あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

バイブのメリットデメリット、使い方を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/12/08

更新日 :2020/12/08

この記事では、バスや青物を釣るのに最適なバイブレーションルアーの使い方などを解説していきます。
現在では、シーバスを釣るのに最適なアイテムとしてバイブレーションルアーを使用する人が増えています。
さらに、手に入りやすい価格帯と複雑なテクニックを必要としないことから、釣り初心者にもおすすめできるルアーとも言えるでしょう。
使用におけるメリット・デメリットも含めた特徴もつかんでおくことで、バス釣りをより楽しめるようになります。

目次

スポンサードサーチ

バイブ とは

バイブとは、バイブレーションルアーと呼ばれる仕掛けの1種で、ルアーのボディが小刻みに振動する仕掛けになっているルアーです。

リーリング時の水の抵抗がルアーにバイブアクションを付けるため、ターゲットに食いつかせるアピールに申し分ないです。

一般的なルアーと比べた時の特徴としては、自重が重いことで幅広いレンジで誘発できたり、遠方へのロングキャストに長けていたりします。

けれども、ただ振動するだけでなく、ラトル内蔵で音と合わせてアピールできるバイブもあり種類も様々です。

また自重については使用素材にも関係があり、軽量素材のプラスティックや、金属を使用し高比重のメタルジグもあります。

釣り場や攻めたいレンジなどに対応させて使用可能です。

バイブレーションを使用するメリットとは

従来のルアーやミノーと比べても、仕様に不慣れな人や初心者にバイブレーションルアーの評判は良いです。

特別な釣りスキルを必要としないため、ルアーを使用する上での煩わしさがないことも大きなポイントです。

ただ、タックル構成を活かしたルアーの使い方を試すことで、キャストによる飛距離の出やすさや、視認性に優れたアピール力にも長けています。

これから紹介する4つのメリットを押さえることで、釣果につながる楽しい釣りを展開できるでしょう。

アピール力が非常に高い

バイブレーションルアーなので、リーリングだけでルアーが振動することによる、ターゲットへのアピール力が高いです。

後述しますが、タダ巻きするだけでもルアーアクションを引き出し、シーバスなどの視認性に優れるターゲットを誘発できます。

バイブによるアピール力は狭い範囲だけでなく、離れた場所でも発揮するので、ルアーへのリアクションが良い食いつきを見せます。

自重が重いバイブであれば、中層から底層にかけてもアピールを仕掛けてくれる優れ物です。

理想の釣果につながらない場合は、バイブレーションルアーのアピール力を試してみるのも良いでしょう。

飛距離が出る

バイブレーションルアーは一般的なルアーと違って自重が重いことから、キャストによる飛距離を稼ぎやすいです。

その理由はバイブレーションルアーの形状だけでなく内蔵された錘に加えて、風の抵抗を受けにくいよう先端がシャープになっています。

そのため、ロングキャストにおいては、天候状況にあまり影響を受けずに目標の距離感を出せる機能を秘めています。

タックル構成にも左右されますが、ロングロッドで28gのバイブレーションルアーをキャストした場合、飛距離が100mにも及ぶこともあるほどです。

広いフィールドでの釣りを楽しむ際に携えておくだけで重宝するでしょう。

使いやすい

バス釣りなどで使用するルアーやミノーは、釣り初心者では使い慣れないことやアクションスキルが分からないことが多いです。

そこで、バイブレーションルアーを使用することで、タダ巻きによるリーリングだけで十分誘発できる使いやすさから好まれています。

タックル構成時に面倒な準備を必要とせず、ターゲットに対する視認性やバイブレーションルアーの種類を使い分けるだけです。

そのため、初心者やルアーの扱いに不慣れな人には使いやすいアイテムの1つとなります。

また消極的なシーバスにも特別スキルを必要としない優れたアイテムになります。

スポンサードサーチ

バイブレーションを使用するデメリットとは

前記でバイブレーションルアーの魅力でもあるメリットを紹介しましたが、一方で使用する上でのデメリットもあります。

釣り初心者等に好んで選ばれやすいことは、多くの釣り人に愛用される機会が多いことにもなります。

そのため、一定のスポットで多用したり、多くの釣り人が集まる釣り場で使用したりすると、釣果につながりにくい恐れが想定できます。

以下で説明する3つのデメリットを踏まえた上で、ストレスレスの釣りを楽しめるようにしましょう。

スレやすい

バイブレーションルアーが使いやすく釣果につながりやすいアイテムでも、釣り場を変えずに使い続けていてはスレやすくなります。

多くの釣り人が集まる釣り場や、足しげく通うような同じ釣り場などで繰り返しの使用は、ターゲットの警戒心を煽る原因になります。

特に、シーバスなどが初めはリアクション良く食いついても、徐々にルアーに対して消極的になり釣果が望めません。

その場合は、他のルアーやミノーに交換しても反応が鈍くなってしまいスレやすいです。

港湾や河川といった比較的狭いフィールドでは、バイブレーションルアーの乱発を控えることをおすすめします。

外れやすい

バイブレーションルアーを使ってシーバスなどと格闘することが多いですが、掛かった際に簡単に外れやすい性質があります。

元々バイブが小型で自重が重いため、折角の当たりがあっても左右に振られることで外されてしまいます。

ターゲットがしっかりルアーに食いついていれば問題ありませんが、浅い食いつきや消極的な状態での食いつきは外れることが多いです。

前記のスレやすいことにも共通しますが、ルアーに見慣れてくることで警戒心が高まるので、中途半端な食いつきにつながります。

スレやすさと同様に、場所替えなどを行いつつ、シーバスの特性にも注意しましょう。

浅瀬での使用に不向き

バイブレーションルアーは回遊しているレンジを幅広く狙えるメリットがありますが、一方で浅瀬での使用をおすすめしません。

ルアーの自重が重い分、底層を攻略しやすいですが、根掛かりなどを起こしてトラブルの原因になります。

特に、視認性が悪くなるナイトゲームでは、シーバスとの駆け引きで誘発させたくても攻略に手間取ります。

また、トラブルが重なると、手返し良く攻略できないことも、ストレスの原因にもなりかねません。

一定のレンジをただ巻きする場合は、ルアー選びや釣りスキル以上に釣り場所を選ぶこともポイントになることを注意しておきましょう。

バイブレーション3つの種類

バイブレーションルアーは用途に応じて3タイプのモデルがあります。

自重で底層へと沈めていくシンキングタイプ、表層で浮かぶフローティングタイプ、2タイプの中間モデルであるサスペンドタイプです。

釣り場で攻めたいレンジに合わせて使い分けることは、釣果に結びつける方法の1つにもなります。

ただし、使用上のポイントだけでなく、使用におすすめできない注意点もあるので、トラブル回避につながる使い方を習得しましょう。

シンキングタイプ

フローティングタイプは、前記のシンキングタイプとは真逆で手をかけないだけで、勝手に表層へ浮かんでくる特徴があります。

シンキングタイプの問題点である底層での根掛かりを回避する際に利用しやすいです。

ただ、表層で浮かんでいるだけでなく、ロッドアクションなどから徐々に表層へ浮かぶスロータイプも含まれると考えて良いでしょう。

視認性に優れる表層付近でシーバスを誘発させたい時に、ただ巻きさせるだけで良く手間もかかりません。

フローティングタイプ

フローティングタイプは、前記のシンキングタイプとは真逆で手をかけないだけで、勝手に表層へ浮かんでくる特徴があります。

シンキングタイプの問題点である底層での根掛かりを回避する際に利用しやすいです。

ただ、表層で浮かんでいるだけでなく、ロッドアクションなどから徐々に表層へ浮かぶスロータイプも含まれると考えて良いでしょう。

視認性に優れる表層付近でシーバスを誘発させたい時に、ただ巻きさせるだけで良く手間もかかりません。

サスペンドタイプ

サスペンドタイプは、一定のレンジでリールアクションを止めた時にルアーが浮沈しない特徴を備えています。

そのため、沈んでいくシンキングタイプと、浮かんでいくフローティングタイプの中間の浮力です。

ルアーの動きに変化を付けたい時に有効で、ストップ&ゴーといったメリハリをつけたアクションで、食いつき意識を高めさせます。

ただし、天候条件や釣り場の環境に左右されやすいため、理想的なアクションを求めることが難しい場面もあることも想定しておきましょう。

スポンサードサーチ

バイブレーションの基本アクション

従来のルアーやミノーと違って、高度なテクニックを必要としないことが、バイブレーションルアーの強みです。

本来ならロッド操作によるシャクリや、リールを巻き取る強弱を常に意識して食いつきの工夫を加えないといけません。

けれども、バイブレーションルアーであれば、初心者でも操作しやすい、ただ巻き・リフト&フォールの簡単操作に限られてきます。

以下で紹介する2種類の基本アクションは、知っておくだけで簡単に釣りを楽しめる価値ありです。

ただ巻き

ただ巻きは、言葉のままでルアーが着水してからリールで巻き取っていくだけの簡単な基本アクションです。

シーバスなどターゲットがいるレンジを幅広く攻める際も、底層を這わせたり中層を漂わせたりなど、攻めるレンジを問いません。

一定の巻き取りペースによるリーリングだけで良いので、釣り初心者でも特別なスキルが必要ありません。

また、変化を加えるのであれば、ペースを上げた高速ただ巻きでスピードとルアーアクションに変化を付けてみましょう。

リフト&フォール

シーバスなどを前記のただ巻きで釣果に結びつかない場合は、リフト&フォールで攻め方に変化を付けてみましょう。

ルアー着水後、底層まで沈めたらロッドをしゃくってルアーをリフトさせ、下ろしてフォールさせる動作を反復させます。

ロッドの上げ下げだけで、ただ巻きとは違ったルアーアクションで誘発させていきます。

応用させた方法には底層でのボトムバンピングがありますが、根掛かりなどのトラブルに注意するようにしましょう。

動画で紹介!バイブ を使用したつり方!

バイブレーションルアーを、初心者でも簡単に使える方法を知っておくことで、シーバス釣りを有利な展開に持ち込めます。

基本的なシーバス攻略方法は、2500番台のリールで、バイブレーションルアーのただ巻きで十分対応できることがほとんどです。

狙いたいレンジを探るためのポイントを知りたい場合は、ルアー着水後からラインテンションの変化が表れるまでの時間を計っておくと良いでしょう。

もし、各レンジでアクションを仕掛けても反応がないのであれば、ルアー交換を行って様子を見るようにしましょう。

また、寒い時期はただ巻き以外にも、リフト&フォールを試すのもおすすめで、ロッドの上下運動を反復させてみます。

特に、底層に潜む消極的なバスに有効な手段でもあります。

まとめ

釣りを楽しむためには、必要な道具を揃えるだけでなく、高度な釣りテクニックを身に付けないといけない訳ではありません。

初心者からでも簡単に楽しめるアイテムの1つが、バイブレーションルアーです。

安価・使いやすい・アクションに富むなど、ルアーを使い慣れていない人にとっても嬉しい要素が盛りだくさんで快適な釣りをサポートします。

実際に釣り場に臨んでみないとターゲットが潜むレンジが分からない場合でも、シンキング・フローティングなどのタイプを使い分けるだけで構いません。

シーバスや青物などをターゲットに、まずはただ巻きによるリーリングを試してみましょう。

反応が鈍いターゲットにも効果を体感できるので、主導権を握った戦いを展開してみてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定