あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

【ロックフィッシュベイトロッド】人気の理由とおすすめ商品4選!

スポシル編集部

公開日 :2020/09/10

更新日 :2020/09/10

ロックフィッシュベイトロッドは大きな魚を釣るために、ぴったりの竿として多くの人に人気を集めています。

多くのメーカーが独自に開発したロックフィッシュベイトロッドを多数出していますが、実際に何が違うのか、どれがいいのかよくわからないと思うことありますよね。

ロックフィッシュベイトロッドの特徴や、何を基準に選んだらいいのか、どんな商品が出ているのかをみていきながら、ロックフィッシュベイトロッドの魅力に迫っていきます。

目次

スポンサードサーチ

ロックフィッシュロッドとは

ロックフィッシュロッドとは、ロックフィッシュと呼ばれるメバルやアイナメなど、岩や海藻の根に棲んでいる50cm以上の大型の魚たちを狙いたい時に使う専用の竿です。

ロックフィッシュロッドは仕掛けがかかった瞬間、底に潜っていくロックフィッシュにしっかりと対抗できるように、力と弾力性を持ち合わせているロッドになります。

ロックフィッシュと同じくよく聞くことが多いのが、ライトロックフィッシュです。

ライトロックフィッシュとは、近くの防波堤や消波ロック付近でロックフィッシュの際に使う釣り道具より少し軽めのものを使いながら、30cmほどの中型の魚たちとの駆け引きをじっくり楽しむスタイルのことをいいます。

ロックフィッシュ用にはベイトロッドが最適?!

自身の身を守るためにあえて障害物に身を隠すロックフィッシュは、他の魚の種類よりも引く力が強い特性があります。そのため、力の駆け引きに勝つためのパワーを十分に兼ね備えているベイトロッドがおすすめなのです。

スピニングロッドを使った場合、パワー不足を感じたり機能性などを上手く生かしきれないので、ストレスを感じてしまう可能性大。

大型の魚を釣り上げるための太い糸にも対応し、かかった瞬間海の奥底に向かっていこうとする根魚たちを引き上げる力、魚をたちが潜むであろう場所に積極的にアプローチでき、陸でも使える多様性から、やはりベイトロッドがロックフィッシュには最適になっています。

スポンサードサーチ

ロックフィッシュロッドの選び方

ロックフィッシュロッドにいろいろな種類のものがありますが、その中でもしっかりと自分のスタイルに合ったものを見つけるのが重要です。

ロックフィッシュロッドをどのような部分を見ながら選んでいけばいいのかを、ここでは紹介していきます。

ロックフィッシュロッドの選び方のポイント3つを解説します。


  • 長さ

  • パワー

  • ガイド

長さ

長さを選ぶ際に考えるポイントとしてまず大事なのは、どの場所で使用するかです。

陸や小さめの港、ボートや磯で使う場合は扱いやすい長さの6フィートの1.8mのもの。

広めの港や防波堤や磯などで使いたい時は、7フィートから8フィートの2mから2.4m台のロッド。

高い高さがある堤防や、遠投が必要で、大型の魚を狙いたい時は2.4m以上のものがおすすめです。

それぞれのシーンに合わせて6フィートから8フィートのものを多くの人が使い分けています。

パワー

ロックフィッシュを釣り上げるには、魚の強い引きの力に負けないパワーを持つ硬さをロッドが必要です。

小型のものから大型のものまで狙えるように、その硬さのラインナップも多く設定されています。

各ロッドには竿の硬さを表すものが必ず示されており、一番柔らかいものがウルトラライト、中間でミディアム、一番硬いものでエクストラヘビーなど数種類で硬さを区分けしています。

どの硬さを選ぶかの基準は、自分がどの重さのルアーを使って魚を釣るのかです。

その竿が対応できる範囲のルアーの重さが決まっているので、その部分も確認が必要になってきます。

ガイド

ロッドにはガイドと呼ばれる釣り糸が通る丸い輪がついていますが、これが糸がたるまないようにしたり、糸の向き、ロッドの感覚を伝えてくえる役目を果たします。

この輪の大きさが小さければ小さいほど、ロッドが持つパワーが直に感じられるようになっていますが、ロッドの大きさに関しては人によって好みが大きく変わってきます。

ガイドがついていないロッドがあったり、ガイドの位置もロッドごとに異なります。

このガイドは自作で増やすこともできるので自分のスタイルに応じて、カスタマイズしている人もいます。

万能ロッドを選ぶのもおすすめ

万能ロッドの名前の通り、どんな釣りのスタイルにも幅広く対応できる竿のことです。

まだ釣りを始めたばかりの人や、特定して何かを釣りたいわけではないけど海や川など、とにかくどこでも釣りたいなど、万能に使えるところがメリットですが、同時にデメリットもあります。

どんな魚にも対応できるようにロッドの強さが必要なので、ロッドの重さが重く長時間竿を持っているのも慣れないうちは辛いです。

何にでも幅広く使えるようにできているので専門性は持ち合わせておらず、上級者の人や、釣るターゲットが決まっている人、ロッドがもつそれぞれの味を存分に味わいたい人には不向きになっています。

価格帯も幅広いので購入の際には、価格と機能性がマッチしているか必ず確認しましょう。

スポンサードサーチ

バスロッドがあるなら流用もできる

湖などで釣りを楽しむバス釣りの際に使うバスロッドは、実は万能ロッドに一番近いものになっています。

バス釣りでは大きいものだと50cm以上の魚を釣ることもあるので、さまざまな魚の大きさや使うルアーの重さに対応できるように、バスロッドの種類は実に多くのものが出ているのです。

そのため、既にバスロッドを持っている人は、そのまま海釣りにも使える場合もあります。

現在使用しているバスロッドの長さが1.80mから1.9m程度で、ロッドの硬さがライトからミディアムの間であれば使用可能です。

ただ、やはりバスロッドなので海釣りで何でも釣り上げられるというわけにはいかないので注意が必要です。

ロックフィッシュにおすすめのロッド

力の強いロックフィッシュを引き上げるには、やはりパワーと機能性を持ち合わせたロッドが必須アイテムです。

大物のロックフィッシュとしっかりと戦えるよう、メーカーごとにおすすめのロックフィッシュベイトロッドを紹介していきます。

ぜひここで気になる1品を見つけてみてください。

ソルティーステージ ロックフィッシュ SXRC-702M-BF-KR

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 2.2m
係数 2本
自重 153g
適合ルアー重量 10~40g
適合ライン 10-28

扱いやすいロッドで思い切り釣りを楽しめる

値段をできるだけ低くしながら、細部の部品に最新のものを取り入れ、軽さや感覚をしっかりと感じられるロッドです。

ロックフィッシュとの駆け引きをもっと多くの人に体験してほしいという思いから生まれた、ロックフィッシュ専用のモデルになります。

防波堤や磯場などでの使用ももちろん可能で、遠投でもしっかりと操れるバランスの取れた本体と、大型のロックフィッシュにも対応できる機能性も備えています。

リールのホールド感は抜群で、ガイドも直径が小さいのでダイレクトに感覚が伝わってきます。

全長 2.29m
係数 2本
自重 130g
適合ルアー重量 12~48g
適合ライン 3/12~25

どんな場所でも使えるように設計されたロッド

全国のどんな場所、どんな魚にも対応できるようにこのシリーズのモデルは全て細かくチューニングがされているほど、徹底的に品質と機能性にこだわっています。

強い力をもつロックフィッシュに立ち向かえる力と、仕掛けが持つ能力を存分に発揮でき上手く泳がす操作性もしっかりと研究し尽された、ロックフィッシュ専用のロッドです。

カサゴ・アイナメ・キジハタなどの魚におすすめです。

使用の際に邪魔になる重さの問題もクリアしており、軽さとパワーを両立したモデルです。

全長 2.21m
係数 2本
自重 135g
適合ルアー重量 5~35
適合ライン 10~24

ロックフィッシュの楽しさを全開で楽しめる

従来から人気のあったロックフィッシュ専用のブランドのいいところを全て残したまま、新しい技術を更に注ぎ込み新たに生まれ変わったのがこのロッドです。

軽さと力どちらも持ち合わせ、操作のしやすさも追及し、何度も実験を行い改良を積み重ね、遠投と陸でどちらでも大型の魚に対応できるたくましい力を持っています。

大型の魚だけでなく、小型のものまで網羅できるようオールマイティな1本になっているので、これ1本さえあればロックフィッシュの醍醐味や楽しさを全てを味わえます。

全長 2.4m
係数 2本
適合ルアー重量 5~30g
適合ライン 0.8~2.0

数十年の歴史を超えて新たに生まれ変わったロッド

登場してから10年が経ったモデルですが、そこに更に新しい技術を加え、歴史を感じさせない古き良き最新のスタイルで再登場しました。

いいところはそのままに更にパワーアップさせ、技術のあるなしに関係なく誰でも使えるロッドになっています。

細身で負担を感じさせないボディで使いやすさも抜群です。

8フィートの長いロッドになっているので、遠投で使いたい人には特におすすめです。

遠投専用で持っておくのもいいかもしれません。

スポンサードサーチ

まとめ

大物の魚との駆け引きを大いに楽しめるロックフィッシュには、どんなベイトロッドが合うのか、ベイトロッドの特徴から選ぶ際のポイント、実際の商品紹介を通してお伝えしました。

自分が気に入ったベイトロッドで、ぜひロックフィッシュに挑んでみましょう。

更なる釣りの楽しさに出会えるはずです。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定