あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

【2020年最新版】ベイトフィネスロッドの人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2020/07/02

更新日 :2020/07/02

ベイトフィネスといえば重い仕掛けや太いラインを操作性よく操ることができるベイトリールを使いつつ、従来はスピニングリールで投げるのが当然とされてきたライトベイトを投げることでベイトとスピニングのいいとこ取りをできる釣りのスタイルです。

今回は人気メーカーであるダイワ、アブガルシア、シマノのロッドについて長さ・硬さなどの選ぶポイントを押えながら2020年現在でオススメしたいべイトフィネスロッド について解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

ベイトフィネスロッドとは

出典:https://www.point-i.jp/

【フィネス】とは微振動・微波動を駆使した繊細な釣りをさす言葉です。
また、【ベイトリール】は重い仕掛けや太いラインを巻くことができるリールのことです。

ライトルアーと呼ばれる軽い仕掛けや細いラインは【スピニングリール】という種類のリールを用いることが一般的ですが、2011年ごろからライトルアーをベイトリールで投げる【ベイトフィネス】と呼ばれるフィネスフィッシングが確立されています。

ベイトフィネス用のロッドは軽量のルアーを扱うため繊細なアタリを逃さないよう、一般的に軽くて好感度なものが多いです。

ベイトフィネスロッドのメリットとデメリット

細かなテクニックを駆使するベイトフィネススタイルはルアーフィッシングの醍醐味を味わいつつ安心感もあるといういいとこ取りではあるのですが、当然良い点もある代わりに不利な点もあります。メリットとデメリットをみていきましょう。


  • メリット

  • デメリット

メリット

スピニングリールでは太いラインを使えないため、『カバー』と呼ばれる立木で覆われた場所をタイトに攻めるとラインが切れてしまいます。

一方のベイトリールであれば太いラインでライトルアーを操ることができますのでラインが切れるのを恐れずに攻めることができます。

スピニングリールでは攻略不可能だったカバーを狙えることは、これまでキャッチすることができなかった魚を狙えるということになります。フィネスの弱点を補ってくれるというのがベイトフィネスリールであり、べイトフィネスロッド なのです。

デメリット

ベイトリールとスピニングリールの良いとこ取りがベイトフィネスなのですが、デメリットは遠投性能に欠ける点です。

ベイトリールは投げる際にハンドルの抵抗が糸にかかる構造になっていますが、スピニングリールは投げる際に糸に抵抗が掛からないので軽いルアーを楽に遠投するとなるとスピニングリールの方に分があります。

山上湖などのオープンウォーターをおかっぱりから広範囲に探る釣りには不向きと言えます。

スポンサードサーチ

ベイトフィネスロッド選びで迷ったら人気おすすめメーカー

ベイトフィネスフィッシングのロッドは多種多様です。

まずは気に入ったメーカーを決めて、その後で使用環境に合うモデルに絞っていくのが良いかもしれませんね。ここからはベイトフィネスロッドの人気のメーカーを3つ紹介します。


  • ダイワ

  • アブガルシア

  • シマノ

ダイワ

国内2大総合釣具メーカーであるダイワ。

釣種や製品カテゴリーを問わず、優れた製品ラインナップがあります。2018年には創業60周年を迎え、さらに充実した製品ラインナップを展開。

ダイワブランドだけで釣具を揃えている人も少なくありません。ダイワの人気ロッドシリーズは「ブラックレーベル」やハイエンドバスロッド「STEEZ(スティーズ)」などがあり、軽くて手返しの良いのが特徴です。多くのアングラーがそのクオリティの高さを実感しています。

アブガルシア

アブガルシアは、ピュアフィッシングジャパンが取り扱っているスウェーデンの総合釣具メーカーで、リールやロッドには「スウェーデン王室御用達」のエンブレムが入っています。

ベイトリールのラインナップが特に多いことで知られています。古くからのファンが多い丸型ベイトリール・アンバサダーシリーズや、最新技術を駆使したレボシリーズがあります。

ロッドはナノカーボン素材のファンタジスタというシリーズが高い人気を博していますが、ソルト専用のシリーズなど様々なロッドが開発されています。

シマノ

シマノは、高い金属加工技術やカーボン製造技術を持っていて、自転車ギアの世界No.1ブランドとして知られています。

釣具部門は後発ではありますが技術力を武器に今や国内2大釣具メーカーと呼ばれるまでに成長してきました。

耐久性に優れているのが特徴で長年安心して使えることから初心者からベテランアングラーまで人気のメーカーです。特にリールやロッドに関しては『スコーピオン』シリーズが人気で、20年以上のベテランアングラーの中にはスコーピオンシリーズの新作が出るたびに購入するほどのファンも少なくありません。

ベイトフィネスロッドの選び方

べイトフィネスロッド を選ぶときには多くのポイントがありますが、中でも下記の基本的な3ポイントを把握しておくと店頭で情報収集をする場合でもスタッフに尋ねやすいかもしれません。

べイトフィネスロッドの基礎知識について解説していきましょう。


  • 長さ

  • 重さ(獲物によって)

  • 使用するルアーによって

長さ

ベイトフィネスロッドの長さは基本的には6.6フィート(約2m)前後の長さがスタンダードです。

小さな池がメインフィールドとなる方は5.8〜6.4フィートくらいが良いでしょう。池に多いオーバーハングがある場合は水面を叩かないようショートロッドがオススメです。

大きな湖や川がメインフィールドとなる方でしたら飛距離が必要な場面が多いため6.4〜7.10フィートの間で選ぶと良いでしょう。

重さ(獲物によって)

ベイトフィネスで使用するロッドはバスやトラウト、ライトロックフィッシュ狙いならL(ライト)、小物から中型魚まで幅広く対応できるのがML(ミディアムライト)、淡水からソルトまで、オールジャンルに魚種を問わず使えるのがM(ミディアム)です。

メーカーによってはそれらの間のL+(ライトプラス)などもあります。状況や好みのよってはMH(ミディアムヘビー)でもよいと思います。

使用するルアーによって

ベイトフィネスで使用頻度の高いルアーウェイトですが、何グラムまでがベイトフィネスであるという明確な定義はないのですが一般的にライトルアーの範疇にある2g〜8gがベイトフィネスで使用されるルアーのウエイトです。

なかでもスピニングの操作性では操るのが辛く感じる4g〜6g程度のルアーでは特に操作性に長けたベイトフィネスの真価が発揮されるでしょう。

スポンサードサーチ

ベイトフィネスロッドの人気おすすめ10選

べイトフィネスロッド と一口に言っても実際には用途や使用シーン、そして個人の好みや体格に合わせて無数に細分化されています。

そこでここでは上記の人気メーカー3社プラス数社の商品の中で多彩なシーンに応用が可能な万能系のロッドを10本紹介します。ベイトフィネスロッド選びの参考にしてみてください。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト ブレイゾン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長(m) 2.01
継数(本) 2
自重(g) 97

ベイトフィネスやるならまずはこれ!な定番ロッドシリーズ

ブレイゾンは2018年にダイワから発売されたシリーズで『高密度HVFカーボン』や、『ブレーディングX』などの先進技術を備えていながら、¥10,000台前半で購入できるコスパ最強の呼び声の高いシリーズです。

ブレイゾン 672LBはスモラバを中心としたライトリグからシャッドやスモールクランクなどの小型ハードベイトまで対応するベイトフィネスのバーサタイル(万能竿)です。

ベイトフィネスにチャレンジしてみたいという人にはオススメしたいロッドです。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト ブラックレーベル プラス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長(m) 1.98
継数(本) 1
自重(g) 105

ダイワのベイトフィネスに対するコダワリが感じられるロッド

華美な装飾を排したデザインと高い性能で人気を博したダイワのブラックレーベルプラスシリーズは2014年以降は各コンセプトを深掘りしたブラックレーベルプラスに名称変更しています。

ブラックレーベルプラス661MLFBはベイトフィネスロッドの中でも急激なファストテーパーにせず、ライトリグの操作性に特化したベイトフィネスロッドです。

ダイワ はベイトフィネスのロッドをかなり細分化してラインナップしており、ダイワのベイトフィネスに対するコダワリが感じられます。

アブガルシア(Abu García) フレッシュ&ソルトウォーターロッド ベイト クロスフィールド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 6'6
仕舞寸法(cm) 102cm
標準自重(g) 106g

ベイトフィネスを手軽に始めてみたい方へこちらもオススメ

アブガルシアの「クロスフィールド」シリーズは、現代のロッド技術を活かし、海でも川でも湖でも池でも!魚の釣れるところ全てのジャンル、釣りをクロスオーバーし、あらゆるフィールドに対応するというコンセプトのロッドシリーズです。

8,000円前後で手にできるコストパフォーマンスに優れたロッドでありながら、コンセプト通りに汎用性も高いのがXRFC-662ML-BFです。ベイトフィネスを手軽に始めてみたい人にうってつけのロッドです。

アブガルシア(Abu Garcia) ロックフィッシュ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長(ft/cm) 6'10"/2.08
標準自重(g) 104
先径(mm)/元径(mm) 1.1/10.4

海でもベイトフィネスを試したい人へのオススメ

アブガルシアのティースタイルシリーズはもっとソルトのルアーフィッシングを楽しむために生まれたシリーズです。

通常スピニングで扱うようなライトな3g前後のジグヘッドの操作性と投げやすさを重視した設計です。メバルやアジなどの小物から、黒鯛やシーバス、大型ロックフィッシュまで様々な魚種を狙うことができます。

性能だけでなく、デザインにも優れているのがアブガルシアです。特徴的な見た目のスケルトングリップシートやロッドエンドのクレストは、持っているだけでも気分を高めてくれるはずです。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ベイトロッド 17 エクスプライド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 6.4feet
継数(本)
自重(g) 100

シマノの人気シリーズエクスプライドは繊細なロッドアクション重視

シマノの人気シリーズ・エクスプライドは、シマノがロッドメーカーの威信を賭けて作り上げた大人気ハイパフォーマンスバスロッドです。

ブランク素材に高弾性カーボンを使用しつつ、ハイパワーXと呼ばれる独自技術で強化した軽量・高感度な性能がとても好評です。

剛性はそのままに軽量化と高バランス化に成功。さらにパワーを維持しつつシャープネスと感度、レスポンスが飛躍的に向上しました。 このロッドは繊細なロッドアクション重視の設計です。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長(m) 2.03
継数(本) 2
自重(g) 100

高い技術力の結晶なのに低価格が嬉しい人気の定番モデル

168L-BFS/2は繊細な操作性に遠投性能をプラス。

飛距離に優れた6フィート8インチレングスのベイトフィネスモデルになります。オカッパリからでも軽量ルアーやワームがスピニングと同じ、もしくはそれ以上キャスト出来るという声もあるようです。

スモラバ、ワーミングから、スモールクランク、ミノー、トップウォーターまで適応し、喰わせの幅は広いです。価格帯と万能型という特徴は上記のダイワ ブレイゾンと競合しているモデルになります。

メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド スピードスタイルベイトフィネス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ライン 4-12LB
ルアー 1/16 - 1/4 oz

初心者にも優しいメジャークラフトのバス釣りモデル

低コストで初心者向けのロッドといえばメジャークラフトも忘れてはいけません。

初心者でも選びやすい価格帯のモデルが数多くラインナップしています。もちろん、価格は抑えめですが、必要な機能はしっかり完備されていますよ。

ここではそんなメジャークラフトのロッド中でも特にバス釣りに適したベイトフィネスモデルであるSSC-68L/BFにフォーカスしました。特に警戒心の強い野池のバスや、口を使わないタフな状況ほど、心強い相棒となるでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト ファンタジスタ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 約2m
適合ルアー 1/32~5/32oz
適合ライン 6~10LB

ベイトフィネスの腕を磨きたい人へオススメのプロ監修モデル

バスフィッシングにおいて国内最高峰プロがJB TOP50です。そのJBTOP50の青木大介プロが監修したモデルがアブガルシアのFantasistaDeezシリーズです。

FDC-69L+はオープンウォーターも、カバー周りも対応出来るロッドです。適合ルアー重量は今まで見てきたものと比較してもかなり繊細です。

コスパ良い万能型ロッドとは一線を画すモデルになります。ベイトフィネスの腕を磨いてステップアップしていきたい人はこういったプロ監修モデルを1本揃えておくと張り合いが出るかもしれませんね。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズン グロリアス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長(m) 1.88
継数 1本
先径/元径(mm) 1.5/9.8

軽さとパワーの両立

シマノの本格派ロッドであるポイズングロリアスシリーズは中価格帯の人気シリーズとして知られています。

フルモデルチェンジされたグロリアスは、前モデルに比べて20%以上軽量化されていて、軽さとパワーの両立するだけでなく感度と操作性も兼ね備えています。

162L-BFSは従来のベイトフィネスロッドよりも繊細で、よりスピニングタックルに近づけたベイトフィネス専用モデル。10ポンドのフロロラインを使える事で、カバー周りを積極的に攻める事が出来ます。

全長 154cm/5.2フィート
自重 104g
仕舞寸法 62cm

軽量ルアーのピン撃ち特化型ベイトロッド

キャスト(投げ)のしやすさで選ぶなら、フィッシュマンがおすすめです。

ビームスブランシエラ 5.2ULはベイトロッドとスピニングロッドの中間的な性能のベイトフィネスロッドです。フィッシュマンのロッドは、飛距離と高精度キャストをコンセプトに設計されたロッドを販売しているのが特徴で「素早く、遅すぎない戻り」という絶妙のバランスを実現しています。

キャストしやすく、小さな動きで狙ったポイントまで飛ばしたい人におすすめのメーカーです。

ロッドの売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

一口にベイトフィネスと言ってもシーンやターゲット魚種によって使用するロッドも様々に細分化されています。それもこれもメーカーの技術の進歩のおかげです。

自分にあったベイトフィネスを研究しながら釣りの醍醐味を楽しんでいきましょう。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定