あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

大潮での釣りのポイントと知っておきたい4種類の潮の状態と釣れやすい魚!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/16

更新日 :2020/06/16

この記事では、潮の変化の一つである大潮を狙い目にした際の釣りのポイントを解説していきます。

海や磯で釣りの対応を考える時、必ず潮の変化には敏感になっています。月齢に合わせて変化する潮の状況を正しく把握することで、より釣果を得られることにもつながります。

そこで、潮の状態の一つである大潮には、海洋がどのような状態で釣りに与える影響がどれほどなのか、また大潮で釣りはどのような魚種をターゲットにできるのかなど、釣りと潮の変化をセットに説明していきます。

目次

スポンサードサーチ

大潮とは

大潮とは、1日の潮の干満による潮位差が大きくなるタイミングのことを指し、地球に対して月と太陽が直線状に重なるため、満月や新月の前後に発生するものです。

通常よりも海面の高さが変わり、潮流も強くなることで、水中に生息する生物の活動も活発になるとされています。

そのため、海洋生物にとっては大潮などによる潮流の強さは、繁殖活動にも大きく影響を与えることがあります。産卵を大潮のタイミングで行い、潮流に合わせて子孫を拡散させるのに有利に働くメリットが出てきます。

大潮のメリット

大潮での釣りのメリットは、潮流の境目である潮目を発生させやすくなることです。

潮流に乗ってプランクトンや魚が潮目に集まるようになり、ターゲットを狙いやすいスポットになります。

また強い潮流の時期を狙って海洋生物などの産卵活動も活発になることから、捕食のタイミングを狙っている大型魚を釣り上げる穴場にも変化していきます。

大潮のデメリット

大潮による釣りのデメリットは、潮の干満差が大きいことで海水面の高さが上昇するので、沿岸部での釣りができなくなることがあることです。

大潮の時期は沿岸部は干潟になることがあり、本来なら不自由なく楽しめていた釣りができなくなります。

また、潮流が強いと回遊性がある魚種の移動が促され、特定の場所での釣り場での当たりがなくなることもあります。

大潮で釣れる魚は?

実際に大潮の時期で釣れる魚種は極端に多くなくとも、様々な魚種が確認できます。

例えば、沿岸部に接近しやすくあまり警戒心が高くないタチウオ大潮などの潮流が強い時期に捕食確率が高いシーバスが狙い目とされやすいです。

他には、潮流に乗ってイワシなどの小型魚種が回遊する釣り場では、青物などにも目を付けると釣り上げる確率を上げられます。

潮の状態の種類

大潮だけに限らず、潮位や潮流の違いは時期によって違いが生じてくるものです。

ここでは、大潮以外の潮の状態について、釣りにどのような影響を与えるかを解説していきます。

変わった名称が出てきますが、潮の時期に合わせて出現する魚種にも関連が出てきます。

中潮

中潮とは、大潮と小潮との間の期間を指し、極端な潮位や潮流の変化は少ないため、海釣りを楽しむのに適しています。

大潮の前と後でタイミングが2回ありますが、大潮の後の中潮が良いとし、潮流が良いタイミングとも言われています。

アジやイワシの小型魚からスズキの大型魚まで釣れる可能性があり、様々なサイズの魚種を釣り上げられます。

小潮

小潮とは、大潮とは反対に潮位が最も低く潮流が少ない状況を指し、海釣りに適さないことがほとんどです。

ただ、大海の中でも日本海側では、太平洋側と違って元来潮位差が低い釣り場があることでも知られています。

そのため、小潮でも釣りに影響が少ないとされ、イワシやアジといった小物を狙うには小潮での釣りの方が良い場合もあります。

長潮

長潮とは、潮の干満差が小さくなってきて、潮位や潮流の変化が緩やかになってきた状況を指します。

大潮や中潮といった潮位や潮流の変化が目立つタイミングとは異なり、潮の動きそのものが穏やかで変化が少ないため、釣りには不向きとされます。

プランクトンが少ないと、餌にしている魚も出現率が低く、想像以上に釣果が望めないことも多いです。

若潮

若潮とは、長潮に続いて少しずつ潮の変化が生まれる状態を指し、大潮に向かって潮の若返りが見られることから若潮と呼ばれます

けれども、長潮と同様に極端に潮位や潮流の変化が大きくはなりません

そのため、長潮のように潮の変化や動きが少ないことから、釣果を狙うための魚の入りが少なく、捕食環境になりにくいので、釣りのタイミングには適さないとされます。

スポンサードサーチ

サビキに適した潮の状態は?

サビキ釣りは、海中に餌を撒いてサビキを仕掛けて釣り上げる手法です。

堤防などに回遊してくる魚をターゲットにもしますが、潮の変化を受けやすい状況で釣果を上げやすいです。

注目したい潮の状態では、潮の変化に目を付けることになるので、大潮や小潮といった潮流や潮位の差が大きくなるタイミングが狙い目になります。

また潮の干満のタイミングについても考えると、夜明けや日没前が変化が現れる絶好の機会になるので、期待値が上がるチャンスを逃さないようにしましょう。

釣り人気おすすめ用品

海釣りを楽しむ上で、潮の変化をできる限り正確につかみ、準備を整えた状態で釣りを楽しみたいものです。

大潮など潮の変化をつかむアイテムと、サビキ釣りにも適したロッドをそれぞれ紹介します。

変化に合わせて準備不足がないよう用具を揃えておきましょう。

CASIO 腕時計 ジーショック G-LIDE 電波ソーラー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

耐久性に高い機能を発揮する言わずと知れたG-SHOCKです。

日本以外にも世界6局の標準電波を小型アンテナで受信して時刻修正を行い、フル充電時からソーラー発電なしで10か月の駆動時間を誇ります。

世界のトップサーファーも使用し、20気圧防水機能もさることながら、設定エリアの海洋の潮汐情報が把握できるタイドグラフを搭載しています。

さらに、潮の状況に左右される月齢が分かるムーンデータも合わせて採用されているため、釣り場での海洋状況をその場で簡単に確認できます。

DAIWA 磯竿 スピニング リバティクラブ 磯風

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ダイワのリバティロッド・磯風は堤防での海釣りに適しており、この1本で幅広い魚種とも戦える頑丈設計になっています。

アジやイワシの小型魚からスズキやチヌといった中・大型魚まで相手にできる万能ロッドであり、サビキ釣りにもチャレンジしたい人にはおすすめしやすい本格派ロッドです。

ロッド全長が4m超えになりますが、自重170gで軽量タイプであり、コンパクトに扱えることからコスパにも良いされています。

随所にダイワ独自の技術も盛り込まれてパワー・耐久性にも優れた1本です。

スポンサードサーチ

まとめ

海釣りで釣りの楽しみを最大限引き出すためには、釣り用具の充実以外に潮の変化にも敏感であることが重要です。

大潮のような潮位や潮流の変化が大きく見られる時は、釣りを楽しめるチャンスでもあるので、海の知識も携えて外れのない釣りを楽しめるようにしましょう。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定