あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

君もキャプテン翼になれる!?ドライブシュートの蹴り方徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/17

更新日 :2020/06/17

サッカーはパスやドリブルで相手ゴールへと攻めてシュートを打ちゴールを決めるスポーツです。

そして、ゴールを決めるシュートにも、グラウンダーやループ、ヘディングシュートなどがあります。
ドライブシュートもその一つで、漫画のキャプテン翼で一躍有名になったシュートです。

ドライブシュートは、キャプテン翼の大空翼が蹴ってから、多くの子供の憧れになりました。

ここではドライブシュートをどのようにすれば蹴ることができるのかを紹介します。

目次

スポンサードサーチ

ドライブシュートとは

ドライブシュートとは、蹴ったボールが真っ直ぐ向かっているはずなのに、ゴール前でストンと落ちてくるシュートのことです。

また、同時にカーブをかけることでボールのコースがわかりにくくなりゴールになる確率が高くなります。

ドライブシュートを得意にしていると、フリーキックやコーナーキックを任されることが多くなり、チームメイトから信頼されるようになるでしょう。

キャプテン翼では、ドライブシュートからタイガーショットなど多くのドライブシュートが生まれています。

ドライブシュートのやり方

見た目は足でボールをこすりあげているように見えますが、実際にこすりあげるとボールは浮きません。

やり方としては、まずは無回転シュートの練習からです。いまでは、それほどむずかしい技術ではありませんので、すぐにできるようになります。

無回転シュートができるようになれば、縦回転の練習です。足の内側を少し寝かせると縦回転がかかるようになります。ただ、このままではボールの高さが足りません。

そこで助走を横からすることで高さが得られるようにします。しっかりインパクトするためにも深く踏み込んでください。

スポンサードサーチ

ドライブシュートの蹴り方のコツ

カーブシュートの応用です。曲がりながら落ちるキックは、コーナーキックやフリーキックなどセットプレーにも効果的です。

しっかりと地面をとらえるように踏み込んで、フォロースルーの方向を変えてやります。つま先を上に向けたままで、ミートさせた後は上に振り抜いていきます。

縦回転のボールは、とにかく落ちます。軸足を曲げてぐっと踏み込んでボールを持ち上げると、ボールはさらに速くなります。

軸足を曲げるように蹴るので、しっかりと下半身の強化をしておいてください。

キャプテン翼のドライブシュートを見てみよう!

サッカーをしている人、あるいはサッカーをしていた人にとって、翼くんのドライブシュートには思い入れがあります。もちろん、サッカーをしていない人にも人気はあります。

縦方向にするどい回転をする、人間技とは思えないボールの落ち方をする翼くんのドライブシュートにゴールキーパーもディフェンダーも反応できません。

このドライブシュートは一気に人気となり、みんなが真似をするようになりました。

動画では懐かしのロベルトさんも出ています。また、キャプテン翼は周りのキャラクターも大事な存在です。

サッカーをした人にとってはプロになった人も、なれなかった人も、攻撃の選手だけでなくディフェンダーの選手も、何度も練習するのがドライブシュートです。

スポンサードサーチ

【動画】一流プロ選手のドライブシュート

一流選手の中にはコーナーキックやフリーキックを得意としている選手がいます。
もちろん、ドリブルからのドライブシュートは迫力満点です。見ていてすっきりします。

ここでは一流プロ選手のドライブシュートを動画で紹介していきます。


  • アブデルハミド・サビリ選手

  • 中村俊輔選手

  • 森谷 賢太郎選手

アブデルハミド・サビリ選手

モロッコ出身の、まだ23歳の若い選手です。

うまくつながったパスから、サビリがカットインしてのドライブシュートです。きれいなドライブのかかった見事なゴールです。

キーパーが出ることのできない場所へのきれいなドライブがかかったフリーキック。サビリはゴール前にいます。
サビリのフリーキックはクロスバーの上を越えていきますが、ボールの落ち方には驚きがあります。

アンドレ・シウヴァからエンディカに渡って、最後はドストの技ありのゴール前へのパスです。さすが名門フランクフルトです。見事なパス回しで得点します。
もちろん、フランクフルトからは長谷部誠選手と鎌田大地選手も出場しています。

中村俊輔選手

天才レフティー中村俊輔選手はアーティストです。得意の左足でのドライブシュートは、もはや芸術でしかありません。高校生のときには、すでに左足の伝説ははじまっていました。

メッシがドリブルのスペシャリストであれば、中村選手はセットプレーの職人です。41歳にして現役であり、キックの精度は落ちていません。

ニアではなくキーパーが飛んでも届かないファーサイドに決めるのが中村俊輔です。
また、セルティック時代にはニアの右のゴールポストのぎりぎりにも、いくつもゴールを決めています。

森谷 賢太郎選手

まるでキャプテン翼の再来とまでいわれたシュートです。ゴールポストぎりぎり、本当にすごいドライブをして落ちていっています。

キーパーの動きを読んでの、マークがつく前のまさかのロングシュートは威力十分です。不意を突いた遠くからのシュートは相手は驚き、黙って見ているしかありません。前があいたのを見逃さないこともサッカー選手にとって大切な能力です。

スタジアムで生で観ていた人は、大空翼がシュートを打ったのではないかと驚いたことでしょう。

まとめ

ドライブシュートは蹴り方のコツをつかめば誰にでもできます。試合の流れの中でのシュートやフリーキックなど、使える場面はたくさんあります。

華麗なフェイントもやり方で、誰にもでもできるようになります。失敗を怖れず、ぜひ練習に取り組んで試合で結果を出してください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定