あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

アジングとは?アジングを楽しむすべての人に知ってもらいたいおすすめタックル!

スポシル編集部

公開日 :2020/05/22

更新日 :2020/05/22

アジは食卓によく並ぶ私たちにとって馴染みの深い魚であり、また、釣りの難易度もさほど高くないため多くの人に注目される魚です。

アジングとはそんなアジを釣る手法の一つであり、軽量な装備でエサを使わずにできるため、初心者でも入りやすい釣りのスタイルです。

上級者にとっても装備の方法をシチュエーションに合わせてカスタマイズすることで、その楽しみ方も千差万別です。

アジングの基本知識を身につけて、自分の中の釣りの世界を広げてみましょう。

目次

スポンサードサーチ

アジングとは

アジングとはルアーを使ってアジを釣ることを言います。

アジは通常オキアミやコマセなどのエサを使って釣る手法が一般的ですが、アジングではエサの代わりにワームの形をしたソフトルアーとジギングを利用します。

エサを使わずにアジを釣るのは一見初心者には難しそうに思えるが、実は釣りを始めたばかりの人でも簡単に始めることができます。

生のエサを使わない分、手を汚す心配がないほか、虫を見るのが苦手な女性にもアジングはおすすめの手法です。

アジングの魅力

アジングの魅力はなんといってもその手軽さにあります。

もともとアジは釣りやすい時間帯やポイントなどが明確になっているため、釣りの初心者でもすぐに取りやすい魚ではあります。

けれどイソメやオキアミなどのエサを使うのが一般的なイメージ担っている分、特に女性からは敬遠されがちです。

アジングではエサを使わないが、アジそのものの釣りのしやすさには影響がないため、正しい基礎知識をもって始めれば誰でも手軽に始められるのがアジングの最大の魅力です。

アジングの注意点

アジングをする際には釣りをする時期や場所、道具選びに注意が必要です。

アジはいくつかの種類に分けられますが、食卓に並ぶことの多い種類はスズキ目アジ科のマアジと呼ばれる種類です。

全国各地に生息しているため場所は限定はされないが、光に集まるエサを求める傾向があるため、堤防など夜間にある程度光があるところが良いとされています。

また、アジのバイトに要する時間は非常に短く、できるだけフックをかかりやすくし、アタリを見逃さない工夫を道具に施すことも必要です。

アジングのおすすめの季節

アジングをするのにおすすめの季節は秋〜冬です。アジは冬〜初夏にかけて交尾・産卵をするため、夏〜秋にかけて生まれたアジが成長します。

そのため、秋〜冬はそのアジ達が成長し、成魚となった大型のアジを狙うのに一番適した時期と言えます。

成魚となったアジは全長50m程になることもあり、大物を狙うのであれば秋〜冬を狙いましょう。

一方で、多少小さくても数を釣りたい人は夏〜秋でも十分にアジングを楽しむことができます。

スポンサードサーチ

アジングは持ち物がコンパクト

アジングとは比較的軽微な装備で望める釣りのスタイルでもあります。

ジグヘッドも1gや2g程度の重さのものが使え、アジング専用の軽量で小型のスピニングリールやロッドが各社メーカーから出ているため、持ち物が非常にコンパクトで済むのが魅力の一つです。

アジングに必要な持ち物を以下の6つのポイントから解説します。


  • ロッド

  • リール

  • ジグヘッド

  • シンカー

  • リーダー

  • ワーム

アジング専用ロッド

アジングのタックルは比較的軽く、その軽さから釣り初心者からも人気な魚です。

しかし、アジは軽いタックルを使う上にバイトの時間も短いため、アタリを逃しやすいのが難点です。アジを釣り上げるためにはアタリを敏感に感じ取る必要があります。

アタリにいかに早く反応するかは技術や経験値も大事だが、もっとも簡単に改善できるのがロッドです。

ロッドにはアジング専用のロッドが市販されています。初心者はアタリの感度が良い短め(4ft-6ft)を、遠くに投げたい場合はロングロッド(6ft以上)を選ぶようにしましょう。

小型のスピニングリールがおすすめ

アジングのリール選びには操作性が高く、感度の良いものを選びましょう。

操作性と感度を求める場合、軽量な小型スピニングリールを使うのがアジングのセオリーです。

アジのようなタックルの軽いアジを釣るには、何にも優先してアタリの感度が重要です。小型のスピニングリールを使うことで素早いフッキングが可能になります。

さらに、軽量な小型スピニングリールは長時間のアジングでも疲労を感じにくく、集中力も途切れにくいのがメリットです。

ジグヘッド

スタンダードのアジング用のジグはラウンド型ジグです。

水抵抗を受けにくい形状であり、着底が取りやすいことから初心者から上級者まで使えるジグになります。

先細型のジグはワームに直接水流があたるため、ワームにアクションを加えやすいのが特徴で、中級ー上級者向けのジグです。

ダート型のジグは先が矢の先のような三角形上の形をしていて、ワームが左右上下にぴょんぴょんと動くようなアクションを加えることができます。

水流ではなく釣り手の動作で動かす頃から、上級者向けのジグヘッドです。

シンカー

ジグの飛距離を調整する役割を持つシンカーは、様々な場面で活躍します。

ウエイトが重いシンカーはその重みを利用して、より遠くにジグを飛ばすことができます。

反対に、ウエイトが軽いシンカーは根がかりを回避しつつ、ジグ単体で飛ばすよりも広範囲に遠くに飛ばすことができます。

また、ウエイトの重みが上がるほどジグが遠くへ飛ぶ力も強くなるため、雨風がある日は重いシンカーを選ぶことで逆風に負けずにジグを遠くに飛ばすこともできます。

ワーム

ワームは直接アジが口にする部分のため、アジングの用具選びの要となる一つである。

一般的にアジングでは1.5-3インチのワームが好まれている。

その形状にはまっすぐな形をしたストレート型、尻尾部分が細くなっているピンテール型、尻尾部分がひれ状になっているシャッドテール型、尻尾部分が二股に割れるなどの特殊な形状をした特殊形状型とある。

定番のストレート型以外はそれぞれ水の中で独特な動きをするため、ストレート型でなかなか釣れないときに変化を加えるときに使うと良いでしょう。

アジングは夜にも釣れる

アジングは夜でも問題なく行うことができます。

その理由は、アジが好むエサが集まる場所にあります。

アジがエサとするオキアミなどのプランクトンは光に集まる習性があるので、当然それを食べるアジも結果的に光に集まってきます。

日中は太陽光でまんべんなく光が当たるため、アジングをするときには光を気にする必要はないが、夜になると状況が変わります。

漁港や堤防には大概足元が見えるようにランプがつけられているため、その光にアジは集まりやすく、その結果夜であってもアジングができるのです。

スポンサードサーチ

アジングおすすめアクション

アジングをする時のアクションは、基本的には投げて、テンションを張ったままアタリを待ち、アタリを感じたらその水深で上にチョンチョンと動かしたりシェイクしたり、ターゲットを誘うためのワームを動かす動作をするだけです。

とてもシンプルな動きなので、初心者でもすぐに覚えられるのがアジングのアクションの特徴です。

このアクションを行う上で気をつけたいのが、ジグヘッドとワームです。

サブマリンヘッドを使うことで、貫通力を保ちながら、手返しの良さが期待できます。テンションを緩めなければ抜けることもありません。

ワームはアジフラッターを使うことで波動を感じることができます。

フグが噛んでもなかなか切れない程の強度をもっているため、魚がミスバイトしてもそのまま問題なく使えます。

アジはエサを吸い込むように口に入れるため、伸びやすく柔らかい素材を使ったワームが適しています。

素材が柔らかいため針に通しにくいが、一度はまれば抜けにくいのが特徴です。

釣りサングラスについてはこちら!

アジング人気おすすめタックル

アジング専用のタックルをもつことはアジングを楽しむために必要不可欠です。

ロッドやリールなど、コレだというパーツを選ぶのは簡単ではありません。その分、自分の手にしっくりくるタックルになった時はその喜びも大きいでしょう。

メジャークラフト アジングロッド スピニング ファーストキャスト

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

初心者から上級者まで使えるアジング専用ロッドです。

メジャークラフトのファーストキャストは一見すると細くて軽い素材でできており、本当にこれでアジを釣れるのか?と思う人もいるくらいです。

もちろんその品質・評判の良さは既に実証されていて、見た目の不安さに反してアジングで十分に活躍ができるアジング専用ロッドとして人気が高いです。

1g程度のジグだと初心者では遠くに飛ばしづらい仕様のため、初心者で遠くにジグを飛ばしたい人は2g以上のものをつけると良いでしょう。

ダイワ(DAIWA) リール 18 月下美人

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

ダイワのリール 18 月下美人 MX LT2000Sはコスパに優れた小型スピニングリールです。

軽量なつくりのため、細かな動きを求められることが多いアジングを1日し続けても疲労感がたまりません。

さらに、レスポンスの良い回転が特徴的で、アタリを感じたときにすぐに反応することができます。

ATD(オートマチックドラグシステム)が搭載されていることで、ターゲットを追従しながらスムーズな巻き取りが可能になっています。

スポンサードサーチ

まとめ

アジングの面白さの一つは、自分で手法や用具をカスタマイズできることにあります。

ワーム1つとってもその形状や色も様々です。

基本の型を覚えたあとは、場所や状況に合わせて自分なりの組み合わせを楽しんでみましょう!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定