あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

横浜沖堤防で釣りを楽しむ!釣り場の基本情報とおすすめルアー2選

スポシル編集部

公開日 :2020/09/01

更新日 :2020/09/01

横浜沖堤防は様々な魚が釣れ、たくさん釣れることで人気の釣り場です。

しかし、注意しなければならないことがいくつかあります。釣り場に行くには渡舟でしか行けないこと、トイレ問題、夜釣りは朝まで帰れないことなどです。

特に重要なのが、横浜沖堤防での釣りのルールです。マキエをしないことや込み合っているときは竿を3本までにすること、他の釣り人に迷惑をかけないことなどです。

また、季節ごとに釣れる魚の種類や、横浜沖堤防で釣りをするときにおすすめのルアーも紹介しています。

この記事を読めば、横浜沖堤防の釣りの心配はなく、安心して釣りを楽しめます。

目次

スポンサードサーチ

横浜沖堤防とはどんな釣り場か

横浜沖堤防は、爆釣りパラダイスとも言われるほど、たくさん釣れる場所です。

しかしどんな釣り場なのかをキチンと知らないと、横浜沖堤防で釣りを楽しめません。

そこで横浜沖堤防について、どんな場所なのかを以下の2のポイントから解説します。


  • 11の堤防からなる釣り場

  • 横浜沖堤防へのアクセス方法

11の堤防からなる釣り場

横浜沖堤防は以下の11の堤防を指しています。


  • テトラ

  • 白灯

  • 赤灯

  • ハナレ

  • 旧白灯

  • 旧赤灯

  • 四畳半

  • 十米

  • D突堤

  • 第一新堤

  • 第二新堤

テトラ、白灯、赤灯、ハナレはベイブリッジの下にあります。

旧白灯、第二新堤はそれぞれ独立した場所にありますが、その他の釣り場はいくつかが連なっています。

旧赤灯、四畳半、十米の3箇所と、D突堤、第一新堤の2箇所は、それぞれが連なっています。
渡し舟に乗らなくても隣り合った釣り場に行ける釣り場もあります。

横浜沖堤防へのアクセスは船がメイン

横浜沖堤防へのアクセスは船がメインです。多くの場所は海上にあるので、近場にある山本釣舟店の渡舟を利用します。

山本釣舟店で受付を行い、渡舟代の支払いと注意事項の確認をします。

料金は、大人男性3000円、大人女性2500円、子ども(18際未満)2000円です。回数券があるので、たくさん利用する場合は回数券の購入を検討してみましょう。

また、舟は1時間ごとに出ています。渡舟が二隻あるので、乗り込む舟がどちらなのか事前に確認しておきましょう。

渡舟は、横浜沖堤防の釣り場を順番に回ります。アナウンスなどはないので、自分の目的の釣場がどこかを確認しておきましょう。

横浜沖堤防で釣れる魚

横浜沖堤防で釣れる魚はカレイ・アイナメ・メバル・カサゴ・マゴチなどたくさんあります。

ここでは横浜沖堤防で釣れる魚について、以下の月別に解説をします。


  • 1月~3月に釣れる魚

  • 4月~6月に釣れる魚

  • 7月~9月に釣れる魚

  • 10月~12月に釣れる魚

1月~3月に釣れる魚

1月~3月に釣れる代表的な魚は以下の8種類です。


  • カレイ

  • アイナメ

  • メバル

  • カサゴ

  • フッコ

  • アナゴ

  • クロダイ

  • シーバス


カレイは、ベイブリッジ下のポイントでは、ちょい投げでも釣れます。ロッドはシーバス用のロッドでも釣れますが、針はカレイ専用の針を使いましょう。

メバルやカサゴは岩場に多く、岩場で糸を垂らしているとよく釣れます。

クロダイとシーバスは横浜沖堤防に多くいる魚なので、場所を選ばず釣れます。

4月~6月に釣れる魚

4月~6月に釣れる代表的な魚は以下の10種類です。


  • カレイ

  • アイナメ

  • メバル

  • カサゴ

  • フッコ

  • クロダイ

  • キス

  • アナゴ

  • マゴチ

  • メジナ


キスは5月~8月頃まで釣れ、ちょい投げでも釣れます。

アナゴを狙うなら、夜釣りがおすすめです。18時から出る舟に乗って、最終の舟で帰るようにしましょう。

マゴチやメジナは昼の方が釣りやすい傾向があります。

7月~9月に釣れる魚

7月~9月に釣れる魚は以下の12種類です。


  • アイナメ

  • メバル

  • カサゴ

  • フッコ

  • クロダイ

  • キス

  • アナゴ

  • サヨリ

  • アジ

  • タコ

  • マゴチ

  • メジナ

キスやタコはこの頃が最盛期なので、よく釣れます。

アジはポイントが合えば、入れ食い状態となります。アジングやサビキなどの釣り方で釣れ、たくさん釣りたいという人にはおすすめの魚です。

10月~12月に釣れる魚

10月~12月に釣れる魚は以下の10種類です。


  • カレイ

  • アイナメ

  • メバル

  • カサゴ

  • フッコ

  • アナゴ

  • クロダイ

  • サヨリ

  • アジ

  • タコ


冬がシーズンのサヨリは、のべ竿とサヨリ専用の仕掛けで挑戦してみましょう。サヨリは水面近くを泳ぐので、影が見えれば釣れるチャンスです。

代表的な魚だけではなく、サバやタチウオ、カマスなども釣れます。

スポンサードサーチ

横浜沖堤防で釣りをする注意点

横浜沖堤防は、一般的な釣り場とは違った注意点があります。知らないで横浜沖堤防で釣りをしていると、身に危険が及ぶ可能性もあります。

横浜沖堤防で釣りをする注意点について、以下の5つのポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。


  • 横浜沖堤防にトイレはない

  • 夜釣りは朝まで帰れない

  • 横浜沖堤防は天候の影響を受けやすい

  • 釣りの禁止エリアには侵入しない

  • 横浜沖堤防の釣りのルールを守る

横浜沖堤防にトイレはない

横浜沖堤防にトイレはありません。一度堤防に出てしまうと、渡舟が来るまでは陸地には帰れません。そのため、山本釣舟店のトイレで、事前に済ませておきましょう。

途中で行きたくなった場合は、定期便で済ませましょう。

最悪の場合は仕方ありませんが、できるだけ一目のない場所に移動して目立たないようにしましょう。済ませたあとは、海水をかけるなどしてキレイにてください。

夜釣りは朝まで帰れない

夜釣りは最終便を逃すと朝まで帰れません。渡舟が来る時間は決まっていて、最終便が出てしまうと朝まで釣場から動けません。

夜釣りをする場合は、朝まで帰れないことを覚悟して朝まで過ごせる準備をしておきましょう。

沖堤防は、風も強くさえぎるものが何もありません。夜を過ごせるように、冬は防寒着、全シーズンを通して、食料や飲料を準備しておきましょう。

横浜沖堤防は天候の影響を受けやすい

横浜沖堤防は天候の影響を受けやすいので、注意する必要があります。

海上にあるので、風や波を防ぐものがないこと、いざというときの自力での移動手段がないため逃げるのが困難です。

そのため、こまめに天気予報をチェックすることや雨風の様子・波の様子をチェックしましょう。雲行きがあやしいと感じた場合は、早めに渡舟で陸地に上がりましょう。

スコールのように急な雨が降ることもあります。急な雨に対応できるようにカッパを常備しておきましょう。

釣りの禁止エリアには侵入しない

横浜沖堤防には、釣りの禁止エリアがあります。禁止エリアには立ち入り禁止の看板があるので、場所には侵入しないように注意しましょう。

立ち入り禁止エリアに侵入すると、転落する恐れがあります。

禁止エリアでなくとも、堤防の幅は狭いので転落の恐れがあります。最悪の場合は、死亡する可能性もあります。

禁止エリアには侵入しないことはもちろんのこと、禁止エリアでない場所でも安全に気を付けて釣をしましょう。

横浜沖堤防の釣りのルールを守る

横浜沖堤防では、みなさんが楽しむためのルールがあります。


  • オキアミのマキエは禁止

  • 防波堤が込み合った際には、使用する竿は3本に減らす

  • 防波堤でのゴミは利用のお店まで持ち帰る

  • ライフジャケットは必ず着用する

  • 防波堤でのコマセの使用後は海水で流す

  • 防波堤でのマンガン等道具類でのタンク蟹・カラス貝の採取は禁止

  • 他の釣り人に迷惑行為をしない

  • 小魚はリリースする


みなさんが楽しく釣りをするために、横浜沖堤防での釣りのルールを守りましょう。

横浜沖堤防での釣りにおすすめのルアー2選

横浜沖堤防では、アイナメ・カサゴ・アジ・クロダイ・シーバスなど挙げればキリがないほど様々な魚が釣れます。

アジなどの小型魚は小さめのルアー、クロダイやシーバスは大きめのルアー、カサゴやメバルは中程度のルアーがおすすめです。

横浜沖堤防でよく釣れるカサゴ・メバル・アジに合うルアーと、クロダイやシーバスの大きめの魚に合うルアーの2つを紹介します。

mon luxe メバル ルアーセット

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

冬がシーズンのメバルに特化したハードルアーです.

メインは夜釣りですが、キラキラ光るので日中でも楽しめます。ウロコのある珍しいタイプのルアーで集魚効果があります。

メバルに特化したルアーですが、メバル以外にもアジや・カマス・カサゴ・シーバスなど様々な魚が釣れます。

4色セット(シルバー・ベイト・緑&オレンジ・金&赤ピンク)になっており、色によって狙う魚や釣り場で使い分けができます。1つ当たり150~200円程度なのでコスパも良いです

オルルド釣り具 メタルバイブレーションⅡ

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

シーバス、ヒラメ、マゴチ、ブリ、ハマチ、クロダイ、カサゴなど様々な種類の魚が釣れるため、横浜沖堤防に向いています

30gの重さで飛距離をだせ、バイブレーションタイプなので、魚を誘う効果に期待できます。

5色セットで1つ当たり600円弱はお買い得です。何回か使用すると塗装が剥げてきますが、金額を考えるとコスパの良いルアーとなっています。

ターゲットの魚に合わせて色を変えてみる作戦もアリです。

スポンサードサーチ

まとめ

横浜沖堤防での釣りのポイントについて紹介しました。

横浜沖堤防は11の堤防からなる釣り場であり、行くには渡舟でしか行けないということを覚えておきましょう。

釣り場に行くのは少し大変かもしれませんが、年間を通して様々な魚が釣れるので楽しく釣れることは間違いありません。

トイレがないことや夜釣りは朝まで帰れないことなど、知っておくべき情報はいくつかあります。紹介したことを頭に置いておけば心配いりません。

この記事で紹介したおすすめのルアーを使い、横浜沖堤防のルールを守って楽しく釣りをしてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定