あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

初心者必見!鯉釣りを徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/16

更新日 :2020/06/16

この記事では、鯉釣りをこれから始めていく上でも必要になる餌や仕掛けなどの準備方法について解説していきます。

ルアー釣りやエギングといった様々な釣り手法がありますが、鯉釣りにおいても事前に知っておくだけで準備を整えやすいポイントが豊富にあります。

鯉の習性をはじめ、釣りに必要な餌をの作り方、仕掛けの種類を踏まえて、鯉釣りの知識を増やしていってみましょう。後半では、鯉専用釣り具でおすすめできる商品も合わせて紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

鯉の特徴

鯉とは様々ある魚種の中でも、食す魚種よりは観賞魚として生活圏に近しい種類の魚です。

鯉の外見から分かる特徴は、口元に2本のひげがあり、成長すると1m級の大きさにまでなります。

ただ、一言に言っても鯉の種類もたくさんありますが、日本で見られる鯉の9割以上は外来種とされており、主にヨーロッパやアジアから輸入された鯉の種類を多く目にしています。日本にも在来種でノゴイも生息していますが、現在では絶滅危惧種に指定されていて、目にするのも困難な種類の鯉です。

鯉が釣れる時期・時間帯と釣れるポイント

鯉釣りを楽しむ上で、鯉を狙いやすい時期やスポットを知っておきたいものです。

豊富にある魚種と比べて、鯉は自然環境への適応能力が高いため、鯉の生態を踏まえた上で釣りを楽しむために必要な知識を学んでいきましょう。


  • 釣れる時期と時間帯

  • 釣れるポイント

釣れる時期と時間帯

鯉の釣果を出すことを目的に釣りを行いたいのであれば、春と秋の2度鯉釣りが盛んになります。

冬から春になって水温が高くなってきた4月から5月は、鯉の産卵期でもあることから餌を求めて浅瀬に群がるようになります。

また、夏から秋へ暑さが和らいできた9月から11月も、春の時期と同じく鯉が活発に活動する時期とされています。釣りやすい時間帯としては、日の出前や日没後を狙い目に、約3時間を目安にすることで鯉の釣果を望めるようになります。

釣れるポイント

釣りをするポイントの一つに生息場所の水の汚れが挙げられますが、鯉は流れが激しくない穏やかな河川や池であれば、あまり問題にはなりません。

生息するために必要な餌を泥中から吸い上げる生態があり、基本的には水辺の深い場所に生息しています。産卵期以外は基本的に浅いポイントにはいないので、流れが緩やかで淡水スポットを中心に攻めてみましょう。

スポンサードサーチ

鯉釣りの代表的な仕掛けを解説

鯉釣りで使われる代表的な3つの仕掛けを解説していきます。

鯉釣りの初心者から経験者まで、様々な釣りレベルに合わせて仕掛けの方法を知っておくべきです。3種類の仕掛けの特徴に注目しながら、タックルやフィールドに合わせた仕掛けを準備できるようにしてみましょう。


  • ウキ釣り仕掛け

  • 吸い込み仕掛け

  • ぶっこみ仕掛け

ウキ釣り仕掛け

この動画では、鯉釣りをライトタックルで楽しむためのウキ釣り方法を解説しています。

餌作りから始まりますが、市販の鯉釣り用の餌と水を2対1の割合で混ぜ合わせて作っておきます。

肝心の仕掛けであるウキは、誘導式にしておくことで短めのロッドで深いタナも狙いやすくなります。
錘は2号を準備し、ウキ止めのゴム管からヨリモドシまでの誘導式にしておくことがポイントです。そして事前に作っておいた餌を取り付けたら、あとは鯉が掛かるのを待つだけです。

吸い込み仕掛け

この動画では、鯉釣りの吸い込み仕掛けで鯉釣り入門をクリアーしていく内容になっています。

入門編であるため、ロッドにリールを取り付ける所から始まり、釣り餌や仕掛けを作る所まで初心者に向けて作成されています。

仕掛けは市販の鯉餌を使ってゴルフボールくらいの玉を作り、鯉が吸い付くように掛かるよう、数本の釣り針を釣り餌に仕掛けていきます。釣り針が鯉に掛かるよう、外側に向くように埋め込むことで簡単に仕掛け作りを完了できます。

ぶっこみ仕掛け

この動画では、ぶっ込み釣りの仕掛けを作って、鯉釣りを楽しむ方法を紹介しています。

中通しの錘、サルカン、仕掛け針を準備したら、まずは中通し錘に道糸を通していきます。

さらにサルカンも通して結んで固定できたら、サルカンにはハリスを付けていきます。仕掛け作りそのものが大がかりな作業ではなく、仕掛け準備をしっかりしておけば、初心者でも大物を十分狙える釣り手法です。また、鯉の種類によっては警戒心を与えないために仕掛け作りの工夫も必要にはなります。

鯉釣りに使えるおすすめの餌

鯉釣りともなると、餌の種類も様々使い分けることが出てきます。餌の使い方だけでなく、どのようなタイプがあるかについても知っておくと、鯉の食いつき方も学べます。身近に鯉釣りを楽しむために、おすすめの餌を使って試してみる価値ありです。


  • ボイリー

  • ダンゴ

  • 食パン

ボイリー

出典:amazon.co.jp

ボイリーは、英語のボイルから名付けられていますが、茹でて作られる餌という意味があり、鯉の当たりをじっくり待てるよう外の殻が硬い特徴があります。

硬市販ボイリーも種類が多いですが、基本的には沈むボトムタイプと、浮くポップアップタイプに分かれます。鯉が動くフィールドや時期などに合わせて使い分けることが求められます。

ダンゴ

出典:amazon.co.jp

ダンゴを餌として作って鯉釣りを行う場合は、吸い込み仕掛け用で釣り針を仕掛けられるよう、餌作り時の配合が大切になります。

粉末状の餌に少しずつ水を均一になるよう混ぜて団子を作るように握り込んでいきます。練り込まないことや水加減に注意することで、投入時の空中分解を避けて、早く水中でばらけるダンゴになります。

食パン

鯉の餌としてイメージしやすく、手頃にいつでも手に入るのは食パンです。

食パンの銘柄は特にこだわりがなくても問題なく、少なくとも2枚あれば十分楽しめるだけの分量になります。

一口大にちぎった食パンをそのまま釣り針に刺すのもいいですが、水に沈めたい場合は軽く握り込むことで浮いてこない鯉をターゲットにもできます。

スポンサードサーチ

鯉釣りにおすすめ釣具

いざ鯉釣りを始めるとなった時に、必要な釣り具は品質が良いものを揃えたいものです。

そこで、鯉釣りにおすすめの釣り具を、ロッド・ルアー・ラインのそれぞれで紹介していくので、鯉釣りを楽しむための準備を整えていきましょう。

ダイワ(DAIWA) 葉隠 超硬

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

強度と軽さで扱いやすいロングロッド

ダイワの鯉釣り専用ロッド・葉隠は黒ベースのスタイリッシュなデザインの軽量ロッドです。

ダイワ独自の高密度HVFカーボンを採用した粘りと強度を兼ね備えた特性を持ち、ロッドの持ち手であるグリップも握りやすさと軽量化を追求しています。

ロッドとラインの相性においても注意が払われており、穂先で糸絡みを防止するよう加工されています。ロッド全長5.4mとロング仕様ではありますが、遠く深く鯉を攻めるには申し分ない1本としておすすめできます。

AP ソフトルアーセット ルアー5種類 針2種類入り

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

用途分けができるルアーと釣り針セット

APのルアー5種に針2種が加わったルアーセットで、彩り・サイズ・形状で用途による使い分けができます。

シャッドテール・チューブワームなどのルアーに、針はジグヘッド仕様で、鯉に限らず様々な魚種をターゲットに使えます。

ルアーサイズは、最小で4cmから最大で5.5cmが揃えられてあり、カラーも黄色やホワイトといった比較的明るめのカラーで魚を引き付けます。種類が豊富にあるため、釣り経験者だけでなく初心者にとっても釣り場で困ることがありません。

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン スーパー鯉 600m

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

強度と耐摩耗性に力を発揮する鯉専用ライン

サンラインの鯉釣り専用ナイロンラインで、グリーンカラーで6号サイズを600m分準備されています。

少々の当たりの大きなターゲットにも負けない強度と耐摩耗性を誇り、ノコイを釣り上げるにもタフなナイロンラインとして選ぶには最適です。

独自のSRP加工で柔軟性が高く、リールへのフィットも良いものを感じられます。屋外にさらされてもオリジナル加工で紫外線による強度劣化を抑制する効果も得られます。引きの強い鯉にも力負けしないラインとして重宝します。

まとめ

身近に感じられやすい鯉でも、いざ鯉釣りとなると釣り具選びにあたふたすることも想定されます。

鯉専用釣り具を携えていつでも鯉釣りを楽しむ準備を整えられるよう、鯉の習性や最適な餌の準備方法をしっかり心得ておきましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定