あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

ブラックバスを食べる国がある?寄生虫に注意!人気おすすめ用品2選

スポシル編集部

公開日 :2020/06/18

更新日 :2020/06/18

初心者でも気軽に始められるイメージのあるブラックバスは、キャッチ&リリースが一般的ですが、実は調理してみると美味しく食べることができるのをご存知でしょうか?

意外と美味しい!という声も挙がるブラックバスの生態や釣り方、味や調理方法など、釣ってから食べるまでの全貌を公開します。

また、ブラックバスを扱う際にはいくつかの注意点もあるので、合わせて見ていきましょう。

最後にはバス釣りに欠かせない、人気のおすすめ用品2選も紹介しているので、ぜひご覧ください。

目次

スポンサードサーチ

ブラックバスとは

ブラックバスとは、スズキ目サンフィッシュ科の淡水魚で、中でもオオクチバス属に入る8種の魚の総称です。

側偏した紡錘形の体型をしており、第一背ビレより第二背ビレの方が大きいのが特徴で、他の魚類や水生小型動物を捕食するための大きな口とあごを持っており、鋭い歯が生えています。

やや頭頂よりの場所に目が付いているため、前方から上方にかけて視野が広がっており、側線で知覚される水野振動情報と併せ用いることで捕食対象を感知します。

捕食対象を見つけるために視覚を用いるため、日中が活動時間となり、特に朝と夕方は活発に、夜間は水底で静止しています。

ブラックバスの生息地は?

ブラックバスは、湖やため池、河川の中流域から下流域にかけてが生息地です。

オオクチバスは冷たい水を好まないため、温暖な水域に生息しており、多少の濁りも問題ありません。

コクチバスはその反対で、冷たい水を好み透明度の高い場所に生息しています。

ブラックバスの食感や味は?

ブラックバスは鶏肉に近い食感だと言われています。

味は、白身魚特有で淡白かつあっさりしていて、下処理をしっかりすることで臭みを消し美味しく食べられます。

ブラックバス自体は旨みが多いとは言えず、濃いめの味付けの料理と相性抜群です。

ブラックバス食べる国は

ブラックバスは、原産国であるアメリカではフライやバター焼き、ムニエルなど加熱調理して食べることが一般的な食用資源となっています。

日本ではキャッチ&リリースのイメージが強いですが、一度釣った魚は傷つきリリースしても死んでしまう可能性があるため、釣った魚は食べるべきという考えが増えています。

ブラックバスのおすすめの料理方法

売られていることのないブラックバスは、自身で釣らなければ食べることができません。

そう考えるとブラックバスを食べると言うことは、貴重な体験とも言えるでしょう。

それでは、ブラックバスを美味しく食べられる、おすすめの料理方法を紹介します。


  • 塩焼き

  • 唐揚げ

  • 天ぷら

塩焼き

ブラックバスを塩焼きにすると、皮もそのまま食べることができます。

川魚の味とは少し違い、スズキのような上品な味を素材そのまま楽しむことができますよ。

臭みを取るためにも、お腹の浮き袋の付け根についている脂肪はしっかり取り除きましょう。

唐揚げ

鶏肉に似た食感で、味も淡白なブラックバスは唐揚げに最適です。

低温に熱した油でじっくり揚げることで、しっかり火を通してから食べるようにしましょう。

本当に鶏肉で作ったかのような、美味しい唐揚げになります。

天ぷら

ブラックバスを天ぷらにすることで、肉厚な身が活きて食べごたえ抜群になります。

適度にのった脂と上品な味が、より食欲を誘うでしょう。

一度食べたらやみつきになる人も多く、ブラックバスを食べているとは思えないほどに絶品です。

スポンサードサーチ

ブラックバスを食べる際の注意点

ブラックバスは淡水魚であるため、寄生虫が付いている可能性があります。

特にブラックバスのような淡水魚に付く寄生虫は、目視が難しい小さい虫や、肉の部分に寄生する虫が多く存在しているため注意しましょう。

いずれもしっかり火を通すことで死滅できるので、生食は避けて加熱する料理方法で食べるようにすると良いです。

ブラックバスの捌き方

ブラックバスを捌くには、まず鱗を取っていきます。

鱗をきれいに取り除いたら、胸ビレと腹ビレが頭部につくように斜めに包丁を入れ、中骨を切ります。裏返し反対側も同様に包丁を入れ頭を落としましょう。

その時に尻から包丁を入れると、頭と内臓が一緒に取れます。

次に血合いに包丁を入れ、鱗、腹の血合いをよく洗い水気をとります。

尾を左に向け、腹から中骨に沿って包丁を入れて半回転させたら尾に包丁を入れ、背から中骨に沿って包丁を入れ片身を剥がしていきましょう。

反対側も同じ様にしたら、腹骨をすき、皮一枚になったら包丁を立て切って完成です。

スポンサードサーチ

ブラックバスの釣り方のポイント

少しの音や人の声を聞いたら、3日は口を使わないような、賢いブラックバスを釣るためには、しっかりフィールドを観察してワームを使い分ける必要があります。

さらに着水音が大きすぎるとブラックバスが逃げてしまうこともあるので、イモグラブなども有効です。

特にクリアウォーターで擦れているポイントでは、繊細な動きが聞くので、イモグラブでのベイトフィネスが物を言うでしょう。

また、普通のルアーでは釣れない場合には、ノーシンカーにオモリを入れて試すのもおすすめです。

この際は、オモリの先を少し出していくことで、ブラックバスにオモリの先を魚の眼だと錯覚させるテクニックもあります。

生きたままの運搬は違法

ブラックバスは海外から持ち込まれた特定外来生物になります。

特定外来生物は生態系や人、農林水産業などへ被害を及ぼすもののことを指し、生きたまま運搬することは外来生物法により違法となっています。

正当な理由がある場合は、申請することで可能になるケースもありますが、よっぽどの理由でない限りは難しいでしょう。

なので釣ったブラックバスを食べるために持ち帰るには、現地で〆てから持ち帰るのが基本です。

ナイフを忘れてきた場合は、釣り糸を切るハサミなどを代用して、エラ周辺を切って〆てから持ち帰るようにしましょう。

釣り人気おすすめ用品

ブラックバスを食べるには実際に釣る以外にあまり方法はありません。

ここからは、ブラックバスを釣るために人気なおすすめ用品を2つ紹介していきます。

初心者でも使いやすいものを中心に、その特徴やおすすめポイントも述べていくので用品選びの参考にご覧ください。

ダイワのバスXは、スピニングロッドの基軸となるフィネスバーサタイルモデルです。

繊細であることはもちろん、ライトルアー全般に対応できる汎用性を兼ね備えているのが魅力になります。

1万円以下で手に入る価格設定にも関わらず、竿部分にはロッドのネジレを抑える強化構造ブレーディングXを採用しており、コストパフォーマンスも申し分ない仕様となっています。

ディップも硬すぎず柔らかすぎず、価格・性能ともに初心者には十分すぎるアイテムと言えるでしょう。

シマノのバスワンXTは、オールラウンドで使えるバーサタイル性と扱いやすさがおすすめのリールです。

スムーズな立ち上がりで伸びやかな弾道を誇るSVSを搭載しており、不快なバックラッシュを低減しました。

さらに、現代のバス釣りに合わせてラインキャパシティを200番から150番へ変更し、時代の流れにあわせてより扱いやすく進化しています。

クラスを超えたスペックとトラブルレス性能で、バス釣りの礎を支える一台として作られました。

スポンサードサーチ

まとめ

バス釣りはキャッチ&リリースだけでなく、食べるという選択肢もあります。

最近ではリリースが禁止されているエリアもあるため、馴染みがない分抵抗も感じやすいとは思いますが、一度食べたら、今まで食べなかったことを後悔する人もいるほど美味しいです。

また、ブラックバスを持ち帰るには、現地で必ず〆て生きたままは持ち帰らないこと食べる際にはしっかり火を通すことは徹底しましょう!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定