あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

初心者必見!サビキ釣りの方法やおすすめの餌人気6選を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2020/05/29

更新日 :2020/05/29

春から秋にかけて幅広いシーズンで釣ることができゴールデンウィークごろにピークを迎えるのがサビキ釣りです。

サビキ釣りは仕掛けが比較的簡単で釣果が上がりやすいため、これから釣りを始める初心者や長年釣りをしている上級者まで幅広い層に人気となっています。

サビキ釣りではサビキ餌が必ず必要となりますがその餌は冷凍タイプの餌や常温タイプの餌など様々なタイプあります。

そこでこの記事ではサビキ釣りの餌の種類やサビキ釣りの釣り方について詳しく紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

サビキとは


出典:釣りコミュニティ

サビキとは釣りに用いる仕掛けサビキ針の略称です。

サビキ針を使用して魚を釣る方法をサビキ釣りと言います。

サビキ釣りはサビキ仕掛けの上や下に魚をおびき寄せるアミエビなどの餌を入れるカゴを組み合わせます。

そのカゴを竿を上下に動かして餌を拡散させることで魚の群れを集めて最後はサビキに食いつかせる釣り方です。

サビキ釣りで釣れる魚の種類はアジやカタクチイワシ、小サバなど幅広い種類の魚を釣ることができるので人気です。

サビキの種類

サビキ釣りにおいて魚たちをおびき寄せるサビキは欠かせません。

ここではサビキの主な3つの種類を解説します。


  • 冷凍ブロック

  • 常温タイプ

  • 配合タイプ

サビキには使用用途によって様々な種類がありますので、用途に合ったサビキを選んで快適な釣りを楽しみましょう。

定番の冷凍ブロック

サビキ釣りの餌の種類について紹介します。

まず最初に紹介するのは冷凍ブロックのサビキです。

冷凍ブロックのサビキはサビキ釣りの餌の種類の定番です。

アミエビをブロックの状態で冷凍しており、使用する前には解凍して餌カゴの中に入れて使用します。

冷凍ブロックの餌のほとんどの釣具屋で取り扱いしているために手に入りやすいのが特徴です。

保存が楽な常温タイプ

サビキ釣りの餌の種類として次に紹介するのが常温タイプです。

常温タイプは冷凍しなくてもそのままの状態で保存できるサビキ釣りの餌です。

常温タイプの特徴は冷凍ブロックと違い、解凍の手間がなくすぐつかえるので非常に便利です 。

常温タイプは保存が楽なので定番の冷凍ブロックの餌がなくなった時の予備餌として持っておくと良いでしょう。

混ぜて使う配合タイプ

サビキ釣りの餌の種類として最後に紹介するのが配合エサです。

配合餌はこれまでに紹介した冷凍ブロックや常温タイプの餌に混ぜて使う餌のことです。

冷凍ブロックや常温タイプの餌に混ぜて使うことで集魚力をアップする効果があります。

また配合餌を混ぜることで適度な硬さになるため、餌カゴにもつめやすくなるのでおすすめです。

スポンサードサーチ

手を汚したくない人はチューブタイプがおすすめ

これまでサビキ釣りのおすすめのエサとして冷凍ブロックや常温タイプ、配合タイプなど紹介してきましたが、餌をカゴ詰める時に餌を触らなくてはいけないため、手が汚れたり手に臭いがついたりして不快な思いをしている人もいると思います。

そんな人におすすめなのがチューブタイプの餌です。

チューブタイプの餌であれば餌に直接触らなくても絞りながらで餌カゴに投入できるため手の汚れや臭いが気になる方におすすめです。

冷凍ブロックの解凍方法

サビキ釣りの餌として定番の冷凍ブロックですが、冷凍ブロックは解凍しないとサビキ釣りの餌として使用することができません。

そこで冷凍ブロックの解凍方法について紹介します。

解凍方法は冷凍ブロックを袋から取り出してバケツなどの入れ物に入れます。

その中に海水を入れて解凍させます。

海水を入れずに自然解凍する方法もあります

スポンサードサーチ

サビキの保存方法

サビキは基本的に使い捨ての仕掛けとなりますが、 餌や仕掛けなどがどうしても余るときがあります。

針などの仕掛けは錆びないように海水を水道水で洗い流せば使用することができます。

それではサビキの餌が保存可能かどうかについて解説していきます。

冷凍サビキは解凍後の保管は可能?

冷凍サビキはそのままの状態ではサビキ釣りの餌として使えないため、一度解凍して使用しなければなりません。

本来であれば使用する分だけ解凍して使うのがベストですが、釣れない時は餌が余ることもあるでしょう。

しかし一度解凍したものを保存することは可能なのでしょうか?

結論から言うと保存することは可能です。

元々冷凍サビキは凍っているのでそれを再度凍らせれば再利用は可能です。

再度凍らせる時は冷凍サビキの汁をしっかり抜いてから凍らせると次に使う時に嫌な臭いが少なくて良いでしょう。

常温タイプは余っても保存可能!

サビキ釣りの餌として定番の冷凍サビキですが、 近年徐々に人気を高めているのが常温タイプです。

常温タイプの餌が人気の理由はその使い勝手です。

冷凍サビキは餌を冷凍させたまま保管しなければならないことや使用する前に解凍しなければ使用できないなどの手間がかかります。

これに対して常温タイプの餌は使用前に解凍させる必要もなく必要な時に即座に使うことができ、余ればそのまま保存することが可能なためその便利さから人気となっています。

配合タイプは保存可能なのか?

冷凍タイプや常温タイプのサビキ釣りで余ってしまった餌が保存して再利用できるのは分かったと思いますが、配合タイプの餌は保存可能なのでしょうか?

配合タイプの餌が保存可能かどうかですが配合タイプも保存して再利用することは可能です。

ただし一度開封したサビキ餌は配合タイプと混ぜることによって、普通よりもカビや雑菌が繁殖して臭いが出たり痛んだりする可能性があります。

残さずなるべく早めに使い切ることをお勧めします。

最強のサビキ餌は作り方!

それでは波止からのサビキ釣りの釣り方について動画を解説しながら紹介します。

まずバケツにサビキカゴを入れてカゴに餌のアミエビを入れます。

餌の入ったカゴを海の中に投入し竿を上下させて餌を巻き魚を寄せ付けます。

魚がたくさん集まることによって餌と間違えてサビキ仕掛けに食いつかせて魚を釣ります。

しばらくそのままにしておくと追い食いといってさらにその仕掛けに魚を食いつかせることができます。

サビキ釣りに必要な道具としてはウキやカゴが入ったサビキセットやサビキ針の仕掛け、 3mか4mぐらいの釣竿、スピニングリール、冷凍でも常温でも良いのでサビキ餌を用意します。

スポンサードサーチ

サビキ餌を使った釣り方

それでは波止からのサビキ釣りの釣り方について動画を解説しながら紹介します。

まずバケツにサビキカゴを入れてカゴに餌のアミエビを入れます。

餌の入ったカゴを海の中に投入し竿を上下させて餌を巻き魚を寄せ付けます。

魚がたくさん集まることによって餌と間違えてサビキ仕掛けに食いつかせて魚を釣ります。

しばらくそのままにしておくと追い食いといってさらにその仕掛けに魚を食いつかせることができます。

サビキ釣りに必要な道具としてはウキやカゴが入ったサビキセットやサビキ針の仕掛け、 3mか4mぐらいの釣竿、スピニングリール、冷凍でも常温でも良いのでサビキ餌を用意します。

サビキ餌人気おすすめ6選

サビキ釣りに必要なサビキ餌の人気おすすめ6選を紹介します。

サビキ餌には冷凍タイプや常温タイプ、さらに配合タイプなど様々な種類の餌があります。

その中でも人気の高いものを紹介するので是非参考にしてみてください。

タイプ 冷凍
サイズ M/L/LL

サイズが選べるオキアミ

サビキ釣りの定番の餌といえば冷凍サビキ餌です。

そんな冷凍サビキ餌の中でもおすすめなのが「真空オキアミ 40切 LL/L/M サイズ 約650g前後 釣りエサ」です。

冷凍サビキ餌は使用前に解凍しなければなりませんが必要以上に解凍してしまい結局使い切れずに海に捨てて帰ったということもあります 。

しかし「真空オキアミ 40切 LL/L/M サイズ 約650g前後 釣りエサ」であれば「LL/L/M」の3種類の中から必要なサイズを選べるため使い切れずに捨てるということも少ないのでおすすめです。

タイプ 常温
600g 600g

便利な常温保存タイプ

「マルキュー(MARUKYU) アミサビキ」は便利な常温保存のきく集魚効果絶大のアミエビです。

サビキ釣りの定番の冷凍餌といえば解凍が面倒というデメリットがありますが、「マルキュー(MARUKYU) アミサビキ」であれば解凍することなくすぐに釣りをすることができます。

サビキ餌はスプーンで餌カゴに詰めなければいけませんが、この商品は餌をすくう専用スプーンがフタについているのでめくればすぐ使えて非常に便利です。

タイプ 配合
サイズ 600g

フルーツの香りで魚にアピール

「マルキュー(MARUKYU) アミ姫 600g.」はどこでも、だれでも、感覚!便利!のキャッチフレーズの通り無駄な手間がなく使いやすさ抜群の配合タイプの餌です。

ターゲットとなる魚は「アジ、サバ、メバル、カマス、サヨリ、タイ」など非常に幅広く、とりあえずこれを持っていけば間違いないというほどの効果があります。

キャップを開けて絞り出すだけで使えるサビキ釣り用配合エサなので使いやすく、フルーツ系の香りが魚に効果的にアピールし、アミエビのにおいが苦手な人も安心して使えます。

タイプ 配合
サイズ 600g

濁り好きな青魚にピッタリ

「マルキュー(MARUKYU) 爆寄せサビキ」はアジ 、メバル、 カサゴ、 イワシ カマス 、イサキ、 サヨリを中心とした 全魚種に対応した配合タイプのサビキ餌です。

特に「マルキュー(MARUKYU) 爆寄せサビキ」の特徴はにごり好きな青魚のターゲットにしているだけあって、もくもくと広がる濁りで魚の警戒心を解き、その中にたっぷり配合されたしっかり粒のアミエビがゆっくりとただよって、群れを足止めて魚をおびき寄せることができます。

さらに手が汚れるのが苦手な人でも安心して使えるチューブタイプなので、 餌をあまり触りたくない人にもおすすめです。

タイプ 配合
サイズ 800g

たっぷり使える800グラム入り

サビキ釣り用の餌部門で高いシェアを誇るマルキュー株式会社から発売されている「マルキュー あとは釣るだけ 」は常温保存が可能な配合タイプのサビキ餌です。

その名の通り集魚力の高いサビキ釣り専用のエサで、手を汚さずにチューブから出してサビキカゴに詰めるだけで簡単にセッティングすることができる優れものです。

天然&食品素材で作られているため海の中で自然に溶け込みます。

そのうえ常温タイプで保存が簡単なだけでなく、 たっぷり使える800グラム入りなのでコストパフォーマンスに優れた商品です。

タイプ 配合
サイズ 500g

サビキでアジを狙うならコレ

サビキ釣りでアジをメインに狙いたい人におすすめなのが「 マルキュー(MARUKYU) アジパワー」です。

アミノ酸添加で天然&食品素材100%の魚にも環境にも優しいサビキ餌で、イワシミンチやアミエビに混ぜるだけで集魚力を格段にアップしてくれる商品です。

コマセがまとまりやすいため船釣り、磯釣り、ビシ釣り、サビキ釣りなど様々なシーンに対応してくれます。

もちろんアジだけでなく様々なターゲットに使用できるのでおすすめです。

さらに暗闇でも光るキララ素材を配合しているのでナイトゲームを行う人にも人気です。

スポンサードサーチ

まとめ

これから釣りを始める初心者や釣り歴の長い上級者まで幅広い層で楽しめるサビキ釣りについて詳しく紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

春から秋にかけてサビキ釣りはシーズンを迎えます。

またサビキ釣りは親子で行うのも人気です。

暖かくて過ごしやすくアウトドアやレジャーにも足が伸びやすいこの時期に是非親子でサビキ釣りを行ってみてください。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定