あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

ガングリオンは手首だけじゃない足にもできる!特徴や原因を解説!

イクサポ(育成フィジカルコーチ)

公開日 :2020/07/02

更新日 :2020/07/02

足にブヨブヨしたこぶができたらそれはガングリオンかもしれません。

ガングリオンは手の周囲にできるものが多いですが、足にもできることが知られています。

足は手と違って靴をはくので違和感があったり、ガングリオンが神経に触って痛むと歩行がつらいこともあるでしょう。

この記事では、足にできたガングリオンの特徴とその原因を解説していきます。

何科の病院を受診すればいいのかや治療方法も紹介するので、ガングリオンかもしれないと思ったら良性だからといって放置せずにまずは病院へ行きましょう。

目次

スポンサードサーチ

足のガングリオンとは

ガングリオンの多くは手首や手の甲にできるものが70%以上ですが、足や足首の関節にできるものも10%程度あります。

足のガングリオンは、発症メカニズムとしては手首のガングリオンと同じで、関節の袋が飛び出してゼリー状の液体が溜まったものです。

しかし、手首にできるガングリオンよりも再発率が高く、手術で取っても再発することも多いでしょう。

また、ガングリオン自体は無症状ですが、ガングリオンが神経を圧迫して歩行時に激痛を感じたり、スポーツ時に痛くてパフォーマンスが悪くなる「前足根管症候群」になってしまうこともあります。

足のガングリオンの原因と治療法

では、足にできるガングリオンの原因と、治療法を解説していきます。

治療の際に受診すればよい科も併せて紹介しましょう。

症状がなくとも、様子をみても構わないガングリオンかどうかを専門家である医者に判断してもらうことが大切です。


  • 足のガングリオンの原因

  • 足のガングリオンの治療法・何科にかかれば良い?

足のガングリオンの原因

ガングリオンは関節や腱の動きをスムーズにするクッション材「関節包」が袋ごと飛び出し、その袋に関節包内の潤滑液が溜まって濃縮されゼリー状になってできます。

しかし、何故その袋ができ、ガングリオンになってしまうのかについてははっきりわかっていません。

傾向としては、20代~50代の女性に多く見られます。

足関節の使いすぎも考えられますが、自然発生する場合も多く、それだけが直接の原因とは言えないようです。

遺伝があるかどうかもわからず、証明はされていないのが現状です。

足のガングリオンの治療法・何科

足にできたガングリオンも手首などにできるガングリオン同様、整形外科を受診するのが良いでしょう。

注射針で中の液を抜いてガングリオンかどうかの診断をします。

ゼリー状の液であればガングリオンですが、抜いてみると黄色いサラサラの液で骨液包炎だったということもあるでしょう。

ガングリオン治療法としては保存療法か外科的療法のどちらかになります。

保存療法はガングリオンの中の液を注射器で除去します。

外科療法ではとび出た関節包を外科手術で除去しますが、再発の可能性もゼロではありません。

スポンサードサーチ

まとめ

ガングリオンは良性の腫瘤で自然治癒することも少なくありません。

しかし、足のガングリオンは頻度は少ないながらも再発率が高く、歩行時に神経を圧迫して激痛を伴うこともあります。

ガングリオンが疑われる場合は放置せず整形外科で診断を受け、適切な治療をしましょう。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定