あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

サッカーポゼッションの練習メニューを紹介!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/26

更新日 :2020/06/29

サッカーでシュートが決まったときの爽快感はなんともいえません。逆に得点されると気持ちが落ち込みます。

ドリブルが得意な選手やパスがうまい選手、指示を出すのが好きな選手、守備を任せられる選手などさまざまです。

ただ、サッカーは得点しなければ勝つことはできません。そこでボールを奪われることなくビルドアップして得点するプレースタイルがあります。ポゼッションというプレーです。

ここでは、サッカーのポゼッション練習を紹介しているので参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

ポゼッションとは

ポゼッションとは、試合中にボールを支配していることを指します。また、ポゼッション率は、その試合でどれだけボールを支配していたのかを数値にしたものです。

当然、ポゼッション率が高いほど、得点のチャンスは多くなります。

たとえば、A市選抜とB市選抜の試合で、ポゼッション率はA市選抜が70%でB市選抜が30%であれば、A市選抜のほうが得点する確率が高くなります。それがゴール前でポゼッション率が高ければ、なお得点のチャンスがうまれます。

ポゼッション率を高くすることはとても重要なことなのです。

ポゼッション 練習の基礎知識

ポゼッション率が高いということは、味方のチームがボールを支配する時間が長いことです。ロングパスを放ることや、無理なドリブルでボールを避けることが必要となります。

そのためにはどうすればいいのか。頭を使うサッカーの練習が必要になります。ここではポゼッション練習をすることの目的や効果などを紹介していきます。

ポゼッション練習の基礎知識を紹介します。


  • ポゼッションの目的

  • ポゼッション練習の効果

  • 身に付くスキル

ポゼッションの目的

ボールを保持しつづけることは、試合の主導権が味方にあるということです。スペイン代表が用いた「ティキタカ」と呼ばれるプレースタイルが代表的です。

短いパスを回し、自陣からビルドアップして相手のゴール前へと進んでいきます。うまくパスをつないでいれば、相手からのプレッシャーを受けることもありません。

足元にボールがあっても、早めにパスを出していれば、体を当てられることもなく、もちろん足へのケガの心配もありません。

ただし、かなり高度なプレースタイルなので、日ごろから練習を積み重ねる必要があります。

ポゼッション練習の効果

サッカーでは、1人でプレーはできません。1人でドリブルで攻めていくことは、とても効率が悪いことです。だからこそポゼッション練習は欠かせません。

身長や体重の体格で劣っていることや足が早くないなど、身体的に不利な選手でもポゼッションサッカーはいきてきます。

パスを出す相手を探すことは、頭を使うサッカーの練習にもなります。また、ボールを奪われた際の、カウンターを防ぐ練習にもなります。

また、つねにボールが回っていることで、サッカーではよくありがちな、ボールウォッチャーにならない練習にもなります。

身に付くスキル

ポゼッション練習を繰り返すことで、攻撃はパスの精度が格段に上がります。つぎにどんなプレーをしようか、どこにパスを出そうか、予測することができるようになります。

ビルドアップへの意識も高くなります。

守備であればカバーリングに入るのか、それともボールを奪いに行くのか、マークにつくのかなどの判断ができるようになります。

いまの子供はテクニックはありますが、精神的に弱いところがあるので、ポゼッション練習は心を強くすることにも効果があります。

スポンサードサーチ

ポゼッション練習紹介

パス回しは急にうまくなるわけではありません。ふだんから、チームメイトと動きの確認をしておく必要があります。

ポゼッションをあげるには、とにかく練習がいちばんです。バルサ式トレーニングメニューとも共通しています。ここでは攻撃と守備も同時にできる練習できるメニューを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ポゼッションの練習方法を紹介します。


  • 5対3のポゼッション練習

  • 2+2vs2ポゼッション&インターセプト

5対3のポゼッション練習

サッカーの8人練習は、チーム戦術の練習に向いています。

サイドにいる守備の選手がボールを奪おうと前に出ると、マークするべき相手の選手をフリーにしてしまいます。

このとき、攻撃の選手が中央にいれば、守備についている中央の選手が出ることで相手はサイドにパスを出しても攻めてくることができないという方法があります。

中央にばかり気が向いていると逆サイドがフリーになってしまうことがあります。逆サイドの選手は、つぎの予測を立てて、カバーリングすることも大切です。

逆サイドの選手を意識しすぎると、真ん中を使って前進してくるので、中央もサイドにも気を向けることが必要です。

守備の選手はパスを誘導させることも重要になります。中央によせながらサイドにパスを出させてボールを奪うことをねらうのです。

サッカーではポゼッション練習がとても大切になっています。

2+2vs2ポゼッション&インターセプト

ポゼッションとトランジション(攻守の切り替え)の練習です。ボールをとられた場合、カウンターを防ぐ練習にもなります。

フットサルのポゼッション練習にも向いています。

速いパス回しができています。ただし、止まったりトラップミスで時間があくとDFに詰められてしまいます。狭い範囲でのパスは、速さがカギになります。

DFがうまくパスを予測してインターセプトができています。予測とパスコースを消すのは大切なことです。

そして、サッカーではボールウォッチャーになりがちですが、攻撃はつねにボールがくることを意識しますし、守備はプレッシャーの練習にもなります。

有名チームのポゼッションを紹介

ポゼッションを得意とするチームのパス回しや得点シーンは見ていて思わず声を上げて興奮してしまいます。

見事なパス回しのできるチームが、いかに得点する確率が高いのか、ここでは2つのチームのポゼッションを紹介します。

ポゼッションの練習方法を紹介します。


  • バルセロナ

  • SSCナポリ

バルセロナ

ポゼッションのパス回しといえばバルセロナ。バルセロナといえば「ティキタカ」です。

仕掛けるときは短いパスだけでなく、空いたスペースがあれば少し長いパスも使うことで、一気に流れを加速させてシュートまで持っていっています。

メッシもスピードを上げながら完璧なパスでゴールをお膳立てしています。

空いたスペースをみつける、空いたスペースをつくる、一瞬で判断ができています。
イニエスタのヒールキック、メッシの柔らかいトラップという豪華プレーです。

ハーフェーラインからボールを回して、ビルドアップしながらゴール前では一気にスピードを上げています。

SSCナポリ

DFとDFの間を通すのがとてもうまいチームです。自陣のゴール前であろうと、相手のゴール前であろうと、ポゼッションの強さが目立っています。

ボールを持っている選手は当たられる前にパスを出しているので、ファウルをもらう心配がありません。相手はボールを奪おうにも、寄せる前にボールが出るのでマークにつくこともできません。

後ろでボールを回していても、パスを回してしっかりとポゼッションしていれば前に進むことができています。つねに、どこにパスを出そうかと考えているので、判断に誤りがありません。

だから、ナポリはヨーロッパでもっとも美しいポゼッションサッカーといわれているのです。

スポンサードサーチ

サッカーの本・用品紹介!

サッカー ポゼッションスタイル (差がつく練習法)

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

著者の徳永尊信さんはポゼッションサッカーで有名なスペインのバルセロナで、指導者として活躍していました。

ポゼッションのパスワークの磨き方やボールのつなぎ方、スペイン流の練習方法を紹介しています。ほかにも、ビルドアップ、サイドチェンジ、オフザボールについても書かれています。

練習は体を動かすだけでなく、頭の中で理解することも大切なので、ぜひ、一度目をとおしてみてください。

[アシックス] サッカースパイク

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

アシックスは日本のメーカーであり、日本人の足に合ったスパイクをつくることで定評があります。日本人に多い、足の幅が広く甲が高い人に合うように設計されています。

カンガルー革なので試合用におすすめです。そして、カンガルー革を使っているのに価格は抑えられています。

履いてみると軽く素肌感覚なので、ボールタッチしやすいことが実感できるので、一足用意しておくことをおすすめします。

まとめ

ポゼッションの練習は、攻撃にも守備にも使うことができます。練習をとおして、いつもボールにからむことで練習、あるいは試合に参加している意識をもつことができます。

練習は本や動画でもできます。うまい選手やチームを参考にすることも、技術を上げることに大切なことです。

サッカーは1人でするスポーツではありません。だからこそ、ポゼッションサッカーがおすすめなのです。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定