あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

ロッドスタンドの作り方から人気おすすめ10選も紹介!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/22

更新日 :2020/06/22

この記事では、釣りロッドを保管するための必需品として使用されるロッドスタンドの特徴や商品を紹介していきます。

釣りを始めると、様々な道具を整理するアイテムが必要になりますが、ロッドの保管に関してはロッドスタンドを使用します。メーカーから販売されている中でも、使用素材、スタンドタイプ、おすすめの特徴など、使用者によって好みのポイントも変わってきます。

後半で紹介するロッドスタンドのおすすめ商品も参考にしながら、ロッドスタンドの特性を学んでいきましょう。

目次

スポンサードサーチ

ロッドスタンドとは

出典:item.rakuten.co.jp

ロッドスタンドとは、釣りに必要なロッドを大切に保管できるよう立てかけておける道具です。壁に立てかけたまま放置しておくと、ロッドが歪んだり破損したりすることが出てきます。

ロッドスタンドには、ロッドが壊れることを防いだり、ロッドの収納整理を行いやすくしたりする役割があります。

主に床置きタイプと壁掛けタイプの2種類に分かれますが、収納本数だけでなくインテリアとしての機能を備えるものも増えてきているので、収納のしやすさだけでなく、好みのタイプでも選択肢の幅が広がっています。

自作で代用ロッドスタンドの作り方

代用ロッドスタンドとは、既製品ではなく必要な材料を購入して製作したロッドスタンドです。

この動画は、自作のロッドスタンドを低予算で製作しており、購入した資材に自ら寸法を測ってマーキングやカットを行っています。

材木加工専用の工具も使用しているので、全てを買い揃えるのは難しいかもしれませんが、材料費を1000円以内に抑えてロッドスタンド製作を完成まで追っています。ロッドの直径や全長も計測した上で丁寧に加工を施した一連の工程をまとめています。

スポンサードサーチ

ロッドスタンド選びで迷ったら人気おすすめのメーカー

数多く釣り具を扱うメーカーがある中で、ロッドスタンドでおすすめできるメーカーを2社紹介します。

釣り具開発に力を入れているメーカーでもあるので、釣り初心者ではなかなか気づけないポイントにも製造を行っている、頼りになるメーカーの特徴に触れていきましょう。


  • ダイワ

  • メイホウ

ダイワ

ダイワは1958年に創業し、様々な新素材開発を行って「リールのDAIWA」とも評価をされるようになりました。ロッドスタンドをはじめとした釣り具を保管するアイテムも充実しており、用途やデザインも多くの種類を取り揃えています。

ロッドスタンドの特徴は安定感が生まれるよう重心が低く設計されてあり、スタンドの脚部を広げた時の角度も大きく構えられます。

商品によっては組み立て式もありますが、コンパクトな収納に加えて持ち運びも簡単に行えるスタンドを揃えています。

メイホウ

メイホウは1947年に創業した化学工業を主にしており、プラスチック収納ボックスの製造や販売を行っています。釣り用品や身近な小物ケースといった日常生活でも使用できる収納アイテムを開発し、ロッドスタンドの製造も手掛けています。

メイホウのロッドスタンドの特徴は、釣り専用ボックスに備え付けられるタイプが多く、ロッドサイズに合わせて使い分けができます。タイプによっては工具なしで取り付け可能であり、ボックスの使用の邪魔にはならないサポートアイテムの機能を発揮してくれます。

ロッドスタンドの選び方

メーカーに問わず数多くのロッドスタンドが販売されるようになり、ロッドスタンドに求める用途によって変化してきます。

最低限押さえておきたいロッドスタンドを選ぶ時の3つのポイントを紹介するので、ロッドスタンドを選ぶ目安にしてみてください。


  • サイズで選ぶ

  • タイプの種類で選ぶ

  • 素材で選ぶ

サイズで選ぶ

床置きタイプのロッドスタンドを選ぶ時に意識することが強くなりますが、所持しているロッドの本数やサイズによってロッドスタンドのサイズを考慮します。

代替用だけでなく釣り手法に合わせてロッドを替えるので、釣りにのめり込むほど用途やサイズが違ったロッドが増えるものです。多く本数を収納できたり、サイズに合わせて伸縮を変えられたりすると利便性が広がります。備え付けられるためには、ある程度の収納スペースを確保した上で選ぶことをおすすめします。

タイプの種類で選ぶ

ロッドスタンドには、床置きタイプと壁掛けタイプの2種類に分かれることがほとんどです。

床置きタイプの場合はロッドスタンドに一番多いタイプであり、本数・デザイン・素材など好みの選択を行いやすいことが魅力です。

壁掛けタイプの場合は壁にスタンド素材を打ち付けることが多く、小さな子供には手の届かない場所に保管できるメリットがあります。

ただし、賃貸による居住空間の場合は、壁への打ち付けが難しい場合がありうるので、用途に合わせて選択することが必要です。

素材で選ぶ

ロッドスタンドを製造している素材には、ナチュラル素材とアルミ素材があります。

ナチュラル素材とは、木や竹の素材で加工されているものであり、機能やデザインを自由に行え、使用時の安定感を得られるメリットがあります。

一方のアルミ素材は、軽量で耐久性に長けたポイントがあります。また使用するロッドのサイズに対応しやすいよう高さなどの調節を簡単に行えます。

最近では、プラスチックやアクリルといった樹脂製スタンドも増え、選択肢に広がりがあります。

スポンサードサーチ

ロッドスタンド人気おすすめ10選

好みで使いやすいロッドスタンドを選ぶことで使い便利が良くなります。

また、ロッドを傷つけることがないよう保管するための必要な道具なので、下記で紹介するロッドスタンドから用途に合わせたポイントを押さえながら吟味してみてください。

MEIHO(メイホウ) ロッドスタンド BM-250Light

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 幅50mm×奥行54mm×高さ283mm
素材 ポリカーボネート
カラー ブラック、オレンジ、ブルー、レッド

着脱簡単でリールを付けたまま使用可能

メイホウのロッドスタンドの特徴は、釣りに携帯するバッグに備え付けを簡単に行える仕様になっています。

全4種類のカラーから選択し、コンパクトなスタンド本体をワンタッチで装着できる手軽さがあります。フック形状のワンタッチユニットでスタンドの着脱を簡単にでき、ロッドのサイズに合わせた長さ調節も3段階で変更できます。

またリールを装着したままロッド保管できるよう、エラストマーキャップを採用しており、釣り場での移動にも煩わしさがありません。

メイホウ(MEIHO) BM-350 ロッドスタンドブラック×オフホワイト

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 幅64mm×奥行64mm×高さ375mm
素材 ポリカーボネート
カラー ブラック/オフホワイト

ロッド全長に合わせて4段階の長さ調節

メイホウの携帯用ロッドスタンドとして使用できる商品であり、釣り場での作業をスムーズに行えるサポートにもなります。

スタンドの長さは約38cmですが、ロッドの長さに合わせて4段階に切り替えることができ、ロッドスタイルに合わせた釣りの準備を行いやすくなります。

例えば、サブロッドやスペアロッドを待機させたり、ルアーなどの仕掛けを交換したりする時にも扱いやすいです。本体は樹脂製素材ですが、固定はステンレスによるものなので、安定した固定を発揮します。

ダイワ(Daiwa) ロッドベルト ライトルアー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
脚全長 約33cm
素材 ポリカーボネート樹脂
カラー レッド、ブルー

三脚スタンドで収納も簡単

屋内外問わず使用できるダイワのロッドスタンドで、持ち合わせのロッドを3本まで収納可能です。

ベイト・スピニングの両方にも対応でき、タックル装着のままでも傷つけることなく立てかけられます。接地は三脚で安定感があり、使用場所やロッドの長さに合わせて脚部の長さを調節もできます。

標準重量は約600gですが、持ち運びに際しては、ハンドルなどを折りたたんでコンパクトに収納できます。長さを28cmにまで収められ、専用収納バッグで持ち運ぼも楽々です。

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー マルチロッドスタンド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全伸長 89cm
素材 ポリカーボネート樹脂
カラー レッド

ホルダー・スタンドの両方の機能を装備

ダイワのマルチロッドスタンドで、はめ込み式ではなく立てかけ式で、ホルダー以外にもアームも利用できます。

全長は90cmにも及ぶ大型スタンドであり、屋外で使用する場面ではホルダーとスタンドがドッキングしているので、用途で使い分けしやすいです。

スタンド下部は、低重心で安定感を維持できる構造であるため、アームを広げてロッドを立てかけるのもぐらつきなどの心配がありません。収納時は全長を54cmまでコンパクトになり、脚部もワンタッチで伸縮可能です。

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー ロッドキーパー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 ポリカーボネート樹脂
カラー ホワイト、ピンク、グリーン、オレンジ

船バッグ携帯で不安定な足場でも利用

ダイワのロッドキーパーとして船バッグに装着できるシングルタイプのスタンドであり、持ち運びにも便利で頑丈さがポイントです。

船バッグに装着したままバッグの使用に支障はなく、ロッドも最大34mmまでのサイズなら携帯可能です。特に船上などの足場が不安定でゆるを感じる場所であっても、重心を低くして設計されているため、底部は貫通する仕組みで製造されています。

基本的にはロッドとリールをセットにしたタックルによる仕様を想定しています。

サイズ 高さ590mm×幅625mm×奥行140mm
素材 パイン集成材
カラー ブラウン、ナチュラル

木製ロッドスタンドでリールが付いたまま保管可能

ウッドワークスの片面10本のロッドを収納できる床置きロッドスタンドであり、木材を使用した安定感ある造りになっています。

間隔を空けて使用することでリールを付けたまま利用でき、余裕をもってロッド収納を行えます。奥行きは140mmで広く場所をとることがないので、据え置きにしておいても奥行きが出っ張るような邪魔にもなりません。

またカラーはブラウンとナチュラルから選択でき、派手なカラーリングは施していないため、スタンドだけ際立つこともありません。

サイズ 直径40cm×高さ78cm
素材 MDF合板、スチール
カラー ナチュラル

回転式スタンドで収納も取り出しもストレスフリー

トランティアン製造の床置き型ロッドスタンドでも珍しい回転式タイプであり、合計28本のロッドを立てかけられます。

購入時は各パーツが分離された組み立て式になっていますが、複雑な仕様にはなっていません。わずか40cm四方のスペースに設置でき、タイプ別のリールによらず取り付けたままロッド収納できる便利さがあります。

底板にはベアリングを取り付けることで、スタンドをスムーズに回転できるようになり、収納場所問わず取り出しをスムーズに行えます。

サイズ 幅74cm×奥行33cm×高さ72cm
素材 アルミ合金
カラー シルバー

軽量かつ頑丈なアルミ製ロッドスタンド

両面型の床置きロッドスタンドで、愛用するロッドを規則正しく並べて保管できます。

アルミ製で頑丈な構造になっていますが、素材の性質上持ち運びに大きな力は必要なく気軽に使えます。合計24本のロッドを立てかけられ、両面を使用できる省スペース設計になっています。

また、ロッドのホールド部分はスライド式になっており、使用状況に合わせて上下に調節も可能です。届いた際は組み立て式になっていますが、準備ツールも必要なく簡単に組み立てられます。

壁掛け ロッドスタンド ナチュラルウッド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 高さ487mm×奥行56mm×幅15mm
素材 竹材
カラー ナチュラル

壁に簡単取り付けできて大事なロッドを6本収納

エクセルの壁掛けタイプのロッドスタンドで、壁に備え付けたらフックにロッドをかけられる仕様になっています。

ナチュラルウッドで取り付けも頑丈にでき、付属のネジを壁に取り付けることで簡単に備え付け完了です。収納本数は6本で床に直に置いたり、立てかけたりしたことでロッドを破損させないように保管できます。

ただし、耐荷重は3kgになるので、ロッド保管をする際はリールなどの負荷の要因になるものを取り外して、ロッドだけをかけられるようにしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー タテカケ君

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 ソフト樹脂
カラー ブルー、レッド

屋外で即席で作れるお手軽ロッドスタンド

佇まいが少し変わったダイワのロッドスタンド・タテカケ君であり、屋外でロッドの置き場に困った際に使用できる便利グッズです。

角度を付けた2つ折りでロッドに傷が付かないよう屋外での立てかけが可能になり、波状デザインを施したソフト樹脂でロッドが倒れることもありません。

そのままポケットに入れての移動でも気にならないサイズであり、取り出しての使用でも堤防などの段差などを利用して備え付けるだけで、即席のロッドスタンドをその場で作れます。

ロッドスタンドの売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

ロッドスタンドは、大切にしているロッドを大切に保管する上で外せないアイテムです。

スタンドタイプは使用用途などを鑑みることになりますが、ロッドの破損や品質維持のためにも、使いやすさもポイントにしたロッドスタンドでロッドを大切に扱ってみてください。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定