あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

レッドカードによる退場で知っておきたい5つのポイント

スポシル編集部

公開日 :2020/08/31

更新日 :2020/08/31

この記事では、サッカーの試合中に示されるレッドカードの基準について、ルールやあまり知られていないことも解説していきます。

サッカーがあまり分からない人でもレッドカードと言えば、退場や出場停止の言葉を連想する人が多いです。ただし、なぜレッドカードが提示されたかという基準については、細かな部分になるとよく分からないことも多いです。

サッカーのルールの一つであるレッドカードの基準について学び、サッカーの流れを読み取る力も身に付けられるように解説していきましょう。

目次

スポンサードサーチ

サッカーのレッドカードとは

レッドカードとは、試合中に主審が悪質な反則を行ったとみなされる選手に対して示され、ポケットから提示された時は選手は退場をしなければなりません。

元々は警告や退場を口頭で伝えられていましたが、様々な国籍の選手がプレーすることになるので、目に見えて分かる形で導入されています。

退場を宣告された選手が一目で分かることはもちろんですが、スタジアムの観衆に向けても分かりやすくするためにレッドカードを含めた宣告方法を導入した経緯があります。

サッカー競技規則におけるレッドカードの基準

サッカー1試合中にレッドカードは頻発しませんが、レッドカードを提示する基準は様々あります。プレー中にピッチ上で起こる場合があれば、ピッチ外で起こった場合に対しても、レッドカードを提示する対象として処分されることがあるのを知っておきましょう。

レッドカードが提示されるの主な5つの基準を解説します。


  • 足裏などでの著しく乱暴なプレー

  • 反スポーツ的行為

  • 反則による得点機会の阻止

  • イエローカードの2枚累積

  • VORへの入室

足裏などでの著しく乱暴なプレー

この動画は、2018年のJリーグでの試合で、警告なしのレッドカードによる一発退場のシーンをまとめています。

観客席からでは遠くて分からないシーンでも、審判がしっかり判定していることがよく分かります。例えば、1分13秒のコーナーキックでルーズボールを足裏による悪質プレーでケガを負わせたり、2分19秒の足裏から行ったスライディングタックルなど競り合いから生じる足裏でのプレーが多いです。

また3分26秒のポジション争いから足の掛け合いがヒートアップして、良からぬ形でレッドカードの対象者になってしまうこともあり、審判は一瞬のプレーでも目が離せないことがよく分かります。

反スポーツ的行為

この動画では、サッカーのプレー中ではない反スポーツ的行為とみなされて退場した紹介動画です。

サッカー好きなら有名ですが、2006年ワールドカップ決勝の舞台で、当時フランス代表のジダン選手が相手選手の胸元に頭突きで一発退場になっています。

この背景には、相手選手により露骨にユニフォームを引っ張られたり、家族を侮辱する言葉を試合中に投げかけられたりしたことが引き金になったともされています。

奇しくも、ワールドカップ決勝という晴れ舞台で、実況の言葉にもある「何があってもあれはやってはいけなかった」という表現に全てが集約されています。

反則による得点機会の阻止

この動画は、多いとされる反則の一つであるハンドでレッドカードの処分が下った試合の模様です。

平成27年4月の京都サンガ・磐瀬選手によるもので、FKからのこぼれ球に対してゴールを死守するために、咄嗟に手が出たものともされます。

一度は体を使ってボールを止めるものの、二度目はゴールラインを割らせないため反応してしまったものです。試合経過で負けていたことにより、これ以上の失点を許してはいけないとも考えられます。

けれども、反則であることには間違いありませんが、故意に手を出してボールを止めたとも捉えられ、レッドカードによる一発退場処分になっています。

イエローカードの2枚累積

1試合中に、同じ選手が警告の意味を成すイエローカードを2枚提示された場合、退場に当たるレッドカードと同等にみなされます。

レッドカードと同様にイエローカードも危険で悪質なプレーに出されることがありますが、疲労や抗議、過度な遅延行為などもイエローカードに該当する場合があります。

そこで2度に渡って警告を受けることでレッドカードに当たる退場扱いになる場合もあります。

ただし、当日の試合までに既にイエローカードを1枚提示された状態で、当日別の試合でイエローカードをもう1枚提示されたとしても、即座に退場という処分には当たらず、次戦からが退場の対象となります。

VORへの入室

VORとはビデオオペレーションルームの略称であり、近年導入されたビデオ判定にあたるVAR業務を行う場所のことです。

VORはスタジアム内、少し離れた場所などに別に設置されていますが、出場選手やベンチ登録の選手がVORに入室した場合はレッドカード対象となります。

選手以外である、監督やコーチに当たるチームに所属する構成員などがVORに入室した場合は、レッドーカードと同対象にあたる退席を命じられます。

この場合、試合に関わる際のテクニカルエリアから退席するよう伝えられるため、選手らと同じくVORへの入室そのものが試合に関われないことにつながっていきます。

スポンサードサーチ

サッカーのレッドカードにおける出場停止数の基準

サッカー試合中に余程の悪質プレーなどが見受けられない限り、レッドカードが頻発することは少ないです。

ただ、提示されるレッドカードを提示される回数によって、どのような基準が設けられているかを知ると、試合での見方も変わってきます。

出場停止数の基準を解説します。


  • 基本的には次の試合の1試合のみ

  • 2回目以降は2倍になる

  • 出場停止数が追加されることもある

基本的には次の試合の1試合のみ

基本的には、レッドカードを初めて提示された場合は、直近試合にあたる次戦は出場停止扱いになります。ただ、1試合の出場停止が明ければ、次戦からは通常通り出場可能になります。

ただ、注意すべきことは、レッドカードを提示された当該試合は即刻退場となる上に、次戦も出場停止扱いになるので、プレーに対する注意意識が必要です。

2回目以降は2倍になる

前記通り、基本的にはレッドカード1枚に対して出場停止は1試合ですが、提示枚数が増えてくると出場停止試合が増えてきます。

例えば、レッドカード2枚目ならば衆生停止は2試合、3枚目ならば4試合というように、枚数に対して原則2倍になっていきます。

過去には、最大7試合の出場停止処分を受けた選手も存在し、最悪の場合チームとの契約解除につながる場合もあります。

出場停止数が追加されることもある

基本的には、レッドカードを提示された枚数に対して、原則2倍の出場停止処分を下されますが、場合によっては衆生停止数を原則よりも多く追加されることもあります。

あまりに危険で悪質なプレーだった場合、審判や選手などに対する暴言を吐いた場合など、目に余る行為には懲罰委員会が設けられます。

懲罰委員会の運営によって出場停止数を追加する決定が下されます。

サッカーのレッドカードに関するよくある疑問

サッカーの試合中に悪質なプレーなどで見過ごせない時にレッドカードを提示しますが、基準が分からない疑問もあります。

GKの場合、監督や審判にも退場処分が下されることはあるかなど、細かな部分に対する疑問について答えていきます。

レッドカードに関するよくある疑問を解説します。


  • GKがレッドカード提示されたら交代する?

  • レッドカードによる退場は何人まで?

  • 監督や審判がレッドカードで退場することもある?

GKがレッドカード提示されたら交代する?

もし試合中にGKにレッドカードを提示された場合、他の選手と同様に退場しなければなりません。

けれども、他のポジションと違い、GKは1名しか出場しないため、退場後は交代枠を1つ使って交代GK選手を入れることになります。

過去には、交代枠を使い切った状態でGKが退場した試合もあり、ピッチ上の選手が交代GKとしてポジションに就いた試合もあります。

レッドカードによる退場は何人まで?

余程の悪質なプレーや侮辱行為が見られない限り、1試合でレッドカードが乱発することはありません。

しかし、レッドカード提示にみなされる場合は、1チームで合計5枚まで提示が可能です。ただし、最小競技者7名を下回る6枚目以降は提示ができない上に、没収試合として敗戦処理されます。

過去には、ワールドユースのアジア大会でレッドカードによる没収試合が記録されています。

監督や審判がレッドカードで退場することもある?

退場については、ピッチ上の選手に限ったことではありません。

侮辱や乱闘などの行為を働いた監督などのチームスタッフには、退場と同等に当たる退席を命じられます。また、レッドカードを提示する立場にある審判にも退場処分が下されることもあります。

フランスリーグで試合中に主審が選手に蹴りを入れたことで、退場処分を言い渡した事例があります。

スポンサードサーチ

サッカーのルールをより理解したい人へ

サッカーには様々なルールや基準がありますが、レッドカード以外にも理解しておきたいことがあります。

そこで、サッカーのルールを深く理解したい人に向けた商品を2点紹介します。堅苦しくなく手軽にルールを覚えて、サッカーの知識を身に付けて楽しめるようにしましょう。

最新版 覚えやすい サッカールールブック (学研スポーツブックス)

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

学研から出版されているサッカールールブックで、一目でも分かりやすいよう、サッカールールをイラスト付きで解説しています。

サッカーの試合中には、前半・ハーフタイム・後半・アディショナルタイムなどの区切りがあります。

各区切りでの試合進行でのシステム以外に、反則やフリーキックといった様々なケースに関するルールについても触れています。本書最後にはサッカールールの理解度を試す100問テスト、巻末にはサッカー用語解説を加えた充実の1冊になっています。

クイズでおぼえるサッカールール 日本サッカー協会監修

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

日本サッカー協会が監修した、クイズ形式で覚えていくサッカールールを1冊にまとめています。

どうしても一からサッカールールを学ぶのが億劫である人にも、これからサッカー知識を身に付けたい子供にも手に取りやすいです。全体で100問を掲載し、試合の基本ルールから戦術用語だけでなく、興味深いサッカー知識まで遊びながら学べるサッカークイズを収録しています。

小学生サッカープレーヤーの場合であれば、保護者やコーチとも一緒にクイズで楽しくサッカートレーニングできます。

まとめ

サッカーのルールは数多くありますが、レッドカードもその一つであって審判が提示するタイミングがあります。

目に見えて分かりやすい時もあれば、提示枚数や提示対象などよく分からないことまでを網羅することで、よりサッカーの見方を深めていけます。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定