あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

高級イカのコブシメを堪能しよう!美味しい食べ方や釣り方のコツも紹介!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/15

更新日 :2020/06/15

高級なイカとしてアオリイカが知られていますが、コウイカの仲間のコブシメも高額で取引される高級イカです。

そんなコブシメについて詳しく知りたい、食べてみたい、釣ってみたいと考えている人もいるでしょう。

ここでは、コブシメはどんなイカなのか、おすすめの調理法、イカの捌き方、コブシメの釣り方、釣りでのおすすめのロッドとリールを紹介します。

コブシメについて詳しく知りたいと考えている人は、ぜひ最後までお読みください。

目次

スポンサードサーチ

コブシメとは

コブシメとは、コウイカ目コウイカ科コウイカ属のイカです。

体長は50cmを超え、体重は12kgにもなるイカで、コウイカの仲間の中では最大級で、市場では高級イカとして扱われます。

一般的なコウイカのサイズが15cm~20cm、体重が3kgと比較すると、どれだけ大きいイカかが分かります。

コブシメという名前は、クブシミという沖縄の呼び方が由縁だと言われています。

産卵期にはつがいで行動することが知られ、寿命は1~2年と短いです。

コブシメの生息地は?

日本でのゴブシメの生息地は、珊瑚礁帯がある沖縄諸島です。

九州の南部から琉球列島に分布し、西部太平洋、インド洋の熱帯域に生息しています。

コブシメは、亜熱帯の珊瑚礁帯にしか生息していません。

基本的には深場に生息しているイカですが、産卵期には沿岸にも寄ってきます。

産卵時は、珊瑚の枝に一つひとつ卵を産み付けます。卵の大きさは直径2.5cmもあり、ピンポン玉より少し小さいサイズです。

コブシメの旬のシーズンは

イカには様々な種類がありますが、それぞれのイカが美味しいとされる旬は産卵の前です。

コブシメの産卵時期は、主に春先から夏頃になります。

この時期は、コウイカの中でも最大級のコブシメが沿岸に集まるので、メスを争ってオス同士の戦い、求愛行動、産卵が見ることができるとダイバーにも人気のシーズンです。

大型のコブシメの釣りは、晩秋から冬がシーズンとなります。

コブシメの食感や味は?

大きなイカは硬いのではと思いがちですが、食感は程よく、甘みもあり、冷凍するとさらに甘みがまします。

完全な生で食べても美味しいですし、軽く湯引いても良いでしょう。

身と頭部は火を通しても硬くはなりませんが、げそ部分は煮たりすると硬くなりやすいです。

コブシメは墨が多いので、墨を汁物に使います。独特の風味とコクを味わえます。

コブシメの値段は?

アオリイカと並ぶ高級イカとして知られ、大きいモノでは1杯5千円~8千円で取引されることもあります。

コブシメは、近所のスーパーや鮮魚店で購入できない人がほどんどでしょう。

そんな人もネット通販で購入することが可能です。

ネットでは、1杯1.6Kg~2kgのコブシメを約6,800円で販売されています。

高級イカなので、ネット通販でも高額での取引となっています。

コブシメのおすすめ調理法

高級イカであるコブシメを釣ったり、購入したりした時には、色々な料理で楽しみたいと考えている人も多いことでしょう。

そこで、コブシメが堪能できる墨汁、刺身、中華炒めの調理法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

コブシメは墨がいっぱい出るため墨汁

コブシメは、イカ墨が多いので、黒汁はぜひ作っておきたい料理の一つです。

かつおだしに、豚肉のゆで汁を使ってイカを煮ます。ゲソやヒレ部分を入れることで良いダシがでます。

ゲソやヒレに火が通ったらコブシメの墨を入れて、塩で味を調えれば完成です。

甘みの強い刺身!

刺身で食べる時には、外皮だけでなく内側の薄皮も剥ぐと食感が良くなります。

外皮、内側の薄側を剥いだ身を3~4等分程度にして、0.5~1cm幅に切れば刺身の完成です。

甘みが強く、イカらしいねっとり感もあるので、イカを堪能できるでしょう。

中華炒めも美味しい

大きめに切ったコブシメを中華炒めにするのも良いでしょう。

コブシメは、身や頭の部分は火を通しても硬くならないので炒め物にも最適です。

セロリと一緒に塩コショウで簡単に炒めても美味しいです。

ボウルに身と日本酒、片栗粉を入れてまぶしておき、ピーマン、シイタケ、長ネギを切って、手早く材料を炒めながら、唐辛子で辛みをつけてオイスターソースをからめて、仕上げにごま油をかけた本格的な中華炒めも美味しいです。

スポンサードサーチ

イカの捌き方

コブシメはコウイカの仲間なので、捌き方はコウイカと同じです。

この動画では、捌きながらコツを教えてくれるので、初めて捌く人もコブシメを捌くことができるようになるでしょう。

薄皮の剥ぎ方、外皮の剥ぎ方、飾り包丁の入れ方もわかります。

飾り包丁を入れた刺身は、とろける、湯引きをしたことで甘みが増したと評しています。

イカは普段捌くこともないので、難しいと感じるかもしれませんが、コツが分かれば意外に簡単にできると感じることでしょう。

この動画で、イカの捌き方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コブシメの釣り方

沖縄の方にしか生息していないコブシメなので、どんな釣りになるのかと気になる人もいるでしょう。

YouTubeには、船でコブシメ釣りしているところを視聴できる動画があります。

最初のヒットは石でしたが、その後は順調にイカが釣れ始めます。

イカ釣りが終わって港に帰るとハリセンボンを見つけ、網でハリセンボンをゲットします。

楽しい釣り動画なので、コブシメ釣りが気になっている人は一度視聴してみてはいかがでしょうか。

エギングのタックルで良いのか?

上記の動画でも分かる通り、コブシメを釣るときにはアオリイカなどのタックルと同じで問題ないでしょう。

3.5~4.5号程度のエギで釣りをします。

コブシメは、アオリイカよりも大きいせいか、泳ぎがあまり得意ではないイカです。

そのため、大きく移動することがないので、居場所を見つけることができれば、エギで誘うことで意外にも簡単に釣ることができます。

ただ、居場所を見つけても、潮の流れが速いのでは上手くエギを捕まえることができないので、潮の流れが緩やかなエリアを狙うのが良いでしょう。

スポンサードサーチ

釣り人気おすすめ用品

コブシメは、コウイカの中でも最大級です。そのため、引きや重さに耐えられるタックルを用意する必要があります。

ここからは、コブシメを釣るうえでおすすめのタックルを紹介します。タックル選びで迷った時は参考にしてください。

エメラルダスは、ダイワから販売されているエギング専用ロッドです。

ブレーディングXによってネジレを抑制し、パワーロスがないので大物にも最適です。

改良型オーバルリールシートは、軽量でフィット感もあり、何度もロッドを振っても疲れません。

Kガイドによって糸がらみも解消され、ラインのスムーズな放出ができるので飛距離も向上します。

ショアエギングモデルとボートエギングモデルが用意され、釣り方に合ったロッドを選ぶことができます。

ダイワから販売されている軽量でコンパクトなエギングリールです。

マグシールドで海水や遺物などの侵入を防ぐ構造になっていて、水没しても塩や異物によって起こる回転異常の発生を大幅に軽減しています。

カーボン繊維を練り込んだザイオンを使うことで、軽いだけでなく、耐久性が増し、腐食にも強いです。

エギングは、長い時間リールを使うことになるため、軽量タイプを選ぶことがポイントの一つです。

エギング用のリールなので、軽量化や操作性、耐久性も兼ね備えている商品となっています。

まとめ

ここでは、コブシメはどんなイカなのか、おすすめの調理法、イカの捌き方、コブシメの釣り方、釣りでのおすすめのロッドとリールを紹介しました。

高級イカを釣って、自分好みの調理法で堪能してみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定