あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

ゼロダンの作り方とおすすめアイテムを大公開!

スポシル編集部

公開日 :2020/10/07

更新日 :2020/10/07

カバー撃ちに強いとされるゼロダン(別名:ジカリグ)について徹底解説していきます。

ゼロダンを自作する場合の作り方や、おすすめのアイテムの紹介、ゼロダンのメリットやデメリットについても詳しく解説していきます。

そもそもゼロダンとは何か、という初心者アングラー向けの情報から、ゼロダンについて詳しく知りたい中級~上級アングラーのための特徴・メリットなどをまとめました。

ゼロダンについて知りたいという方は是非参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

ゼロダンとは

ゼロダンとは、ジカリグのことで、漢字で「直リグ」と書くことから、フックにシンカーを直接つけるリグのことを指します。

ゼロダンという言葉は、リーダーがないこと、つまり「ゼロ」の「ダウンショット」を略してゼロダンと呼び、リーダーレスダウンショットと呼ばれることもあります。

また、カバーのポケットなどに入れる直リグは「パンチショットリグ」という呼び方になることもあります。

カバー撃ちにも強く、最近では定番のリグとして定着しています。

ゼロダンの作り方を動画で解説!

ゼロダン(ジカリグ)はそれぞれのパーツとしては低価格にも関わらず、直リグの既製品となると高価であるのが一般的です。

手間はかかりますが自作をすれば、低コストで作ることができます。

そんなゼロダン(ジカリグ)の作り方を解説している動画がこちらです。

直リグを作るために必要なパーツ・道具などの紹介や、直リグ向きのパーツを選ぶためのポイントもわかりやすく解説しています。

作り方の解説では、フックの向きについての注意点や、スプリットリングにパーツを取りつける際のコツなども動画で簡単に確認できるため、初めて直リグづくりに挑戦するという初心者の方も、比較的ミスが少なく作りやすいかと思いますので、是非参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

ゼロダンのおすすめアイテム

ゼロダンは、ワーム、フック、リング、シンカーのこれら4つのアイテム構成で作るのがオーソドックスな作り方とされています。

ここでは、中でも重要なパーツとなる3つのパーツを紹介していきます。


  • ワーム

  • シンカー

  • フック

ワーム

ゼロダン(ジカリグ)で使用するワームには様々な種類のものがあります。

カーリーテールワームは、ゼロダンでのカバー撃ちにも強いといわれているワームです。

細長いテールが特徴で、しなやかに動くテールでアピール力に長けたワームとなっています。

また、ストレート系ワームは水の動きの自由度も高く、アマチュアからプロまで幅広く使われる「ネコリグ」でも成果が出しやすいワームです。

甲殻類の形をしたクロー系のワームは、ザリガニや海老が主食の魚に強いワームとなっています。

他にも、虫のような形をしたバグ系ワームは、他のワームと比べ特徴的な形をしていることから、水に対するアクションも異なり、違ったアクションを楽しめるのが特徴です。

シンカー

ゼロダン(ジカリグ)のシンカーは、フックに直接ついているのが特徴です。

ジカリグの場合、ワームから下へシンカーがついていることによって、直接その変化を感じとれるというのもメリットのひとつです。

その反面、一体化したシンカーの重さの違和感を感じ、フッキングを妨げてしまうといったデメリットもあるので注意が必要です。

ジカリグのシンカーの選び方としては、ジカリグ専用のシンカーも市販されており、専用既製品からえさ釣りのオモリまで幅広く選択が可能です。

中でも「棒型シンカー」は、抜けもよく、岩やサンゴなどの障害物にも引っ掛かりが少ないため人気も高く、初めてジカリグ(ゼロダン)をつくる際にもおすすめのシンカーとなっています。

フック

ゼロダン(ジカリグ)に使用するフックについて解説していきます。

障害物などに引っかからないための根掛りを防ぐ性能の高さを重視してオフセット形状のフックが好ましいです。

ルアーのボディにあるリング(アイ)がスプリットリングにつけられる、標準のものであれば問題ありません。
そのため、すでに所持しているフックから試してみるのも良いかもしれません。

ゼロダン(ジカリグ)は、 ルアーフィッシングにおいて、ロッドの先端の小さな振幅で動かすようなフリッピングには向かないとされていますが、フッキングする場合を想定してストレートフックを選ぶのもおすすめです。

また、小さなフックを使用したい場合には、バランスを考慮して、全体を弱めに、細いリングを選ぶとよいです。

逆に大きなフックを使用したい場合には、強度を重視して選ぶと良いでしょう。

ゼロダンのメリットとデメリット

ここまで「ゼロダン」の作り方や、おすすめアイテムを紹介してきましたが、どんな仕掛けでもメリットやデメリットは存在します。

事前にゼロダンのメリット・デメリットについて知っておくことによって、ゼロダンを上手く活用して充実した釣りを楽しみましょう。

ゼロダンのメリットとデメリットを解説します。


  • メリット

  • デメリット

メリット

ゼロダンを使用する上でのメリットといえば、なんといってもカバーに強いという点です。

「カバー撃ちならゼロダン(ジカリグ)」と言ってもいいほど定番のリグとして定着してきたほどです。

またシンカーがフックの真下についているため、カバー貫通がしやすいだけでなく、ほぼ垂直にフォールすることも可能です。

それにより、魚の棲み処となりやすい杭や岩陰などの障害物のある場所へのアプローチにも鋭く攻めることができるのも、ゼロダンのメリットといえます。

また、シンカーが常時コンタクトしやすいボトムまわり(海や川などの底)の使用にも有効です。

多種多様なリグのなかでも特にゼロダンは感度に優れており、ボトムの変化を感じ取りやすいのもメリットです。

デメリット

ゼロダンのデメリットは、市販の既製品のゼロダン(ジカリグ)の場合、他のリグと比べて少々コストがかかる点です。

かといって自作をする場合には手間や時間がかかるというデメリットがあります。

時間や手間がかかるというものの、一度慣れてしまえばゼロダンの自作は特に難しいという訳でもありません。

そのため、多少のコストがかかっても問題ないという場合を除き、既製品よりも自家製のゼロダンの使用をおすすめします。

また、シンカーと一体となったゼロダンは、フッキングには強くないというデメリットもあります。

ジカリグがゆえに、シンカーの重みを違和感に感じてバラシになってしまった、という例が多いのもゼロダンのデメリットと言えます。

スポンサードサーチ

人気おすすめの商品紹介

ゼロダン(ジカリグ)を自作する際におすすめのワームを2つ紹介します。

ゼロダンで使用するワームも、ほかのリグで使用する場合と同様、様々な種類のワームがありますが、特におすすめのワームをセレクトしてみました。

是非参考にしてみてください。

OSP ドライブクローラー

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

ストレートワームの定番かつ汎用性の高いワーム

シンプルな形のストレートワームでも、「ドライブクローラー」は形だけでなく、素材の硬さ、比重をベストなバランスにしたことで今やバス釣りで大活躍のストレートワームです。

また、サイズは4~5インチが主流ですが、9インチもラインナップされており、ビッグバスやハタ系にも対応できるワームとなっているのも特徴です。

ゼロダンで使用の際は、なめらかで大胆にダートしてアピールができるワームで、もちろんゼロダンだけでなく、他のリグでも活躍のできる汎用性のあるワームです。

バークレイ ガルプ!ソルトウォーター

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

新しくなった新フォーミュラ配合で釣果30%アップのワーム

新しくなったワームの味・匂い成分(フォーミュラ)の配合により、以前から安定した釣果実績のあるガルプ!が更に約30%もの釣果アップを達成した「バークレイのガルプ!ソルトウォーター」です。

また、フォーミュラの変更により、ぷにぷに・もちもちとした素材へと進化し、喰いこみや針持ちがより良くなりました。

鮮やかなカラーでその種類も豊富という点も特徴です。

バス釣りでのカバー撃ちにも効果的に使用できるワームのため、ゼロダンで使用の際にもおすすめのワームです。

軽いしゃくりの際には、テールが跳ねあがったアクションとなって魚の好奇心を煽ることも可能です。

まとめ

既製品のゼロダン(ジカリグ)を用意するのももちろん良いですが、手間はかかりますが、それぞれのパーツを組み合わせて自作するゼロダンは、自由度が高い分、釣りライフをより楽しめるアイテムとも言えますね。

今回紹介した作り方やアイテムなどを参考に、是非お好みのパーツを見つけて「ゼロダン」づくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定