あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

バス釣りにぴったりなおすすめのスピニングロッド10選

スポシル編集部

公開日 :2020/09/30

更新日 :2020/09/30

スピニングリールを使うための専用の竿になっているスピニングロッド。リールが持つ性能をより発揮させることができるスピニングロッドを使うことで、釣り自体の質も上げることが可能になっています。

知る人ぞ知るスピニングロッドですが、まだこのその存在を知らない人も多いのが事実。

今回はスピニングロッドの特徴から、どこに注目してスピニングロッドが選ぶのがいいのか、実際におすすめしたいスピニングロッド商品10選を紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

バス釣りで使うスピニングロッドの特徴

バス釣りでは、スピニングロッドは必須アイテムになっています。しかしなぜスピニングリールを使うために専用の竿が必要なの、と思う人も多いのではないでしょうか。

ここではスピニングロッド重要性について、3つのポイントを確認しながらみていきます。


  • 初心者でもキャスティングが楽

  • バスの食いつきをつかみやすい

  • バス釣りでスピニングロッドを使う

初心者でもキャスティングが楽

スピニングリールを使う際に使われる専用の竿を、スピニングロッドといいます。

スピニングロッドには重さの軽い仕掛けを使うための、スピニングタックルというものがついています。

このスピニングタックルはバス釣りにも向いているのと同時に、糸のトラブルが起きづらく、扱いやすいことで初心者向けにもなっているのです。

そしてスピニングロッド自体が、軽い仕掛けを遠くの狙った場所に投げやすいつくりになっているので、初心者の人にもおすすめになっています。

バスの食いつきをつかみやすい

スピニングリールはらせん状に糸を出します。その糸が絡まないようスピニングロッドは、ガイドと呼ばれる糸を通る輪を大きくつくり、竿の先寄りにそのガイドの位置がくる作りです。

スピニングロッドは、軽い仕掛けを使うことに適しています。小さい仕掛けを遠くに投げるため、わずかな力でもしなかやに曲がるようにロッド自体の硬さも柔らかいものが多いので、魚が引いた際の感度もよくなっています。

ベイトリールは取り付けるとトラブルの元

スピニングリールにはスピニングロッド、大物を狙いたい時に適しているベイトリールにはベイトロッドと組み合わせが決まっています。

それぞれのロッドに、それぞれのリールを取りつけることは可能です。しかしスピニングロッドはリールを下向きに、ベイトロッドにはリールを上向きに装着して使用します。リール上下の向きが間違ってしまうことで、使用時にも問題が発生しやすくなってしまいます。

つくりや形がそもそも違っているので、取り付けることができてもトラブルの原因になることもあります。そのため、それぞれに合ったスピニングロッドとスピニングリールの組み合わせで使うことが大事なのです。

バス釣り向けスピニングロッドの選び方

スピニングロッド重要性を確認したところで、ここからはバス釣りに適したスピニングロッドの選び方について紹介していきます。

自分にぴったりのスピニングロッド選びの際に、具体的に確認してほしいポイントがいくつかあります。重要な部分なのでしっかりとみていきましょう。


  • 釣り場にあったスピニングロッドの長さ

  • 操作性が決まるテーパー

  • ルアーの重さに合わせたロッドの硬さ

釣り場にあったスピニングロッドの長さ

遠投時の距離や、使いやすさはロッドの長さで決まります。

バス釣りで使うスピニングロッドの長さは、つける仕掛けや竿の扱いやすさから考えて約1.8mが定番です。

実際に各メーカーから発売されているスピニングロッドの長さも、1.8mから1.9m台のものが最も多くなっています。また、陸で釣るオカッパリで使う場合も1.8m後半、ボート釣りの場合は1.8m前半の長さがおすすめです。

オカッパリでいろいろな使い方ができるスピニングロッドがほしい人は、2m以上の長さのものにしましょう。遠投せず繊細な釣りを楽しみたい人は1.8mから1.9mのものが使いやすいです。

広い湖や川などで使う場合は、投げる距離を考えて2m以上のものを使う時もあります。

操作性が決まるテーパー

テーパーの位置は、魚が引いた際ロッドが曲がる支点部分を表すものです。使用する仕掛けに合うよう、ロッドごとにそれぞれすでに位置が決まっています。

テーパーの位置がロッドの先にあればあるほど、ファーストテーパーになり、ファーストテーパーより一段階硬い曲がり具合を表すのがレギュラーテーパーです。

初心者の場合、細かい動作ができて、先端も曲がりやすく軽めの仕掛けも使えるファーストテーパーおすすめです。バス釣り以外や幅広い用途で使えるものがほしい人は、テーパーの中でも中間のレギュラーテーパーにしましょう。

釣りに慣れてきたら曲がり具合は釣りたい魚や、人によって好みがあるので、自分の好みで選んでも問題ありません。

ルアーの重さに合わせたロッドの硬さ

ロッドの硬さは、ロッドがどれだけのパワーがあるかを示すものです。ロッドの硬さによって使える仕掛け適応できる範囲が違うので、しっかりと確認が必要になってきます。

スピニングロッドは軽い仕掛けに対応し、細かいアクションができることが得意分野です。硬さはウルトラライト、ライト、ミディアムライトがおすすめです。

ロッドの硬さが柔らかいほど繊細な動きができるので、そこも考慮して硬さを選ぶことが重要です。初心者の人には柔らかいものがおすすめです。

スポンサードサーチ

バス釣り向け人気おすすめスピニングロッド10選

スピニングロッドが持つ特徴や強み、またスピニングロッドを選ぶ際に確認するポイントについてみてきました。

とはいっても、実際に選ぶ際にはどれにしようかと悩んでしまいますよね。そんな人に、ここでは実際におすすめしたい人気のスピニングロッド10選を紹介していきます。

全長 1.98m
継数 1本
自重 87g
適応ルアー重量 3~10g

プロも認める最高級の使い心地

リニューアルして新しいグリップを取り入れたことで、全体の品質がアップ。軽量と強度のどちらも強化され、更に魚の引きをダイレクトに感じられるように感度も向上しました。

オカッパリやボートの釣りなどいろいろな環境に対応できます。幅広いルアーの種類にも使えるようになっている1本として、多くの人に人気を得ています。

プロからもその品質を認められるほどの上質なスピニングロッドになっており、使い心地は最高級の仕上がりになっています。

全長 1.98m
継数 1本
自重 87g
適応ルアー重量 3~10g

コスパも最高な初心者にぴったりのスピニングロッド

コストパフォーマンスが最高で、品質も抜群のスピニングロッド。水の中での動きをしっかりとキャッチできるように、あらゆる面から感度の質を向上させ、世界にも認められている1本です。

さまざまルアーに対応できるようになっており、どこでも使える機能性を実現しています。

ロッド自体の長さも使いやすくなっていて、総合的な扱いやすさを追及。その使いやすさから、初心者には最初に使ってほしいおすすめのスピニングロッドになっています。

全長 19.1m
継数 2本
自重 92g
適応ルアー重量 2.5~10g

期待を裏切らない安定感抜群のモデル

本体に使用するカーボンの量を増やし、曲がりのしなやかさをそのままに軽さとバランスがとれたスピニングロッドです。

細かな動きから、ビックバスのアクティブな動きまでしっかりと対応できるように考えられた一品。強さと繊細さを持ち合わせ、いろいろな要求に応えてくれます。

安心と安定感を感じられるこのスピニングロッドは、初心者から上級者までオールマイティに使えます。どんな状況でも使えることから多くの人に人気を得ているモデルです。

エバーグリーン インスパイア ICSS-60UL

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 1.83m
継数 1本
自重 101g
適応ルアー重量 0.9~7g

投げ入れるだけで魚を引き寄せる魅惑のスピニングロッド

伝説の1本として昔から大人気のモデルを、更に現代の技術で進化させた究極のスピニングロッド。

あらゆる面でパフォーマンスや品質を向上させています。長時間シェイキングの振動幅をキープできる本体づくりに成功し、あらゆるスタイルと環境に使えるようになっている万能アイテムです。

いい部分はそのままにパワーアップしているので、目にしたら思わず手に取ってしまう、魅力溢れる釣り好きにはたまらない1本になっています。

全長 1.98m
継数 5本
自重 117g
適応ルアー重量 5~15g

あらゆる面で完成し尽くされた究極の1本

釣りたい対象の魚や釣りをする環境を限定することなく、どこでも釣りを楽しんでほしいという思いから作られました。

移動時にも幅を取らず、持ち運びに便利な5本の組み立て式のスピニングロッドです。

軽いものから重いものまで全てのルアーや糸に対応できるよう、強さと機能性の両方を兼ね備えています。

本体の使いやすさにも力を入れていて、軽いボディと扱いやすさから誰にでも使ってもらいやすい工夫が随所に施されています。一度使ったらもう手放せません。

アブガルシア ホーネットスティンガープラス HSPS-652ML-PS

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 1.96m
継数 2本
自重 103g
適応ルアー重量 1.77~9g

新たな釣りの楽しみを体験できる

初心者から上級者問わず誰にでも使ってもらいたいと、更に進化したモデルです。

価格を上回る品質を実現し、軽さ、強さ、しなやかさ、引きにも素早く反応できる、全ての面で研究し尽されたスピニングロッドです。

目当ての魚の種類、陸やボート、場所も問わず、どんな状況でも、どこでも最高の釣りができるようにと丹精込めて作られています。

豪快な動きから、繊細な動きまで実現可能なので、さまざまな楽しみを追及できます。アフガルシアのいいところが全て詰まっています。

全長 1.86m
継数 1本
自重 95g
適応ルアー重量 4~12g

最高の技術で最高のパフォーマンスをしてくれる

ロッド自体のカーボンの量が増えながらも、ロッドの柔らかさを残したまま、軽さとバランスのどちらも失わせていないスピニングロッドです。

遠投してもしっかりと感覚を味わいながら、釣りを楽しめる機能性もしっかりと持ち合わせています。

キャロライナリグからシャッドプラグ、どんな速度の釣りにも全て瞬時に反応してくれます。

安定感抜群なので初心者から上級者まで幅広い人に人気があります。

全長 1.83m
継数 2本
自重 120g
適応ルアー重量 5~14g

いつでもどこでも使える相方的スピニングロッド

どんな釣りスタイルにも応えてくれる、機能性とさまざま顔を持ち合わせているロッドです。海釣りからバス釣りまで幅広く使えます。

高品質なのにも関わらず、価格もリーズナブルなことから初心者の人にまず使ってほしい1本。

本体のデザイン性も追及し、高級感溢れるつくりになっています。釣りを始めた人にも優しい色別の見やすいタグを使うなど、ところどころにアイデアが詰まっています。

手軽さもあるので車に積んでおけば、ちょっと使いたい時にすぐに使える便利な存在です。

全長 1.83m
継数 2本
自重 不明
適応ルアー重量 3,5~14g

親子で使える低価格で高品質なロッド

とにかくその価格安さにびっくりしますが、作りや性能もばっちり持ち合わせているので、幅広い年齢層からの人気が高いです。

長さも使いやすく、バス釣りのぴったりのロッドになっています。子供でも使いやすいロッドになっているので、親子でバス釣りに挑戦してみるのもいいかもしれません。

仕掛けの重さも軽いものから重いものまで対応しているので、さまざまところで活躍してくれること間違いなしです。これからバス釣りを始めたいという人にもぴったりです。

全長 1.88m
継数 1本
自重 91g
適応ルアー重量 0.9~3.5g

研究し尽くされたプロも納得のロッド

本体に99%のカーボンが使われており、しなりながらもしっかりと戻る弾力性にかなり優れたロッド。

開発の際にコンペティターの川口直人氏が携わっており、各所にあらゆるこだわりが詰まっています。

水中での感度がダイレクトに瞬時に感じることができるのはもちろん、今まで体験したことがないような

感覚を幾度と感じさせてくれる一級品になっているので、一度使ったらその魅力に虜になってしまうこと間違いなしです。

魚を引き付けるシェイクを繰り出し、あらゆる場面で大活躍してくれる1本です。

まとめ

バス釣りに必須なスピニングロッドの特徴から、スピニングロッドを選ぶ際に確認したいポイント、おすすめしたいスピニングロッドを紹介しました。釣り道具はとっても奥が深いものだということを、改めて感じますよね。

道具の選び方や使い方1つで、釣りにも大きな影響が出ます。ぜひ自分自身のこだわりを持って、お気に入りのスピニングロッドを見つけてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定