ出た場合」

「前方へのパスが成功しなかった場合」

「ボールが誰にも保持されないまま静止した場合」 上記の場合にボールデッドとなります。

基本的にはこれらの繰り返しで試合が進行していきます。

攻撃の種類

攻撃は、状況似合わせて2種類を使い分けています。

1.ランプレー

ランプレーとは、ボールを受けた攻撃側の選手(ランナーと呼ぶ)がボールを保持したまま走って前進を狙うプレーです。

通常ランナーは作戦で決められたコースを走るので、ランナー以外の攻撃側の選手は、守備側の選手を妨害したり、

他のプレーを行っているフリをすることでランナーの走路を確保します。

2.パスプレー

パスプレーとは、文字通りパスによって前進を狙うプレーです。

アメフトでは1回のダウンの中で1回のみ前方へ投げるパスが認められています。

このパスを攻撃側の選手がノーバウンドでキャッチした場合のみパスプレーが成立します。

キャッチできなかった場合は、攻撃側は全く前進することができません。

また、このパスは守備側の選手もキャッチすることができます。

この守備側の選手がパスをキャッチすることを「インターセプト」と呼びます。

インターセプトが発生した場合、その瞬間から攻守交代となり、

キャッチした守備側の選手がそのまま攻撃することが許されます。

得点

得点は主に以下の3種類があります。

1.フィールドゴール

エンドライン中央に高さ3mのクロスバーで連結された、ポール間の幅が5.6mのゴールポストが設置されています。

ボールを地面、またはキッキングティーと呼ばれる台に置いてキックし、ボールをの間かつクロスバーの上を通過させることで3点が追加されます。

2.タッチダウン

アメフトの花形とも言える得点です。1タッチダウン=6点で計上されます。

タッチダウンは、ランナー(ボールを保持している攻撃側の選手)が、敵陣のエンドゾーン(フィールドの端のラインであるエンドラインと、エンドラインから10ヤード内側にエンドラインと平行に引かれるゴールライン、フィールドのサイドラインに囲まれたエリア)に入る、もしくはエンドゾーン内で攻撃側がパスをキャッチした場合に成立します。

これはラグビーと異なり、ボールを地面に付ける必要はありません。

また、ゴールラインとその上空もエンドゾーンとして認められており、選手の体の位置ではなく、ボールの位置で判定されます。

3.トライ

タッチダウンに成功すると、敵陣のゴールライン手前3ヤードから1ダウンのみの攻撃権が与えられます。

これは「ポイント アフター タッチダウン」とも呼ばれ、テレビの中継などでは「PAT」と略記されることも多くあります。

キックによるフィールドゴールの場合は1点、タッチダウンの場合は2点(「ツーポイント コンバージョン」と呼ばれます。)が追加されます。

反則

アメフトにおける反則の種類は非常に多いので、ここでは概要を説明することとします。

アメフトはご存知のように激しい身体接触が伴うスポーツです。

基準としては、「相手を怪我させてしまうような行為」、「明らかに片方が有利になる行為」が反則として扱われます。

もちろん反則には、もれなくペナルティが課され、内容ごとに決まった距離(5ヤード・10ヤード・15ヤードの3種類)後退させられます。

この時に、反則位置がゴールラインに近く、後退させられる距離がゴールラインまでの距離の半分を超えてしまう場合、一部の反則を除きゴールラインまでの距離の半分までの後退に留めます。

これを「ハーフディスタンス」と呼びます。

また、あまりにも酷い(危険な・スポーツマンシップに反する)反則を犯した場合、該当の選手が退場となることもあります。

スポンサードサーチ

なんでルールが難しいの?

アメフトのルールの難しさは、いろいろな状況により選ぶ選択肢が多い事、さらに他のスポーツと違い、

攻撃専門や守備専門といったように選手の人数が非常に多く、交代も無制限に行われるので、全体的にごちゃごちゃして見えてしまう所です。

さらに、反則の種類が非常に多い上に、その反則が複数個同時に起こることもあります。

同時に複数の反則が起こった場合、審判であっても即座に結論を言えないことがあるほど複雑です。

また、身体接触が多いので何が反則なのかを判断することも初めは非常に難しく感じます。

展開される戦術は非常に緻密で複雑ですが、上記に解説してきたように基本的なルールは理解してしまえば簡単とは言えませんが単純です。

パスって何回できるの?

アメフトのパスは大きく分けて2種類です。

まず1つは、前方にボールを大きく投げるフォワードパスです。

1つのパスで長い距離の前進を狙うフォワードパスはアメフトの花形プレーの一つでもあります。

フォワードパスは、スクリメージライン(攻撃側と守備側のちょうど中間に引かれた架空の線)より後ろから、かつ1回のダウンにつき1回だけ許されています。

他にはラグビーのように、自身の横~後ろに投げるバックパスがあります。

このバックパスは1回の攻撃中に何回も行うことができます。

またフォワードパスと違い、スクリメージラインを超えていてもパスを行うことができます。

この2種類のパスを瞬時の判断で使い分け、1ヤードでも多くの前進を目ざします。

スポンサードサーチ

パントっていつするの?

パントとは、攻撃側のチームがフォースダウン時にシリーズを更新できる可能性が低い場合に行う、陣地回復用のキックです。

もし、フォースダウン時に相手エンドゾーンまでの距離が離れているにもかかわらず、無理やり攻撃を行い、その攻撃が失敗した場合、相手チームにとって有利な地点(自陣エンドゾーンに近い)からの攻撃スタートとなります。

パントは上記のような失点リスクを極力小さなものにするために行われます。

蹴り方にも決まりがあり、ボールを持った選手がボールを足元に向かって落とし、そのボールが地面にバウンドする前に蹴らなければなりません。

パントを行う場合、攻撃・守備側共にスペシャルチームと呼ばれるパント専門の選手たちがプレーします。

誰にでもタックルしていいの?

タックルとは、ボールを保持している選手(ボール キャリア)の体やジャージを掴み、前進を妨害・ストップする事を言います。

しばしばタックルと混同されますが、相手選手の体やジャージを掴まず、自分の体で相手の進路を妨害することはタックルではなく「ブロック」と呼ばれます。

タックルは非常に激しい接触が伴うプレーなので細かく規定が定められています。

タックルは原則として、ボールを保持している選手に対してのみ認められます。ボールを持っていない選手に対しての反則となるタックルは以下の場合です。

「パスの受け手(レシーバー)が、パスされたボールに触れる前にタックルをした場合」 「フォワードパスが誰の目にも明らかに短かったり長過ぎたりする時にレシーバーをタックルした場合」 「明らかにサイドラインから外にボール キャリアが出ているにもかかわらずタックルした場合」

スポンサードサーチ

まとめ

書ききれない部分もたくさんありますが、基本的なルールは分かっていただけましたでしょうか?

日本では「ルールが複雑でよく分からない」という方が多いですが、この記事の内容を読んでいただいた上で試合を見てもらえれば、アメフト観戦が少し楽しくなるはずです。

そして、鋭いフォワードパスや、素早いタックル、豪快なタッチダウンを見ると興奮が止まらなくなるはずです。 是非、この記事をきっかけにアメフトのルールを理解して、周りのスポーツ好きの友人に一歩差をつけてみて下さい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike