あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

ライトショアジギングではスナップ破損の可能性も!必要な強度は?

スポシル編集部

公開日 :2020/05/22

更新日 :2020/05/22

スナップを使用することで、ルアー交換が簡単にできるようになります。

ライトショアジギングでは、メタルジグを使用するため、ジグを簡単に交換ができるスナップを利用している方も多いですが、スナップ選びを間違えてしまうと破損等のトラブルに繋がる可能性もあり、注意が必要です。

今回は、スナップを選ぶ際に大切なポイントや、スナップ以外の接続方法について解説していきます。

さらに、おすすめスナップ3選も用意しているので、ぜひ参考にご覧ください。

目次

スポンサードサーチ

ライトショアジギングにおけるスナップ使用は変形や破損の可能性あり

ライトショアジギングでは、スナップを使用するシーンを見誤ると、変形や破損を引き起こすことがあります。

ショアジギングに比べ、ライトショアジギングはスナップにかかる負担は少なくなりますが、たとえ30gほどのメタルジグでも激しくシャクっていると想像以上の負担になっています。

スナップの劣化が進んでいるときに大きめの青物がヒットすると、スナップからブレイクする可能性もあるので、注意が必要です。

スナップを使うシーンとしては、ミノーなどのプラグ主体で飛距離が欲しい時や、ただ巻き主体のアクションで攻める場合などであれば、スナップへの負担も比較的軽くなるためおすすめです。

しかし、スナップを使うことでメタルバイブの立ち上がりが良くなったり、メタルジグやルアーの交換も楽になります。

メタルジグが60g未満であれば、スナップは一度使ったら交換するなどの一手間加えれば、メリットの方が大きいと言えるでしょう。

スナップで接続するのに必要な強度は?

ライトショアジギングでスナップを使用する場合、変形したり破損しない強度が必要です。

ただし、強度を重視しすぎるとスナップが大型になってしまい、きれいなアクションが生み出せなくなったり、沈下速度や姿勢が大きく変わってしまいます。

強度の目安としては、大物が掛かることを想定して、使用するラインの1.5倍〜2倍を目安にしましょう。

基本的に、ターゲットに対応できる強度の中で、最小のものを選ぶと、快適に釣りを楽しむことができます。

おすすめのスナップ3選を紹介

ライトショアジギングで使用するスナップの注意点や、選ぶ際のポイントをお話しましたが、初心者の状態でたくさんあるスナップからひとつを選ぶのは難しいと思います。

たくさんあるスナップの中から、特にライトショアジギングにおすすめのスナップを3つ厳選し、特徴やおすすめポイントとともに紹介していくので、参考にご覧ください。

ヤマリア(YAMARIA) ファイターズ スナップ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

左右非対称で バランスの良い泳ぎ!

ヤマリアのファイターズスナップは、左右非対称な楕円形をしており、泳ぎのバランスが非常に良いのが特徴です。

先端の形状をラウンド形状にしたことで、ルアー本来の泳ぎを演出することができ、さらに国内製造の信頼できる強度も安心の要素です。

ライトゲームで使用するような#00や#000のサイズでも強度が33lbあり、ストレスフリーに釣りを楽しめます。

引っ掛けて使うスナップに比べ、装着のタイミングや根がかりを外そうとしたタイミングで、無理をしてワイヤーが歪む心配もありません。

OWNER(オーナー) P-02 クイックスナップ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

小型でハイパワーな軽量スナップ!

OWNERのクイックスナップは、小型な見た目ながらも00号でも8.9kgのスナップ強度があります。

名前の通り、面倒なルアー交換も容易に素早く済ますことができるのも魅力のひとつで、さらに価格も手頃なため、ライトショアジギングが初めての方にも簡単に扱うことができ、おすすめです。

1mを超えるような大物でなければ、号数次第で、ハマチなどの大型の回遊魚などにも対応することもでき、ターゲットの幅も広がります。

世界最強レベルの圧倒的強度!

ボンバダスナップのOvoは、先進の熱処理技術を採用することで、世界最強レベルのお圧倒的強度を誇っており、0号でも24kgの強度があります。

そのうえ、軽量で0号だとその重さは0.06gほどとなり、ルアーアクションにも影響を与えにくくなっています。

さらに、素早く交換が可能なエッグシェイプデザインを採用しており、水馴染みの良いカモフラージュカラーも特徴的です。

パックも2種類あり、レギュラーパックだと0号で8個入り、エコノミーパックだと40個入りとなっています。

スポンサードサーチ

スナップ以外のおすすめ接続方法(結び方)

ライトショアジギングでメタルジグとリーダーを接続する方法は、スナップだけではありません。

スナップ以外の接続方法として有名なものに、リングやスイベルがあります。

ここからは、溶接リングやスイベルを用いた接続方法や専用スナップについて、それぞれのメリットや特徴などとともに解説していきます。

接続方法は、ターゲットやシーンによって使い分けると効果的です。ぜひ覚えておきましょう。

溶接リング&スプリットリング

溶接リングとは、ステンレスを溶接して円形に仕上げたもので、ラインに結び付けるリングのことを指します。

スプリットリングを接続するために必要なパーツです。

スプリットリングは、プライヤーを用いて開き溶接リングとジグのアイを結びます。

スプリットリングはジグに対して、大きすぎず小さすぎない適切なサイズを選びましょう。

溶接リング&スプリットリングの接続方法は、強度が高くラインを切らずにジグを交換できるのがメリットです。

交換にはプライヤーが必要ですが、一般的にも使用頻度の高い接続方法になります。

スイベル&スプリットリング

スイベルは、2つの接続点が自由に回転できるよう作られているため、ライトショアジギング中に、ジグにアクションを付けるためシャクっていたり、魚とのファイト中などの水中でジグが回転するようなシーンで糸よれが起こりにくくライントラブルをカバーすることが可能です。

使い方は、スプリットリングを用いて、スイベルとジグのアイを接続します。

スイベルが大きすぎると、ルアーのバランスが崩れる原因になるので、注意しましょう。

専用スナップ

スタジオオーシャンマークから販売されているオーシャンスナップは、メタルジグ専用スナップとなっています。

通常のスナップ同様に、プライヤーなどの道具無しで脱着が可能となっており、通常のスナップより強度が高く超高強度ステンレス材を使用しているのが特徴です。さらに、ライン結束部は、ノットの疲労が少ない正円形状を採用しています。

慣れるまでは装着に手間取ることもありますが、強度と脱着性を兼ね備えたジギンガーのためのアイテムなのです。

まとめ

ライトショアジギングに使用するスナップについて解説しました。

選び方や商品の特徴をよく知ることで、スナップの変形や破損を防ぐ工夫を行いましょう。

また、スナップ以外の接続をシーンによって使い分けることで、釣果を上げることができます。

それぞれのメリットを上手く利用し、ライトショアジギングをさらに楽しんでみてください!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定