あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

ジギング初心者必見!使う道具とやり方を徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2020/08/27

更新日 :2020/08/27

この記事では、ジギングをこれから始めていきたい初心者が備えておきたい知識を中心に解説していきます。

引きが強い様々な魚種を釣り上げられることで人気があるジギングですが、デビューを果たしたい初心者には、必要な釣り道具や釣りに必要な方法で分からないことが多くあるものです。

そこで、ジギングを楽しむために揃えておきたい道具から、ジギングの種類に合わせて知っておきたい釣りの方法まで、安心してジギングを楽しめるようノウハウを解説していきましょう。

目次

スポンサードサーチ

ジギングとは

ジギングとは、メタルジグを海底に落として泳いでいる魚を狙うルアーフィッシングの一つです。

メタルジグをリズミカルにしゃくってターゲットを誘い出しますが、引きが強いターゲットと格闘する場面もあり、体力を必要とする重労働を行います。

下記でジギングの種類についても解説しますが、これからジギングを始めたい初心者にとっては、様々なルアーアクションを身に付ける必要もあります。
ただし、サイズや種類が異なる魚種を釣り上げられる醍醐味に惹き込まれる釣り人も多いことが特徴です。

ジギングの主な種類

主に3種類のあるジギングの違いを知っておく必要があります。

種類が違えば楽しみ方も準備の仕方も変わってきます。初心者が存分にジギングを楽しむために、ジギングの中で始めやすい方法はどれかをつかんでおくことも大切です。


  • ライトショアジギング

  • オフショアジギング

  • ショアジギング

ライトショアジギング

ライトショアジギングとは、ショアジギングと比較して重量が軽いジグとタックルを用いたルアーフィッシングです。

ターゲットは小・中型の青物をメインとし、20gから60g程度のメタルジグを使用して、ライトショアジギングロッドやシーバスロッドなどでルアーを操ります。

狙い目となる時間帯は、夜明けから日の出までの約1時間が最適とされ、海中に差し込む光量が増えることで、ターゲットが活発になります。
手軽なタックルで楽しめることで人気が出ていますが、ショアジギングとの極端な区別はありません。

オフショアジギング

オフショアジギングとは、船上で行うジギングフィッシングであり、釣り船を操作する船頭が釣りスポットまで連れて行ってもらえます。

そのため、詳しく釣りの穴場が分からない初心者でも釣果が望めることが多いです。ルアーはメタルジグを使用しますが、海上の潮流などの状況に合わせて、重量が100gから300gのメタルジグを使い分けて引きの強いターゲットと戦います。

基本的に船上での釣りになるので、ライフジャケットや長靴の準備はもちろんですが、酔い止め薬も常備しておく必要があります。

ショアジギング

ショアジギングとは、陸から行うジギングですが、サーフをポイントにする場合もあれば、磯から狙う場合もあります。

重量60g以上のメタルジグを使用し、専用のショアジギングロッドでブリやヒラマサなど大型の魚種をターゲットにします。

様々な魚種を狙えることが醍醐味の一つであるショアジギングであるため年中通して楽しめます。
ただし、初心者が注意すべきことは、ターゲットが活発に活動する時間や引きの強さなど釣りに必要な知識を準備段階で仕入れておくことです。

スポンサードサーチ

ショアジギング初心者向けに必須の道具を紹介!

ジギングだけに限らず、釣りを楽しむためにはタックルを揃えることから始まります。

釣具店に数多く陳列されたロッドやリールなどを、初心者が頭を悩ます問題点でもあります。
ジギングに必要なタックル選びのポイントをパーツに分けて細かく解説していきましょう。


  • タックル

  • ロッド・リール

  • ルアー

タックル

釣りを始めるにはタイプに合わせたタックルが必要です。
タックルにはスピニングタックルベイトタックルがありますが、初心者が慣れていくにはスピニングタックルが適しています。

ベイトタックルに比べて操作しやすいことだけでなく、ライントラブルを起こしにくいことも理由に挙げられます。魚の誘い出しにも、スピニングタックルでのハイピッチジャークや、ベイトタックルでのスローピッチなど特徴があります。

ただどちらにおいても、タックル一式を揃える場合は、メーカーを統一しておくことが無難です。

ロッド・リール

ジギング専用のロッドを準備するには、5フィートから6フィートの長さで、メタルジグの操作に支障がないよう100gから300gの自重範囲で使用することを考慮しておく必要があります。

リールについてはタックルでも触れましたが、スピニングリールとベイトリールがあり、引きが強い魚種と対峙するために3500番以上のリールを手にするようにします。

ラインコントロールやしゃくりなどの操作に違いがあり、スピニングリールの方が初心者にとっては安定したリール操作を発揮しやすいです。

ルアー

ジギングで使用するルアーとなると、基本的には金属で製造されたメタルジグを使用し、ターゲットや釣り場に合わせてデザインを変更して臨むことになります。

メタルジグの重量は100gから300gの範囲で使用されることが多く、海底に沈める速度やターゲットの引きに負けない強度も特徴になります。

肝心のルアーの色の種類は、デザインとも相まって豊富にありますが、初心者にはシルバー、ピンク、ブルーなどは、目立つ色としてターゲットの食いつきの良さを確認しやすい種類です。

種類別初心者向けジギングのやり方!

前記でジギングの種類を説明ししましたが、実践的な方法をジギングの種類に分けて解説していきます。ジギングデビューを果たしたい初心者にとっては知っておきたい方法を盛り込んだ動画なので、参考にした上で快適なジギングデビューを飾ってもらいたいです。


  • ライトショアジギング

  • オフショアジギング

  • ショアジギング

ライトショアジギング

手持ちのシーバスタックルでも楽しめるライトショアジギングを、初心者でも手軽に楽しめる入門講座です。

タックル・装備・ジグ・釣り方をしっかりつかんでおくことで、明日からすぐに始められます。例えば3000番台のリール、1号から1.5号のPEラインなど、ライトな所から始められる手法です。

堤防で快適に楽しむためには、釣り具だけでなく身の安全を確保する装備も重要です。
釣り方は、キャストしてルアーを少し沈めつつも表層でアクションをかけながら攻めていくようにします。

オフショアジギング

船上でのジギングでハードルが高いと思われている所もあるオフショアジギングを、初心者に向けた始め方を解説しています。

ハードルが高い理由の1つとして、タックル以外の様々な装備を揃える必要があるからですが、ロッドとリールはレンタル利用で手軽に始められます。

釣りの手法に大きな違いはありませんが、ターゲットがいる釣り場まで船で移動できることがメリットの1つです。海域によって準備する装備に違いは出てきますが、初心者であることを事前に伝えておくことは重要です。

ショアジギング

初心者に向けたショアジギングを必要なタックルの基本知識から丁寧に解説しています。

ロッドの硬さ、使用ラインの太さ、根ズレに強いリーダーなどタックルに必要なポイントを重量と共に逃さないようにしましょう。

実際の釣り方は、キャスト前にルアーを必要長さ分を垂らして置き、周囲に注意して行います。
アクションを加える時は、ラインを一巻きするごとにしゃくることで、アクションを伝えやすくなります。自然を相手に戦うことにもなるので、風の向きなど注意するポイントを押さえていきましょう。

スポンサードサーチ

初心者に人気おすすめジギンググッズ3選!

これからジギングを始める初心者に困らないおすすめグッズを3点紹介していきます。

初心者にとっては何から揃えれば良いか悩むことが多いですが、紹介するおすすめグッズがあれば商品選びに迷うことなく、すぐにジギングを始める準備も整います。

プロマリン(PRO MARINE) PEゲームショアジグ セット

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

ロッド・PEライン・リールの3点セットになっている、初心者にとってはタックル選びに困らないエントリーセットです。

ロッドは全長2.88m、セットの総重量は288gで初心者には負担にならないサイズであり、ショアジギング用として最適です。スピニングリールにPEラインが付属されていますが、最大3号までのラインを使用可能です。

ルアーの適合鉛については、最大100gまで対応でき、釣り場に合わせた様々なルアーを幅広く対応させやすく、使いやすさと釣りやすさを体感できます。

メタルジグ メタルアディクト タイプ

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

見た目だけでなくルアーアクションにおいても、リアルなフォルムを実現したターゲットの食いつく気の良さを実感できます。

目立つカラーによるコンパクトボディだけでなく、リアルプリントを施すことで食いつく確率を上げる工夫もされています。

また、ティンセル付きで大型フックシステムを新たに搭載したことで、ルアーアクションで気になるライン絡みなどのトラブルも起こしにくいです。
ターゲットのスムーズな食いつきに直結しやすいよう、リアルを追求した本格メタルジグです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール ジョイナス 2016年モデル

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

数あるダイワのスピニングリールの中でも、スムーズな回転性能と引きに強い耐久性を兼ね備えたジョイナスシリーズです。

従来のジョイナスシリーズと比較しても、スプールの回転フィーリングが大幅に向上し、ライン絡みによるトラブルも軽減されています。ギヤにはデジギヤ2を搭載して耐久性を備え、キャスト時の快適な飛距離をもたらすABS2といったダイワ独自の技術が釣り人をサポートしてくれます。

淡水・海水問わず使用可能で、大型サイズに対応する4500番・5000番も取り揃えています。

まとめ

一言にジギングと言っても種類が違えば、準備に必要なタックルにも違いがあるため、初心者にとっては準備に四苦八苦します。

最低限必要な知識を備えておけば、ジギングを十分楽しめるので、実際に釣り場で実践経験を積み重ねていきましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定