あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

【初心者向け】サッカースパイクを学ぼう!選び方や手入れ方法おすすめメーカーまで

スポシル編集部

公開日 :2018/01/06

更新日 :2019/10/18

海外に移籍する選手が増えるなどどんどん人気が増しているサッカー。サッカーを本格的に始める際にボールも必要ですが、サッカースパイクも同じように必要になってきますね。

そんなこれから始める初心者の方のためにスパイクについて詳しく解説していきます。
ぜひお子さんがサッカー始めるという保護者の方などにも参考にしていただきたいです。

手入れの方法や選び方、おすすめサッカースパイクまで紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

スパイクの選び方紹介

サッカーを始めようとする人がまず始めに悩むことがスパイク選びでしょう。

小学生の子どもがサッカークラブに入ったけれどスパイクの選び方がわからない人も多いはずです。
中学生や高校生は成長期でサイズが変わりやすいうえに使用頻度も高いでしょうから、スパイクの寿命も短く、頻繁に買い直す必要も出てきます。

かっこいいデザインのサッカースパイクはたくさんありますが、グランドタイプやポジション、ジュニア用か大人用かなどで選び方も随分と変わってきます。

安易に見た目だけでスパイクを選ぶと間違って技術を習得してしまったり、ケガに繋がってしまうこともあるでしょう。

この記事では、サッカーをしたことがない初心者にも分かり易いサッカースパイクの選び方を詳しく解説していきます。
また、人気メーカーのサッカースパイクも紹介するので参考にしてみて下さい。

サイズ、つま先はどれくらい空いていれば良い?

スパイクに限らず、シューズ選びで大切なのがサイズです。
サッカースパイクの場合、かかとにしっかりとシューズを合わせた状態で履いた時につま先に余裕がが0.5㎝ほどあるのが理想とされています。

具体的には、「足の指が5本とも動かせること」「履いているときに親指を押すと中敷きにつくかつかないかの大きさ」を目安にすると良いでしょう。

天然皮革、特にカンガルー革のスパイクは履いているうちに革が伸びるので、馴染むことを前提につま先がぴったりになるような靴を選ぶ人もいます。

しかし、小学生や中学生、高校生といった成長期のジュニア世代には技術の向上だけでなく、足の発達やケガ防止のためにも正しいサイズのスパイクを履くことが重要になります。

成長することも考えながら選びましょう。

メーカーによって違う?

同じサイズ表記でも、メーカーによってスパイクのサイズ感は微妙に違ってきます。

例えば、ナイキやアディダスなどの海外メーカーのサッカースパイクはサイズはちょうどでも足幅がやや狭いものが多いです。

一方、ミズノやアシックスなどの日本メーカーのスパイクは足幅が細めの物から幅広のものまで展開しています。

一般的に足幅が広めと言われている日本人は、海外メーカーよりも日本メーカーの方がぴったり合うモデルが見つかりやすいかもしれません。
しっかり見極めて、好みのメーカーを見つける事が出来ると今後スパイクを変える際も選び安くなります。

皮の素材が重要

スパイクに用いられている素材でも靴の性質は大きく変わってきます。

素材は大きく人工皮革天然皮革に分けられます。

一昔前は人工皮革よりも天然皮革の方が品質が良いと言われていましたが、合成繊維の技術が発達した現在では一概には言えません。
それぞれの特徴を理解したうえで自分のプレーや足に合った素材のスパイクを選ぶ事が大切でしょう。

人工皮革のスパイク


出典:amazon.co.jp

人工皮革のメリットは製品ごとの性能が均質なことです。
つまり、何度買い直しても同じ靴なら同じ癖や特徴を持っています。

また、軽くて耐久性に優れており、防水性も高いこともメリットでしょう。
雨の日などにも強いので、雨の日用に購入される方も多くいます。

そして何と言っても天然皮革に比べて安価です。

ただし、人工皮革は伸びない繊維の物が多いので最初にしっかりとフィットするスパイクを選ぶ事が大切になってきます。
最近では細い合成繊維を採用して性能が上がっているスパイクもあるようです。

天然皮革のスパイク


出典:amazon.co.jp

天然皮革のスパイクは主に牛革カンガルー革のものがあります。

薄くて軽いのに良く伸びて足にフィットする点から、サッカースパイクでは特にカンガルー革が主流です。
天然皮革のスパイクは高価なことがデメリットです。

牛革製だと生産量も多いので比較的安価で耐久性にも優れますが、足への馴染みはやはりカンガルー革の方が優れており、重宝されます。

また、水濡れにも弱く、手入れをしっかりしていないと乾燥して硬くなってしまうことも弱点の一つでしょう。

シューズの皮に関しては好みが別れるところなので、実際に履いて自分でプレーして確かめるのが一番の方法になる事は間違いないでしょう。

スポンサードサーチ

グランドのタイプに合わせる

グランドのタイプによってもサッカースパイクを変える必要があります。
サッカーのグランドタイプは大きく土(HG)天然芝(FG)人工芝(AG)の3つに分けられます。

どのグランドタイプ向けかでスパイク裏のスタッドの本数や硬さ・素材が異なってくるので、グランドに合ったスパイクを選んで履くようにしましょう。

HG(土)用スパイク

出典:amazon.co.jp

HGはハードグラウンド、つまり土や硬い地面を差し、日本では最も多くみられるグランドタイプです。
従ってHG用スパイクは日本で最も使われているスパイクと言えるでしょう。

HG用スパイクの特徴は、地面との接地面積が大きくなるように低い固定式スタッドが多数ついていることです。

これによって硬い地面からくる足への負担を分散するとともに、地面をしっかりとグリップできるようになっています。

HG用スパイクは基本的にグランドタイプを選ばず、どのピッチでも履くことが出来ますが、地面が柔らかくなるほど滑りやすくはなります。
ただ、人工芝でやる場合にも履けるので万能タイプとして好まれています

FG(天然芝)スパイク

出典:amazon.co.jp

FGスパイクはファームグラウンド、天然芝向けのスパイクです。

FGスパイクの特徴は、本数は少ないものの細くて長いスタッドが付いており、地面にしっかりと突き刺さるような構造になっており、長くて滑りやすい芝に対応しています。

海外ではこちらのスパイクが主流ですが、日本では天然芝のグランドは少ないので店頭での取り扱いはモデルが限られるかもしれません。
ネットで探せば日本の店舗では手に入らないモデルのFGスパイクも手に入るでしょう

AG(人工芝)用スパイク

出典:amazon.co.jp

AGはアーティフィシャルグランドの略で、人工芝向けのスパイクです。

人工芝は天然芝に比べて地面が硬めなので地面に突き刺さりやすいようスタッドは固定式のものが多めについています。

一方で、人工芝はひっかかりが強く足のケガに繋がりやすいため、スタッドはすぐに抜けるような丸ポイントになっているスパイクが多いです。

AG用スパイクは人工芝だけでなく天然芝のピッチでも使用することが出来ますが、土のピッチには適しません。

サッカースパイクの手入れ方法

1,「柔らかいブラシ」「金属のブラシ」「乾いた布」「柔らかい布」「シューズクリーナ」を準備します。

2,アッパーは柔らかいブラシで、ソールは金属のブラシで砂や泥をこすって落とします。

3,乾いた布にシューズクリーナを付けて、スパイクにムラ無く塗り、吹きながら汚れを落とします。

4,柔らかい布でサッカースパイクに付いているシューズクリーナを良く吹き取り、日陰で乾燥させます。

サッカースパイクについた汚れや泥は競技後すぐにできるだけ落としてきれいな状態にしておくことが大切です。
またサッカースパイク内は湿気がたまりやすく、放置するとカビがついてしまいます。
なので靴ひもは緩め、通気性も良くしましょう。

スポンサードサーチ

人気メーカー別 サッカースパイクの特徴

同じグランドタイプのサッカースパイクでも各メーカーごとに特徴が違い、ひとくくりにはできません。
また、同じサイズでもサイズ感や使用感が異なってきます。

もっと言えば、同じメーカーでもどのようなパフォーマンスを重視するかで適したスパイクモデルは異なってくるのです。
ここからは、人気のサッカースパイクメーカー別にその特徴を見ていくことにしましょう。

ナイキ

ナイキは言わずと知れた世界No.1スポーツメーカーで、サッカースパイクでは歴史は浅めなものの、人気は1位を誇っています。
人気の秘密はデザイン性に加えて確かな技術力でしょう。

ACCテクノロジーと呼ばれる機能で天候によらず高いグリップ力を保持します。
スピードに特化したモデル「マーキュリアル」は人気の高いモデルです。

ナイキのサッカースパイクは足幅が狭め~標準に設定されて作られているので、足幅が広い人には合わないかもしれません。
FG用だと更に細身のものが多くなるので初めて履くとなると注意が必要です。

有名選手ではクリスティアーノロナウドネイマールなどがナイキのスパイクを履いています。

ナイキ マーキュリアル

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

アディダス

アディダスは世界的サッカースパイクの老舗の一つです。
アディダスのサッカースパイクは足幅としては細くもなく広くもなく標準サイズですが、実際の足のサイズに比べると表記よりも縦にやや大きいと感じる人もいるでしょう。

発売されているサッカースパイクは多種多様なので、初心者だと選ぶのに苦労するかもしれません。

しかし、プレースタイルやポジション、自分の武器などを考慮してスパイクを選べるというメリットがあります。

人気シリーズである「プレデター」はボールコントロールを追及したモデルで、一度生産終了した後最新技術を搭載して復刻しました。

有名選手では、メッシが履いています。

サッカースパイク プレデター

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

ミズノ

アシックスとともに日本を代表するスポーツメーカーがミズノです。
岡崎慎司選手や吉田麻也選手など多くの日本代表選手もミズノのスパイクを使用しています。

ミズノのサッカースパイクは日本人に合った幅広サイズを展開しています。

スパイクの種類も豊富で、パフォーマンス別に特化したモレリアイグニタスバサラの3モデルと、部活動向けに展開しているモナルシーダモデルの計4種があります。

モナルシーダはジュニアモデルもあるので、小学生のクラブサッカーや中高生の部活でも探しやすいでしょう。

アシックス

日本を代表するスポーツシューズメーカーのアシックスのサッカースパイクは、確かな技術力からくる品質の良さと履きやすさが特徴です。
足幅の広さも日本人の標準を基準として狭め~広めまでワイドに展開しており、初心者でも自分の足に合う一足が見つかるでしょう。

アシックスの代表的なサッカースパイクといえばDSライトシリーズです。

足幅が3タイプから選べるだけでなく、日本人に合うように設計されたヒール部分の形状でしっかりとホールドしてくれ、抜群の履きやすさを感じられます。

比較的安価で、モデルによってはカラフルなものもあるので機能性・耐久性とカッコよさも兼ね備えたコストパフォーマンスの高いシリーズです。

プーマ

プーマはアディダスの兄弟ブランドで、高いファッション性が特徴です。
また、スパイクが軽量化されており、スピード重視のプレーヤーに向いているでしょう。

オシャレなデザインのスパイクが多く価格を安く抑えている反面、耐久性にはやや難ありというデメリットもあります。
足幅としては標準~広めなものが多いので、日本人には履きやすい人が多いと言えるでしょう。

実際、日本人向けのサッカースパイクモデル「パラメヒコライト」というモデルも展開しています。

サッカースパイク売れ筋ランキングもチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

今回は初心者向けにサッカースパイクの「選び方」「メーカー」「手入れの方法」を解説しました。いかがでしたでしょうか?

【初心者向け】サッカースパイクの選び方とおすすめメーカーを参考に自分の気に入ったサッカースパイクを選んで見てください。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定