あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

【久保建英選手も練習してた!】コントロールオリエンタードの特徴と練習方法を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/06/12

更新日 :2020/06/12

この記事では、サッカー技術の一つであるコントロールオリエンタードについて解説していきます。コントロールオリエンタードはスペインサッカーでは重要視されている技術の一つであり、世界で活躍するプロ選手が行っています。

攻守の切り替えなどの重要な局面で発揮されるコントロールオリエンタードの技術が、どのようなメリットを生み出すのかを解説していきます。

また、久保建英選手も行っている練習メニューも合わせて公開するので、日頃のサッカー練習に取り入れてみましょう。

目次

スポンサードサーチ

コントロールオリエンタードとは

コントロールオリエンタードとは、スペイン語で「方向づけしたボールコントロール」を意味するサッカーでも重要とされる用語です。

サッカーの基本動作は、ボールをトラップして留めたり、前方へ蹴ったりしますが、ゲーム中に一つ一つの動作を止まって行うことがあまりありません

そこで、次のプレーを予測しながら、視野が狭くならないように、ボールに対するファーストタッチにも動きが止まらないように体とボールの方向付けを行います

優れた千選手にはイニエスタ選手や香川真司選手らがいます。

コントロールオリエンタードのメリット

サッカーでは攻守の切り替えが展開されるスポーツですが、コントロールオリエンタードについては攻撃時に大きなメリットが2つあります。

1つ目はボールを味方から受ける際の視野を確保することで、ボールを半身で受けるので相手の位置も把握する判断力を身に付けられます。

2つ目はディフェンスコンタクトを避けるためのボールキープが安定することで、常にディフェンスの状況を見ながらプレッシャーを回避できるようにボールを受けられるようになります。

コントロールオリエンタードの注意点

コントロールオリエンタードを身に付けたり実践したりする上での注意点は、相手選手とのコンタクトや間合いを測るだけでなく、次の動き出しに向けて状況を読むことでもあります。

特に、周囲の情報をどのように見るかが大切になるため、単に体の向きを変えるだけや周囲を見るだけでは次への動き出しには不十分です。

自分の背後と相手選手が接することが増えるため、スペース状況をつかむためには、首を振って自分にとって死角になてしまっている状況を見ることが重要です。

コントロールオリエンタードの練習メニュー

海外のトップ選手が華麗にこなすコントロールオリエンタードを身に付けたいことで、必要とされる練習メニューがあります。

闇雲にやればよい訳ではなく、ディフェンスとの間合いや視野の測り方などをつかんでいくためのコツについても紹介していきましょう。

コントロールオリエンタードのコツ

この動画では、コントロールオリエンタードのコツをつかむために、ボールのファーストタッチに焦点を当てて解説しています。

味方からボールを受けた際のポイントとして、ファーストタッチからどこでスピード上げていくかが問題になります。

そこで、ラン・ウィズ・ザ・ボールと呼ばれる前方へのボールの蹴り出しと共に、一緒に走り出す意識の持ち方です。

前方への蹴り出しに合わせて、体を大きく使って前へ向かう意識を持った、特にサイドの選手には意識してほしいプレーのコツでもあります。

久保建英もやっていた練習メニュー

この動画では、久保建英選手も実践していたとされるコントロールオリエンタードを習得するための練習メニューを実践しています。

基本的には2人1組で行いますが、基本練習はパスの受け手が左右一方の足にボールを要求し、出してからボールを受けて他方の脚でけり出す練習です。

コントロールオリエンタードについては、1タッチでボールを捌いて相手ディフェンスがいないスペースに体の動き出しを意識させる練習です。

注意点は、ボールを止めないようにコントロールしながら方向付けしていくことです。

プロのコントロールオリエンタードを見てみよう

海外のトップ選手のコントロールオリエンタードを集めた動画で、高い技術で相手ディフェンスをファーストタッチで抜き去るシーンを取り上げています。

味方からのパス、自身のドリブルなどボールコントロールを必要とされる場面で、常に相手ディフェンスがいない場所にボールと体を方向付けさせている動きが印象に残ります。

トラップをしながらも常にボールと体が動いている状況で、相手の位置を把握しながら流れるようなプレーでコントロールオリエンタードを実践しています。

スポンサードサーチ

サッカー人気おすすめ用品

サッカーをする上で必需品となる専用スパイクを2点紹介します。

ただ、試合用で使用するスパイクだけでなく、練習用としてのトレーニング用としても携帯しておきたいものです。

ここでは、ナイキのサッカースパイクに焦点を当てて取り上げていきます。

NIKE サッカースパイク ヴェイパー13 アカデミーHG

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ナイキのヴェイパーシリーズのサッカースパイクの特徴は、激しい運動における足のアクションにも快適にフィットする機能性にあります。

走り出した際の足裏にフィットする裏地は素足に近い感触をもたらし、ボールの蹴り出しで負荷がかかる前足部においてもプレートによる保護性能にも長けています。

軽量で走り心地も良く、長時間の負荷運動にも疲れにくさを演出してくれます。

ユニセックス仕様で目にも鮮やかなブルーカラーでスマートなフォルムに加工されています。

ナイキのトレーニングシューズ・レジェンドシリーズは、ハードグラウンド用のサッカーシューズとしておすすめできます。

足へのフィット感はもちろん、ボールアクションに対するボールタッチやトラクションに進化を重ねてきています。

使用を続けることで起こるレザーの伸縮が過度にならないように、シューズ内側の裏地で抑止できるよう加工されています。

また経年劣化にも耐久性が見られるよう、足へのフィット感や運動時における快適性を提供してくれます。

まとめ

世界のトップ選手だけでなく、久保建英選手ら若手有望選手も実践しているコントロールオリエンタードですが、少しに意識変化で練習メニューにも取り入れやすくなります。

常に状況観察を行って、前を向いてプレーを行いやすいための体の使い方をマスターしていきましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定