あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

5種類の根魚の特徴やサイズについて徹底解説!釣り方やおすすめタックルもご紹介!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/16

更新日 :2020/06/16

この記事では、種類が豊富に存在する根魚について、特徴や釣りの方法などを幅広く紹介していきます。

一括りに根魚と表される魚種にピンと来ないかもしれませんが、カサゴやクエなど生態や特徴に共通点があります。

釣りを楽しむ際にも、従来の釣り手法とは違った準備を進めることにもなります。どのようなタックルを準備し、出没しやすい釣りスポットはどこか、また魅力だけでなく注意点は何かなど、これから根魚釣りを楽しみたい人にとっても分かりやす情報を提供していきます。

目次

スポンサードサーチ

根魚ってどんな魚?

根魚は、通称ロックフィッシュでもあり、海中の岩場や水草の周辺に生息する魚として名付けられています。

生息場所から、防波堤や港湾周辺が釣りスポットとして集中しやすいです。

特定魚種に限らず、釣れる魚の種類やサイズが幅広く、定番の魚種から高級魚まで当たりがありますが、釣り上げてみないと分からない面白さも醍醐味の一つです。

主なターゲットになるのは、小型のメバル・カサゴに始まり、中型や大型になるクロソイ・アイナメ・クエと種類が豊富です。

根魚にはどんな種類がいるのか?

根魚釣りが他の釣り手法と違う点は、根魚と一括りで表現されながら種類やサイズが幅広いことにあります。

比較的小型のメバルから、大型で高級魚のクエまで主な5種類の根魚の特徴、釣りにおすすめの時期など様々な視点で紹介していきます。

冬によく釣れるメバル

メバルは種類が多い根魚の中でも代表格であり、スーパーで購入できるだけでなく、料亭でも煮つけなどにして調理される高級魚の部類に入ります。

釣りスポットは北海道南部から九州にかけて広く分布しており、気候の違いに左右されることなく日本中で釣り上げられます。

冬場が狙い目であり、体長は大きいサイズであれば30cmを超え、大きく張り出した目と体表にある黒い縞模様が特徴です。

夜行性で警戒心が強く、岩礁などの周囲を群れになって泳いでいます。

夏から冬が旬のアイナメ

アイナメは根魚の中でも穴釣りの代表格であり、主に北海道北部を除く九州北部までの日本の沿岸で多く確認できます。

サイズは様々で、平均的には体長30cmから最大60cmに及ぶアイナメを釣り上げられます。

他の魚種と違って背びれが一つにつながっている見た目の特徴があり、釣りスポットは水深約30mの岩礁帯で縄張りを作って生息しています。

年中釣りを楽しめますが、主に夏から冬にかけた寒くなる時期がベストとされており、ルアーでも狙い目として釣りやすくなっています。

穴釣りがおすすめカサゴ

カサゴもメバルに並んで根魚の代表とも言われ、生息地域もメバルとほぼ同じで全国で確認できます。

カサゴは地方で別名称があり、関東圏ではカサゴ、関西圏ではガシラ、九州地方ではアラカブと様々です。大きな目玉に茶色や黄色などのまだら模様が特徴で、体長は大きいサイズでは30cmにもなります。

釣りスポットは沿岸の岩礁やテトラポットの合間に潜んでいることもあり、日没になってから活動が見られるようになります。メバルと同様に煮つけにするとおいしく食べられます。

たくさんの種類がいるソイ

ソイにはたくさんの種類があり、クロソイ、シマゾイ、ゴマゾイと豊富にあります

正式名称はタケノコトメバルとされますが、地方によってはベッコウゾイとも呼ばれる場合があります。

体表は茶色、黒灰色、黄色など種類によって体表の色や、縞模様や斑点といった模様も違っています。日本沿岸や世界では朝鮮・中国沿岸にも広く分布し、浅い岩礁域に生息しています。

幼魚では防波堤などで、成魚になると水深50mから100mの岩礁域に移動していき、日没と共に行動が活発化していきます。

高級魚のクエ

高級魚としても有名なクエは、根魚の中で大型サイズになるハタの種類に分けられる根魚です。

前記までに紹介してきた根魚と違い、狙ってもなかなか釣れず、出没するスポットを狙っても釣れる確率が低いともされています。

主に潮流が多く、水深約50mの浅い海域で単独で行動しています。通常でも60cm以上ありますが、大型になれば1mを超えてくるので、釣り上げる感触も大きいです。

日中はほとんど活動せず、身を潜ませていることが多いですが、いざ釣り上げるとなると大型専用のタックルは必携になってきます。

スポンサードサーチ

根魚が釣れやすい場所は?

根魚は全国の沿岸部に多く生息していますが、釣りやすいスポットを探すには、根魚の習性や特性に目付けることが必要です。

例えば、港湾部や防波堤などを選ぶ場合は、テトラポットや岩礁域といった隠れ場所があるポイントを攻めてみると良いです。

また、磯やサーフの場合は、基本的に足場不安定でありますが、根魚が身を隠せる場所が多いので、絶好ポイントにもなるでしょう。

ただし、釣り初心者には、足場が悪い磯での釣りは不慣れで危険もあるので、装備をしっかり整えて臨むようにしましょう

根魚釣りの魅力とは?

根魚釣りの魅力は、従来の釣り方とは大きく違った手法で攻めていくことにあります。

障害等を気にせず、ルアーなどの仕掛けにアクションを加えた派手な釣りと異なり、根魚の生態に合わせた読み比べにも似たものがあります。

根魚は基本的に縄張りから動かず、障害や底に潜んでいるなど、我慢のしどころが多いですが、幅広い魚種を釣り上げられる楽しさも膨らんでいきます。

普段から楽しんでいる釣りとは少し違った釣り方をしてみたい人には、一度経験してもらいたいです。

根魚釣りの際の注意点

根魚釣りで注意することは、仕掛けで使用するルアーの根掛かりやラインの根ズレです。

根魚の生態や生息場所から、大海に仕掛けを投げ込んで豪快に釣り上げる手法とは異なり、周囲の環境にも配慮する必要があります。

無理をして釣り上げようとすると、根掛かりや根ズレに遭う危険もあります。

また、ハオコゼを釣り上げた場合は、極力逃がしてあげるのが無難です。

手のひらサイズの魚種ですが、トゲには有毒性があるため、触ると激痛が走るので、釣り上げた際の対処には十分注意してください。

スポンサードサーチ

根魚の釣り方

初心者などの根魚釣りを初めての人でも簡単に楽しめる根魚のワーム釣りの入門編として釣り方をまとめた動画です。

ジグヘッドとワームで根魚釣りを楽しむ仕様になっており、ジグヘッドは尺ヘッドタイプRを使用しています。

堤防での根魚を追い、途中雨の悪天候にも見舞われますが、カサゴも釣り上げています。根掛かりしないよう防波堤沿いを攻めていき、暗くなってきた際の夜行性の特性を活かしてターゲットを狙っています

堤防の壁際などを攻めるのもポイントが絞れない時の攻め方として紹介されています。

根魚におすすめのタックルの選び方

根魚釣りを楽しむためには、準備すべきタックルにも注意が必要です。

スピニングかベイトかで選択が分かれてきますが、パワー負けしないだけでなく、組み合わせたタックルのバランスにも注視して、おすすめのタックルを揃えられるようにしましょう。

根魚にはどんなロッドがおすすめか?

根魚用のロッド選びの際は、対象とする魚種を明確にすることが大きなポイントになります。

根魚一言でもサイズが大きく変わるので、ロッドパワーの耐久性に目を付ける必要が出てきます。

そのため、根掛かりも気にするスポットであれば、硬めのロッドを準備しておくと良いです。

また、釣りスポットに着目するのであれば、堤防だけでなく沖で狙うのであれば、全長が長めのロッドを使用することでコントロールしやすくなります

ただ、ベイトロッドは、バックラッシュが起こることも想定には入れておきましょう。

根魚はベイトとスピニングどちらがおすすめ?

根魚用のリールは、ベイトリールはタックルバランスを重視することさえ注意すれば、パワー負けしない準備を整えやすくなります

放出したラインをしっかり巻き取れるパワーと大きさが備わっていれば、ロッドとのバランスに注意するとバランス良く組み合わせができます。

スピニングリールの場合は、耐久性に優れていないとリールが破損してしまいます

引きの強いターゲットと戦うことがありますが、パワーと耐久性はベイトリールよりも劣ることを想定しておかないといけません。

ルアーはハードそれともソフト?

根魚用のルアーは、初心者が手を付けやすい所でいくならば、ワームなどのソフトルアーが定番になってきます。

最近では色や形状の種類が多くなっているので、3パターンは準備しておくと、釣り状況に合わせてルアー変更を利かせやすいです。

大物を釣り上げるとなると、ベイトタックルとの相性も良い重量が重めのルアーが操作性に長けています

例えば、メタルジグやテキサスリグといった比較的重量があるものがおすすめになってきます。大型の根魚を釣り上げる時のロッドアクションにも影響することも考慮しておきましょう。

スポンサードサーチ

釣り人気おすすめ用品

根魚釣りを楽しむためのおすすめ釣り用品を2点紹介します。ロッドとリールを1点ずつ紹介しますが、前記でも触れたロッドやリールを含めたバランスがとても重要になります。

使いやすさだけでなく、メーカーを統一させたバランス感覚にも注目しながら、選ぶ基準にしてみてください。

ダイワのベイトロッド・ハードロックの性能は、カーボン含有率が高い軽量仕様で、全長2.59mにも及ぶロングロッドです。

これから根魚釣りデビューしたい人向けにも開発された入門モデルでもあり、ルアーのキャストも滑らかにこなしやすくなっています。

ブレーディングXバットを採用して、ねじれに強いだけでなく大型の根魚による強い引きにも力負けしません。

ルアー重量は7gから45gまで、適合ラインも10lbから25lbまでと適合範囲が広いので、ターゲットに合わせた仕掛けをこの1本で行えます。

ダイワのベイトリール・HRFは、自重が200gに満たないにもよらずギア比8.1を誇るパワーが自慢です。

マグフォースZとTWSの相乗効果により、さらに遠投性能がアップしています。

適合ラインについては、PEラインで最大2号で150mまで、フロロラインで最大16lbで85mまで可能です。右利き用のダブルハンドルで、アルミフレームを採用することでボディの剛性を確保している安心感も心強いです。

また実践での使用感を向上させるために、ドラグにはATDを搭載させています。

まとめ

種類もサイズも豊富で釣りでも楽しめる根魚には、記事だけで語りつくせない生態や釣りの手法がまだまだたくさんあります。

生息場所に合わせたタックルだけでなく、パワー負けしない性能も兼ね備えた準備を整えて、一味違った根魚釣りを楽しんでみましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定