あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

シマノのオシアコンクエストCTについて解説!メンテナンス方法も収録

スポシル編集部

公開日 :2020/10/02

更新日 :2020/10/02

シマノのオシアコンクエストCTは、ノーマルのオシアコンクエストに機能を追加したもので、幅広いターゲットに使えるリールとして評価されています。

また、アングラーの間では「史上最強のカウンターリール」と呼ばれることもあり、その再現性やスペックの高さでたくさんのアングラーを魅了してきました。

今回は、そんなオシアコンクエストCTの概要や各商品の解説をはじめ、使用後のメンテナンスについても掘り下げていきます。

それでは、シマノのオシアコンクエストCTの魅力に迫っていきましょう!

目次

スポンサードサーチ

タイラバにも最適と人気のオシアコンクエストCTとは

オシアコンクエストCTとは、シマノが発売しているオシアコンクエストに、フォールレバーとデジタルカウンターをプラスしたリールで、2018年に登場したモデルです。

剛健で滑らかな駆動系統と次世代のフォール性能が交わり、フォールアクションを自在に操ることができるリールになっていますよ。

また、オシアコンクエストCTが発売される以前、カウンターリールの弱点としてパワーの弱さが挙げられていました。

そんな弱点を補うコンクエストな巻き上げ力を実現し、餌釣り・ルアー釣り共に快適に楽しむことができるようになっています。

オシアコンクエストCTの各商品を解説

コンクエストCTには、複数のラインナップが用意されており、釣りの種類によって使い分けることでその実力を発揮します。

快適に釣りを楽しむためにも、自身に合った商品を選ぶことが重要ですよ。

そのためにも、まずは商品の特徴について見ていきましょう!

オシアコンクエストCTの各商品を解説します。


  • ライトジギングにおすすめの200HGと201HG

  • タイラバにおすすめの200PGと201PG

  • 青物ジギングにおすすめの300番手

ライトジギングにおすすめの200HGと201HG

オシアコンクエストCTの200HG・201HGは、ハイギアモデルでコンパクトなシングルハンドルを採用しています。

200HG・201HG共にギア比は6.2、最大巻上長さは78cmで、青物をはじめタチウオやシーバスなど、メタルジグで狙える中型の魚に最適です。

そのため、ライトジギングやタチウオジギングで快適な釣りを楽しむのにピッタリなモデルと言えるでしょう。

また、PE1号の糸巻量が440mとなっており、中深海などで行うスロー系ライトジギングにも対応可能です。

タイラバにおすすめの200PGと201PG

200PG・201PGは、ダブルハンドルでギア比を4.8に抑えたモデルです。

一定速度での巻きに優れており、デジタルカウンターによって巻きのスピードを管理できるため、釣れるスピードを管理しやすいのが魅力のモデルと言えるでしょう。

パワーハイギアでギア比4.8、最大巻上長さ60cm、さらに一定速度の巻きが得意というスペックはまさにタイラバにおすすめですよ。

また、コンクエストな剛健性で、大鯛とのやりとりにも耐える強さも持ち合わせています。

青物ジギングにおすすめの300番手

300HG・301HG・300PG・301PGなどの300番手は、糸巻量がPE2号で380m、PE3号であれば240cmとなっており、力が込めやすいT型のハンドルノブを採用しています。

300PG・301PGは、オシアコンクエストCTの中で最もパワフルな設計で、大型青物や大型根魚などの高負荷なターゲットに耐えることが可能です。

また、301PG・300HGは、フォールレバーを使いこなすことでヒラヒラ落ちるベイトフィッシュや急いでボトムに向かうベイトフィッシュを演出することができますよ。

スポンサードサーチ

オシアコンクエストCTのメンテナンスについて

リールを長く使用するためにはメンテナンスを欠かしてはいけません。

オシアコンクエストCTも同様に、最高のパフォーマンスを発揮するために定期的にメンテナンスを行いましょう。

ここでは、オシアコンクエストCTのメンテナンスについて深堀りしていきます。

オシアコンクエストCTのメンテナンスについて解説します。


  • オシアコンクエストCTはスプール交換も簡単

  • 糸巻き量はシマノの糸巻量計算ツールを活用

  • シマノではリールのオーバーホールをしてくれる

オシアコンクエストCTはスプール交換も簡単

オシアコンクエストCTは、スプールに傷が入った場合、純正スプールパーツとプラスドライバーさえあれば、簡単にスプール交換ができます。

やり方は、まずオシアコンクエストCT本体の裏側にある黒のロックレバーを開放し、サイドボディーの蓋をスライドしましょう。

蓋をスライドすると、そこにネジが2つあるので両方とも外し、金色の蓋と黒いカバーを外せば、スプールを引き出すことができますよ。

後は、先程と逆の手順でスプールを戻せば、交換完了です。

糸巻き量はシマノの糸巻量計算ツールを活用

手持ちのラインを何m巻けるのか分からない、下糸に何m必要か知りたい!という場合には、シマノの糸巻量計算ツールを活用しましょう。

ツールの使い方は、まずは使用したいリールのスペックをHPなどで調べ、記載されている糸種類・号数/ポンド・総糸巻量の情報を埋めていきます。

次に巻きたいラインの種類と号数を入力すれば、入力したラインの総糸巻量が表示されますよ。

また、下糸を知りたい場合は、下巻の画面に飛び、下糸に使うラインの種類と号数を入力することで調べることが可能です。

シマノではリールのオーバーホールをしてくれる

リールを長持ちさせるためには、リールを分解して洗浄やグリスアップをするオーバーホールが欠かせません。

シマノでは、シマノ製品を取り扱っている販売店を経由して、オーバーホールの依頼を受けていることはご存知ですか?

シマノで行っているオーバーホールの内容は、リールを分解して各パーツのクリーニングもしくは交換、専用洗浄スプレーや超音波洗浄機を使用した汚れ落とし、グリスアップなどがあります。

また、電動リールやカウンターリールの性能チェック、漏水テストなどもやってもらえますよ。

オシアコンクエストCTおすすめ釣り具

オシアコンクエストCTは、最強のカウンターリールとしてたくさんのアングラーが愛用しています。

そんなオシアコンクエストCTの購入を検討している方に、おすすめのロッドとオシアコンクエストCTを紹介するので、参考にご覧ください!

ライトジギング対応の汎用ロッドで、真鯛やシーバスをはじめ、根魚や青物、タチウオを対象にしたロッドです。

ジャークスタイルやジグのタイプを限定せず、またジグの操作性の良さも魅力と言えるでしょう。

ソフトなティップとストロングなバットにより、スローな誘いやテンポの速いジャークなど幅広く対応可能で、不意な青物にもパワー負けしません。

また、比較的手が出しやすい価格設定でありながら、スペックは価格以上の使いやすさを実現しているため、初心者にもおすすめできるロッドのひとつです。

シマノ オシアコンクエストCT 200HG

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ライトジギング向きでハイギアモデルの、オシアコンクエストにフォールレバーとデジタルカウンターをプラスしたデジタルカウンターリールです。

フォールレバーによって、ワンタッチでフォール速度を設定できる設計となっており、初心者でも簡単にフォールスピードを管理できます。

また、カウンターによってアタリがあった水深・フォールスピード・巻き上げスピードの把握が可能なため、ヒットのパターンを簡単に再現可能なのも嬉しいポイントですね。

高剛性と機能性、パワー全てをバランス良く取り入れた、ハイスペックリールで、初心者からプロまで幅広くおすすめできますよ。

スポンサードサーチ

まとめ

オシアコンクエストにフォールレバーとデジタルカウンターをプラスしたことで、カウンターリールの弱点であった弱さを克服し、より様々な釣りを楽しめるリールとなりました。

また、純正スプールは簡単に交換できるため、ライン交換も苦になりません。

ぜひ、オシアコンクエストCTを使って、アクティブな釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定