あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

【知っていたら通!】ウスバハギの特徴や釣り方・おすすめ調理方法3つを紹介

スポシル編集部

公開日 :2020/06/22

更新日 :2020/06/22

この記事では、ウスバハギの特徴や美味しく食べる方法を様々な視点から解説していきます。カワハギの一種でもあるウスバハギですが、生態上日本の暖かい地域なら見かける機会が多く、旬の時期にはスーパーで何気に手にしている魚としても知られています。

どのような特徴があり、ウスバハギを処理して美味しく調理する方法を捌き方も踏まえて紹介していきます。

購入して食べたり、ウスバハギの特性に注意して釣りも楽しんだりできるので、ウスバハギのことを詳しく掘り下げていきましょう。

目次

スポンサードサーチ

ウスバハギとは

ウスバハギとは、フグ目カワハギ科に属する海水魚の一種で、漢字で「薄葉剥」とも記名でき、薄い葉のように見えたことが由来です。

サラサスッペ、ラケットなど地方での別名も多く、主に漁港で働く人が使われることが多いです。

体長75cm程に成長する海水魚で、細長く側扁した形状になっており、ハギの一種らしく口が小さく飛び出しています。

体色は灰色が多く、体表に目立った模様はありませんが、斑点模様や縞模様があるウスバハギも存在しています。

ウスバハギの生息地は?

ウスバハギは、温暖な海域に生息ていることが多く、日本では北海道以南であれば遭遇する機会が多いです。

また日本以外でも見られ、世界では熱帯や亜熱帯海域になり、深さは20mから200mの浅い海を生息場所とし、群れを成して泳ぐ習性も持っています。

ウスバハギの旬の時期は

ウスバハギの旬の時期は、身と肝のどちらに比重を置くかで変わってきます。身の旬は夏場とされており、比較的安価で手に入ります。

肝の旬は秋から冬にかけてであり、5月頃から産卵期を迎えるための栄養を蓄えています。そのため、夏場よりも比較的価格も高めです。

ウスバハギの食感や味は?

ウスバハギの食感ですが半透明な白身で、味は淡白で大味な評価がされています。

熱を通しても硬くなりにくいことから、刺身でも鍋の具材でも美味しいです。

ただ、身よりも肝の方を推すことが多いため、新鮮なうちに肝を堪能するのも良いでしょう。

ウスバハギの相場はどのくらい

ウスバハギの価格相場ですが、サイズによっての違いを考慮すると、1kg相当では2000円から3000円の幅があります。

サイズに注目すると、300gから400g程度を基準にしたウスバハギから、大型サイズにもなれば1.5kgにもなる相場として捉えられています。

旬の時期を踏まえた上で、常にスーパーや鮮魚店で販売されている訳ではありません

北海道以南であれば手に入りやすいですが、上記の価格相場を考えると他の魚種と比較しても価格が高めに設定されていることにもなります。

ウスバハギとソウシハギの見分け方

ソウシハギはサイズが50cm以上になり全体的に細長いですが、フグ目カワハギ科の海水魚のため、ウスバハギと区別が分かりにくいです。

ソウシハギの場合、体表には青い斑点があること、尾びれを比べても長いことがウスバハギとの違いです。

また、内臓には猛毒を抱えていますが、フグ毒の10倍になるパリトキシンを保有して酷い場合は死に至る危険があります。

スポンサードサーチ

ウスバハギのおすすめの料理方法

ウスバハギを美味しく食すための調理方法を3つ紹介します。

鮮魚として捌いて刺身で食べるも良し、加工して熱を通しても身が硬くなりにくいので味付けして食べるも良いウスバハギです。

食感が良く食べやすいウスバハギを様々な方法で楽しんでみましょう。

肝醤油で刺身がおすすめ

新鮮なウスバハギであれば、刺身で食べるのが一番食感が伝わりやすいです。

歯ごたえがある白身のため、薄造りにすると良いでしょう。

また新鮮であれば肝醤油も合わせてこしらえておくと、風味も合わせて美味しさが増すこと間違いなしです。

煮付け

淡白な白身魚であるウスバハギの特性を活かして、煮付けにするのも良いでしょう。

皮を剥いで下処理をし、鍋に酒・水・醤油・砂糖などの調味料を混ぜて、落し蓋をして煮付けていきます。

ウスバハギの臭みが気になるようであれば、ショウガを加えることもおすすめです。

ちり鍋

ウスバハギを使ったちり鍋は定番料理の一つとされており、熱を加えても硬くならない身の特徴を活かしています。

日本酒や出汁を混ぜて沸騰させ、アラからも旨味を取り出し、野菜などを加えて鍋にします。

ただ長時間の過熱は食感を損なうので、頃合いのタイミングで食していきましょう。

シガテラ毒には注意

シガテラ毒とは、餌となるプランクトンの中でも毒を持つ種類を捕食することで、ウスバハギの体内で毒をため込むことで保有しています。

中型サイズまでなら大丈夫とはされていますが、あくまでシガテラ毒の保有を疑いにかかり、大型サイズであれば多くのシガテラ毒を保有している確率は上がるので要注意です。

スポンサードサーチ

ウスバハギの捌き方

大型サイズのウスバハギを捌いていく動画です。まずは頭を切り落としますが、全体的に骨が硬いためしっかりと力を加える必要があります。

頭と胴を切り離せたら、肝を取り除いていき、苦玉や胃腸を除去していきます。

頭部については、皮を剥いで包丁を立ててエラを抜いていき牙を落としていきます。胴体の処理は、皮を剥がずに従来と同じように三枚に卸します。

ただし、身の処理に関しては、皮を剥ぐタイミングだけでなく、しっかりとした中骨の処理を忘れないように注意しましょう。

ウスバハギの釣り方

この動画では、ウスバハギを船釣りで釣り上げていく様子を収めています。

今回はサイトフィッシングで湧いているタイミングを狙って釣りを行っていますが、ルアーで泳がせることなくエビを餌に掛かりを待っています。

湧くようにウスバハギの存在がつかめると、キャストしてしばらくしないうちにヒットが来るのを繰り返す状況で釣り上げられます。

サイズも平均的にも体長50cmを超える程のウスバハギの連続ヒットでの爆釣りとなり、待ち時間で飽きることなく楽しめています。

ウスバハギ釣りおすすめの仕掛け

ウスバハギを釣る際に準備しておきたい仕掛けは、オキアミやダンゴエサを使うなど、種類をたくさん準備しておくと良いです。

生息場所でも触れましたが、主に温暖で浅い層に生息するので、オキアミを使ってウスバハギを誘い出すために、アミエビを事前に撒き餌しておくと当たる確率を上げられるでしょう。

オキアミ以外には、市販のダンゴエサでも構わないので仕掛けで持っておくと、オキアミよりも持ちが良いので釣り場での当たり具合の様子を見ながら試してみるのも方法の一つです。

スポンサードサーチ

釣り人気おすすめ用品

ウスバハギを釣り上げるのに、おすすめできるロッドとリールをそれぞれ紹介していきます。

カワハギと同じタイプのタックルが準備できると、無難に釣りをこなすことは可能になるので、あまり神経質にならずに使いやすい釣り用具を揃えてみましょう。

ダイワのベイトロッド・極鋭カワハギAIRは、ハギ釣りに適したスタンダードロッドとして使い勝手の良さを追求したモデルです。

ロッド全長は1.75mで極端なロングロッドではありませんが、自重70gである軽量感とスムーズなロッド捌きを実現できる操作性に定評があります。

ダイワのカーボン樹脂素材の応用させたエアセンサーシートでロッドの強度をアップさせた上に、魚の当たりで伝わる感度も手元で感じるようなクリアーさを出しました。

軽量好感度ロッドとしてターゲットと戦えます。

ダイワのリール・アドミラは、軽量小型サイズながらパワフルなエアメタルを兼ね備えたモデルです。

真っ赤なボディに135gの軽量設計でありながら、ギア比8.1を誇るライン巻き取りのパワーを発揮してくれます。

ボディのフレームとサイドプレートはマグネシウム素材で、セットプレーとは金属素材のため、剛性にも重点を置いた機能が魅力です。

水しぶきによる濡れ手であったとしても、ハンドルノブはEVA素材でフィット感が良く、負荷がかかる当たりにも滑らかな巻き上げを体感できます。

まとめ

毒を保有していることに警戒して、ウスバハギを敬遠しそうになりますが、鮮魚店などで捌いてもらうことで家庭でも美味しく食べられます

旬の時期のタイミングがありますが、スーパーなどで見かけた際に、調理をアレンジしながら美味しく食してみましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定