あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

テニスの「フォルト」と「アウト」って何が違うの?!「フォルト」について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/17

更新日 :2019/04/17

テニスではサーブを打つ際、絶対に避けなければいけない罰則があります。

それが「ダブルフォルト」なのです。ダブルフォルトを犯してしまうと、状況にもよりますが、相手に簡単に流れを持っていかれてしまうことにつながり、ダブルフォルトが多い選手は試合にも負けてしまうことが多々あるのです。ダブルフォルトは「ダブル」からもわかるように、二回目のサーブに関係する語句です。

ぜひ回避するためにもそのルールを学んでおきましょう!

目次

スポンサードサーチ

テニスのフォルトとは?!


フォルトとは、テニスで言うと一回目のサーブを失敗することを意味します。テニスではサーブを入れる際、打つ場所から相手の対角の四角枠の中にボールを落とす位置が決まっています。

サーブは2回までのチャンスがあり、一回目のサーブを失敗した場合は「フォルト」と言って2回目のサーブを行います。

後ほど説明しますが、サーブを2回失敗してしまうと相手の得点になってしまうので、通常二回目のサーブはなるべく枠の外に外れないように少し弱めに打つ選手が多い傾向があります。

テニスのフォルトの語源は?!


それでは、「フォルト」は一体どこから生まれた言葉なのでしょうか?

まず、フォルトを英語にすると「Fault」となり、これは日本語に訳すと「欠陥・欠点」という意味になります。

つまりこれはミスという意味でも表現でき、定かではありませんが、サービスの「ミス」→フォルトと転じた可能性があるようです。Faultという語句を英語の辞書で引いてみても、「欠点・欠陥」に付随する別の意味として「(サーブの)フォルト」という意味がはっきりと掲載されています。

スポンサードサーチ

テニスのダブルフォルトとは?!


「ダブルフォルト」とは、一回目のサーブでフォルトを犯してから、二回目のサーブもフォルトを犯してしまう二回連続の失敗のことを言います。

先ほども説明しましたが、一回目のサーブの失敗は二回目でやり直すことができますが、続けて二回目のサーブを失敗してしまうと、相手に1ポイント加算されてしまうため、試合の流れを相手に渡してしまうリスクも大きいのです。

例えば相手がセットポイントやマッチポイントを握った場合にダブルフォルトをしてしまえば、その時点でそのセットを失うか試合が終了してしまう可能性もあるということです。

フォルトとアウトって何が違うの?


フォルトに似たような意味で「ミス」のような意味を持つ「アウト」と言う言葉がテニスには存在します。どう区別すればいいのかわからないという方もいるかもしれませんが、この2つの語句については使うシーンが違うのでぜひ覚えて人に説明できるようにしておきましょう!

フォルト・・・基本的にサーブの失敗に使われる言葉。それ以外のショットでは使われない。

アウト・・・基本的にサーブ以外のショットでコートの規定外の位置に打ってしまうこと。サーブでの失敗では使われない。

わかりましたか?このように使用できる場面が違うので、すべてのミスを「アウト」または「フォルト」と言ってしまわないように気をつけましょう。

スポンサードサーチ

これであなたも、ダブルフォルトをふせげる!大切なポイントを4つご紹介!


ここまで説明したように、テニスの試合では相手に主導権を握られないよう、ダブルフォルトは必ず防がなければいけません。

そこで以下の動画では試合中にダブルフォルトを防ぐための極意を紹介しています。ぜひ覚えておきましょう!

ダブルフォルトを防ぐ主な4つポイントを解説します。


  • グリップを浅く握ろう!

  • 横向きで打とう!

  • 上に向かってスイングしよう!

  • 手首の角度を固定しよう!

グリップを浅く握ろう


まずはラケットの握り方ですが、その時から一つだけ注意しなければならない点があります。

意識しなければならないのは、ラケットを握るときのグリップの深さです。

コンチネンタルグリップ、包丁握りなど色々な名前はありますが、とにかくなるべく浅く握るように心がけることが大切です。普段から厚めに握ることを心がけている方は、ダブルフォルトを防ぐうえではあまり効果がありません。

試合中によくダブルフォルトを犯してしまうと悩んでいる方は早めに薄めのグリップに慣れておきましょう!このグリップを浅く握る行為こそ今回のダブルフォルト防止の全4ステップの一番最初に行う動作になります。

もちろんこのラケットの握り方もボールの回転量と関係が深いのです。

横向きで打とう!


ラケットを薄めに握ったら、今度はいよいよ構える動作に入っていきます。

この時、打つ際の体の向きを横にしておきましょう。インパクト(ボールを打つ瞬間)の際に体が前を向いてしまっては理想的な方向にサーブを打つことは難しくなります。

どうしても体が前を向いてしまうという人は、サーブのポジションに位置を取った時に横を向いておくと準備できるでしょう。また最初は上記の動画のようにジャンプなどの動きを入れずに手打ちの状態から練習し、同時に前を向いてしまっていないか確認してから試合本番のようにサーブを打つという順番でもいいかもしれませんね。

体を横向きにすることだけでもサーブのブレを防げるため、サーブの失敗率自体も減る可能性が見込めるでしょう。

上に向かってスイングしよう!


グリップの握り、体の向きを意識したら今度はラケットのスイングも意識してみましょう。

ラケットのスイングの場合は体の向きのように横に振ることは禁物で、なるべく上に打つようにするのがポイントです。

グリップと体の向きは正しいのにも関わらず、ダブルフォルトをしてしまうと悩んでいる方は、もしかするとスイングがぶれている可能性もありますね。上記の動画でも上向きにラケットを振っていることがわかります。

ここまでの動作については自分一人でやっていてもできているかどうかなかなか判断が難しいところでもあるので、心配な方は動画に収めて後で一連の動作を修正してみることをおすすめします。グリップの握りや体の向きに関しては家でも簡単にやれるので試してみましょう。

手首の角度を固定しよう! 


最後に大事なのは「手首」の動きです。テニスは基本的にどの動作においても手首を頻繁に使いますが、ダブルフォルト防止に関しても手首の動作は非常に重要です。

ラケットを振る際は、手首の角度を一定に固定しましょう。いろいろな角度にグニャグニャと曲がっていてはやはりいいサーブを打つことは不可能です。

普段からサーブの練習中にどのくらいの手首の角度で打とうとしているか感覚を覚えておくといいでしょう。

これらの4つの動作が一つとなってダブルフォルトを防ぐ極意は完成します。ダブルフォルトを犯さないために大事なのはスピンサーブで落ちていく球を打って枠内に落とすことで、そのために上記の4つの動作が必要になるのです。動画でより理解を深めておきましょう!

まとめ


いかがでしたか?テニスの中で最も危険とも言えるダブルフォルトは技術も大事ですが、サーブを二回連続で失敗しないためのメンタルも必要になるでしょう。

サーブの練習の際にはダブルフォルトを防ぐことも意識しながら練習していくといいかもしれませんね!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定