あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

周りと差をつけろ!サッカーの走り方を徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2020/06/21

更新日 :2020/06/21

走るという動作は単純なために、ボールを扱う競技選手などにとっては、モチベーションが上がらない傾向があります。

しかし、走ることは、サッカーで重要な基本動作であり、正しい走り方を身に付ける必要があります。

速く走ることはもちろん、タイミングよく走る、スピードを調整して適切な速さで走る、など状況に応じた走り方が必要です。

そこで、走り方の重要性、練習方法、速く走るためのポイント、一流選手の走り方・ドリブル方法などについて説明します。

目次

スポンサードサーチ

サッカーの走り方の重要性

最初にサッカーの走り方の重要性について説明します。

サッカーはボールを使ったスポーツですが、プレー中は走るという動作が最も多いです。

ただし、陸上競技選手のように、ただ速く走るだけでは務まりません。サッカーでは、いつ、どこへ、どのくらいのスピードで走るかという「走り方」が重要です。
言い換えれば、瞬間的に判断して、適切な場所に、適切な速さとタイミングで走ることです。

したがって、サッカーにおける走る能力としては、フィジカルを始めとして戦術の理解なども必要となってきます。

今回は、フィジカル面を中心に、正しい走り方と練習方法などについて説明します。

周りと差をつける走り方の練習方法を紹介!

サッカーで他の選手より優れた走り方をするためには、自分の不足している部分などを見つけて、適切な練習方法を選択し継続することが大切です。

そこで、周りと差をつける走り方の練習方法の基本として、腕の振り方と一歩目のダッシュについて説明します。

周りと差をつける走り方の練習方法を紹介します。


  • 腕の振り方

  • 一歩目のダッシュ

腕の振り方

腕の振り方でポイントになることは、腕を後ろへ引くときは、肘を軽く曲げて、真っすぐ後ろに引くことです。

チェックの仕方としては、腕を後ろへ引いたときに、肩甲骨が少し盛り上がるような感じになるとよいです。

練習方法としては、両手にペットボトルを持って腕を後ろへ引いている間、ペットボトルが平行に移動するようにします。

尚、肩甲骨を意識し過ぎて、腕を引き過ぎないように注意しましょう。

腕の振り方がスムーズになることで、足が自然と前へでやすくなります。腕と足の動きが連動して、一体感をもった身体の動きが可能となります。

一歩目のダッシュ

一歩目のダッシュでポイントとなることは、頭を下げて前傾姿勢をとり、かかとは浮かせることです。かかとが浮くことで地面が蹴りやすくなります。

練習方法を説明します。

① ラインを1本引いて、ラインより少し前に立つ
② 片足でラインより一歩下がってからダッシュする

尚、一歩下がるときは、足だけが下がります。身体全体が下がらないようにしましょう。水泳のスタートで壁を蹴るときのイメージです。上半身が少し前に倒れ、一歩目でかかとが浮いているとよいです。

尚、かかとを浮かせたままで、つま先だけで蹴って走ってはいけません。ブレーキがかかって加速することができないからです。

スポンサードサーチ

速く走るためコツ

サッカーでは、走るときのスピードが要求されることは言うまでもありません。

では、速く走るためにはどうしたらよいのでしょうか?

そこで、速く走るためのポイントとして、姿勢、腕の振り方、地面の蹴り方について説明します。

速く走るコツを紹介します。


  • 姿勢

  • 腕を大きく振る

  • 地面を爪先で蹴る

姿勢

一つ目のポイントは姿勢です。

ベースとなる姿勢として、身体をまっすぐな状態にします。頭のてっぺんから足まで、芯が通り、一直線になっているというイメージです。

チェックの仕方としては、壁に背中をつけたまま立って、後頭部、お尻、かかとの3ケ所が壁についていたら「良い姿勢」と言えます。壁立ちすることで、まっすぐな姿勢をイメージしやすくなるので、試してみてください。

また、胸を張るように意識しましょう。猫背や反った状態では、腕をスムーズに振ることができなくなり、足の動かし方にも影響を与えるからです。

腕を大きく振る

二つ目のポイントは、腕を大きく振ることです。

腕の振りを大きくすることで推進力が生まれます。そして、足も連動して早く動かすことができます。

ただ、がむしゃらに腕を大きく振っても意味がありません。手や肩に力が入り、腕を振るときの可動域が狭まり、逆効果になってしまいます。

イメージとしては、肘を上げるのではなく、肩の位置を動かさずに、腕を後ろに引くという感じです。

後ろにしっかり引くことで、可動域が広がります。さらに、腕を前へもっていくときに推進力も加わります。

地面を爪先で蹴る

三つ目のポイントは、地面を爪先で蹴ることです。地面を爪先で蹴ることで反発力を生み出すことができるからです。

そして、接地は爪先からします。イメージとしては地面を押すような感じで、かかとは少し浮かせるようにしてください。地面からの反発力をうまく利用して、スピードに変えていくことができます。
走りに弾むような動きが生まれてきます。

尚、かかとから接地すると、ブレーキがかかったような状態になり、加速できなくなるので注意してください。

有名選手の走り方・ドリブル方法を紹介!

競技選手としてパフォーマンスを向上させるために、練習はもちろん必要ですが、一流選手のプレーを観察・研究して、学習することも大切です。

そこで、クリスティアーノ・ロナウド、オーバメヤン、エムバペの3選手の走り方やドリブル方法を紹介しますので、参考にしてください。

有名選手の走り方・ドリブル方法を紹介します。


  • クリスティアーノ・ロナウド

  • オーバメヤン

  • エムバペ

クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウドの走り方の特徴は、姿勢の美しさとスピードです。

クリスティアーノ・ロナウドが走っているときの姿勢はきれいです。走っているときだけでなく、ドリブルをしているときでも、背筋が伸びていて、上半身のバランスが崩れません。
トップスピードのときでも、上半身の安定感があることがポイントです。

前傾姿勢で走ると、足の前側に無駄な力が入り、ブレーキがかかるような状態になって、スムーズに踏み出せません。

クリスティアーノ・ロナウドは、姿勢の良さにより身体に無駄な力が入らず、足を滑らかに動かすことができるので、スピードも自然とでてくるのです。

オーバメヤン

オーバメヤンの走り方の特徴は、身体能力を活かした圧倒的なスピードです。

オーバメヤンの30mのタイムは最速で3.7秒。ちなみに、ウサイン・ボルト選手が100mで世界新記録をだしたときの30mの経過タイムより速いです。

本人も短い距離のスピードには絶対的な自信をもっています。相手選手よりも先に前へでる加速力とトップスピードをもっています。ディフェンダーはちょっとでも目を離すと、一瞬で置き去りにされてしまいそうです。

また、スピードを活かした縦へのドリブルも魅力的です。裏への抜け出しやショートカウンターなどで大きな武器となります。

エムバペ

エムバペの走り方の特徴は、足の回転の速さとストライドの広さを活かしたスピードです。

回転が速いうえに、踏み出す一歩の歩幅が広いです。一歩で進む距離が長いので、ぐんぐん前へ進んでいくイメージがあります。

走るスピードはピッチとストライドで決まります。エムバぺのように、回転の速さをキープして、一歩の歩幅を広げていくことができれば、必然的にスピードは上がるのです。

また、エムバペは、速いだけでなく、緩急をうまく使うことができます。急加速と急停止を巧みに使い分けることができるので、相手選手のマークやディフェンスを簡単に外してしまうことができます。

スポンサードサーチ

まとめ

サッカーで最も基本となる動作は走るということです。

しかし、ただ速く走るだけではチームの勝利には結びつきません。自分のポジションの役割を理解して、その場の状況に応じた走り方をする必要があります。

一度自分の走り方を見直して、欠点や不足している部分などを見つけ出してください。

そして、走り方のレベルを上げるために適切な練習を継続しましょう。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定