あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

フックシャープナーの人気おすすめ7選と使い方紹介!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/30

更新日 :2020/07/01

的確なタイミングでリールを巻いたのにターゲットの魚に逃げられてしまった・・・そんな経験を持つ人は少なくないはずです。

もちろん、技術や用具の問題も考えられますが、もしかすると針の鋭さがなくなりうまくターゲットの魚に刺さらなかったという可能性もあります。

フックシャープナーは針を交換する時間がない時でも、簡単に針先の鋭さを蘇らせることができる、釣り人にとっては夢の様なアイテムです。フックシャープナーを使うにはメリットもデメリットもあります。フックシャープナーについて正しい知識をもてばあなたの釣果改善に貢献してくれること間違いなしです。

目次

スポンサードサーチ

フックシャープナーとは

出典:amazon.co.jp

フックシャープナーとは針の錆びや、針先の鋭さをあげる用途で使うやすりです。

原理は紙やすりや爪やすりと同様で、研ぐ面の凹凸によって針を薄く削りながら形や表面を整えていきます。フックシャープナーと一概に言っても、素材や粒度は様々にあり、どのように針先を仕上げたいかによって使うものも変わってきます。

経年劣化で効用が落ちてきた針を再び鋭く仕上げることができるため、もしものときに備えて1本は持っておきたいアイテムです。

フックシャープナーがおすすめな理由

出典:https://www.point-i.jp/

フックシャープナーのおすすめの理由とは、気に入った針を長期にわたって利用できたり、自分好みでカスタマイズできることです。

防錆加工がされていても、海釣りなどではどうしても針に錆びがつきやすく、すぐに使えなくなってしまうことも多々あります。また、針の鋭さを自分で調整できるため、針に変化を与えるときにも有効なアイテムです。

スポンサードサーチ

フックシャープナーの使い方と注意点

フックシャープナーはダイワや第一精工、OWNERなど各社から販売されていて、素材や形状なども様々です。それぞれに特徴があるため、使い方や使用上の注意点も利用するフックシャープナーによって変わってきます。


  • フックシャープナーの使い方

  • フックシャープナーの使用注意点

フックシャープナーの使い方

粗研ぎ用と仕上げ用がある場合は、全体の形をざっくり作りたい時や針のダメージがひどい時、太軸の針を研ぐ時は粗研ぎ用のフックシャープナーを使います。

粗研ぎが終わった後の細かい作業やより針先を鋭くしたい時、細軸の針を研ぐ時は仕上げ用を使うと良いでしょう。

この時、フックシャープナーについている針の形状に合わせてストレート溝とカーブ溝を使って研いでいきます。研ぐ時は、必要以上に研いでしまわないよう針先に向かって研ぐのがポイントです。

フックシャープナーの使用注意点

フックシャープナーは針のような固いものを研ぐようにできているため、指などを一緒に研いでしまわない様に注意する必要があります。

また、フックシャープナーで針を研ぐ行為は、錆びや汚れを防止するために針に施してあるコーティングを剥がすことにも繋がります。フックシャープナーの仕様はあくまで応急処置として考える方が良いでしょう。

フックシャープナーの選び方

フックシャープナーを使う目的や研磨したい針の状態や太さによって、選ぶべきフックシャープナーも異なってきます。

素材や粒度は削り度合い、フックシャープナーの形状は自分の手に持ち運びやすさに影響し、フックシャープナーを決める判断基準になります。


  • 素材

  • 携帯しやすさ

  • 粒度

素材

フックシャープナーに使われる主な素材として、ダイヤモンド・サファイヤ・セラミック砥石が有名です。

ダイヤモンドは削る力が大きいため、ざっくりと研ぎたい時や太軸を研ぐ時に使います。反対に、セラミック砥石は削る力が小さいため、細かい箇所や細軸を研ぐ時に使います。

削る力が強すぎず弱すぎず、ちょうど中間に位置づけされるのがサファイヤです。

携帯しやすさ

フックシャープナーは持ち運びやすさを想定して、10cm程度のコンパクトなものが主流になっています。

また、カバンなどにもつけられるように、チェーンなどを通すための穴があらかじめ開いているものも多くあります。

違う素材のフックシャープナーを2本使いしたい人には、それぞれ1枚ずつ持ち運ぶとかさばるため、1枚で2役を兼ね備えたものもおすすめです。

粒度

粒度はフックシャープナーを削る強さ・粗さを表します。粗目・中目・細目と表されたり、#300・#600・#1000と数字で表されることもあります。

数字が小さくなるほど粒度も荒くなり、逆に数字が大きくなるほど粒度も細かくなります。素材で選ぶよりもバラエティに富んだ選択肢があるため、好みの粗さを追求することができます。

スポンサードサーチ

人気おすすめフックシャープナー10選

フックシャープナーは素材・携帯性・粒度の3つの軸だけでも様々な組み合わせがあり、その他にも各社特徴のある製品を出しています。

使うフックの形状やサイズ、研ぎたい針の鋭さを基準に、求める性能をイメージしてフックシャープナーを選びましょう。

第一精工 MCフックシャープナー DAIICHISEIKO

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 7.9cm
重さ 9g
素材 スチール+ダイアモンド
粒度 #280,#600

1本で2役こなす実用性の高いフックシャープナー

MCフックシャープナーはMade In Japanの品質に定評のある第一精工のフックシャープナーです。

片面が粒度#280とかなり粗めであり、もう片面の粒度は#600と細かい粒度でつくられているため、始めは粗目でざっくりと削り、仕上げに裏面の細目で仕上げることもできます。

持ち手は3ピースディンプルになっていて安定したグリップで針を研ぐことができます。さらに、グリップ部分にはGFRPと呼ばれる特殊ガラス繊維強化素材を使うことで強度を高め錆びにくい作りになっています。

オーナー(OWNER) フックシャープナー No.81104-2 M(荒研ぎ用)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ A(荒研ぎ用)
重さ 31.8g
粒度 #120

どんな針でも研げるフックシャープナー

オーナー(OWNER)の荒研ぎ用のフックシャープナーです。

粒度#120でかなり粗い研ぎ面になっているため、太軸のものやざっくりと形を先に作りたい時にオススメのフックシャープナーです。

応急処置的に今その場ですぐに針を鋭くしたい時も、早く削ることができ便利です。また、針の形状に合わせて研げる様に、ストレートとカーブの形状をした側面になっています。持ち運びがしやすい様に、チェーンを通せる穴があらかじめ開いているのも嬉しい点です。

オーナー(OWNER) フックシャープナー No.81104-1 S(仕上げ用)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ S(仕上げ用)
重さ 18.1g
粒度 #800

仕上げに特化したフックシャープナー

オーナー(OWNER)の仕上げ用フックシャープナーです。粒度は#800と細目のため、基本的には粗目のフックシャープナーで形をつくった後に、更に針先を鋭くするなど仕上げ時に使うフックシャープナーになります。

また、フックシャープナーの側面は針の形状に合わせて研ぐことができる様になっていて、針の形状に合わせて研ぎやすい設計になっています。片側はストレート針用の形状、もう片側はカーブ針用の形状になっています。

スミス(SMITH LTD) シャープナー ダブルダイヤモンド シャープナー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 70mm×1mm
重さ 9.1g
素材 ダイヤモンド
粒度 中目/細目

釣り用具を扱う人気ブランドのフックシャープナー

スミス社はロッドやルアーなど釣り用具を製造販売する有名ブランドです。

そんな釣具メーカーのスミス社が出すダブルダイヤモンドシャープナーは、1枚で中目と細目の両方を使えるフックシャープナーです。

厚さも1mmと薄いので持ち運びするのにも便利です。フックシャープナーと一緒にステンレスパイプも付属しているため、ちょっとしたフックのポイント修正もできます。チェーンも付いているので、フックシャープナーとステンレスパイプをいつでもセットで携帯できます。

メガバス(Megabass) HOOK SHARPENER(メガバスフックシャープナー) 36838

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ(収納時) 85mm(幅) × 25mm(高さ) × 10mm(奥行)
重さ 40.8g
素材 ダイヤモンド

収納可能なコンパクトデザインが特徴的なフックシャープナー

多くのフックシャープナーは研ぎ石がむき出しの状態で持ち運ぶのが常だが、メガバス(Megabass) のフックシャープナー36838は、研ぎ石面がスライド式になっており、使わない時はスライドしてコンパクトに収納しておけるのが特徴です。

また、砥石には幅の違う溝が彫り込まれています。針の太さ・大きさによって溝を使い分けることができ、溝を使えば簡単に針先を研ぐことができます。比較的重さがあるのが唯一の難点です。

ラパラ(Rapala) フックシャープナー RHKS-1

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 8.5cm
重さ 50g
素材 酸化アルミニウム製のフック専用砥石

デザイン性・携帯性の要望を満たしてくれるフックシャープナー

ラパラ(Rapala) は1936年にフィンランドで生まれたルアーメーカーだが、ルアー以外にもラインやフックなどを取り扱う釣具メーカーです。

ラパラは北欧生まれなだけあり、フックシャープナー RHKS-1も洗練されたデザインが特徴的です。カッターの様に出し入れできる研ぎ石もおしゃれです。

デメリットとして、海外メーカーによくある品質の不安定さがあります。素材も酸化アルミニウム製のフック専用砥石を使っているため、ダイヤモンドなどより耐久性が弱いため使用の際には注意が必要です。

素材 ダイヤモンド
溝数 3

信頼と実績のあるマルシンが手がけるフックシャープナー

マルシンは創業から約50年釣具を生産販売している、大分県に拠点を置く釣具メーカーです。

釣りをしている人の中ではマルシンファンの人も少なくないのではないでしょうか。マルシンから出しているフックシャープナーはスライド収納式のため、携帯がしやすいデザインになっています。

また、針先を研ぎ直すための溝も3パターン用意されていて、細軸から太軸まで、マルシンのシャープナー1本で簡単に針先を研げるようになっています。

フックシャープナーの売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

針先の鋭さはターゲットの魚を釣り上げるために欠かせない条件の一つです。

ここぞという時にうまく研げずにチャンスを逃した・・・ということがないように、自分が使う針の形状や太さをしっかり把握した上で、適切なフックシャープナーを常に携帯するようにしましょう!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定