あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

ルアー釣りを始めようとしている方必見!ルアー釣りの基礎知識を解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/08/10

更新日 :2020/08/20

ルアー釣りを楽しみたいのであれば、まずはルアーの種類をはじめとしたルアー釣りに関する知識を獲得することが第一歩になります。

ルアーは生きている餌のような魚を食いつかせる匂いを放つことが少ない代わりに、小魚や虫の動きを再現しやすいのが利点です。

こちらの記事では、ルアーの種類やルアー釣りで注意すべきことなど、ルアー釣りに必要な基礎知識を解説していきます。

ルアー以外に必要な装備や道具、初心者にもおすすめのルアー釣りグッズも紹介するので、ルアー釣りに興味がある人は参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

ルアー釣りとは

ルアー釣りとは、その名の通りルアーを用いて行う釣りのことです。ルアーとはいわゆる疑似餌のことであり、ゴカイなどのような生きた餌とは異なります。

生きた餌を活用した釣りとの最大の違いは魚との駆け引きです。ルアーをいかに本物の魚のように見せるかが、魚を食いつかせるポイントになります。

生きた餌の場合、激しく動かすと針から餌が取れてしまう可能性がありますが、ルアーについてはむしろ、動かし方を工夫することが重要です。

ルアー釣りで釣れる魚

ルアーは川や海といった釣る場所に関係なく活用できるグッズです。釣る場所によってルアーに食いつく魚が異なるので、あらかじめターゲットとなる魚の特徴を知っておきましょう。

川釣りであれば、ブラックバスやブルーギルなどがルアー釣りの獲物になります。海釣りの場合は、シーバスやアジなどの魚を狙うのが一般的です。

スポンサードサーチ

ルアーの種類

ルアー釣りに挑戦したいと思っているなら、事前に知っておくべき知識があります。それは、ルアーの種類や特徴です。

各ルアーがどのような特性を備え、どのようなシチュエーションで活用するのが適切なのか知っておくと、魚との駆け引きを有利に進めることが可能になるので、ルアーの特徴を押さえておきましょう。

ルアーの種類について以下の2つのポイントから解説します。


  • ハード ルアー

  • ソフト ルアー

ハード ルアー

ハードルアーとは、比較的硬い素材を加工してルアーにしたものを意味します。具体的には、プラスチックや金属、木材などの素材です。

ハードルアーはさらに、メタルジグやポッパーなどの種類に分類されます。

メタルジグとは重量のある金属を素材として活用することで、空気抵抗や水の抵抗を受けにくくしているハードルアーのことです。

ポッパーは水しぶきを演出するための機構が備わったルアーであり、水面に魚を誘い込むときに利用します。

ソフト ルアー

ソフトルアーはハードルアーとは対照的に、柔らかめの素材で作られたルアーのことです。

合成樹脂やソフトプラスチックを活用することで、ハードルアーとは異なる動きを演出することが可能なルアーになっています。

ハードルアーは小魚を模した形状をしているケースが多い一方、ソフトルアーはミミズやカエルなどの生物に寄せた形のものも存在することを覚えておきましょう

いわゆるワームと呼ばれるタイプのルアーはソフトルアーの代表例です。

ルアー釣りで必要な道具と装備

ルアー釣りはルアー以外にも用意すべき道具が複数存在します。ルアーを吟味することも重要ですが、ルアー釣りを快適に行うためのグッズの確保にも取り組みましょう。ルアー釣りに適した装備を身につけることもまた、ルアー釣りで不便を感じないためのコツです。

ルアー釣りで必要な道具と仕掛けについて以下の2つのポイントから解説します。


  • 装備

  • 道具

装備

ルアー釣りを始めようと思うなら、まずはルアー釣りをする場所に合わせて必要な服装を整えることが重要です。海でツアー釣りをする際には、安全に配慮しながら釣りを楽しめる服装を心掛けてください。

堤防などから落ちたときへの対策として、フローティングベストの着用は最低限の装備といえます。

日焼けが気になる場合は、日焼け止めを塗るだけでなく、長袖のアンダーシャツなどを着用して、日差しから肌を守りましょう。

磯でルアー釣りをするのであれば、滑り止めの付いた靴を着用することが事故の防止に繋がります。

岩を掴むことを考慮したうえで、指が出ていないタイプのフィッシンググローブを着用するのもひとつの手段です。

磯は波の動きによっては海水を浴びるケースも考えられるため、レインジャケットなどを着用すると防寒対策になります。

道具

ルアー釣りを楽しみたい人は、ルアー以外の釣具を揃えるところからこだわりましょう。ルアー釣りは、ルアーが付いた糸を水面に向かって投擲し、魚を食いつかせることになります。

こうした動きの中で必要になってくるのが、ロッドやリール、ラインです。さらに、ラインを扱うためのカッターやルアー、ルアーケースといったグッズも必要になることを覚えておいてください。

ロッドとリールは、ルアーの投擲やラインを巻き上げるのに不可欠なグッズです。ラインとは釣り糸のことであり、狙っている魚によって太さや強度を変えていくことになります。

ラインを切断するのに役立つのがラインカッターです。ラインカッターの代わりにペンチを活用することもあります。複数のルアーを使い分けるときは、ルアーケースにルアーを収納しましょう。

スポンサードサーチ

ルアーロッドの選び方

ルアー釣りにおいて、ルアーロッドは非常に重要な役割を担っています。ルアーロッドが適切な種類でないと、思った場所にルアーを投擲することが難しくなるからです。

ルアーロッドを選ぶ際には、まず長さに注目しましょう。

ルアーを遠投したいときは比較的長いロッドを活用します。ロッドパワーと呼ばれる指標は、使用可能なルアーや魚の重さをもとにロッドを選ぶときに活用してください。

LやULと表記されたルアーロッドは、ロッドパワーが比較的低い傾向にあります。反対に、XHやEXHとなどと表記されたルアーロッドは、ロッドパワーが高めです。

初心者必見!ルアー釣りの方法

ルアー釣りはまず、ターゲットとなるエリアにルアーを投擲することが最初の一歩です。ルアーの投擲をキャストと呼ぶこともあります。

キャストの際は、後方を確認した後に振りかぶり、ロッドをしならせる形で、ルアーを投擲しましょう。

最初のキャストでは、ルアーを水中深くに潜らせるのではなく、ルアーに動きを付けながら巻き上げるのが基本です。表層を探っても当たりが出ない場合は、徐々にルアーを水中深くに落としていきましょう。

魚が食いついたら竿を立てて、ラインが緩まないようにリールを巻き上げます。

スポンサードサーチ

ルアー釣り人気おすすめグッズ2選

ルアー釣りに取り組みたい場合は、まず基本となる釣具から揃えていきましょう。必要最低限のグッズが手元にないと、ルアー釣りを始めることが難しくなります。

ルアー釣りに慣れていない場合は、諸初心者向けのセットを活用するのもひとつの手段です。

ルアー釣りのときに試して欲しい2つのグッズを紹介します。

Goture ジグヘッド 交換用ボディー付き 5本セット

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

最初に紹介するのはGoture ジグヘッド 交換用ボディー付き 5本セットです。こちらは5本のルアーと交換用のボディがセットになったルアーです。

バイブレーションジグヘッドにワームのボディを装着することで、よりリアルな魚の動きを再現しやすくなっています。

また、海釣りだけでなく淡水での釣りでも使用できるルアーに仕上がっている点にも注目です。シーバスはもちろん、チヌや根魚、ヒラメなど幅広い魚をターゲットにしています。

シマノ ロッド ルアーマチック

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

国産の釣具メーカーとして名高いシマノから発売されているシマノ ロッド ルアーマチックは、幅広いツアー釣りを楽しみたい人に向いているルアーロッドです。長さによってターゲットとしている魚が異なっています。

シーバスや太刀魚を狙っているなら、 S86MLやS90MLのシマノ ロッド ルアーマチックを試してみましょう。S60ULはトラウトフィッシングなどのライトフィッシングに向いています。

シマノのロッドの中では比較的安価なので、釣りたい魚に合わせて複数購入しておくといった使い方も可能です。

まとめ

ルアーと呼ばれる疑似餌を活用するルアー釣りは、魚との駆け引きを楽しみたい人に向いている釣りです。

ルアーの種類や特徴を理解したうえで、必要な道具や装備を整えるところからルアー釣りの準備を進めていきましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定