あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

チャンスを逃さない!フックシャープナーの使い方

スポシル編集部

公開日 :2020/09/30

更新日 :2020/09/30

せっかくの時合いなのに鈎がイマイチだったり、鈎の持ち合わせがないのに根がかりで鈎が丸くなってしまったりした経験はありませんか?

そんなときに頼りになるのがフックシャープナーです。

この記事では、フックシャープナーの選び方のポイントやフックシャープナーを使った鈎の研ぎ方を詳しく解説します。

まだ使ったことがない人も、使っているけどなかなか上手く使いこなせない人も、この記事を読んでフックシャープナーの使い方を学び、効率の良い釣りを楽しんでみて下さい。

目次

スポンサードサーチ

フックシャープナーとは

出典:amazon.co.jp

フックシャープナーとは、その名の通り釣りの鈎を研ぐ道具です。
仕掛けについた鈎は何度も使ううちに海底の岩などに擦れて鋭さを失ってしまうことも多いでしょう。

鈎が丸みを帯びてしまうと、餌を引っかけにくくなることに加え、食いついた魚を上手くフッキング出来なくなってしまうこともあります。

そんな時にフックシャープナーを応急的に使えば鈎の鋭さが復活し、効率の良い釣りができるうえに鈎の節約にもなります。

小さな鈎を研ぐ道具なので、フックシャープナー自体も手の平ほどの大きさで持ち運びも簡単です。

フックシャープナーの選び方

どんな鈎にも同じフックシャープナーを使えばよいというわけではありません。

同じ鈎にも違うフックシャープナーを使うこともあります。

ここでは、フックシャープナーの選び方のポイントを3つに分けて解説していきます。


  • 粒度

  • 素材

  • メーカー

粒度

鈎先を尖らせるのに大切になるのが粒度、つまりシャープナーの目の粗さです。

粒度は♯300など”♯”と数字で表され、数字が大きいほど凹凸が細かくなります。

数字以外にも、粗いものは「中目」「中面」、細かいものは「細目」「細面」と表記されているものもあるでしょう。

鈎を鋭くするためには、基本的には粒度の大きい細目のフックシャープナーで研ぐ必要があります。

鈎の先があまり丸まっていなければ♯600以上の細目だけで研げば良いですが、極端に丸くなっていたり、錆がついている場合は♯300程の中目で研いだ後、更に細目で研ぐことをおすすめします。

素材

フックシャープナーの素材には、セラミック、ダイヤモンド、サファイアなどいくつか種類があります。

それぞれ硬さが違うので、目的に合わせて使い分けるのがおすすめでしょう。

3つの素材のうち、最も硬いのがダイヤモンドです。

どんな材質の鈎やジグでも削れるメリットがありますが、削りすぎてしまう心配があります。

反対に柔らかいのがセラミックで、細かいディテールの調整などに使われますが、摩耗が速いのが欠点です。

サファイアはダイヤモンドとセラミックの中間の硬さになっています。

また、この3つの素材の他、天然砥石を使用したフックシャープナーもあり、こちらは鈎に包丁のような鋭さを出したい時におすすめです。

メーカー

フックシャープナーは釣りメーカー以外にも、様々なメーカーから買うことが出来ます。

アウトドアメーカーが出しているフックシャープナーの中でも、スノーピークのサファイアフックシャープナーなどは汎用性の高さから長年愛用しているアングラーも多いです。

釣りメーカーのフックシャープナーは、鈎を削りやすいデザインになっています。

第一精工やプロックス、オーナーのフックシャープナーが人気ですが、特にオーナーの商品は天然の砥ぎ石を使用しているので繊細な砥ぎと多機能さで支持されています。

スポンサードサーチ

フックシャープナーの使い方・研ぎ方

どんなに高価なフックシャープナーを持っていても、正しく使わなければ鈎をしっかりと研ぐことはできません。

ここでは、フックシャープナーを初めて使う人のために、使うときに注意点するポイントと、上手な研ぎ方を解説していきます。


  • 使い方

  • 研ぎ方

使い方

フックシャープナーは、鈎を研いで鋭くするだけでなく、錆剥がしやジグの塗装を塗り替える時の塗装はがしとしても使用できます。

使う時に特に注意したいのは、鈎を研ぐ時の方向や粒度を間違えないようにすることです。

まず小さい粒度のシャープナーで粗く研いでから、大きい粒度のシャープナーで細かく研ぐのが基本です。

また、忘れてはならないのが、フックシャープナーは、あくまで現場で応急的に鈎を鋭くするための道具であるということです。

鈎を研ぐことによってコーティングがはがれてしまうので、特に海水に対する耐蝕性の低下は避けられません。

研いだ鈎は錆びやすくなることを心に留めておきましょう。

研ぎ方

研ぎ方の基本は「針先から根元へ」です。

何度も砥ぐ必要はなく、1~2回研げば十分でしょう。

ダイヤモンドなど硬い素材のシャープナーは余分な力を入れずに研ぐことがポイントです。

砥石タイプのフックシャープナーの場合は、少量の水やオイルをたらすことで滑りが良くなり、砥ぎやすくなります。

削った粉が飛び散るのを防ぐ意味もあります。

太軸の鈎を研ぐときや粗めに研ぎたいときは粒度の低いシャープナーを使い、細い鈎を研ぐときや先端の仕上げのときは粒度の高いシャープナーを使いましょう。

砥いだ後に爪に当ててみて、爪に傷がつくようであれば正しく砥げている証拠です。

フックシャープナーは代用可能?

実は、メーカーのフックシャープナーを買わなくとも、100円ショップのダイソーでも代用品を手に入れることができます。

それがダイソーで売っている「ダイヤモンドやすり」で、極細の棒状のやすりが3種類3本入っているお値打ち品です。

粒度は少し粗めなので仕上げ用のシャープナーを別で持っておくのも良いかもしれません。

携帯に便利な大きさなので、ルアーボックスなどに忍ばせておけます。

鈎研ぎだけでなくメタルジグの塗装剥がしに使う人も多いです。

スポンサードサーチ

フックシャープナー人気おすすめ7選

後半は、実際に販売されているフックシャープナーを7個紹介していきます。

定番メーカーの人気商品から一工夫凝らしたおすすめ品まで幅広く紹介していくので、自分の目的に合ったお気に入りのフックシャープナーを見つけて下さい。

オーナー(OWNER) フックシャープナー (荒研ぎ用)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約85㎜
素材 砥石
粒度 ♯120

砥石タイプの荒砥用

粒度♯120とかなり粗めのタイプです。

粗い分鈍くなるのも速いですが、砥ぎ時間が短くて済むのでとにかく時短で砥ぎたい時には活躍してくれます。

細目のフックシャープナーと併用するとしっかりと仕上がるのでおすすめです。

ジグや鈎についた錆びをとるときや、丸くなってしまった太軸の鈎を研ぐときにも便利です。

砥石を使ったフックシャープナーなので、水やオイルで湿らせてから使うとより効果的に削ることができ、粉の散りも防げます。

鈎の形状に合わせた横の溝を使って研げるので、初心者でも使いやすいでしょう。

オーナー(OWNER) フックシャープナー (仕上げ用)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約85㎜
素材 砥石
粒度 ♯80

しっかり仕上がる砥石タイプ

粒度が♯800と大きい仕上げ用のフックシャープナーです。

中目のシャープナーで砥いだ後に更に鋭く仕上げたい人におすすめなアイテムです。

細軸の鈎を使用する時にも役に立ちます。

砥石タイプなので、擦り傷が少ない鈎を作ることができ、鋭さが長持ちするのが特徴です。

ストレート溝・カーブ溝・平面と3パターンの形状でどんな鈎でも対応できます。

鈎が曲がってしまっても、修正穴で多少の修正が可能で、キーホルダータイプなので、釣りバッグに引っかけておいてすぐに使うことができて便利です。

E-Value ペン型ダイヤモンドシャープナー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 10×12×190mm
素材 ダイヤモンド
粒度 ♯400

3本針など複雑な鈎におすすめ

ペン型の万能シャープナーです。

先細状のシャープナーをひっくり返すと円柱状になっており、鈎のあらゆる面に合わせて砥げます。

粒度♯400のとやや粗いですが、鈎のかかりを万遍なく素早くアップさせてくれます。

鈎に特化したものではありませんが、ハサミやナイフなど鈎の他にもほぼなんでも研ぐことが出来るので、釣りと同時にキャンプなどのアウトドアに出かける時には重宝します。

19㎝と少し長めですが、ペンタイプなのでスッキリと荷物に納まるところもポイントです。

第一精工 MCフックシャープナー DAIICHISEIKO

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 79㎜
素材 ダイヤモンド
粒度 (表)#600、(裏)#280

持ち手に一工夫あり

裏表で粒度が異なるので、1つあれば荒研ぎも仕上げも両方でき、針の太さを気にせず使えるフックシャープナーです。

細目の面には溝がついているので小さな鈎も研ぎやすいです。

円形状の持ち手部分はガラス繊維強化プラスチックなので劣化しにくく、錆びる心配もありません。

真ん中が凹んでいるので持ちやすく、鈎を研ぐときに安定します。

アルミのカラビナが付属しているので、バッグやベストなど使い勝手の良い場所にすぐに取り付けられ、いざと言うときに手間取らないのも人気です。

プロックス フックシャープナー PX90845

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 縦47㎜×横10㎜×厚み:2㎜
素材 ダイヤモンド
粒度 (溝無側)#800、(溝付側)#1000

コンパクトな仕上げ用

両面とも細目で粒度も大きい仕上げ用です。

特に溝付きの面は♯1000とかなり目が細かいので、細い鈎を研ぐときや、繊細なターゲットを狙うときの鈎研ぎ用として役立ちます。

ルアーのアイが曲がってしまった時に役立つアイチューナーやフックの曲がりを直すホールもついていて、1つで何役もこなしてくれる優れものです。

全長が5㎝に満たないので、コンパクトな反面無くしやすいので管理には気を付けたいところです。
手の大きい人も扱いに苦戦するかもしれません。

フックシャープナーの人気売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

釣りの時の強い味方、フックシャープナーの選び方・使い方を紹介してきました。

種類が色々ありますが、研ぎたい鈎や研ぐシチュエーションに合ったフックシャープナーを使って、チャンスを逃さない効率の良い釣りを楽しみましょう。

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定