あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

マスクトレーニングの効果とは?マスクトレーニング・高地トレーニングの効果を解説

スポシル編集部

公開日 :2020/07/29

更新日 :2020/07/29

この記事では、トップアスリートが合宿などで実践する高地トレーニングに近い効果が得られるとされるマスクトレーニングを紹介します。

疲れにくい体や心肺機能を手に入れるために実践されていますが、一般に行おうとすると高地まで行くには時間やお金の問題が出てきます。

そこで、高地トレーニングに近い感覚を得られる方法の一つに、特殊なマスクを着用したトレーニングがあります。

代替方法のポイントだけでなく、昨年設立された高地トレーニングに近い環境の代替施設についても取り上げていきます。

目次

スポンサードサーチ

マスクトレーニングの効果は?

アスリートが行うような高地トレーニングができなくても、近い効果を得られる方法としてマスクトレーニングがあります。

トレーニングマスクを使用することで得られる効果があれば、実際の高地トレーニングとどのような違いがあるかについても触れていきましょう。


  • マスクトレーニングの効果

  • 高地トレーニングとの違い

マスクトレーニングの効果

トップアスリートが行う高地トレーニングを一般で行うことが難しいので、近い効果が得られるよう開発されたマスクでトレーニングによる効果は主に呼吸器にあります。

肌にフィットしてバルブで空気の通り道に抵抗をかけて、呼吸しづらい環境を作りやすくします。呼吸しづらい状況を高地ではない環境でも簡単に作り出せ、マスク内の酸素濃度を下げる状態になります。

抵抗のある状況によるトレーニングで、心拍数を上げて呼吸筋を鍛えるのに適しています。

高地トレーニングとの違い

マスクトレーニングで高地トレーニングとよく似た状況を作り出せますが、決定的に違うポイントは周囲の環境までは変えられないことです。

あくまでマスクトレーニングは、マスクを装着して呼吸に負荷をかけることに比重を置いているため、取り巻く環境そのものが変わるものではありません。

高地トレーニングでは、平地とは気圧も周囲の酸素濃度も含めて体全体に負荷がかかる環境で行うことになります。そのため、呼吸に加えて体感する負荷を感じながらのトレーニングがイメージできると良いでしょう。

トレーニングにおすすめのマスクの特徴

トレーニング時にマスクを装着する特徴がたくさんありますが、大きな特徴は体にかかる負荷を段階に合わせて調整しやすいことです。

日常生活での環境でも高地トレーニングに近い状況に適応させられます。もちろん、心肺機能を鍛えることに特化していることも特徴であるため、一般に難しいとされる横隔膜に効率良く刺激を与えられます。

また、装着したままトレーニングを行うことになりますが、個人差がある能力に合わせて強度を合わせられることも使用しやすいポイントにもなります。

スポンサードサーチ

高地トレーニングと同じ効果を得るには?

実際に高地までトレーニングには行けないものの、マスクトレーニングだけでは得られない体への効果を得たいものです。

どのような施設を利用することで、高地に替わるトレーニングを実践できる施設があるかについても紹介していきましょう。


  • 高地トレーニング効果

  • 高地トレーニングの代替トレーニング

高地トレーニング効果

高地トレーニングで得られる効果は、目に見えない体内での変化に見られることが多いです。例えば、血液中の赤血球が増加し、筋肉へより多くの酸素を運ぶ能力が付きます。

赤血球が増えるということは、血液量が増加していることにもなるので、血液循環の効率も上がっていきます。他には、最大酸素摂取量が増加し、長距離走などではより筋肉の酸素供給をお行えます。

筋肉が効率良く動くようになってくると、筋肉疲労の元ともされる乳酸が生成されにくくなるなど、体にもたらす効果がたくさんでてきます。

高地トレーニングの代替トレーニング

実際に高地トレーニングはできなくても、それに近い代替トレーニングを実践する方法は、人工的に作られた低酸素環境でのトレーニングになります。

例えば、2019年11月の東京豊洲に設立された都市型低酸素トレーニング施設があり、日常生活と比べて標高2000m以上を想定した酸素濃度の設定が可能です。

プロアスリートだけでなく、会員になれば一般でも利用でき、持久力アップのために高地まで移動する必要がないので、運動に必要な時間とエネルギーを捧げられます。

まとめ

体に磨きをかけるためにトレーニングを行う人が多いですが、現地まで足を運んだ高地トレーニングを実践するだけの時間や費用はなかなか賄えません。

そこで、心肺機能を高めるための方法としてマスクトレーニングで、効率良く応用できることを紹介してきました。

実際の高地と近い効果を得るためには相応の施設を利用することを求められますが、身近にできる体への負荷ではマスクで調整を図りながら実践してみましょう。

疲れにくい体を身に付けて、日々元気に過ごすトレーニング方法としておすすめです。

最後に記事の内容をおさらい!
・身近な心肺機能向上方法はマスクトレーニング
・能力に合わせて酸素負荷をマスクで調整可能
・いざとなれば低酸素空間を実現した施設で代替トレーニング

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定