あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

ジッターバグって何?その正体から種類、使い方までご紹介!

スポシル編集部

公開日 :2020/07/29

更新日 :2020/07/29

最近人気を集めているナマズ釣り。ナマズ攻略に必須アイテムなのがジッターバグです。ジッターバグの歴史は古く、1937年にアメリカのメーカーによって販売が始められました。

昔ながらの構造を持つストレートタイプと呼ばれるジッターバグも現役ですが、最近では改良が加えられ、動きがより滑らかになったジョイントタイプが主流となっています。

ジッターバグの使い方と合わせご紹介していきましょう!

目次

スポンサードサーチ

ジッターバグとは

出典:釣りコミュニティ

ジッターバグとは、ナマズ釣りに欠かせないプラグのことです。

構造はカップが下向きに付いていて「カポカポ」という独特の音を鳴らして魚を誘い出すというノイジー系のプラグです。

ジッターバグには2種類あり、ボディが1つのパーツからなるストレートタイプ、2個のパーツを組み合わせたジョイントタイプがあります。

ストレートタイプに比べ、ジョイントタイプのほうが動きが滑らかになります。

ジッターバグの種類

出典:amazon.co.jp

ジッターバグには2種類あります。昔ながらの構造を持つストレートタイプ、そしてより改良を加え、魚へのアピール度を高めたジョイントタイプです。

どちらもノイジー系プラグであることに変わりはありません。

それぞれの特徴について解説していきます!


  • ストレートタイプ

  • ジョイントタイプ

ストレートタイプ

ジッターバグの元祖は1937年、アメリカのフレッドアーボガスト社が発売したノイジー系プラグまで遡ります。その頃から基本的な造りが変わっていないのがストレートタイプと呼ばれるプラグです。

プラグが一つのボディで作られていて、裏のカップで音を鳴らす仕組みとなっています。

ジョイントタイプ

ストレートタイプの進化形であるジョイントタイプ。その特徴は2つのパーツが繋がった状態になっていることです。

一方のパーツは可動式となっていて、ストレートタイプではできないヒラヒラとした動きで魚を誘惑します。

ただし、パーツが増えたことによりストレートタイプよりも一回り大きく、取り回しが難しくなるという難点もあります。

スポンサードサーチ

ジッターバグの使い方

出典:amazon.co.jp

ジッターバグを実際に使う時のテクニックを3つご紹介します。

テクニック、とまでは大げさな表現かも知れませんが、ナマズの特性に合わせた動きをすることで、よりバイトする可能性がアップしますので、頭に入れておきましょう。


  • ただ巻き

  • ストップ&ゴー

  • ドッグウォーク

ただ巻き

ジッターバグは基本的にただ巻きで使用します。ジッターバグのカップから出る水しぶきと「カポカポ」という音で十分ナマズを引き寄せることができます。

というのもナマズはあまり目が良くない魚なので、音を頼りにエサを捕獲にいきます。

ですのでプラグの動きはもちろんのこと、音を絶やさないような動かし方をマスターしましょう!

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーとは、ただ巻きしているところからジッターバグをピタッと止める動作を入れることです。可能であればジッターバグを静止させるくらい動きを止めましょう。

つまり、「食わせ」の時間を作り、せっかくのバイトをミスすることなく確実に仕留めるためのテクニックなのです。

魚に不信感を与えないようピタッと止めるコツをマスターしましょう!

ドッグウォーク

水面すぐ下を攻めるトップウォータープラグには重要なテクニックとなるドックウォーク。

リールを巻きながらロッドを小刻みにしゃくることでジッターバグに不規則な動き(=ドッグウォーク)を与え、魚の好奇心に訴える技術です。もちろん、魚によって喰いつくプラグの動きとそうでない動きは違います。

日本語としては適切では無いかもしれませんが「規則性のある不規則な動き」とならないように注意しましょう。

ジッターバグ人気おすすめ5選

自重 6.4g
サイズ 508mm
フックサイズ #6

ジッターバグの生みの親が作る、スタンダードな一品

ジッターバグをこの世に送り込んだ、アーボガスト社のジッターバグです。1937年の発売開始以来、基本的な構造は変わらず現在も多くのアングラーに愛用されています。

それだけ当初の設計から優れていたという証でもあります。ストレートタイプで扱いやすく、スタンダードな一品と言えるでしょう。

ジッターバグの入門編としておススメします!

自重 14,5g
サイズ 68mm

目を引くデザイン&カラー。ナマズへ見た目でもアピール!

ジッターバグはストレートタイプからジョイントタイプへ進化を遂げたように、デザインやカラーリングも様々なバリエーションが揃っています。

その中でも特に目を引くのがスミス キャタピー。イモムシのようなデザインと、鮮やかなボディカラーには思わず目を惹かれます。

視力があまりよくないと言われているナマズですが、このジッターバグならば、そんなことは関係ない!と思わせるような一品となっています。

自重 16g
サイズ 65mm

ナマズ攻略はこのジッターバグにお任せ!

商品名からいかにもナマズ攻略に役立ちそうなコーモラン社のでんぐりガエル鯰SP。

フッキング率は高いがナマズへのダメージが著しいトリプルフックを止め、バーブレスダブルフックを採用するなど、とにかくナマズ釣りに特化し改造が施されているのが特徴です。

もちろん、ナマズへのアピール材料もバッチリ。本体にプロペラが付いているので、回転音と水しぶきでナマズの好奇心を煽ります!

アーボガスト ルアー ジョインテッドジッターバグ G620-03

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
自重 9.9g
全長 635mm

独特なカップ形状が奏でるサウンドは、ナマズを魅了する!

独特な形状をしたカップで水からみがよく、ナマズをも魅了する音を鳴らし続けます。

また、胴体と可動パーツである尾ひれはヒートンで繋がれており、カップのノイズを構成するのに役立っています。

ノイズが物足りないと感じる方は、ヒートンを外してラトルを入れてみるのもいいでしょう。鮮やかなイエローボディは水面下でも存在感は抜群!です

ジャッカル ヒゲダンサー ザリガエル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
自重 16g
全長 66mm

ノッキングサウンドでナマズを誘う!フッキングの悪さにも対応

ジョイントで繋がれた2つのパーツが干渉し「カコカコ」という独特なサウンドでナマズを誘惑します。

ジョイント部がしっかりと水を噛むので止水域から急水域でもストレスなくジッターバグを使うことが出来ます。

さらにナマズゲーム最大の難所であるフッキングの悪さにも対応。ボディ形状やフック位置を改善することで抜群のフッキングを実現しています。

スポンサードサーチ

まとめ

ジッターバグについてご紹介してみました。いかがでしたでしょうか?

一口にジッターバグと言っても様々なデザインや機能性があります。またジッターバグにとって最も大切ともいうべき「音」もノイジーさは千差万別です。

ぜひ自分のエリアに合ったジッターバグを見つけ、どんどんナマズを攻略してください!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定